『感想のページ』より−1 <1>〜<20>               



<1>読ませていただきました 投稿者:近藤  投稿日: 4月 7日(日)12時23分21秒

 はじめまして。第一号の書き込みをさせていただきます。

 私は昨年3月、常位胎盤早期剥離により男の子を死産しました。
 インターネットでこの本の発刊を知り、早速注文し、読ませていただきました。
 最初のお話で、涙が止まらず一度に読みきることができませんでした。

 著者の方々が、この本の完成までにどれほど涙を流されたことでしょうか。
 どれほど大変だったことでしょうか・・頭が下がります。
 あとがきでも書かれていますが、1年もたつと夫以外触れてはいけない話題になってしまっています。
 でも、私の息子は私たち夫婦の中で生き続けています。
 死産したことも辛いのですが、話題にできないということも辛いのです。

 「誕生死」Stillborn。。初めて聞く言葉です。死産という言葉はあまりにもそっけなく、
 子供の存在を無視しているような気がして、私も違和感を感じていました。
 医療が発達した現代でも、残念ながら避けることのできないものなのでしょう。。
 これ以上同じ思いをする人が増えて欲しくないと思いますが、この本が図らずも
 誕生死を経験してしまった方々にひとりじゃないんだよということを教えてくれる本になると思います。

 この本が医療関係者も含めて多くの人に読まれますように。。
 そして私たちの子供が空で楽しく遊んでいますように。。
 ありがとうございました。(支離滅裂な文章ですみません)



<2>涙しました 投稿者:理恵子  投稿日: 4月11日(木)17時08分57秒

 はじめまして。私は、結婚して不妊治療し、4年目にして子供が授かりましたが、
 今年の1月3日(28週)に臍帯過捻転で大切な息子を亡くしました。
 退院してから、何かに助けを求めるようにHPを探していました。1ヶ月ぐらい、HPを読むたび涙していました。
 毎日、あるHPを見ていると「誕生死」の本が出版されると言うことで、4月には入り本屋へ行くたびに探していました。
 昨日(4/10)に発見し、2日間で読みきりました。皆さんのお話ひとつひとつに自分のときと重なる部分があり、
 涙で文字が読めなくなりました。何だかまとまりのない内容になりましたが、本を読み終えたあと、
 どうしてもメールしたくなりました。
 私もこの本を大切にします。ありがとうございました。
 そして、お腹をポコポコ蹴った我が子をいつまでも大切にしたいと思います。
 



<3>おつかれ様でした。 投稿者:のじぶた  投稿日: 4月11日(木)19時54分53秒

 昨日、本屋さんでみつけ購入し一気に読みました。
 私は昨年末、初めての子供を死産をしました。4ヶ月にはいったばかりでした。
 私が顔を出させていただいている天使ママのHPで「誕生死」が紹介されていて
 ぜひ、読みたい!!と思っていた所手にする事ができました。

 もう、今日朝起きたら、「目」の二重がおかしくなってました(笑)。
 泣き過ぎちゃいました。同じ思いをされている方がいるって。
 自分、一人ではないって。

 一冊の本にするにはどんなに大変だった事か、本当にお疲れ様でした。
 それと、こんな素敵な本に出会えてうれしいです。
 ぜひ、たくさんの方に読んでいただきたいです。



<4>今日届きました。 投稿者:まゆみ  投稿日: 4月13日(土)15時18分41秒

 注文していた「誕生死」が、今日届きました。
 みなさんの思いは私と重なる部分が多く、泣きながら全部読ませていただきました。
 今回は2冊、遅れてもう数冊注文しています。

 1冊はお世話になった病院に持っていこうと思っています。
 他はまだ考え中ですが役場にも持っていこうと思っています。

 みなさんの、そして天使ママさんたちの想いが伝わりますように。
 そして、悲しいことだけど後を絶たない同じ経験者となる人たちのために、
 私にできることをしていきたいと思っています。



<5>読みました。 投稿者:葵&結貴ママ  投稿日: 4月14日(日)10時45分39秒

 一昨日、ようやく本が手元に届き、読ませていただきました。
 やっぱり、自分のことと重なって涙が止まりませんでした。
 この本を出すのに、沢山のエネルギーを使ったことと思います。
 勇気を出してがんばって書いてくださった著者の方々、本当にお疲れ様でした。

 私も、この本は沢山の方に読んでいただきたいと思い
 私が娘を死産した病院のHPの掲示板に「是非読んで欲しい」と書きこみをしたら、
 早速購入したとレスが入っていました。
 それと、妹が元看護婦でしたので、妹の看護婦&母子担当保健婦の友達にも読んでもらいたいと思いメールを出してみました。
 読んでもらえて何かが変わるきっかけになってもらえたらなって思っています。
 天使ママの想いが沢山の方に伝わりますように・・・



<6>一気に読みました。 投稿者:はなちゃん  投稿日: 4月14日(日)21時23分59秒

 初めまして。発売前に「誕生死」を知り、本日手に取り一気に読みました。
 私は最初の妊娠を5週目であっというまに終わらせてしまいました。
 その後妊娠することが出来、今年6歳になる息子が居ます。そして息子を出産したあと不妊治療をし、
 でも化学的流産を2度してしまい、私の体に来てくれたのに私の体であるために
 産んであげられないと自分を責めた時期もありました。
 私は流産と言っても本当に初期の段階で皆様の悲しみとは違うとおっしゃる方もみえるかもしれません。
 でもそれでもつらいんです・・・。
 「誕生死」を知ったとき、手に取り読みたい気持ちにかられました。
 そして読んでみてもっともっと多くの方に読んで欲しいと思いましたし、家族や友達にも勧めようと思いました。
 「誕生死」に携わった皆様、本当にありがとうございました。
 文章がまとまっていなくてすみません。今読み終えたばかりでなんです・・・・・。



<7>お礼・・・ 投稿者:釣り吉  投稿日: 4月17日(水)23時07分18秒

  2002年1月4日に、9年ぶりに授かった第2子を誕生死しました。
 どうにか人前では笑えるようになったものの、毎日何かにつけては泣いています。
 「自分がしっかりしていれば・・」「大きな病院に行っていれば・・」と、後悔しか浮かんできません。
 「育児書や名づけの本はあるのに、私を救ってくれる本は無い」と思っていた時、
 インターネットでこの本を知り、すぐ本屋さんへ・・
 同じ思いを持っている人が他にもいるとわかって救われました。
 まだまだ立ち直る事は出来ないけど、少しでも前向きになろうと思います。
 いつか赤ちゃんに笑って会いに行けるように。

 この本を出版してくださって、本当にありがとうございました。



<8>素晴らしい本をありがとうございます 投稿者:ゆきママ  投稿日: 4月19日(金)13時14分52秒

 始めまして。私は昨年3月末に初めての子を40週1日で死産しております。

 きのうやっと届いた本を3時間くらいで全て読みました。
 どの方のお話も、まるで私の気持ちを代弁してくださっているかのようで、
 あの時の自分の気持ちが蘇り涙がとまりませんでした。
 (今日は久しぶりに目が腫れています、笑)

 私は泣かない娘を出産した後、一度も会うことなく、抱いてあげることもできず
 お空へ送ってしまっています。
 何の配慮もしてくれなかった産婦人科への憤りも感じていましたが、今はただ
 この「誕生死」という素晴らしい本を一人でも多くの医師や医療関係者に読んでもらって、
 私達のような悲しい体験をした方達へ心のケアを徹底してくれることを願うばかりです。
 そして、実名という形でご自分たちの経験を世に出してくださった著者の皆様に
 この場を借りてお礼を申し上げます。

 今は「娘にもらった命」と思って、毎日を楽しく精一杯生きることを心がけています。
 皆様も出版にあたり、いろいろと辛いこと、ご苦労があったことと思います。
 本当にお疲れ様でした。
 今後何かありましたら、私も是非参加させていただきたいです!

 何だか支離滅裂ですみません・・・。またカキコさせていただきます。



<9>役場に行ってきました。 投稿者:まゆみ  投稿日: 4月19日(金)17時22分34秒

 今日、役場の保健師さんとお話してきました。
 「誕生死」の本を持って。
 保育園で長男と同級生の子のお母さんなので話しやすかったです。
 親身になって泣きながら聴いてくれました。
 私が住んでいるところは小さい町なので、私のような経験をする人は年間1〜2人だそうです。

 「23日にこの地区の保健師さんの会合があるので、そこでも紹介させてもらいます」と言ってくれました。
 すごく嬉しかったです。
 近隣の7つの市町村役場と保健所の保健師さんが集まるそうです。

 そして、病院の助産師さんあてにも「誕生死」の本を送りました。
 自分の思いと病院で検討してもらいたい対応について書いてみました。
 (助産師さんたちはいい人ばかりだけど、受付や外来の対応で辛いことがありました。)
 少しでも変わってくるといいなって思ってます。



<10>この本に出会えてよかった・・。 投稿者:ひよこ。  投稿日: 4月20日(土)10時03分34秒

  はじめまして。
  先日、ふと入った書店で偶然この本に出会い、惹かれるように購入しました。
 今、この本に出会えて本当によかったと思っています。
  私は、この3月に助産婦学校を卒業し、4月からある市の市民病院の産婦人科で勤務している助産師です。
 大学病院での実習中、死産されたお母さんに出会ったこともありますが、
 どのように対応してよいのかわからず、一緒に泣くしかできませんでした。
  今、あのころとは違い、私もひよこながら、スタッフの一員となりました。
  もう実習生ではなく、医療職の立場でいろいろなお母さんと関わる日々です。
 この本を病棟で紹介し、ここに書かれているお母さん方の気持ちをほかのスタッフにも知ってもらい、
 今後同じような経験をされる方に対して誠意のある対応ができれば・・と思っています。



<11>ありがとうございます 投稿者:ポンポンのママ  投稿日: 4月20日(土)17時16分21秒

 ステキな本をありがとうございます。
 私の息子も今年一月おなかの中で天使になりました。
 病院に向かって世間に向かって言いたかった事、代弁してくれてます。
 私もお世話になった助産師さんに送りたいと思います。
 私達の声がもっと大きな合唱になり世間にも、医療にも届く日がくる事を祈ってます。



<12>「誕生死」という本をありがとう 投稿者:だぁだ  投稿日: 4月21日(日)01時27分43秒

 今日、初めてこの本のことを知りました。
 まだ全部は読んでいないけれど、とても癒されています。
 ・・・昨年の12月26日に、優(ゆう)は、天国へ行きました。28週でした。
 とても可愛い女の子でした。
 しばらくは、現実を受け入れることができなかった。
 だからこの本の存在を知って、この掲示板を見て、自分だけじゃないんだ!
 きっと同じようにつらい思いをしている人がいて、私の気持ちをわかってくれる人がいる。
 そう思うと、投稿せずにはいられませんでした。
 あれから友達にも会わず、ひきこもりがちだった私だけど、
 これからはしっかりと現実を受け入れて、前向きに頑張っていこうと思います。
 今から続きを読もうと思っています。では



<13>感謝します。 投稿者:さちよ  投稿日: 4月22日(月)22時47分53秒

 なにげなく足が向いた本屋さんでこの本に出会いました。出会うべく本でした。
 私は、妊娠が分かってほんの1ヶ月半くらいで、染色体異常で赤ちゃんと会うことができませんでした。
 人は早く分かってよかったじゃない、なんて慰め?てはくれましたが、
 私にとっては、ちっちゃな命で母になる喜びからかなかなか立ち直れませんでした。
 この本で、たくさんの方たちが本当に辛い思いをされてて私は涙が止まりませんでした。
 私はきっと、お空にいってしまった天使達はいつまでも、お母さんを見守ってくれてると思いました。
 だって私たちの心の中にいつもいてくれてるから。たとえお腹の中だけだったとしても、
 たとえ、短い生活だったとしても、あの子にとっては母親だったことを大切に思っていきたいと思ってます。
 この本に出会えて前向きにやっていこうと思いました。



<14>本読みました。 投稿者:千波ママ  投稿日: 4月23日(火)18時07分49秒

 昨日お空にいる娘・千波の3回目の誕生日でした。そして明日は命日です。
 娘との悲しいお別れから3年の月日が流れました。本当にいろいろな思いで過ごしてきました。
 3年経った今でも娘の話をしたい気持ちに変わりはありません。
 それでも周りは一言も口に出してはくれない・・・。今でも辛いことたくさんあります。
 『誕生死』の本を読ませてもらい、著者の皆さんそれぞれのお子さんへの思いを自分と重ねあわせて読んでいました。
 私も子供を亡くした時に、同じ体験をした人の本を探して本屋を回ったものです。
 でもみつかりませんでした。どうして自分だけ、この思いでいっぱいで本当に辛かったです。
 この本の存在は本当に本当に貴重で大きなものだと思います。皆さん、本当にお疲れさまでした。
 そして本を出版してくれてありがとうございました。



<15>涙が・・・ 投稿者:みなみのママ  投稿日: 4月24日(水)23時07分00秒

 涙が止まりませんでした・・・私も お腹に宿った命を この手に抱くこともできぬまま
 天国へと旅立たせてしまった ママです・・・ずっーと 誰かに 話したかった 聞いて欲しかった・・・
 でも 私には そのすべがわかりませんでした。でも この本に出逢えて 思いのすべてを 代弁していただいたようで 
 救われました 癒されました。著者の方々の勇気に 心から感謝しています。
 きっと みんな天国で元気に遊んでいますね・・・



<16>はるか。 投稿者:はな  投稿日: 4月25日(木)07時12分00秒

 はじめまして。まーちさんのHPでこの本のことを知って、だんなさんに
 お願いして早速買いました。(家計火の車なんだけど…)
 先月2人目の子(はるか)を8週で流産しました。
 1週間で仕事にも復帰して、だんなさんの実家にもあれから二度帰ったり、端から見れば
 多分私はもう立ち直ってるように見えるんだと思います。
 だんなさん以外の人とはもうはるかの話はできず、はるかのことを会話に出すことがはばかられて
 たくさんの人に会うたびに「誰かはるかのことを聞いてくれたらいいのに」って思ってました。(今もだけど)

 この本を買って、「なかなかおまえの気持ちをすべて理解してやれない」って
 (ある意味)苦しんでただんなさんに共感した部分からどんどん読んでもらいました。
 そしたら黙ってペンを持ってきて「2002年3月18日 はるか」と、
 本の中表紙(ピンクのとこ)に書いてくれて。
 それはほんとはこの本を買ったときから私がしよう、したいって思ってたことで
 私の考えてたのより大きな字で堂々とはるかの名前を書いてくれたこと、本当に嬉しかったです。

 これからもきっと子供をつくるだろうし、子供が増えていけばはるかのことはだんだん癒されていくんだろうけど、
 この本のこと、この本に名前を書いてもらったはるかのこと、
 私は一生忘れずに生きていきたいと思います。

 長くなっちゃってすみません。私たちの子供に命をくれてどうもありがとうございました。



<17>読ませていただきました。 投稿者:初音ママ  投稿日: 4月25日(木)11時42分39秒

 4月15日にすぐ本屋さんに注文して、昨日手に入って、すぐに読みました。きれいなピンク色の表紙が素敵ですね。
 昨年12月21日に待望の娘「初音」を常位胎盤早期剥離で死産しました。34週でした。
 産声をあげることなくお空に旅立ち、私の命を救ってくれました。
 抱っこも、おっぱいも、顔さえ見てあげられませんでした。
 やりきれないこの気持ちをわかってくれるのはパパと同じ体験をされた天使ママの方々だけです。
 死産に関する資料や心のケアの本って、本当に少ないですね。この本のように、
 亡くなった子への思いを語る場所があって、パパ・ママの救い・支えとなる本が増えるといいなと思います。
 また医療関係の方にもケアの仕方を考えて頂きたいですね。
 そして今後私たちのような辛い思いをする方はひとりでも少なくなりますように・・・。



<18>読みました 投稿者:ぽちわん2  投稿日: 4月26日(金)00時43分49秒

 この本の存在を知って、すぐ取り寄せました。
 私は37週で初めての子供(娘)を死産しました。原因はわかりません。前日の検診では異常ありませんでした・・・。
 それからは泣き暮らす毎日。なぐさめにもならない周りの言葉に傷つき・・・。
 でもネットを通して、同じようなことをされた方と知りあい、それがせめてものなぐさめでした。
 それから8ヶ月後、再び妊娠。双子でした。「あの子も一緒に戻ってきてくれたの?」という喜び、そして不安。
 またあの9ヶ月もの間、不安とたたかっていかなければならない。
 無事に生まれるのか・・・。出産予定日2ヶ月前から無理に(?)安静入院させていただきました。
 そして今、息子たちは無事に生まれました。1才半です。それでも毎日私が寝る前には顔を近づけて
 息をしているか確かめてしまいます。怪我をするたび不安になります。
 でも娘が天国で弟たちを見守っていてくれてると思います。今日この本を読んで、息子たちに
 (まだわからないと思いますが)「あんたたちにはお姉ちゃんがいるんだよ」と教えてあげました。



<19>ありがとうございました。 投稿者:田丸ゆか  投稿日: 4月27日(土)18時51分54秒

 私は三月の末に36週で息子を死産しました。まだどう受け止めていいのかがわからず、主人が出かけた後に泣く毎日です。
 退院後は御飯も食られないし眠りにつく事が出来ず体調も崩しっぱなしです。
 自分の気持ちを誰にも言えないし自分の気持ちをうまく言葉に出来ないし、
 自分の気持ちがわからなくて、ただただ毎日息子の事を思って泣く事しか出来ません。
 この本を読んで涙が止まりませんでした。息子は優しい幸せな顔をして私の腕に抱かれていた事を思いだしました。
 息子は私にいっぱい幸せをくれました。これからは私が息子をいっぱい愛して幸せをあげたいと思います。
 まだ涙が出てきます。でもいつか強いママになって天国の息子を安心させてあげます。
 戸籍上は名前も残してあげられなかったけど私にとって息子は初めての大切なかけがえのない子供だから。
 この本に出会えて良かったです。ありがとうございました。



<20>天国のさよちゃん 投稿者:マチャ  投稿日: 4月29日(月)15時49分09秒

5カ月前、娘を亡くしました。予定日から5日後でした。胎便吸引症候群でした。私のせいだと思います。
娘は生きたがってたと思う。みんなは私が立ち直ってると思っていますが、ずっとモヤモヤした
気持ちで悲しみたいです。夫はこの本を読む私の心中が理解できてません。悲しくなる本をなぜと。
違う、悲しくなる為に読むんじゃない。 少しだけ楽になれました。ずっと知りたかった。娘が愛しい。