●著者のページ●

古閑 令子(こが・れいこ)
『ゆりかごのうたを さおちゃんにうたうよ つぎは、しおちゃんにうたうよ』



双子のお姉ちゃんである早織は、今年8歳になりました。 小学校2年生です。
毎日、とても元気に学校に通っています。
小学校に入学する際に、学校の先生から、
「きょうだいはいますか?」
と聞かれた時、娘は
「妹が居るけど、お空にいます。」
と答えたそうです。

身長も130cm近くになり、どんどん大きくなっている娘ですが、 心にはいつも、妹の「詩織」がいます。
とても大事に想っている気持ちが、私には良くわかり、それを誰よりも 嬉しく感じています。

生きていくって本当に大変。
これでもか・・これでもか・・・っていうくらい、様々な事が起こって、 一体、いつになったら私には平穏な日が訪れるのだろうと・・・思う事があります。
でも、きっと、笑っていれば、嫌なことも吹き飛んでしまうのだろうと、今は 早織と一緒に、沢山笑うようにしています。
そうすると、きっと、きっと、楽しくなるはずだから・・・。

今は、笑えない位の、悲しみを抱えている人も・・・。
その悲しみはいつになっても消えないけれど、
きっと、お空から、あなたの一番大切な人が
「ママ、笑ってね・・。」と応援してくれているはず。

生きていくことをやめるわけにはいきません。
今、生きている自分の命は、尊いもの。
一生懸命、生きること、一生懸命、頑張ること。
頑張りすぎないということは、私には出来ないとわかったから(苦笑)
一生懸命、生きていくこと。
それが、誕生死から8年を過ぎた、私に出来ることです。
そして、それが、私の大切な2人「早織と詩織」に誇れることです。

寂しくなったとき、落ち込んだとき、
オルゴールから流れる「ゆりかごの唄」を聴きます。
今は、悲しみだけでなく、優しい気持ちになれます。
そんな優しい瞬間が、みんなにも沢山ありますように・・・。


2005年12月5日
「ゆりかごのうたを さおちゃんにうたうよ
 つぎは、しおちゃんにうたうよ」
著者: 古閑 令子