●著者のページ●

越川 加津江(こしかわ・かづえ)
『かっかが飛んでいかなくて良かった』



わたしが誕生死を経験してからもう6年が経ちました。
わたしのお空の天使も、元気に生きていたら来春小学校に 入学です。
いつの間にこんなに時間が流れてしまったのでしょう。
今、改めて自分の心の中をのぞいてみると、あの当時と 全然変わっていない感情もあれば、ずいぶん穏やかになった感情も あれば、当時よりむしろ深くなった感情もあります。

 家族のこと 

家族であの出来事について話すことはありません。
まだ話せない・・といったほうが適切かもしれません。
位牌代わりにと作ったメモリアルベアも悲しすぎていまだに クローゼットの奥にしまいこんだままです。
長男にもいつか弟のことをしっかり伝えようと思っていますが、 まだできずにいます。
それでも天使記念日には毎年ケーキを買います。
命日ではなく、あくまで誕生日としてとらえていたいからです。
そして、主人も、4年生になった長男も”何故今日ケーキなのか”を わかっていながら、何も言わずに食べます。
変に思う方がいらっしゃるかもしれませんが、今のところ、これが我が家なりの 『あの日』の大切な過ごし方なのです。

 心境の変化 

誕生死後に引っ越したので、近所の人たちは今でもわたしが天使ママで あることを知りません。
相変わらず「ひとりっこ?」と聞かれれば「はい」と答えてしまいます。
以前はこのことに”またあの子の存在を隠してしまった”と強い自己嫌悪を 感じていましたが、今ではこれでいいんだと納得できるようになりました。
”あの子の存在を隠したいのではないけれど、けっして 無理して話すことでもない。今はまだ話せないだけ。”と思えるようになったからです。

 同じ時期に妊娠していた友達 

同じ時期に妊娠していたお友達と普通に話せるようになるまで 4年かかってしまいました。
誕生死後、しばらくは外出恐怖症になってしまったため、全ての 交流関係を絶っていたのですが、引越しを機に友達関係も 復活していきました。
それでも同じ時期に妊娠していたお友達とだけは ずっと疎遠のままだったのです。
でも、まずその中のひとりが「本を是非読んでみたい」と連絡をくれ、 それからひとり、またひとりと、訪ねてきてくれたのです。
わたしが彼女たちと会うのが怖かったように、彼女たちもまた わたしに会うのが怖かったそうです。
同じ妊娠期間を過ごしたのに、自分だけ無事に出産してしまったことに 罪悪感を感じてくれていたお友達もいました。
辛かったのはわたしだけではなかったんだ・・・。
周りにもたくさんたくさん悲しい思いをさせてしまったことを 思い知りました。
当時の気持ち、今の気持ちなどお互いに打ち明け合って、 ようやく・・・本当にようやく時間が流れ出した気がしました。 それからは彼女たちがわたしの赤ちゃんと同級生になる筈だった 子供を連れていても目をそむけることなく話せるようになりました。 本音を言えば、その子たちを見るのはまだまだちょっぴりせつないけれど・・・・。

 近 況 

妊婦さん、赤ちゃん、ドラマの出産シーン・・・苦手なものが たくさんできて、オムツのCMを見ることさえできなかったあの当時。
今、目を細めて赤ちゃんを見つめる自分にハッとして、いつの間にか ずいぶん前に歩き出せていたんだなとしみじみ思うことがあります。
かと思うと、ちょっとしたことをきっかけに、一瞬にしてあの当時に フラッシュバックしてしまい、どうしようもないやりきれなさに 襲われることもあります。
これからもいろんな場面で、いろんな感情と戦いながら 生きていくのでしょう。
だけど、わたしの経験した悲しみはけっして乗り越えられるものではなく、 自分で認めていくしかないとわかった今、いろんな感情とも 上手に付き合っていけるのではないかと思っています。
今までの1年1年がそうだったように、誕生死から7年後、8年後、9年後・・の 自分がどんな感情をもっていくのか、その時になってみないとわかりません。 初めてのことに直面したら、その初めてのことにその都度対処していくしか ありません。
わたしが赤ちゃんを失った意味、子宮をも失った意味は、まだ納得できる 答えを探せずにいますが、揺れていたい時はとことん揺れていればいいやと 思っています。
その中で、わたしが経験から学んだこと、あの子が教えてくれたことに 少しずつ気づいていけたら嬉しいです。


越川加津江