●著者のページ●

久光 美奈(ひさみつ・みな)
『佳菜も美文も、短い命を承知で私を選んでくれたんだ。』



誕生死の本が出版されてからすでに3年半の歳月が流れました。
その間、たくさんの方々から感想を頂き、本当に嬉しく思っています。

たとえどんなに短い命であったとしても、
我が子を亡くして悲しむこと、亡くなった我が子をずっと想いつづけていることは、
おかしいことなんかじゃない、当たり前のことなんだということを、
多くの感想を前に再確認することができました。
皆さんが自分は一人じゃないと感じて下さったように、
私もあらためて自分は一人じゃないと感じています。

また、皆さんからのありがとうの言葉に、私はどんなに力づけられたかわかりませ ん。
そして、その言葉は私に、一歩前に足を踏み出す勇気をも与えてくれました。

本を読んでくださった方、感想を寄せてくださった方、 本当にどうもありがとうございました。


〜 誕生死をとりまく環境の変化 〜

私の住んでいる岩手では、医療者の方々が中心となり 『ちいさなお星さまの会』が発足されました。
会の設立には、誕生死の本が出版されたこともひとつのきっかけになったそうです。
お話し会は、とてもあたたかく和やかな雰囲気の中、 体験者がそれぞれの想いを語る場となっています。
このような会が近くにあったなら・・・長い間思い続けたことが、 ようやく叶い嬉しく思っています。
また、会主催の医療者向けの勉強会で体験発表した際、 誕生死をめぐる環境の改善に心を尽くして取り組んでいる たくさんの熱意ある医療者の方々に会い、目頭があつくなりました。
医療が発達しても、なくなることはないだろう誕生死。
心を寄せて接して下さる医療者の方々によって、 悲しみが少しでも和らぎ、救われる人が増えていって欲しい、そう願っています。


〜 自慢のこどもたち そしてこれから 〜

「ねぇねぇ、佳菜ちゃんてどんな赤ちゃんだったの?」
次女はよく姉のことを話題にします。
「母さんや父さんもいない病院で、痛い注射や点滴をいつもいっぱいしてたけど たくさんたくさんがんばってたんだよ。」
「すごいねー!がんばりやさんなんだねー。」
「そうだよ、佳菜ちゃんはすごいんだよ!」
いったい今まで何度この会話を交わしたことでしょう。
次女は姉の話を何度でも聞きたがります。
写真でしか会ったことのない姉ですが、次女にとっても佳菜は自慢の姉。
それを確認したいがために会話を繰り返しているような気がします。

美文を産んだ夜、ひとりの病室で私はずっと涙を流していました。
悲しくて、辛くて、どんなに泣いても涙が枯れることはありませんでした。
それから5年経った同じ日。
今度は元気な我が子を腕に抱くことができ、嬉し涙を流しました。
5年前は、こんな日が訪れようとは夢にも思いませんでした。
しっかりと腕に我が子を抱き、ぬくもりと幸せを感じる一方、 一度も抱いてやらなかった美文に対する申し訳なさでいっぱいにもなりましたが、 亡くなった子どもたちの分まで、新しく来てくれた命に対しても、 ありったけの愛を注ぎ育んでいこうと誓いました。
今までになく安産だったのも、 きっと美文が弟の手をひいてこの世に導いてくれたのだと思います。
本当に親孝行で弟想いの美文、彼もまた自慢の息子です。

佳菜は小学5年生、美文は幼稚園の年長さんになりました。
二人とも大きくなったことでしょう。
きっとこの先もお空にいる二人のことを感じながら暮らしていくのだと思います。
「我が家は6人家族!」常々次女が言っているように、 家族と共に、佳菜も美文もこれからも一緒に成長していくでしょう。

二人にはたくさんのことを教えてもらいました。
しかしまだ私が気付いていない、二人の知らせたかったことがあるかもしれません。
命にかえてまでも教えたかったこと、きっとたくさんたくさんあると思うのです。
それを探し続けていくこと、これが私の一生の課題です。

私に今もこうやって命が与えられていること、
そして、周りで私を支えてくれているたくさんの人々に感謝し、
家族と共に過ごせる幸せを感じながら、これからも日々過ごしていきたいと思います。


 平成17年12月 久光 美奈