『感想のページ』より−2 <21>〜<40>             



<21>なにも残ってない 投稿者:きらら  投稿日: 5月 1日(水)23時55分34秒

平成9年に無脳症の男の子を出産しました。なんにも残っていいません。
私は顔も見ていません。夫だけが赤ちゃんに会いました。他に男の子が2人いて、大にぎわいの毎日ですが、
亡くした子の存在をもっともっと残してあげたかった。
元気なこどもたちの写真の中に1つだけ、空の写真たてが混ざっています。
今、悲しみは薄れましたが、毎晩、空を見ながら子どものことを思っています。



<22>久しぶりに、泣けました 投稿者:ゆう  投稿日: 5月 2日(木)15時55分35秒

私は、生後満1ヶ月に心臓病で、1年半前、次男を亡くしました。 
何の問題もなく産み、退院し、足がつめたく、おっぱいの飲みが悪い息子におかしいと思う間もなく世話をし、
1ヶ月検診の前の日、突然なくなりました。
1人であの子が苦しむ姿と救急車の中での様子などよる布団に入ると頭に浮かび、なく毎日でした。
あの子の話を家庭で話すのは、禁句のようでした。でも、わたしは、あの子の話をしたかった。誰かに聴いてほしかった。
このような、ホームページあることを、もっと早く知りたかったです。



<23>人工中絶を考える 投稿者:名無し  投稿日: 5月 2日(木)18時52分11秒

たまたまNHKを見ていたときこの本が紹介されていました。

若者の遊んだ末の中絶があとを断ちませんが、この子たちも生きたかったと思います。
望まれるのに死ななければならなかった命。望まれない命。
次元が違いますが、なにか訴えるものがあります。



<24>幸樹のママ 投稿者:幸樹のママ  投稿日: 5月 2日(木)19時05分41秒

息子を亡くし4ヶ月がたちました。初めての妊娠で赤ちゃん誕生を 楽しみにしていたのに・・
6ヶ月検診までは順調だったのに、2週間後に通院すると成長していないとのことで、即入院となりました。
そのときは、ただ小さいだけで、特に異常がありませんでした。
私も仕事をしていたため体を休めれば良かったのかもしれません。そして、お正月が近かったため、
外泊許可も出ていた矢先に、赤ちゃんの心音が下がり、緊急帝王切開となりました。
それは、3ヶ月早い出産でした。
もう、その時は無我夢中で何が起こっているのか把握もできない状況でした。早産だったため、ほんとに小さな命の誕生でした。
しかし、残念なことに2週間が経過したとき、息を引き取ってしまいました。
一度も自分の子供を抱くことができずに、たった最後の一瞬だけ自分の胸で抱きしめることができました。
その後も、自分を抑えることができず、どうして良いか分からずただ泣いているだけの苦しい日々でした。
自分を責めつづけ、ただ辛い日々を過ごしました。
しかし、幸樹が生まれた意味を思うと、たくさんのことを子供から教えてもらいました。
私達を、親にさせてもらった事を今は感謝しています。まだまだ、気持ちの整理がつきません。
もし、同じような経験をされた方は、気持ちを落ち着く方法等あれば、アドバイスください。



<25>忘れないよ。 投稿者:留美  投稿日: 5月 2日(木)19時09分19秒

はじめまして。
昨年12月4日、初めて出来た子供を繋留流産により亡くしました。
私と夫を夫婦にしてくれた大切な赤ちゃん、この子が私にくれたものは計り知れないです。
来月、本当だったらあの子に会えるはずでした。
でもそれが不可能となって早5ヶ月が経ちます。
あの子に会いたい・・・そんな気持ちでいっぱいです。

私は今、お腹に新しい命を宿しています。
まだ5週に入ったばかりです。
不安がたくさんありますが、今度こそこの胸に抱けることを信じて日々過ごしていきたいと思います。
お空に逝ってしまったあの子のことは絶対忘れません。



<26>これから読みますが・・・ 投稿者:桃香ママ  投稿日: 5月 2日(木)21時58分48秒

初めまして。
3月2日夜に21週で2人目の娘、桃香を産んでしまいました。本当に“誕生死”でした。
産んだら病室は離れた6人部屋に1人で入り、4日には退院しました。
流産してから退院するまでほとんど人が来ることがなく、疎外感を味わいました。
流産後の体のことも話してくれず、退院時には、外来で見てくれていた先生はいたのに
声をかけてくれず、看護婦さん1人だけが暖かく接してくれました。
心のケアという点では、一般の病院は遅れていると思います。
病院は体を治すところなんだって、しみじみ感じました。

これから本を購入します。読んだら感想を書きたいです。
本を出された勇気、感謝しています。



<27>驚きました 投稿者:未津希のママ  投稿日: 5月 2日(木)23時17分42秒

こんなにも同じ悲しみにあわれた方がいるのですね・・・今日、本を購入し2時間で読んでしまいました。
この私も今年の3月16日に次女未津希を亡くしました。逆子がなおらず又臨月に入り妊娠中毒症になってしまった為、
帝王切開の予定で入院していました。が、その早朝、陣痛がおこり骨位での出産となり生まれてきました。
しかし・・・生後2日目顔色が悪く、とても苦しそうに大きな声で泣いていたので病院も検査をしたりと
対応してくれたものの・・・翌朝の朝、様態が急変してしまい、蘇生のかいなく亡くなってしまいました。
今の気持はこの本の方々と全く同じ気持です。今の医学では1000gに満たない赤ちゃんでも育つと言うのに
どうして我が子は・・・と思うと悲しみでいっぱいになります。
また、長女の前にも流産を経験しているし、子宮筋腫もあるので私の体ではもう子供は無理なのかな?と
思ったりしています。でも私だけが悲しい思いをしているのでは無い事が良く解りました。
これからも未津希の為に、沢山沢山泣いてあげようと思います。
良い本を作ってくださってありがとうございました。



<28>(無題) 投稿者:らむねママ  投稿日: 5月 3日(金)00時08分54秒

今日、NHKの首都圏ネットワークの特集で誕生死について拝見しました。
私も2月末、第2子を12週で稽留流産で亡くしました。私も毎日が悲しくて涙ばかりして、
インターネットで同じ思いをした人たちをたくさん知りました。
本屋で救いを求めるように、本を探したのですが、そのころはまだ「誕生死」は出版されていなく、
毎日掲示板を行ったり来たりでした。

体はもとに戻っているけれど、やはり情緒不安定の自分がいます。どうしてどうしてって
考えてみても答えがみつからなくて、どこか流産した自分を恥と思う気持ちで凝り固まって
いました。別に恥ずかしいことでないのはわかっているのだけど、なぜだろう・・・。

今日の番組で誕生死について取り上げてくれたことで、私たちの孤独から
少しは解放されたように思います。勇気を頂きました。
まだ本は拝見していませんが、すぐに明日でも取り寄せてみようと思います。
もっと多くの人に誕生死のことを理解していただきたいと私も願っております。
本当に、このように本という形で辛い思い、悲しい気持ちを綴っていただいた著者の方々に感謝致します。
ありがとうございました。



<29>出会いに感謝します。 投稿者:はじめのママ  投稿日: 5月 3日(金)01時16分00秒

私は今年4月1日に18週ではじめを誕生死しました。子宮頚管無力症でした。
結婚5年目にして始めての妊娠。まさか安定期に入ってこんな事になるなんて想いもしませんでした。
今でもしっかりとその時の状況を覚えています。助けてと何度も何度もお願いしたけど、
220gの小さいはじめを助ける事は出来ませんでした。破水してから30時間、はじめは頑張ってくれました。
陣痛が始まった時は、はじめの心臓が停まった時と知りながら出産しました。
どうして?何で?って繰り返しの疑問と後悔。病院でも信じ難い事ばかり、毎日が苦痛で仕方なかった。
そんな時少しでも無力症の事が知りたくてPCに手を伸ばしました。調べたけれど私の想いを
満たしてくれる事は無く、本屋にも行きました。無事に産まれてくる事の本は山ほどあるのに、
死産、流産はホンの少ししか記述が無く、そんな事にさえ苛立ちました。そんな時ネットの中で、
誕生死の本を知りました。本のPRの中に、松戸在住の井上さんご夫妻を見つけて、
もしかしたら同じ病院かも?なんていう理由から本を取り寄せました。(実際は違う様でした。)
何で?どうして?という疑問も解決するのではないかという想いもありました。けれどこの本は
私に新たな出会いをもたらしてくれるきっかけでした。悶々と抱えていたはじめへの想いや、
身体の事、病院や医療、色んな事を我慢しないで話していいよって言ってもらった気がしています。
今は同じ経験をした方と毎日メールでお話ししています。そんな私を見て、固執し過ぎては駄目と
周りは言います。けれど、今、笑顔で居られるのは、支えてくれた主人や家族のお陰だけでは無く、
私の話に耳を傾けてくれた人が居たからです。もちろん主人や家族には感謝してもしきれません。
でも、これ以上心配を掛けたくないから・・・。自分の気持ちをもっと話してもいいのかもしれませんが、
不器用だけどこうして同じ悲しみを抱いている人と出会って話が出来た事感謝しています。
はじめが空に帰ってから1ヶ月。ひまわりの花を買ってお供えしました。今私はひまわりの様に
空を見上げ笑顔でいたいと想っています。
ママ笑っていてね!!ってはじめが励ましてくれているから・・・。



<30>助産師さんから・・・ 投稿者:まゆみ  投稿日: 5月 3日(金)09時20分13秒

先日、2人目の子ども:優人を死産した病院の助産師さん宛てに、「誕生死」の本を送りました。
手紙を添えて・・・。

本が届いた当日、助産師さんから電話がありました。
夜勤のとき1人で忙しいにもかかわらず、「赤ちゃんに逢わせてほしい」という私の望みを
かなえてくれた助産師さんでした。

「まだ、本は読んでいないけどお手紙を拝見しました。これから助産師みんなで読ませてもらって、
勉強していきたいと思います。」と言ってくれました。
添えた手紙にも書いたのですが、もう一度同じような経験をしてしまった方に「誕生死」の本を
教えてもらえるよう、また、私の名前、住所、URLも必要があれば伝えてもらって構わないことを
言いました。

「1人じゃないよ」「泣いてもいいよ」ってメッセージを伝えたくて・・・。

よかったら病院のほうで本を何冊か購入してくれるそうです。

そして、数日後、違う助産師さんから手紙をもらいました。
1人目、2人目の出産とも立ち会ってくれた助産師さんでした。
「まゆみさんの思いを大切にこれからの仕事に生かしていきたいと思います。」
「思い返す機会を与えてくれてありがとう」と書かれていました。

この本を勇気を出して出版されたみなさんの思いが、1人で苦しんでいた方、
誕生死を経験していない方にも伝わっていっているのを感じます。

改めて、お礼を言いたいと思います。
本当にありがとうございます!



<31>三人の天使 投稿者:きょうたま  投稿日: 5月 4日(土)00時55分26秒

辛いと思う事も許されないと思ってました。
結婚5年目不妊治療の末、4回目の人工受精で4つ子を妊娠しました。
でも、生まれつき子宮が二つあり(双角子宮)1人でも流産しやすい私に4人も産む事はできませんでした。
少しでも元気な赤ちゃんを産む可能性を高めるために、13週の時に減数手術を受けました。
そして、減数手術後3日目から切迫流産で入院。3ヶ月の入院を経て26週の時に切迫早産
(自然分娩)で双子の女の子と男の子を出産しました。
1ヶ月後494gで産まれた男の子は敗血症で天使になってしまいました。

減数手術の苦しみ、子供を亡くした苦しみ、小さな赤ちゃんを産んだ苦しみ。
悔しくて、苦しくて、誰かに助けて欲しいと思ってもそれさえも許されないと思ってました。
1人で頑張っている娘の為(現在1600g)にも私も1人で乗り越えていかなきゃってずっと思ってました。
でも苦しくなった時は助けてください。
強いね!って良く言われるけど本当は泣きたい時もある事を少しでもわかってもらえたら、
これからも頑張っていけるかな?と思います。



<32>立ち直れなくて・・ 投稿者:なな  投稿日: 5月 4日(土)09時45分10秒

私も誕生死を経験した一人です。 昨日新聞でこの本の存在を知りました。
今月27日で娘の三回忌がやってきます。私には妊娠と同時に巨大筋腫が発見されました。 
しかし娘はお腹の中で筋腫という邪魔者を蹴飛ばしながら元気にすくすくと32週まで育ってくれました。
私といえば筋腫痛という辛さに苦しみながらの妊娠生活だったので、入退院の日々に疲れ果てていましたが 
娘が元気に生まれてくれば この辛さも笑い話になると信じて耐えていたのに・・・ 
入院中に破水が始まり、はじめは帝王切開になる予定が、出産の進みが速く産道もあるため
自然分娩という決断がなされ 大学病院ということもあり 10人程の研修医や先生が見守る中出産しました。
陣痛の時も確かに娘は動いていたのに 生まれたその子は産声をあげることなく逝ってしまった。 
筋腫の手術も産後半年して受けました。そのころからPTSDによる うつ・パニック障害に悩まされる日々が
今も続いており 同じ経験をした人たちはどう過ごしているのだろうとおもい 図書館に通ったりもしました。 
やっと 自分の心を動かす本に出会えたような気がします。 
主人の家系は女ばかりなので 後継ぎを期待されているため プレッシャーに
押しつぶされそうになりながらもこれから少しずつ前を向いていかなければと思っています。



<33>今読み終えました。 投稿者:けい  投稿日: 5月 4日(土)17時52分58秒

一週間前の4月27日 570gの小さな次男を産んできました。24週と3日目のことでした。
4月26日の検診で赤ちゃんの心臓が止まっている事を告げられ、当日入院。
翌日お産をして次の日には退院してきました。まだ安静の身で長男(2歳)は主人の実家の方で
ほとんど一日面倒を見てもらっています。今回この本の存在を知って、
主人に頼んで買ってきてもらい今読み終えました。そしてすごく心の支えになりました。
突然の出来事からまだ一週間。でも上の子のために元気でいなくては、という思いがあって
周囲の励ましにもそんなニュアンスが感じられ、みんなの前で悲しい顔をしないようにと思っていました。
でも、いくら考えても自分の子供が亡くなったのにそんなすぐに元気になれないと思っていた時、
この本を知る事が出来て、同じ思いをされた方のお話を読む事が出来て、本当に良かったです。
この本を製作してくださった皆さん本当にありがとうございます。
またこの場所にこさせてください。この場所なら自分の素直な思いを皆さんに聞いてもらえそうです。
心臓を誰かにつかまれているような胸の圧迫感を和らげてもらえることが出来そうです。
またお邪魔します。



<34>不安 投稿者:カラ元気  投稿日: 5月 4日(土)18時20分17秒

誕生死という本が出版されたという新聞記事を目にしたので、その足で本屋へ行きました。
注文になるので遅くなりますといわれて帰ってきてしまいました。というのも、読む勇気が
なかったからかもしれません。今年の二月に予定日を一週間すぎての死産をしたからです。
医者からは「原因不明です。今回は残念でしたけどあなたは健康だから半年もすれば
次の妊娠も可能です。」といわれました。簡単に次の妊娠といわれても・・・。
不安でたまりません。私にそっくりの娘を胸に抱いたことを思い出しては涙を流す毎日です。
周囲からはひきこもりだといわれ、くやしいので今月から仕事をはじめました。
慣れないパソコンの仕事でクタクタです。
結果的には死産でしたけど私は自分の子供を産み、この腕に抱けたことで自信をもてたような
気がします。仕事のことや子供のことで頭の中はグチャグチャですけど一日も早く元気に
なりたくてがんばっています。そして、今度は産んで育ててみたいです。その夢が早く叶うといいな。



<35>苦しみが少し癒されました。 投稿者:きち  投稿日: 5月 4日(土)18時28分04秒

去年の10月に32週で死産をしました。
私たちにとって初めての待ち望んだ赤ちゃんでした。
小さなわが子は産声を上げることなく静かにお空に逝ってしまいました。
まだ暖かさの残る体を抱いてこの重みを一生忘れないと思いました。
主人も同じ気持ちだったと思います。
白い布を顔にかけられて小さなベッドに眠るのを二人でずっと見つめていました。
本を読んで、歌を歌って、たくさんお話をしてあげました。
これでこの子が生きていれば最高の幸せなのに・・そう思いました。
火葬の日、お花をたくさん入れて、ぬいぐるみをお供に連れて、私達の写真を胸に抱いて
あの子は旅立っていきました。私はただ泣くことしか出来ませんでした。
今年の3月に妊娠が判明しましたが、9週で流産してしまいました。
せっかく、帰ってきてくれたのに、どうして?と言う気持ちでいっぱいです。
私の何がいけなっかたのか?どうしたらよかったのか?毎日自分を責めてしまいます。
あの子だけが、どうして2度もお空に帰らなくてはいけなかったの?
私が強く帰ってきてと望んだから、急ぎすぎて、来てくれたのかもしれません。
いまどうしていいのか分からずに苦しんでいます。
この苦しみを乗り越えるすべが見つかりません。
でも、ここへ来て少し癒されていく自分を感じました。誰もわかってくれない悲しみを
分かってくれる人がいる、私だけじゃないんだと思いました。
これからも経験しなくていい悲しみを知ってしまう人がいるでしょう。
そんな人のために、私たちのような消える事の無い悲しみを持つ人の為にも
この本やこんな場所は必要だと感じました。
近い将来、悲しみを乗り越えて幸せを抱きしめることが出来ますように!



<36>きょうだいです。 投稿者:さん  投稿日: 5月 6日(月)06時53分23秒

今26才です。
私には2才違いの弟がいたのですが、生まれた次の日に亡くなってしまいました。
他に兄弟がいないので、周りには一人っ子ということで育ってきたんですが、
「一人っ子でいいね〜」とか「うらやましい」といわれるたびに、そういわれるのはイヤだなと思っていました。
お墓参りに行ったり、毎日仏壇にお線香をあげたりしていた気持ちを今まではうまく人に説明できなかったのですが、
この本を読んで、やっぱり私にも弟がいたという事を人に言っていいんだと思えるようになりました。
思い出がないのはちょっとさみしいですが、一日しか兄弟でいられなかったというのではなくて、
弟がおなかにいた何ヶ月間はお姉ちゃんでいられたということを気付かせてもらえました。
ありがとうございます。



<37>悲しみとの距離 投稿者:みな  投稿日: 5月 6日(月)10時29分25秒

はじめまして。
「誕生死」読ませて頂きました。私は5月7日明日誕生死9年目を迎える息子がいます。
  9年前、私が息子を誕生死した頃は支援グループも無く、パソコンもまだまだの頃で情報が何一つ無い時でした。
「自分だけがこんな風になるのはなぜ?」「私の気持ちと反する周囲の態度の溝はどうしたらいいの?」
何年も自分との戦いでした。
誕生死した息子を忘れなければ。その私なりの当時の無謀な答えは「次の子を持つこと」でした。
自分の気持ちの傷口に蓋をして、次の子供達(3人)を生み、急がしさに感けていた私。
けれど、その傷口は、色々な場面で見え隠れしていました。
目の前にいる、育てるということに必死にならなければいけない子を見れば見るほど、
お空の息子が私の心と脳裏に現れてきました。
そして、「あの子が生きていれば、こんな感じだったかな」せつなくて、
愛しい気持ちで溢れてしまいそうでした。
そして、私の転機がやってきました。
今年1月。朝日新聞に自分の思いを綴った記事を実名で掲載して頂くことになり、
自分の悲しみの形が変化していることに気づきました。
その後、メールやお手紙で色々な方のお便りを読ませてもらいました。
私は、改めて自分の記事を読み返すと、そこには自分では全く気づかない
間に少しずつ前に進んでいた私がいて、悲しみと距離を置いていた自分がいました。

こちらに来る皆さんも、後戻りしてもいい。しゃがみこんで、うずくまってもいいのです。
焦ることは何一つありません。
そう。ママと一緒に隣でしゃがみこんだり、うずくまったり、後ろに戻ってくれる天使ちゃんがいます。
いつでも、天使ちゃんはママの味方。どんな時も隣にいてくれます。
自分が9年という歳月を振り返ると、本当にそうだったな。と感じます。。。

明日は、お姉ちゃんや弟たちが「お兄ちゃんのためにパーテイしようよ!」と盛り上がっています。
きっとそこには、一緒に笑ったお兄ちゃんがいるんです。
「おにいちゃん!おめでとう。そして本当にありがとう!」
あなたにであえて本当にママは心の財産をたくさんもらいました。



<38>ありがとうございます。 投稿者:まひろのはは  投稿日: 5月 7日(火)08時40分44秒

私は今年3月5日に初めての赤ちゃんを死産しました。男の子で、名前を“まひろ”と名づけました。
それから2カ月経ちますが、まひろのことを誰かに話したいのに、誰にも話せずにいました。
「誕生死」を読み、ここなら私の気持ちを分かってもらえると思いました。
まひろは、染色体異常の為お腹の中でしか生きられないと26週の時に言われました。
そして32週で、1040gという小さな体で一生懸命生まれてきました。初めてまひろを抱いた時、涙はでませんでした。
泣く事よりも、「生まれてきてくれてありがとう」という気持ちでいっぱいでした。
私が出産した病院は、とても心ある対応をしてくれました。病院内にチャペルがあったので、
そこでお別れの会をしてくれました。担当医と院長先生、出産に携わった助産婦さんや看護婦さん、
事務の方など、病院関係者がたくさん参列してくれました。出産直後まひろを抱いてる時に写真を
撮ってくれたり足型をとってくれました。それを見て寂しく思うことがありますが、残して良かったと思います。
そしてこの本を読んで私は1人じゃないと思えるようになりました。
私も病院にこの本を送ってみようと思います。先生や助産婦さん達だけじゃなく、妊婦さんにも読んでもらいたい。
不安にさせてしまうかもしれないけど、赤ちゃんを元気に産めることがどれだけ幸せか分かってもらいたい。
まひろのような子供がお空にいる事を、少しでも多くの人に知ってもらいたいと思います。
この本に出会えて良かった。出版してくださってありがとうございます。



<39>迷っています。 投稿者:明美  投稿日: 5月 7日(火)11時22分54秒

この本に出会えたことに感謝します。私は今年37歳になる1児の母です。平成10年に息子を無事出産、
特にトラブルらしいトラブルもなく生まれてきた息子 けどその後2回続けて流産と死産を経験してしまいました。
平成12年3月茶褐色のおりものが続き受診した所「子宮頚管無力症」との診断ですぐに入院 お腹の張りも強く、
子宮口も開きかっかているとのこと その日から24時間の点滴が開始となり食事も排尿もベット上の日々。
子宮をしばる手術を2日後に控えた深夜11時、突然の激痛に襲われ出血、赤ちゃんは卵膜に包まれたまま
子宮頸部まで下りてきていた。 当時私は妊娠20週目、NICUで引き受ける週数ではなく流産という形をとるしかなかった。
けど、出産直後はまだ小さなかわいい心臓はバクバクと動いており、私の手のひらで息をひきとるのをみていました。
その悲しみからどうにか立ち直り次の子を妊娠、今度は4ヶ月の時に子宮縫縮術を行い、
少しずつ大きくなっていく我が子、8ヶ月の時に体内発育遅延と言われ点滴治療のために入院、
入院中のNSTでときどき心音が下がる時がありましたがそれほど心配なほどでわないと説明、
赤ちゃんも徐々に大きくなり2500gになった時点で退院、もうすでに38週になっていました。
あとは出産をまつだけのはずが何故か「死産」と言う形になってしまいました。 
予定日を過ぎてもいっこうに生まれてこない赤ちゃん、お腹の中ではグルグルと元気一杯に
痛いほど動いていた赤ちゃん、40週と3日目の検診の日途中で陣痛がきたものの病院に着いたときにはもう心音がなかった。
子宮口はすでに7cm、本当に生まれる直前の出来事だったようです。
最初の子は愛、次の子は美咲とつけて供養をしています。 
死産をしてから8ヶ月、 ようやく前向きに考えれるようにまりました。そして息子とためにも、自分のためにも、
やっぱりもう一人欲しいのですが2回続けての出来事に結論がでないでいます。 それと年齢てきなものもあり迷っています。



<40>心にぶれーき かけない日 投稿者:リリカ  投稿日: 5月 7日(火)15時58分20秒

こんにちは、はじめまして!私も、2人の赤ちゃんを産んであげられませんでした。男の子と、女の子です。
小さい子達です。名前は付けてあげていないけど、いつもあの子達のへその緒は、身につけています。
とっても愛しいです。母親として!!人前では、主人にも、過ぎ去った事として、平静に居りますが、
何かをきっかけに前に進む事が出来なくなる自分である事を知っているので、
穏やかにこころを持ていくようかなりガンバちゃいます。でも、この本を読んでそんな自分に
思いっきり楽にさせてあげようと思います。そんな訳でまだ子供はいません。