『感想のぺーじ』より−4 <61>〜<80>             



<61>ありがとうございました。 投稿者:めりっさ  投稿日: 5月13日(月)10時17分33秒

三月、私の誕生日に小さな命の火が消えていることに気づきました。4ヶ月に入ったばかりのころでした。
手術の直後よりも、今のほうが不安定になっています。私と同じころに妊娠した人のおなかは
目立ってきていて、何もなければ私のちびも、あの位の大きさなのだろうと、うらやましい気持ちで
押しつぶされそうになっています。

発刊前より気になって気になって仕方のない本でした。読みたくて仕方がないのに手に取るのも怖くて。
そんな気持ちで探すのがいけないのか、本屋に行くという夫に頼んでみたり、自ら探したこともありますが、
書店に在庫がなく、注文するのもなんだか気が引けていました。

それが友人に誘われ、ぶらぶらしているうち、神田の三省堂書店に入ること機会を得られました。
ここなら、あの子に会えると直感。探し回った末、書店の三冊の在庫のうち一冊を医学書のコーナーで
手に入れることができました。少しでも遅かったら買えなかったんですね。今まで手に入らなかったのは
きっと『時期』ではなかったからかもしれません。一昨日以前に読んでいたら、取り乱していたのではないかと思います。
読みながらも涙が止まりませんでしたが、この本に出会え、本当によかったと思っています。
まだ、言葉を上手に紡ぐ事ができませんが、何かがほんの少し変わった気がします。

もう少し落ち着いたら本を持ってお世話になった先生にご挨拶に伺おうと思います。
ありがとうございました。



<62>天国のお兄ちゃんありがとう 投稿者:AN  投稿日: 5月13日(月)15時07分58秒

NHKの首都圏ニュースを見ました。その中で紹介されていた双子ちゃんのテディベアの足の裏に
刺繍されていた誕生日(命日)が一昨年流産した子の予定日と同じだったのでびっくりしました。
11週の稽留流産でした。手術の前日、その子の夢を見ました。「ママ、ボクもう先に行くね」と言って
空の彼方に吸い込まれるように消えていきました。私は何故かお腹の子は女の子だと思い込んでいました。
そんな私の勝手な思い込みが小さな体に負担をかけてしまった気がして落ち込みました。
半年後に再度妊娠して今度は無事に女の子を出産できました。子宮外妊娠だと誤診されたり、
階段を踏み外して派手に転んだり、そして最後は帝王切開になってしましましたが、
無事に生まれたのは天国のお兄ちゃんが見守ってくれていたからだと思います。
お兄ちゃん、ありがとう。あの世で再会できると信じています。



<63>はじめまして 投稿者:ゆかっち  投稿日: 5月13日(月)17時14分44秒

私は12月に3人目を稽留流産しました。最初のころは強がっていたものの最近になって辛くなりました。
ホントなら予定日は来月でした。強がれば強がるほど悲しくて・・・・。
反感を買うかも知れませんが、流産は自分には縁がないと正直思っていました3人目が出来るまでは。
私も軽率に子供は?とか2人目は?とか言ってしまった事もあったけど、
自分が流産という経験して軽はずみに言ってはいけないと痛感させられました。



<64>勇気を出して 投稿者:チャオ!!  投稿日: 5月13日(月)22時40分59秒

 縁あって誕生死とは発売日より前に出会うことができました。手元に届きまず最初に読んだのは母でした。
母は三人流産、死産しているのです。そんな母は私の妊娠を知ったとき自分のことのように心配をしてくれてましたが
私は大丈夫大丈夫とギリギリまで仕事もしてきました。ほとんど母のいうことに耳を傾けていなかったように思います。
この本をきっかけにそして昨日の母の日にいろいろな話を聞くことができました。そして今自分がこの世にいること感謝しています。
 最後に私は皆さんと同じような経験はありません。妊娠=幸せな家族という概念がありました。でもそうではないのですね。
そんな安易に考えていた自分が情けないです。とても勉強になりました。経験のないもに何が分かるのかと思われるかもしれませんが
私にとっていろいろと考えさせられる一冊の本との出会いでした。
 これからもこのぺージを開きみなさんに少しでも寄り添えていけたらと思っています。
 この本の出版に関わったみなさま本当にありがとうございました。



<65>はじめまして。 投稿者:真優ママ  投稿日: 5月14日(火)16時35分50秒

「誕生死」読ませていただきました。
昨年4月16日私の誕生日に救急車で搬送され「常位胎盤早期剥離」(25週)で重度の仮死状態で小さな小さな娘が生まれました。
私へ早く逢いにきてくれたかのようでした。
超未熟児で生まれた娘は病院の中でも一番小さいようでした。とってもがんばり屋さんの娘でしたが、生後11日目お空へ旅立ちました。
あれから一年。先月、一周忌に主人の実家のお墓へ納骨してきました。
こんなにも離れてしまうことが辛いことだと思いをしませんでした。お骨があり抱っこできるだけで私の心は救われてました。
家にいても一人、外に出ても孤独感を感じます。

誕生死のことが朝日新聞に載った時、NHKの放送された時間、実家の母から電話がありました。
私はインターネットで皆さんが教えてくださったので見ていたのですが、母から「こんなのやっているから見なさい」と言う電話でした。
母とは娘が亡くなってから何度も何度もぶつかりました。母は私の気持ちをわかろうしてくれませんでした。
そんな母がその電話で「誕生死」本屋さんで予約してきたよって聞いた時うれしかったです。
私も気持ちを少しでもわかろうとしているんだって。。
すごくうれしかったです。



<66>泣きましょう 投稿者:サリー  投稿日: 5月14日(火)20時14分49秒

皆さんこんにちは
5月8日に投稿してから 毎日気になって読んでしまいます。
22年前 陣痛促進剤を点滴で入れるのに 直接打たれて おなかのなかで羊水をのんでしまい苦しくなって 帝王切開になりました。
でも手遅れで 7日目になくなりました。この日は 普通分娩の人が退院する日でした。注射を間違えた看護婦さんの名前は忘れません。
でも私達夫婦はこの話は できません。男と女の違いでしょうか でも お墓参りにいこうと最近いえるようになりました。
お姑さんのあなたが・・・だから こうなったのよ   つらかった
5年後に長男が生まれ もし誕生死を経験してなければきつい母になっていたと思います。だって元気なだけで 満足です。
やさしい親になれたのはお姉ちゃんのお陰です。
そのあと弟と妹 二人とも12週と1日で流産しました。
家は外から見ると一人っ子になっていますが この子が みんなに名前をつけてくれました。
悲しいことを経験した人は きっと 生き方が変わると思います
周りの人にやさしくなれる 
50歳でも よく泣いてますが   
時薬 時間が薬 といういみ 時が癒してくれますよ



<67>神戸より 投稿者:まなママ  投稿日: 5月15日(水)00時19分03秒

この本の衝撃的なタイトルに引き寄せられ、ネットで購入しました。1歳4ヶ月の娘がいます。
妊娠し、安定期に入ったら誰もが無事に出産するものだと思っていました。浅はかでした。毎日毎日何度もこの本を読んでいます。
出産って奇跡だと思いながら。娘の命、私の命、主人の命、全てが奇跡の積み重ね。周りの命も。
天使ちゃん達のことが私の頭から消えることはありません。毎日を大切に大切に生きていきます。



<68>天使になった亮君 投稿者:亮君ママ  投稿日: 5月15日(水)00時48分52秒

「誕生死」を読んで・・・とにかく涙が止まりませんでした。本当に手にとるように気持ちがわかりました。
なぜなら・・・私も大切な赤ちゃんを亡くしているからです。
赤ちゃんの異常が心配され妊娠36週で緊急帝王切開になりましたが、産まれて1日で私達の亮君は天国に行ってしまいました。
たった1日の命でしたが、たくさんの機械につながれながらも一生懸命生きようと頑張ってくれました。あれから1年がたちます。
あの頃の私といえば・・・とにかく毎日気も狂わんばかりに泣いていました。「どうして!どうして!」「元気に産んであげられなくて
ごめんね・・」この繰り返しだったような気がします。そしてすこしづつですが日がたつにつれ「短い時間だったけれど
私達の所にきてくれてありがとう。」という感謝の気持ちが芽生えてくるようになりました。でもあの子がここにいないという事が
ただただ漠然と悲しい。この気持ちはのちに何人の子供に囲まれても決して消えることはないでしょう。それでいいのだと思います。
忘れないことが供養だと思います。流産や死産、そして産まれてすぐに赤ちゃんを亡くされてまだ日の浅い方へ。
今はとにかく悲しんで下さい。泣きたい時に泣きたいだけ泣いて下さい。辛い時間を覚悟して下さい。
それをしなければ前には進めないのです。そして・・・時が必ず痛みを和らげてくれることを知っておいてください。
それから・・・いつか天国で私達の赤ちゃんに会うことができたらその時は、一生分抱っこしてあげましょうね。



<69>名前は違うのですが 投稿者:ひびきママ  投稿日: 5月15日(水)02時21分30秒

以前に書き込みしました。私は3月29日に翔輝(ひびき)♂を36週で死産しました。
死産は夢で、目が覚めたらまだ私は大きいオナカをしているのかもしれないと本気で考えたりします。
みんなに息子の事いっぱい話したい!息子がこの世に確かに生きていた、存在していた事をみんなに認めて欲しい。
みんなに、翔輝がママのオナカの中で頑張って生きていた事を話したい。私の一番の宝物☆私達のもとに生まれてきてくれた事に
感謝しています。この掲示板で一人のママと知り合いました。私はそのママが、翔輝の事を私の子供として、私の事を翔輝のママとして
話してくれる事がすごく嬉しいです。息子の事は同じ体験をした人にしか話せません。でも話をしている時間はすごく幸せな時間なんです。
自分の気持ちがわからなくて泣いてばかりの毎日だけど少しずつ前に進んでいっています。
この本に出会って、この掲示板に出会って前に進む事が出来ました。ありがとうございました。乱文お許し下さい。



<70>ごめんね 投稿者:ポピー  投稿日: 5月15日(水)09時20分34秒

はじめまして。誕生死読ませていただきました。私も12年の3月25日、23週で女の子を亡くしました。
その時は長女の卒園記念に千葉の館山に旅行中でした。明け方の突然のおなかの張り、おかしいな?とおもい緊急で診てもらい、
もう頭が出ているからこのまま出産になる。と言われわけもわからぬまま陣痛を迎えました。なんで?あかちゃん助かるよね?
とずうっと思っていました。
でも・・小さすぎるので、他の大きい病院では、受け入れを断られ、その千葉の先生は障害がのこることを考えたら
無理に生かすのはどうかと思った。あの上の子が背負っていく事になる。といってたそうです。あとで主人から聞いたのですが・・
546gで生まれた我が子は、蘇生もされず、見ないほうがお母さんのためといわれ、私は何も知らず、主人だけが、顔を見て
お葬式をしてくれました。わたしのせいです。もっと大事にしていれば・・・きちんと事態を把握して、顔をみたい、
だっこをしたいと、言っていれば・・・あんな知らない病院でたった一人で、さようならも言わず、どんな服をきせられ、
火葬場に行ったかと思うとたまりません。その先生の事を恨んでいます。
私が泣いていると泣くなと怒鳴りました。すべてその先生の指示どおり何ものこらず、おわかれもできず・・・、
でもやっぱり私が悪いのです。
頚菅無力症だったのでは?と後で言われましたが上の子のときは、そんなことなかったのに・・・、いまでもくやんでいます。



<71>やっと手に入れました。 投稿者:えりえり  投稿日: 5月15日(水)09時49分35秒

先日、何軒か本屋さんをはしごしてやっと『誕生死』を手に入れる事が出来ました。
そして、何日かかけて読みました。
旦那が「その本読んでまた泣く顔見るの嫌だから俺が会社行ってる内に読んで」って言ったからです。
昨日、全部読み終えました。自分の体験と重なり合って涙が止まりませんでした。
実は私も2年前、妊娠23週で娘・美優を亡くしたのです。
妊娠6ヶ月に入った途端、私は重症の妊娠中毒症になってしまいました。
母子ともに命の危険に陥り、2人とも頑張りましたが残念ながら娘の美優が犠牲になってしまいました…
きっと私の命を助けるために自らの命を犠牲にしてくれたんだと思います。
とっても優しい親孝行な子だと思います。
当時はものすごく悲しくてつらくて毎日泣いていたけれど、
今は少しずつ前向きに考えるようになれました。
だって、美優と一緒にいた時間は本当に私は幸せでしたから…
その思い出は一生忘れません。

ここの掲示板には私と同じ思いをした方がたくさんいてすごく励みになります。
これからもまた落ち込んだり、悲しい時にはここに来たいと思います。
最後に『誕生死』のような素晴らしい本を出版してくださってありがとうございます。
この本に出会えて本当に良かったなって心から思います。
ありがとうございました!



<72>読み終わりました。 投稿者:まき  投稿日: 5月15日(水)15時26分22秒

「誕生死」今読みおわりました。涙なしでは読めませんでした。そして読みながら2年前自分に起ったことを思い返していました。
「妊娠、出産は病気ではない」でも一人の人間(一つの命)がこの世に産まれ出てくるのはどんなに大変なことなのか、
無事に産まれた命の尊さを改めて考えさせられました。
ここで沢山お話がしたいのに今は胸がいっぱいで言葉が出ません。
また来ます。



<73>がんばろーね! 投稿者:はなママ  投稿日: 5月15日(水)23時26分58秒

4月11日に3人目を死産しました。一人目は9週で、初めから心音が聞こえず流産し、その後3ヶ月後、二人目を妊娠しました。
妊娠中は切迫早産で1ヶ月安静入院し無事に、りお(男の子)を出産しました。少々眼腱下垂ですが元気な子です。今年3歳になります。
三人目は5ヶ月でした。3ヶ月で胎児水腫が見つかり1週間置きに検診をしていました。染色体の異常かも、と言うことで
5ヶ月まで待って羊水検査をする予定でしたが、4ヶ月の後半に心音が30−40/分に低下して出産しました。
赤ちゃんは男の子でしたが、家族ではなちゃんと呼んでいたのでそのまま呼んでいます。
担当の先生が、次の子の為にも染色体の検査をしたほうがいいと言われ胎盤で検査をしてもらいました。
検査結果は、ダウン症でした。今、私たち夫婦の血液を採って検査をしてもらっている最中です。
もしかしたら、もう子供が産めないかも知れないと思うととても辛いのですが、
今回の経験で赤ちゃんが無事に生まれることが奇跡かもと思うようになりました。
私は短期間ですが、産婦人科のナースをしていました。看護する立場から見て絶対経験するわけない!したくないと思っていたことを
全部経験しました。(流産、死産、切迫早産)
今は、実家の会社の事務をしています。今思うことは、できればもう一度産婦人科のナースになりたいと思っています。
なにも経験がなく独身だった頃は患者さんの気持ちも解らなかった、だからもう一度がんばりたい!
いろんなことをはなちゃんが教えてくれたから・・・・。



<74>はじめまして。 投稿者:まめママ  投稿日: 5月16日(木)08時58分00秒

先月4月4日 私達を夫婦にしてくれた男の子を死産しました。
本当なら今ごろ大きいお腹をして、来月合っているはずなのに・・・・毎日泣いています。
誕生死読みました。涙でいっぱいになりました。
誕生死の本と皆さんの書き込みを読み救われる思いです。
そして、息子に夫婦にしてくれて「ありがとう」って伝えたいです。



<75>会いたいです。 投稿者:なだみ  投稿日: 5月16日(木)10時23分54秒

はじめまして。私には現在、2人の子供がいます。男の子と女の子。2人を授かるまでに、3度の流産を経験しました。
5w・6w・9wと3度とも初期の流産でしたが、お腹の中に宿ったときから、「私の子供」でした。
その天国の子供達に、最近どうしても会いたくなりました。
2人の子供の顔をみていると、余計にです。
あの子達はどんな顔をしていたのだろう。男の子だったのだろうか、女の子だったのか。
時々主人と天国にいる子供達の話をします。
「あの時産まれていたら、もうすぐ5歳になるね。」
「誕生死」は、昨日注文してきました。



<76>こんにちは 投稿者:海里の母  投稿日: 5月16日(木)16時52分41秒

昨日本を読みました。涙が出てきました。改めて命の大事さ難しさを感じました。
今7歳の娘が居ますが、娘の後、抱いてあげれなかった赤ちゃん達の事考えると
胸が痛くなるけど忘れられません。今そばに居る娘のことも大事にしなきゃとも思います。
いつかもう少し娘が大きくなったらこの本を読ませようかと思っています。



<77>なかなか本がはいりません 投稿者:みまな  投稿日: 5月16日(木)19時15分42秒

 初めて書き込みします。新聞でこの本のことをしりました。私は誕生死を経験したことはありませんが、
今年7歳になる次女は妊娠6ヶ月に異常があることを聞かされました。
7年前のちょうど今頃は最初の医師の言葉に傷つき、2つの病院からは子供のハンディの重大さに分娩を断られ
9ヶ月のお腹で毎日泣き暮らしていたことを思い出します。娘は無事に帝王切開で生まれることはできましたが、
医師が診断通りで小さい体には手術の傷だらけです。これでよかったのか自問自答の日々でした。
娘を助けてくださった先生方や看護婦さんの言葉に少し前向きになる事ができました。
やっぱり娘には元気な体に生んであげられなくてごめんねって気持ちはかわりませんが。
 最後に言葉って難しいですね。同じ内容でも伝え方によって悪くもなるし前向きな気持ちにもなれます。
この体験で感じました。



<78>安らかにね・・・ 投稿者:めんこい子のママより  投稿日: 5月16日(木)19時49分37秒

私は半年前に、出産翌日初めての息子を亡くしました。司法解剖の結果、先天性の肺の病気だと分かりました。
出産後息子は、元気に大きな声で泣き、あまりにも泣き止まないので心配して看護婦さんに聞いたところ
「泣くのは元気な証拠よ」と言われ、納得せざるをえなかった。その日の夜、私は貧血がひどかった為
息子は別室へ連れて行かれた。翌朝私の不安は現実となってしまった。死後2時間半も経ってから、
亡くなった事を主人から聞かされた。その間病院は何をしていたのか、どうしてこんなに近くにいる私に
すぐにでも教えてくれなかったのか、疑問が残りました。昨日はあんなに元気に泣いていたのにどうして?・・・と。
主人も私も納得がいかなかったので、解剖を希望しました。原因が分かりホッとしました。
一度は病院側のミスではと疑ってしまい、申し訳なかった。
あんなにずっと泣いていた息子に、私は気づいてあげられなかった事が一番後悔している。
きっとすごく苦しかっただろうと思うとつらくて、悲しくて・・・。
この本に出逢えた事で、今まではこんなにつらい想いをしているのは自分だけだと思っていたけど、
少し楽になりました。周りには早く子供を作ってと言われるが、主人も私も怖くてたまりません。
子供は欲しいと思う気持ちと、また次の子も死んでしまうのではという気持ちと複雑です。
この不安は一生続くのでしょうが、どうしたら前向きに考えられるのか分かりません。
書きたい事がたくさんあって、ずいぶん長くなってしまってすみませんでした。



<79>名前のとおりに。 投稿者:りんりん  投稿日: 5月16日(木)19時58分22秒

18トリソミー。生後6日で天使となった凛の病名。小さな体にこれでもかという程、病気を抱え誕生してきました。
何かを伝えるために。毎日、自分自身に自問自答しながら、今日も答えは出ないけど。
凛という名前は、どんな病気を持ったとしても、障害があったとしてもまっすぐ前を向いていてほしいから、
凛とした人であってほしいから。子供に全ての願いを託すのではなく、私自身もそうありたかったから。
6日間の彼の人生は凛としたものだったと思います。来月で2歳になる凛。
いつまでもあかちゃんのままの写真の中の凛くんは我が家の本当の天使です。



<80>はじめまして 投稿者:こりす  投稿日: 5月17日(金)11時27分17秒

我が家の長男は先天異常で産まれてきました。数万人に一人という病気です。奇形、長くは生きられないこと、
重い障害があることを医師から宣告されています。胎児切迫仮死ということで予定日より1ヶ月早く生まれてきました。
今後、あの子は一生その病気の発作に苦しんでいかなければならないことを考えると、果たして生きて産んであげてよかったのかと
疑問に思う時があります。そう思う自分が嫌になります。みているのがとても苦しいんです。辛そうなのをみると
長く生きて欲しいとは思わない。けれど、楽しく生きて欲しいと、あの子にとっての幸せを考えて育てていきたいと思います。
やはり自分の子どもはかわいいです。
なぜ、この子にばかり・・・みんなが少しずつ辛い思いをすればこの子ばかりが苦しまなくてもすむのに・・・などと思っていましたが、
本にもあった通り今私が元気なのは私の代わりに辛い思いをした人がいるからなんだと思い直しました。
この本を読んで、自分の子が死んでしまったことを考えると、とても怖くなりました。
まだ私にはあの子にしてやれることがあるじゃないか。それだけ幸せなんだと思えるようになりました。
私は、子どもを産む日まで異常があることを知らさせませんでした。
今回のことで医療機関には、病院が違っていたら…と憤りを感じている部分があります。
医師からしてみれば、沢山の妊娠出産の中の1件かもしれない。けれど、1つの命と沢山の未来も抱えていることを
忘れないで欲しいと思います。
今はまだ、物事を穏やかに考える余裕がありませんが、しっかり現実をみて幸せと感じられるようになりたいです。