●著者のページ●

北村 紀子(きたむら・のりこ)
『ひかるは私に「生きて!」と言っているのだ。』



 いつの間にかひかるを亡くしてから8年が過ぎました。 はるなはもうすぐ8歳になります。

 双子だったこともあり、小さな頃からはるなにはひかるの存在を 話してきました。ひかるのことがはるなにとって重荷になっては いけないと少し心配していましたが、自然とひかるの事を受け入 れ、私以上にひかるの存在を気にかけてくれるように育ってくれ ました。これは小さい頃から話していたことも良かったのだと 思いますが、同級生に2組の双子がいたため、双子というものが どんなものか理解しやすかったせいもあるでしょう。

 この子達と出会ったのは今から約4年前、はるなが保育園の年中 になった時でした。当時、年中さんは18人だったでしょうか。 その中に2組の双子です。1つ上にも、2つ上にも、その上にも 1つ下にも、2つ下にも、その下にも1組の双子もいないのにです。 せまい田舎町ですので、この子達の存在は知ってはいましたが、 実際に目の当たりにして、最初は正直辛かったです。 平気な顔をしてニコニコ接していましたが、しばらくは心の中で 悲しみや妬みの感情がぐるぐるしていました。『なんで・・・ なんで同級生?私はどうすればいい?』 ただ、どうあがいてみてもどうすることもできません。この状況 を受け入れて付き合って行くしかありません。ある時、気持ちを 切り替えて行こうと決意して、すぐにコロっと変わったわけでは ありませんが、徐々にクヨクヨすることはなくなってきました。 今はどちらの双子ちゃんともお母さんとも仲良くさせてもらって いますし、この子達のおかげで、はるなはひかるの存在を良く 理解することができたのだろうと感謝しています。

 時々はるなが「ひかるちゃんがいたら、双子が3組だったのにね。 なんでひかるちゃんは死んじゃったの?」と無邪気に聞いてきます。 その時は何も言えなくて、つい「そんなの分からないよ。」と 少しきつく言ってしまったり、「ひかるちゃんは男の子なの?女 の子なの?」と答えられないことを聞かれると、落ち込んでしまっ たりすることもありますが・・・。

 これから先もはるなにとってひかるの存在が心強い存在になって いって、いい関係を保ちながら成長してくれることを祈りながら 過ごしていきたいと思っています。                       


 2007年2月 北村 紀子