●11/21朝日新聞〜記者は考える

「誕生死」悲しみをともに

「誕生死」は今春、産声を上げた言葉だ。
流産や死産、生まれたばかりの子どもを亡くした親たちが、悲しみや苦しみをインターネットで共有した。 さらに世の中の理解を求めて、13人が実名で体験をつづり、本にした。衝撃的なタイトルがつけられた。 『誕生死』(三省堂)。
周囲は「赤ちゃんの死」をなかったこととして扱い、「早く忘れて、次の子を」とせかす。母親は産む 機械ではない。おなかの中で命を育んだ記憶は消せない。託した夢が壊れ、「私のせいだ」と自分を切 り刻む苦しみ。だれにもわかってもらえない孤独感と疎外感のなかで、「誕生死」の3文字は、赤ちゃ んは確かに生まれてきたのだ、だから、その死は悲しくて当然なのだと著者の気持ちを代弁する。本は 約2万部が売れ、ホームページには7万5千を超えるヒット数が記録された。「私だけの」悲しみは 「みんなの」悲しみになった。

□□□□

「誕生死」に素早く反応した医師がいた。葛飾赤十字産院の第二産科部長竹内正人さん。「流産・死産 は産む側の言葉。誕生死は赤ちゃんの存在が前面に出ている表現」。医療現場で家族にどんな支援がで きるのか、それにはまず、体験に耳を傾けることだ、と自由参加の会を10月に開いた。定員をオーバー する約200人が集まった。
『誕生死』の著者のひとりである名古屋市の主婦松村幸代さんら3人が、記憶を克明にたどった。 誕生が死に入れ替わる事態に動転している時、病院で受けた扱いがそれぞれ深い傷を残したり、厚い癒 しになったりすることを涙ながらに語った。助産師、看護師、医師らの医療関係者、同じ体験をした女 性たちが聴き入った。
参加者の中に聖マリアンナ医大横浜市西部病院周産期センターの臨床心理士橋本洋子さんの姿があった。 橋本さんは心の視点から、悲嘆のただ中の家族に接してきた。悲しみを癒すには、安心して悲しみを表 現できる時間と場所が確保され、悲しみを受けとめる人がいることが求められるという。

□□□□

とはいえ、「息をするのもつらい」人の「悲しみの器」になるのは楽なことではない。医療現場のスタッ フも同じだろう。マニュアルは無縁な世界である。人口動態統計によれば、妊娠満12週以降の死産は01年で 年間約3万7500件。医療現場でのケアや地域でのサポートを求める声が高い。
巻き込まれるのではないかと不安を抱えつつ、心を寄せていく。「助けられるという思いが少しでもある と拒絶される」と橋本さんは語る。できるのは、そこにいること、ともに泣くことだけかもしれない。ケ アやサポートの基本はそういう謙虚さにある。