●著者のページ●

足立 詠子(あだち・えいこ)
『和香奈ちゃんのこと、絶対忘れないからね。』



和香奈を亡くしてもうすぐ8年。もう今頃は小学生。想像しようとしても、何だかイメージが沸いてこない。 主人や親との会話の中に、ふと和香奈のことが出てくると、女の子が生まれたんだなという実感は頭の中で うずまく。そんな感情と同時に、今、自分のお腹で育っている赤ちゃんの存在が一層強く感じられる。お腹 の赤ちゃんは女の子と分かった。和香奈と同じ性別だ。和香奈を亡くした後に生まれた男の子は、もうすぐ 3歳。生まれたとき、和香奈の生まれた頃とそっくりで驚いた。今度はどんな子が生まれてくるんだろう。 楽しみのような、少し不安のような。

和香奈を亡くした頃と現在では、私を取り巻く環境は全く変わった。今、日々お付き合いしている友人など で和香奈のことを知っている人はいない。和香奈の存在は、私達家族だけの「特別」なものになっている。 その「特別」が、私には心地よい。和香奈が生まれたこと、和香奈を亡くしたこと、全ての思い出は、私の 宝物になった。こんなふうに、特別な、神聖な宝物を心の中に持っていられるのは、ありがたいことだと感 じられるようになった。思い返すと、いろいろな人に助けられたなあと感じる。こうやって人間は生きてい くんだなあ。もちろん、あんな辛い経験は、もうごめんだけれど。

誕生死の続編が出る。自分の体験を多くの方に読んでいただいた。自分も、和香奈を亡くした後、同じ体験 をした方の文章を、インターネットや書籍の中から夢中で探した。パソコンの前で、あるいは本を読みなが ら涙を流した。
あるとき、知人から突然言われたことがある「誕生死に載っていた文章、あれ、そうですよね」と。彼女も 流産の後、インターネットで検索して「誕生死」にたどり着いたのだそうだ。
少しでも多くの方の心の救いとなり、「誕生死」という概念が広まっていってくれるといいなと思う。



足立詠子