『誕 生 死』
(2002年4月刊行、三省堂)



この本について〜「あとがき」より


 『誕生死』という、この本のタイトルを初めて目にされた時、多くの方が、「なんと 衝撃的な!」と感じられたのではないでしょうか。

 この本は、出産前後にわが子を亡くした体験を、13名の父母が、実名で、ありのまま につづったものです。すべてが実際に、私たち家族に起こったことです。       

 英語では、おなかの中で亡くなったケースを、“STILLBORN”と言います。日 本語では単に「死産の」と訳されますが、“STILLBORN”には、「それでもなお 生まれてきた」という深い含みがあり、「死産の」という日本語では、あまりにそぐわな いと、私たちは感じてきました。                         

 おなかの中で亡くなってしまった場合は、戸籍にも載らず、存在がなかったことになっ てしまいます。でも、私たちの子どもは、どんなに短い命であろうと、確かにこの世に生 まれたのです。たとえ、子宮という小さな世界から、生きて外にでてくることがなかった としても、あるいは生まれてすぐに亡くなってしまったとしても、私たちにとっては、確 かにわが子は”誕生した”のです。

 このような私たちの思いをひとことで伝えられる言葉が「誕生死」なのです。


 妊娠週数や生まれてからの時間のちがいといった、命の長さに関係なく、子どもの死を 悲しみ、ずっと思いつづけていくことは同じであることを私たちは知りました。その意味でも、 私たちは、流産・死産・新生児などの幼い赤ちゃんの死をすべて含めて、「誕生死」と呼ぶこと にしました。                             


 私たちは、わが子を亡くすという体験をした者として、インターネットを通じて知り合 いました。というより、インターネットでしか出会えなかったとも言えます。なぜなら、 妊娠・出産に関する本は、山のようにあります。でも、それらはみな、無事に出産するこ とを前提に書かれていて、妊娠中の注意事項などには触れていても、おなかの中で赤ちゃ んが亡くなってしまった場合の出産については、触れられていませんでした。また、幼い 赤ちゃんを亡くした時に、心の支えとなってくれるような本も見つけられませんでした。 そのため、私たちは、インターネットで出会うまで、それぞれが言い知れぬ孤独感の中で もがいていました。                               

 これまで、私たちのような体験は、あまり公に語られることはありませんでした。 「死」というものについて、どうしても世間は「触れてはいけないもの」「忌むもの」と いう扱いをします。でも、多くの人が可愛いわが子の話をするのと同じように、私たちは、 亡くなった子の話を聞いてほしいのです。私たちは、あの子を忘れたくない、忘れるなん てできない、あの子の死をもっと悲しみたい、あの子のことを語りたいと思っていました。 亡くなった子の存在にふたをするようなことはしたくないのです。         

 私たちのような体験は、残念ながらどこかで誰かに必ず起こってしまうことで、何ら恥 じることはないのだから、堂々と語って、人に知ってもらおう、「私たちの手で、私たち が必要とした本を作ろう」ということになったのです。               

 インターネットで知り合った私たちは、本を作る作業もネットのメーリングリストとい う方法を用いました。活動を開始してから、およそ1年半のあいだ、それぞれにいろいろ な事情や心の葛藤があり、最終的に、13名(11家族)の体験談によってこの本が完成 しました。

 「完成」という言葉を使いましたが、もしかしたら、この本には「完成」ということは ないのかもしれません。私たちの心はつねに揺れ動いています。亡くなって、社会的には 存在がなくなっても、わが子に対する愛情は、消えることがありません。       
 何分の一かの確率で起こる病気だったから、事故だったのだから、自然淘汰だったのだ から、などと、赤ちゃんの死にどのような理由がつけられようとも、親にとっては、かけ がえのない一つの命が消えたという事実に変わりはありません。たとえ、何人子どもがい ても、亡くなった子の存在は一分の一です。いくら死の原因に納得しても、わが子の死と いう理不尽なものを、納得し、受け入れることはできないのです。

 でも、時間と共に、新しい気づきもあります。それは、亡くなったわが子が教えてくれ た、あるいは与えてくれた「何か」に気づくことです。それがどういうものかは、それぞ れの人によってちがいます。そういう小さな気づきを集めていくことは、幸せとも言える ことだと思っています。大切なものに気づいていくことで、私たちの心の中で、もう一度 あの子の命がしっかりと生まれたと感じることができます。

 私たちと同じ悲しみを経験して、心の行き場を見つけられないでいる方が、この本を読 むことで、「どうして自分だけが」という孤独感から一歩出て、自分はひとりぼっちでは ないと感じてくだされば、幸いです。悲しみの心にそっと寄り添えること、それが私たち の願いです。そして、幸いにも、私たちのような経験をしていない方にも、私たちの思い を少しでも知っていただければ、うれしく思います。

 若い世代の人には、無事に生まれてくることのありがたさや、命の大切さに思いをはせ てほしいのです。生まれてくるということは、こんなにも大変なことなのです。

 2001年12月12日付けの朝日新聞の記事によると、死産は年間3万人、流産は統 計はないがおそらく30〜40万人になるそうです。私たちは、その中のたった11家族 にしか過ぎませんが、医療機関の方には、実際にこのような体験をした家族が、どのよう な医療を望んでいるか、感じていただきたいと思っています。

 私たちは、わが子を亡くす悲しみが、国や人種の違いに関係なく、普遍的なものである ことも知りました。外国では、医療者の側から、亡くなった子をきょうだいに抱っこさせ たり、家族みんなで一緒の写真に撮ったり、形見になるようなものを残したりするように 勧めてくれるそうです。お別れの時間を、家族だけでゆっくりと過ごせるような配慮もな されているそうです。日本でも、そのような配慮を尽くしている病院があります。私たち はそのような医療機関が増えてくれることを願っています。


 私たちが出会い、この本をつくりあげたこと、そしてこの本がもたらすたくさんのこと が、お空の子どもたちからのプレゼントです。







戻る