●著者のページ●

川合 藤花(かわい・ふじか)
『お母ちゃん、遊月ちゃんはコタルになったの』



* 『誕生死・想』の刊行に寄せて *

今回、『誕生死・想』を刊行するにあたり、お手伝いの作業をしながら、3年前の『誕生死』刊行までの日々を 思い出していました。

『誕生死』として一冊の本になるまでに、あまりあるこの想いを、あるいは流産や死産、新生児死をめぐる問題を、 どう「本」という形にするか、著者の間でも、わたし自身の中でも、たくさんの議論をし思いめぐらしました。
今回の『誕生死・想』もまた、『誕生死』の出版から3年たってからの刊行となりましたが、最終的に『誕生死』 への読者カードを「そのまま本にする」という形になりました。きっと、誕生死体験者の声を、一番リアルに社会に 届けることができるのではないかと感じています。

『誕生死』に体験談を書き、そしてその中で遊月の名を記せたときに、わたしは、
「絶対に、わたしの名前は実名でお願いします!」
と、息せき切って申し入れたのを覚えています。わたしの名前が仮名だったら、遊月の名前を残す意味がまったく なくなります。現実にいる「わたし」の中で生まれた「遊月」なのですから。
もともと『誕生死』は、実名でいく方針ではあったのですが、もし方針変更などあって、仮名でもいいなんてこと になったら私だけでも実名でいく、という意思表示をしたわけです。
実際そういう方針変更はなかったし、あり得ませんでした。あの本は、著者全員が実名で、堂々とわが子のことを、 わが子への想いを語っていることで、きちんと社会に向けて発信できた本になりました。

『誕生死』には本当にたくさんの方が読者カードを寄せていただきましたが、どのカードの方も、きちんとご自分 の名前を書かれていました。出版社の担当の方も感動されていました。
出版社に届いた読者カードを読ませていただくたびに、その、カードを書いてくださったお一人お一人が、現実 にこの世界で、命として誕生してきた赤ちゃんのことを愛しながら、そしてその死を悲しみながら、今を生きて いらっしゃる・・・と、あらためて胸がいっぱいになり、また励ましていただいているような気持ちになったもの です。

『誕生死・想』という本になった読者カード。カード一枚一枚に込められた想いとともに、きっとわたしの、そ してこの世に存在する多くのお母さんがたの深い想いが、読んでくださった方に届くと思っています。

* 近況 *

その後のわたしですが、遊月のあとに妹の瑞羽(みずは)を無事出産することができました。瑞羽の「羽」という 字には、「大空に羽ばたいて」「羽で遊月とつなげてほしい」、姉妹として、遊月との羽渡し(橋渡しのように・・・ )をしてほしいという意味も込めています。
その後、今年の7月には妊娠10週での流産を経験しました。この流産をとおして、あらためて命が生まれ出てく ることの難しさを実感しているところです。「一度死産を経験したのだから、わたしの人生で同じような経験はも うしたくない」と祈るような気持ちでした。・・・そんなに簡単なことではないことは、他の方たちの体験を見て もわかっていたことなのですが。
流産した赤ちゃんの出産予定日はこれから迎えます。今は元気に、あわただしい毎日を送っていますが、やはり来 年のカレンダーを目にすることが多くなったこの季節、少し心がざわつくこともあります。でもきっと、遊月がお 姉ちゃんとして、あの小さな小さな赤ちゃんと、しっかり手をつないでくれていると、そう思っています。


2005年12月 川合藤花