『感想のページ』より−3 <41>〜<60>             



<41>悲しみ 投稿者:kitty  投稿日: 5月 7日(火)20時10分22秒

はじめまして。私も2月16日に次男を30週と1日常位胎盤早期剥離で亡くしました。男の子でした。
ふうまとなずけました。H1年生まれの男の子がいます。H3年の12月に5ヶ月で流産しました。
女の子でした。その後は自然にまかせていて長男も12才で子供は一人っ子と諦めていましたが、
思いがけず次男ふうまを妊娠して、主人も私も長男も喜んで楽しみにしていました。
まさかこんなことになるなんて思いもしなかった。亡くなる3日前に病院にいったけど、大丈夫だったのに、
信じらけず主人と2人泣きつづけました。何でうちが、何でうちのふうまが、という思いが強く、
まわりにそんな人はいなく無事に産まれてくるものだとおもっていました。
新聞でこの本をみつけ、読みたい気持ちと読みたくない気持ちがあったのですが読みました。
私のような方がまわりにもいるんだと思い、読んでよかったと思いました。ただ私たち二人の子供を
亡くし私はあかちゃんが欲しいのですが、主人がまた同じ様になってしまうと耐えれんでもういらんというのです。
私も同じことになったら耐えれんけど赤ちゃんがほしいとおもうのです。



<42>0才の誕生日 投稿者:こっこのママ  投稿日: 5月 7日(火)21時20分41秒

はじめまして。少し前に誕生死の記事を中日新聞で読んで何件か書店をまわりましたがみつからず、
今日やっと手にすることができました。
今日は12月に5ヶ月で死産した女の赤ちゃん(おなかの中にいるときはこっこちゃんと呼んでいました)
の予定日です。今頃は、天国で0歳の誕生日を赤ちゃんのあとを追うように天国にいった私の大好きな
祖母に祝ってもらっていると思います。予定日が近づくにつれ、なぜか急に涙がでてきたり、
すごく不安定な状態になり夫と険悪になってしまっていましたが、新聞で記事を読んでからは
 1人でかかえこむことはないんだとわかり、今の状況を夫に話しました。
夫にとってショックな言葉もいってしまったので、夫は1日寝込んでしまいましたが状況を理解してくれ、
少し私も安定しました。今日も誕生死の本を読みながら涙していますが、これは少し前の涙とは違う気がします。
こっこちゃん0歳のお誕生日おめでとう。5ヶ月間だけでもすごく幸せをもらったよ。
そして、誕生死を世の中に知らせてくれた方々に感謝します。



<43>思い出してます 投稿者:サリー  投稿日: 5月 8日(水)16時08分16秒

もうすぐ22年になります。かわいい女の子でした その日のこと 怖いぐらいハッキリ覚えてます。
私がいけなかったと誰にも何もいえませんでした。泣きながら これを忘れないようにノートに書きました。
5年後に男の子が生まれました その子は一人っ子ではないと言ってくれます。
だんなとは ずーっとうまくいきません
これもつらいよ 
               50歳でも泣いてます



<44>「誕生死」読みました 投稿者:tomo-jiya  投稿日: 5月 9日(木)01時48分56秒

先日テレビでこの本のことを知り、さっそく買い求め、一日もかからずに読みました。
本を開く前は泣かずにちゃんと読もうと覚悟を決めたのに、やはりそれは無理でした。
私は結婚後すぐに子供を産むチャンスが訪れ、二歳の男の子がいます。
しかし私のまわり、特に結婚前からの友人には、なかなかコウノトリがやって来ない人、
やって来ても流産という結果になってしまう人がとても多いのです。
結婚したのは、私の方がずっとずっと後なのに、先に子供を授かり、その報告の電話をした時は、
なぜか後ろめたいような気持ちになりました。
おそらくそう思う方が失礼なのでしょうけれど…。
昨年の暮れに「今、妊娠六週なの」と電話で話していた友人の年賀状には、「ママにはなれなかったけど…」と書かれていました。
先日電話で話した時にその後の体調の回復具合なども聞きたかったけれど、元気そうな声で
たくさん話し、たくさん笑い、本人も何も言わなかったので、あえてこちらからは何も聞きませんでした。
本当にこれで良かったのかなぁと心配になっています。
相手の人が話しをしてくれたら素直に話を聞く……、これでいいんですよね。



<45>おはようございます。 投稿者:だぁだ  投稿日: 5月 9日(木)10時28分24秒

本を読んだ後またここへ来させていただいたら、本当にたくさんの方が書き込みをしていたので驚きました。
こんなに大勢の方々が私と同じような悲しみを体験してしまっているなんて本当に辛い事です。
またそんな体験をした人の周囲の方々がどんな風に接していけばいいのかを考えて下さるということは
とてもありがたいことではないでしょうか?
私も死産を体験するまで流産をした友人のとても悲しいという気持ちをわかってあげられていなかった気がします。
「誕生死」のあとがきを読んで涙が出ました。
これまで私は本当に孤独でした。けれどこの本に出会うことができて少し孤独感から抜け出せたような気がします。
・・・優の誕生死から4ヶ月半が経ちました。まだ何も乗り越えてはいません。
でも少し勇気をだしてお世話になった産婦人科の先生や家族や友人にこの本の存在を伝えてみようかなと思っているところです。



<46>本読みました。 投稿者:さとみき  投稿日: 5月 9日(木)12時18分59秒

昨日本が届き一気に読んでしまいました。涙・・・涙でした。あの頃のこと思い出してしまいました。
無意識のうちに「昇子」への気持ちを封印していたことに気づきました。
とは言え、まきさんと同じように戸籍にも名前があり、墓も仏壇もあり、嫌がおうでも事実は受け止めなくてはいけないんですよね。
いろんな方に怒られてしまいますが、戸籍を見たとき、墓にいかなくては・・・・と思ったとき、供え物を買うとき・・・・
生まれてきたことを恨んだ時もあります。出生したがために・・・。
恐ろしい自分が又イヤになり・・・。
存在がないのもイヤですが、存在があるのに今現在生きたからだがないのもイヤのなものです。
いつもいつも自分の中で、天使と悪魔が住んでいるんです。
いいんですよね・・・・。

最後昇子を看取ってくれた病院に感謝の気持ちを込めてこの本を送ろうと思います。
救急車で運ばれ、たった4時間しかいなかったのに、へその緒も残していただきました。
なんと言っても 唯一生きていた写真を撮っておいてくれたことは感謝の気持ちでいっぱいです。
改めてこの本を読んで昇子は幸せにお空に飛んでいったんだと感じました。



<47>やっと心がほぐれていく気がします 投稿者:きらら  投稿日: 5月 9日(木)20時21分11秒

 いつもいつも3人産んだはずなのに2人しかいない、なんだか足りない気がしています。
入院中御飯を食べないと心配させると、一生懸命御飯を食べることに神経を集中していました。近頃は同じ年頃の子を
「生きてたらこんなに大きくなってるんだぁ」と懐かしいような気持ちで見ることができるようになりました。
ただ、今元気な2人の子がちょっと病気で熱でもだそうものなら、異様なまでに「死んだらどうしよう」と恐くてたまりません。
また子どもを死なせてしまったらどうしよう、と不安でたまらなくなります。
 無脳児だったのだから仕方がないと、誰に、何人に言われようと、私が死なせてしまったという気持ちでいっぱいです。
たぶん一生思い続けるでしょう。ここにきて皆さんと辛い思いを分かち合えることで、
辛い思いを外に出せる場ができて、私はやっと救われたような気がします。ありがとうございました。



<48>そうですね。 投稿者:あーママ  投稿日: 5月 9日(木)23時32分44秒

私のまわりでも無脳症という言葉を知っている人は唯一、看護婦さんをやっていた人だけです。
出産までは陣痛の痛みもあり泣く事はありませんでしたが、出産後は涙が止まりませんでした。
そんな様子を見てか、先生の判断で「今、旦那さんに赤ちゃん見せて説明してきたけど、あなたはもういいね。
今日は注射を打ってゆっくりやすみなさい。」と赤ちゃんに会うことはありませんでした。
夫は血を見るとフラッときてしまうらしく、立会い出産もできればしたくないと言っていた人なので、
赤ちゃんに会ってすごくショックを受けてないかなー、と分娩室で思っていました。病室に戻って夫に聞くと、
「赤ちゃん見せてもらえないかお願いしようと思ってたら、先生が連れてきてくれたからよかった。
頭の部分だけ無かったけど、後は手も足も全部きれいだったよ。」と言ってくれました。それを聞いて少しホッとしました。
夫だけでも赤ちゃんに会ってくれてよかったと思います。
こっこのママさん。夫の親から子供をせっつかれているということですが、
あまり外の意見は気にしないで自分の気持ちに素直にいきましょうね。



<49> (無題) 投稿者:ちっち  投稿日: 5月 9日(木)23時39分05秒

2年前の今頃、第2子を進行性流産で亡くしました。その3ヶ月後、第3子を子宮外妊娠しました。
命日と出産予定日近くは、辛いです。この掲示板を読んで悲しんでも良いんだ、って思いました。ほっとしました。
私の中で、今腕に抱いている赤ちゃんは、第4子なんです。周りの人は、第2子としかみてくれませんが。
確かに2人は、私のお腹には、いたんです。
両親もわかってくれずとてもつらかったです。今、ここで辛いって言えて嬉しいです。



<50>おはようございます 投稿者:tomo-jiya  投稿日: 5月10日(金)10時53分51秒

おはようございます。また、来てしまいました。
天気もすっきりせず、気分もくもりがちです。みなさん、体調を崩さないようにして下さいね。

……書こうか、やめようか、最初にここに来てから考えていたのですが、やっぱり書こうと決めました。

私には弟が一人います。「兄弟は?」と聞かれると、そう答えていました。結婚をして子供を産むまでは。

弟の下にもう一人、弟か妹が産まれるはずだったことを母から聞かされたのは、確か中学生のころだったと思います。
母が三度目の妊娠中私は小学校低学年だったから、母が妊娠していることも知らなかったし、性別もまだわからない週数だったらしい。
訳もわからず大泣きしました。その日の日記には「もう一人の兄弟(姉妹?)の分もしっかり生きる」と書いた記憶があります。
それから何年か過ぎてから、私は母親になれたわけですが……。
子供を通じてのお母さん友達の中にもやっぱり流産経験者がいて、どうして私のまわりには悲しい経験をした人が
集まって来るのだろう…、と辛くなっていました。
何かのきっかけで何人兄弟?という話しになり、思い切って「弟が一人。でも、本当はもう一人いたかもしれない」と言いました。
話し相手の彼女は「そっか…」と言っただけで、それ以上何も言いませんでした。
私にはそれが嬉しかった。彼女もまた、流産経験者です。
私は弟と、もう一人弟か妹がいたということを言いたかった。ずっとずっと言いたかった。でも言えなかった。
目に見えない弟か妹がいなくなって悲しいという気持ちを分かってくれる人なんて、いないと思っていましたから。
悲しい出来事は、残念なことに経験した人にしか分からない。
だから私は思いました。分かってくれる人にだけ話せばいい。言葉はいらないから、聞いてくれればそれでいいんだよなって。
私はそれで安心するんだって。

最後に「誕生死」というタイトル、不謹慎かもしれませんが、心に残るステキな言葉だなって思います。



<51>涙が止まらない 投稿者:プーさん  投稿日: 5月10日(金)13時40分17秒

私は4月19日の20週目の検診で赤ちゃんの異常が見つかり、そのまま紹介状をもって総合病院の方に入院しました。
何がなんだかわからずその日の内に人工中絶の処置が始まり、次の日には小さな小さな男の赤ちゃんを死産させていました。
赤ちゃんは肺水腫という病気で体全体に水を含んでいて、小さい赤ちゃんにもかかわらず子宮口から出にくく難産でした。
薬の副作用で高熱と下痢との戦いの中の陣痛で涙が溢れて止まらず、泣き叫んでいました。
分娩室のドアは何十にも閉められていました。最近ようやく普通の生活を送れるようになりました。
そんな中、何かにすがりたく“誕生死”の本を見つけ、ここのページを見つけました。
正直、私1人じゃなかったんだ!って思いました。皆さん頑張って受け止めようとしているんだって・・・
(今年の夏、出産予定だったので“ひまわり”と夫婦で名つけしました)ひまわりの為にも私、頑張ります!
ひまわりに教わったこといっぱいあります。確かに私はひまわりと共に生きていたことも・・・楽しい時間をありがとう!



<52>私も辛かったよ。 投稿者:めぐりん  投稿日: 5月10日(金)17時33分15秒

はじめまして、誕生死の本が届いて数日がたち、時間があいたとき、何度もくり返し読んでは、涙をながしています。
私は、3回続けて流産、死産をしました。さすがに3度目はショックが大きすぎて、ひきこもりや人の幸せが憎く感じていました。
そして、妊娠することに、恐怖を感じ子供はあきらめることにしました。
そして、死産してから4年がたち、いつまでもひきこもっててもよくないと思いパートにでました。
そこでわたしは、いろいろな人と知り合ったことで自分を前向きに考えられるようになりました。
もう一度、妊娠したい。そう思った時、ある大学病院をたずねました。そこで出会った先生方、一生懸命私を勇気づけ
出産までのみちのりを一緒に歩いてくれました。無事に出産ましたが、本の中にもありましたが、私も、寝ているわが子の
息が止まってしまうのではないかと心配で今でも1才5ヵ月ですが、ちゃんと息をしてるかたしかめています。
死産をして、立ち直るまで4年かかりました。いまでも、思い出すと、涙になりますが、いま、お母さんは、元気になったよって、
天国の子供達にはなしてます。息子はとってもやんちゃざかりでとってもげんきです。
きっと、天国の3人のお姉ちゃんたちが守ってくれているのだと思います。
今月は3人の誕生死です。5才4才3才と、かわいいさかりです、天国で、きょうだい仲良く遊んでいることでしょう。



<53>上手に表現できませんが 投稿者:エミリオ  投稿日: 5月10日(金)19時18分09秒

はじめまして。私は結婚3ヶ月の新米妻です。
昨日、仕事帰りに何の気なしに寄った本屋さんで「誕生死」と偶然出会い、
なんとも説明のつかない衝動にかられて購入し、読んでいる間ずっと大泣きしていました。
そして、このサイトを知り、上手に表現できないけれども、私も自分の気持ちを書きたいと思いました。

私にはまだ妊娠の経験がありません。私の身近にも、悲しい経験をした人がいません。
だから、私にはきっと皆さんと同じ痛みを分かち合ことはできないのかもしれません。
でも、もしこれから悲しい経験をした人と出会った時には、私はきっと今までとは違う考え方で接するんじゃないかな・・・
この本を読む前の私だったらきっと「早く元気だして」とか「悲しいことは早く忘れて」とか
そんな無神経な言葉で励ました「つもり」になったことでしょう。
でも実際に悲しい経験をした人が求めていることは違かった。
まさか、亡くした子供の話をしたいと思っているなんて、想像もしていませんでした。
辛いことを思い出させるようなことをするのは酷いことなんだとばかり思っていましたから。
でも「誕生死」を読んでいるうちに「もし私だったら」と考えるようになり、そしたら私も
自分のお腹に確かに宿った我が子を忘れるなんてできないと思ったんです。
未経験の私がこんなこと言うなんて、それこそ無神経かもしれませんが・・・
でも、思ったんです、正直な気持ちです。
たとえ生きてこの世の中に誕生できなくても、お腹の中で生きていたその子は確かに「存在」したんですよね。
そのことを一番よく知っているママが忘れちゃったりしたら、いけませんよね。
だから我慢を強いるようなことは言いたくない。
この本から「命」の重さ、脆さ、大切さを知りました。
私たち夫婦は子供が大好きで、早く自分たちも子供が欲しいと思っています。
その為か妊娠に対する憧れがとても強いのですが、妊娠さえできれば、その先は
子供がいる人生が保証されたようなものだとばかり思っていました。
甘いですよね。
そんな考え方のまま尊い命を授からなくてよかった。
今、心からそう思います。



<54>辛く悲しい 投稿者:ひよ  投稿日: 5月11日(土)00時02分56秒

はじめまして。
先日、書店で「誕生死」をみつけ、買い求めました。
今、最後まで読みきる事ができるかわからずにいます。ページをめくる度に涙があふれてきて、
それ以上読み進める事ができなくなってしまうのです。
わたしは、1回の死産と2回の流産を経験しました。3人のBABYのことを想うたび、
「どうしてこの世に生んであげることができなかったのか」と涙があふれてきます。
辛く悲しい経験でしたが、ひとつだけよかったと思えることがあります。
それは、同じような悲しい経験をした人の気持ちに寄りそうことができるようになった、という事。
気持ちの優しい人に少し近づけたような気がします。BABYからの贈り物です。
今も、子供はほしいのですが、また同じ事が起こるかもしれないと思うと、前へ進めないでいます。
医者は、あなたは、妊娠はするんだから・・と笑顔でいいますが・・・
「誕生死」、ゆっくりでも最後まで読みます。待っててください。



<55>本をNHKで知りました。 投稿者:九日ママ  投稿日: 5月11日(土)00時25分32秒

 実際には、予告を見ただけですが、気になっていたら、運良く手に入り読む事ができました。私には2人の子どもがいます。
誕生死の経験はないです。経験した方にとってはきれい事と思われるかもしれません。
でも同じ女性としてほんの少しでいいから子を亡くした人の気持ちがわかりたかったのかもしれません。
無事に子どもを授かることができた私ですが、妊娠中は悪阻で入院して中絶も考えなくてはならない可能性があると
言われたりもしました。後期には首に臍緒を巻いていたりもしました。今思えば多少なり紙一重のところにいたのです。
しかし、この本を読むまでは、やはり、私も流産した友達を傷つけていた一人です。とても後悔しています。
私は、すでに父を亡くしていますので、本を読むうちにたとえ数週間の命だったとしても、きっと父を見送ったときのように悲しいし、
忘れることなんてできないし、今私が父のことを思い出すように話をしたり写真を大切にしたり父の形見を
何となくそばにおいておきたい…、ときっとそう思い続けるに違いないと私は思ったのです。
ほんの少しだけれど私に理解できる可能性が見えてきました。
余談ですが、青森にある三内丸山遺跡では住居あとの敷地内から何体かのおそらく誕生死した赤ちゃんの遺体が
大切に甕に納められて葬られていたそうです。私はしばらくその場から離れることができませんでした。
私も、私の大切な人達をそうやって見送りたいのだと思ったのを覚えています。ガイドさんの話で多少記憶があいまいですが…。
最後に一冊の本という形にまとめられた皆様に感謝します。
ありがとうございました。



<56>何回読んでも泣きます。 投稿者:たつやママ  投稿日: 5月11日(土)15時15分44秒

母から新聞で見たと、「誕生死」を教えてもらいました。 涙が止まりません。
私の息子、龍哉は28週の時に腹水が見つかり、その後の検査で重度の胎児水腫と診断されました。
34週で切迫早産をして、すぐにNICUに移され闘病生活が始まりました。
何回も危ない状態を乗り越えたのですが、2月18日に生後22日で短い一生を閉じました。
とてもいい病院で、あらゆるケアを息子共々受けられて、充実した日々を過ごせました。
たくさん形見になる物もいただけて、恵まれていたとは思います。
でも、息子を亡くした悲しみは時間が経つほど増していきます。
理解と納得はしていても、まだ心の中には大きな穴があいています。
この本を読んでいて、どの話も自分のことのように泣いてしまいました。
時間が悲しみを癒してはくれない事を知りました。
でも私も生涯息子の事を意識して愛してあげたいと思いました。
心のバイブルになりそうです。 素敵な本をありがとう。



<57>初めまして 投稿者:真珠  投稿日: 5月11日(土)15時25分59秒

この本を知ることになったのは、天使ママのHPです。私は2月に3人目の子を9Wで稽留流産しました。
流産直後は上の子達が目に入らなくなり毎日泣きながらネットを彷徨っていました。
あるサイトを見つけ、同じ体験をした優しい人たちと今も一緒に進んでいます。
そこで{誕生死}の事を教えてもらいこのHPも紹介してもらって本を取り寄せました。
早速読み始めたのですがとても辛い経験と我が子を思う母の気持ちに涙がだらだら流れます。

本を読んで思いました・・手術後1回も見ていない(見られない)超音波の写真を見てみようと・・・
そして家族のアルバムに貼ってあげよう・・・
4枚ある写真のうち1枚だけカラードップラーの写真があります(次の検診で心臓の部分に色は
付いていませんでした)私も無くしてしまった小さな愛しい命を思いつづけながら過ごしています。
私の中にも{誕生死}はあったのですね・・・こういう体験を通して出会えたみなさんに
感謝するとともにこの本に出会えた事に心から感謝しています。ありがとうございました・・



<58>読ませていただきました 投稿者:ひまわり  投稿日: 5月12日(日)18時08分45秒

昨日、図書館の新着図書のコーナーで偶然本書を見つけ、迷わず借りました。
折りしもその前日は、11年前に亡くした長男の命日でした。

長男は、心臓・脳・目などに複数の奇形を伴って誕生しました。
誕生はしたけれど、その後の成長そのものが、命を奪うことになってしまうという、余りに残酷な運命。
何日も生きられないと言われながら、それでも本当にがんばって、50日目に空に帰っていきました。

本書を読みながら、もう11年も前の当時の自分の思いが、皆さんの思いに重なって、涙があふれて止りませんでした。
長い間、わたしの心の中で行き場をなくし、さ迷っていた思いが、
この本によってようやくストンと落ち着ける場所を与えられたような気がします。
そして改めて、現在の当たり前な毎日を過ごしていられる意味を、考えさせてくれるものとなりました。

本当にありがとうございました。



<59>読みました・・・ 投稿者:ひなぴょん  投稿日: 5月12日(日)23時01分33秒

毎日新聞の余禄に「誕生死」という本があって・・と、書かれているのをみてすぐに注文しました。
もうただそれだけで、亡くした赤ちゃんのことを思い出して4年前にタイムスリップしてしまいました。
うちの子は、生後7日で天使の仲間入りをしました。里帰り出産のための病院で予定日の1ヶ月半前に
知らされた赤ちゃんの異常でした。母親のおなかの中では、元気でも外に出ると1ヶ月持てば良い方です・・
と言われ、本当にどうしていいのかわからなくなりました。
何故、今まで診ていてくれた病院の先生は話してくれなかったのか、何が原因でこんなことが
自分の赤ちゃんに起こってしまったのか、考えれば考えるほどに我が子がかわいそうでなりませんでした。
でも、生まれてきてくれたのです。そして、僅かな時間だったけれど小さな手に触れて、話をして、
命のあるうちに2度この手で抱くことができました。
最期のとき、先生が蘇生のための治療をしてくださるのを断ってチューブもすべて取ってもらい
この手のなかで、しずかに逝かせてあげることができました。
まだまだ、たくさんのことをしてあげたっかたのに・・・
でも、この本を読んで、めぐりあえてよかったです。
ちいさなちいさな命だけど、こんなにたくさんの人たちに大切な心を指し示してくれたんだもの・・・
ありがとうございました。



<60>申し訳ない気持ちで一杯です 投稿者:まなぶ  投稿日: 5月12日(日)23時45分48秒

本を読ませて戴きました。命の大切さ、尊さが改めて分かりました。とても辛い気持ちなのに、
思い切ってペンをとってくださった、11家族の方に感謝します。涙が止まりませんでした。
小さな命でも、我が子には変わらないですよね。みなさんに、とても感謝いたします。