●5/2朝日新聞

子を亡くした親が「体験本」

 流産や死産のほか、出産直後に子どもを亡くした経験を持つ親たちが体験をつづっ た本「誕生死」(三省堂)を出版した。出産前後に子を亡くした親へのケア体制は遅 れており、関連出版物もほとんどなく、「同じ悲しみを経験した人に読んでもらいた い」という。

 出版は、死産などを経験した親たちでつくるメーリングリストの有志が企画。発起 人の一人、古閑令子さん(36)は、悲しみを吐き出す場がない中、同じ体験を持つ仲 間の話を聞くことで救われたという。死産を経験した後、悲しみをいやす本を探した 越川加津江さん(37)は、「見つけられず、孤独感に押しつぶされそうだった。そう いう人たちの励みになりたい」と話す。本体1300円。