『感想のページ』より−5 <81>〜<100>               



<81>初めまして 投稿者:楓  投稿日: 5月17日(金)11時44分50秒

ネットで注文して2日後、本が届きました。ちょうど娘がお昼寝中だったので一気に読みました。
(といっても、涙で何回も読めなくなりながらですが)
長女の時は、妊娠すればその先が保障されているような気持ちでした。でも、母親学級で話しをした人が死産しました。
その時は一度目が覚めましたが、また自分が妊娠した時には忘れていました。そして先月、その子を7週で流産しました。
初めから先生はイイ顔をせず、予定日の話しも出ないまま、生理のような出血と陣痛の始まりのような腰痛と共に逝ってしまいました。
でも、妊娠が分かってからの2週間、私は幸せでした。先生から「今回は5分5分だよ」と言われても、勝手に予定日を計算して
「11月生まれだから、女の子だったら楓ちゃんがいいな」なんて主人と話していたんです。
でも、桜を追いかけるように飛び立ってしまいました。
正直言って、この本を読むことにためらいがありました。読んだら、次の妊娠・出産が怖くなるのではないかと思ったんです。
でも、読んで良かった。あるお医者様の「妊娠は病気じゃないから怖いんだ。」という言葉が響きました。本当にその通りです。
昨秋、中学校の保育の授業のお手伝いで、一歳になったばかりの娘を連れて行きました。今年は妊婦として参加できるわなんて
時期尚早なことを考えていましたが、「誕生死」の本と共に経験者として話しをしてきたいと思っています。
最後になりましたが、この本を出版された方々に深く感謝いたします。そして、一人でも多くの方に読んでいただける事を願っています。



<82>誕生死を手にとって 投稿者:希実のママ  投稿日: 5月17日(金)15時58分23秒

「誕生死」読ませていただいてます。ただ、辛くて少しずつしか読むことができないのですが・・・
私も昨年9月に次女を無力症で死産しました。本を読みながらその時の記憶が蘇り、今になって思うことをいろいろと
考えてしまうのです。娘はちゃんと生きた状態で生まれてきたのかもしれない・・・。私は23週で破水をしてしまい、
その後子供をお腹にとどめておくことはできず出産となったわけですが、その際先生には「たぶん無理だとは思うけれど、
500グラム以上体重があればもしかしたら生きられるかもしれない、ただ障害は避けられないと思う、もし希望するのであれば
新生児専門の先生を呼んで蘇生してもらうけれど」と言われました。でも私は子供の生命力を信じてあげられなかった。
子供はお腹の中であんなに元気に動き回っていて「私こんなに元気なの!」と言わんばかりだったのに。
私は先生に「今回は諦めます」と返事をしました。そして麻酔から覚めたときには既にほとんどの処置が終わった状態でした。
子供は見ない方がいいと先生に言われ、その時は会う自信もなかったので、結局主人に会ってもらっただけで、
最後に見送ることも出来ませんでした。せめてお姉ちゃんの着ていたベビー服着せてあげればよかった。
本当になーんにもしてあげなれなかった・・・
「頼りないおかあさんでごめんね」
今あるのは母子手帳とエコーの写真、実感のわかない共同墓地だけ。
子供には申し訳ないことをしたと思っています(主人にも言えない本音です)。

次妊娠することにすごい不安はあります。だけど、このままではあの子が私達の元へ帰ってくることが出来ない。
近い将来私達の元にあの子が無事もどってくることを信じて、今は、前向きにがんばろうと思っています。

読んでくださった方ありがとう!



<83>はじめまして 投稿者:すいか  投稿日: 5月17日(金)19時53分39秒

「誕生死」読ませていただきました。わたしも同じ様な経験をしました。
昨年の9月に初めての妊娠7週で流産。その3ヶ月後に再び妊娠しましたが4月の初旬に私のお腹の中で死んでしまいました。
7ヶ月目に入ったところでした。2回続けて悲しい結果でがっかりです。
しかし、つわりの時はたいへんだったけれど妊婦生活は楽しかったです。
お空に行った赤ちゃん二人に「私の所にきてくれてありがとう」って言いたいです。
やっとこの言葉が言えるようになり、少しずつですが落ち着いてきました。

読んで下さった方ありがとうございました。



<84>(無題) 投稿者:m・m  投稿日: 5月17日(金)23時22分40秒

ニュースと新聞でこの本のことを知りました。売り切れていてまだ読んでいません。2回の妊娠では、トラブル続きで
入院を繰り返してました。2回目切迫早産で3ヶ月の入院後の出産でした。父に「赤ん坊はポロって生まれてくるものだと
思っていたけど、ホント大変なんだな」とぼそっと言ってました。本私の場合24時間の張り止めの点滴でお腹の中に
トドまらせることができ37週5日に薬をはずし、出産しました。誕生死を体験していませんが、自分達のことのように心打たれました。
入院中は母胎搬送されて行った人、誕生死を経験された人、幸せそうに赤ちゃんを抱いて退院して行かれた人、色々な方をみてきました。
私自身途中NICUのある病院に転院したときは「この病院では赤ちゃんをみることができないから」って主治医に言われ、
とってもショックでした。私は誕生死を体験していませんがとっても涙がとまりません。命の重さ尊さを感じています。



<85>はじめまして 投稿者:眞歩ママ  投稿日: 5月18日(土)21時03分12秒

はじめて投稿します。「誕生死」の発売は10月に天使になった娘と同じ病気の子達のHPで知っていたので
すぐインターネットで取り寄せて読みました。
私の娘も生後1ヶ月で天使になりました。染色体異常でした。
悲しみで毎日家にこもって泣いてました。時には泣かずに頑張ろう!!と無理をしていたときもありました。
でも同じ体験をした方々に励まされ、気持ちを聞いてもらったことで、少しずつ前に進むことができました。
看護婦をしていましたが、命の現場に戻るのがこわかったんですが、もうすこししたら看護婦の仕事に戻ろうと思っています。
命の尊さを娘が教えてくれたからです。
これからも悲しくて泣くときもあるかと思うけど、そのたびに娘が短くても私のところにやってきてくれた意味を
見つけることができるような気がします。
悲しみの真っ只中にいる方は、何もかもがどうしようもないことのように思うばかりでしょう。
でも同じような思いをしている人がいることを知ることで、なにかしら心の落ち着きをとりもどせるのではないかと思います。
この本の出版はいろいろな人たちの心のよりどころになると思います。
すばらしい本の出版ありがとうございました。



<86>涙が止まりません。。。 投稿者:小野香織  投稿日: 5月19日(日)12時36分02秒

私は2児の母ですが、子供は健康で当たり前の様に産まれてくるものだと思っていました。でもそれは間違いだったのですね。
こんなに悲しい思いをしている人達がいるんだと胸が痛み、涙が止まりません。私だって可愛い子供を取り上げられたら
どうしていいかわかりません。友達にも妊娠8週目で流産した子がいました。なんて声をかけていいのか分からなかった・・・。
子供を亡くした気持ちは他人がいくら分かろうとしても、当人にしか分からない痛みだと思います。
そんな苦しみなんて無くなってしまえばいいのに。改めて命の大切さを教えられたこの本に出会えてよかったです。



<87>(無題) 投稿者:はるか  投稿日: 5月20日(月)08時53分41秒

偶然本屋で見つけてすぐ手にとり買いました。その後新聞でも紹介されてましたね。
私は平成11年と今年の2月と二度の死産をしました。
2回とも双子だった為、4人の子を失った事になります。赤ちゃんには申し訳ない気持ちばかりで
毎日が本当に辛く、私も子供達の所に行きたいなって思ってばかりでした。
短い間だったけれどお腹の中で元気に生きていた事を誰かにわかって欲しくてしかたがなかった。
一時は妊娠していた事を思い出す事さえ辛かった。いざ落ち着いて思い出そうとすると、
頭がもやもやしちゃって思い出せない状態になってしまいました。
毎日毎日近所から聞こえる赤ちゃんの泣き声、子供の声が嫌で嫌でしかたありません。
泣いてばかりのある日悲しいのに涙も出なくなりました。
死産の後心無い言葉をはく人もいました。“妊娠できるだけいいじゃない”という人もいました。
妊娠しても元気な赤ちゃんを産めないことはどれほどつらいことか、自分を責める日々が続きました。
泣いてばかりの毎日では亡くなった子供達も悲しむかな?と思い天国から子供達が見ているはずだから、
私も主人も笑って過ごそうと決めました。
今は4冊の母子手帳が私の宝物になってます。



<88>涙がいっぱいでました。 投稿者:もも  投稿日: 5月20日(月)18時21分56秒

昨日、主人と一緒に本屋さんに行ったら「こんな本があったよ」と言って『誕生死』を持ってきました。私はおびに書いてあった
『がまんしなくていいの。思いっきり泣きなさい』という言葉だけで涙ぐんでしまいました。一話読むたびに泣きました、
山本美帆子さんの話を読んだときには本当に腹が立ちました。こんな言い方の人っているの?と思ってビックリしました。
こんな人は医者になる資格ないんじゃないの?って思って、主人に愚痴を言ってしまいました。この他の話も悲しくて泣きっぱなしでした。
実は私、2回流産してるんです。2000年の12月と今年の3月に流産しました、2回とも6週という短い間でした。
でも私はとっても幸せで私の中で小さな命が宿ってるんだと思うと不思議な感じもしましたが、女にしか経験できないこと
なんだなぁと思うと嬉しくなってしまいました。パート仲間のおばさま達にも気を使ってもらって、幸せな日々が続きました。
でも長くは続きませんでした。ちょっとだけ出血して、不安になったけどまさか自分が流産するなんて思ってもいませんでした
(失礼な言い方だったらごめんなさい)。一応病院に行こうということになり、注射をして薬をもらってきました。
もう私は安心してました、でもその二日後、生理の時と同じくらいの出血が始まり、その後トイレに行ったら何か出てくる感覚が
ありました。ティッシュにとって見てみると2センチくらいの白い紐みたいなものが水の中に浮いている袋が出てっきたんです。
私は「赤ちゃんだ」と冷静に見てしまいました。すぐに病院にいきました、その袋を持って・・・。先生は「全部出ちゃってるね」
と言いました。その後、先生がいろいろ話をしているんだけど、全然耳に入りませんでした。「すぐ入院した方がいいんだけど、
どうする?」と聞かれたけど答える余裕なんてありませんでした。主人が待合室にいたので、私の変わりに話を聞くことになりました。
その結果すぐに入院することになりました。この日はちょうどお祭りの日で花火がなっていました、そして赤ちゃんの声も聞こえました。
私にとって地獄のような夜でした。次の日、処理をする為、患者さんがくる前に診察をして子宮口を開く準備をしますと
言われたのですが、すでに開いていて「今、処理をしてしまいましょう」と言われました。ちょっと痛いけど我慢してねと
言っていたのですが、ちょっとぐらいではありません!思わず痛い!と声をだしてしまいました。この痛みがなくなるまで
時間がかかりました。退院して、家に帰った後もずっと泣きっぱなしで、私のせいだと思いました。でも主人がそばにいてくれたので
すこしずつ元気になりました。そして今年の2月の末に妊娠が発覚、やっぱり嬉しかったです。でもまた流産したら・・・
と思うと怖くてしかたがありませんでした。診察の結果、赤ちゃんが入ってる袋に対して赤ちゃんが小さいと言われ、嫌な感じがする、
8割は駄目かもしれないと言われてしまいました。後日診察に行った時、「死んじゃってるね・・・」と言われました、稽留流産でした。
この病院は1回目と違う病院だったけど、いろいろ親切にしてくれました。今後の妊娠のために染色体の検査をしてみたら?
と言われたのでそうしました。手術は全身麻酔でした。家に帰ってからまた自分を責めました、私は二人も小さな命を
奪ってしまった・・・、ごめんなさいって心の中で何回もいいました。
一人目はまつりちゃん、二人目はひなちゃんと名前をつけました。長い文章になってごめんなさい。



<89>本が届きました 投稿者:美鈴のママ  投稿日: 5月20日(月)22時02分07秒

インターネットで注文した本が届きました。読みかけると涙がでてきて、なかなか読むことができません。
私は美鈴がお腹の中にいた時、皆さんの様に幸せを感じていたのかなあ?と思います。なにせ長男が産まれてから4ヶ月後には
妊娠が発覚。あまりにも早すぎる妊娠に正直とまどいました。
まだ歩けない甘えん坊の長男を抱いて、お腹の中の美鈴の事を考える余裕はありませんでした。
歳が近いから男の子だといいなあと思っていたら女の子だとわかり複雑な気持ちになったのも事実です。
そんなだから遠慮して逝ってしまったのかなあ・・・
私にはまだ美鈴が身をもって語ろうとしていたメッセージがわかりません。
ただ、勝手ですが私のお腹の中にいた10ヶ月間幸せだったと言ってくれるといいなあと思っているのですが・・・ホンと親の勝手ですね。



<90>友人から本を紹介されました 投稿者:こたちゃん  投稿日: 5月20日(月)23時30分21秒

友人から、「誕生死」の本を借りました。私は、9週目で流産しています。はたから見ると、脳天気な私ですが、
あのときの悲しみは、決して癒されるものではありません。「本当に妊娠していたの?」「若いから、またすぐにできるわよ。」
といった慰めのことばにも過剰に反応して泣き、数年後には「今流行のDINKS?気楽でいいわね。」といわれて悔し涙にくれました。
流産から10年目に男の子を授かりましたが、息子が大きくなるに従い、もう一人の子供の成長も心の中で追っている自分がいます。
あの子も、生まれていれば18歳。青春を謳歌している年頃です。9週目で逝ってしまったあの子ですが私は決して忘れません。
Sちゃん、この本紹介してくれてありがとう。本読んで久しぶりにいっぱい泣けたけど、Sちゃんの気持ちが嬉しかったよ。



<91>山本美帆子様へ 投稿者:まな  投稿日: 5月20日(月)23時34分30秒

私は看護婦です。本を読んで申し訳ない思いで一杯です。同じ医療職として、恥ずかしいです。そんな人達に患者さんと
係わって欲しくないと、切ない気持ちです。患者さんにもそれぞれの気持ちや事情が有りますが、それをいち早くキャッチして
最高のケアをして欲しいとその病院のスタッフに言いたいです。
その病院で働いてはいないですが、不快な思いをさせてしまった事に、とても申し訳なく思います。



<92>お願いします 投稿者:めんこい子のママより  投稿日: 5月21日(火)12時15分14秒

毎日気になって結局ここへ寄ってしまいます。こんなにも沢山自分の心の中で闘っている方がいる事に驚きを感じています。
「誕生死」をもっと沢山の方に、読んで頂けるように書店に置いて欲しいです。
私もいろいろな書店をまわり、注文してやっと手に入ったので苦労しました。
あと番組でこういう話題を取り上げてくれる事を願っています。



<93>まだ読んでませんが・・・ 投稿者:とも  投稿日: 5月21日(火)14時14分50秒

まだ読んでませんが今、注文しました。みなさんの投稿を読みながら涙が後から後から流れてきました。
私も3人目、4人目と流産しました。お腹のなかで亡くなってそのことを告げられた時のショックは思い出したくもありません。
あと2日で4ヶ月と言う時4番目の子を流産したとき「あと2日中絶手術を待ってたら死産でも出産祝金がもらえたのに」とか
「二人いるんだからもういいよ」といわれたり男の子が二人いるのですが去年無事また男の子を出産した時
「前に二人流産した子は女の子だったんじゃない。男の子3人で大変だ!!」と言われたこともあります。
そしてよく慰めのつもりでまわりは言ってくれてるのですが「またがんばればいいじゃない」と言うことばには、本当傷つきました。
次の子って?じゃ今亡くなった子はどうでもいいの?私は子供を自分のアクセサリーとして宿したわけじゃないなくしたから
「はい、次!」って言うのとは違うんです。
でもこういう経験をしていなければ、わたしも精一杯こういう言葉で慰めてるつもりだったと思います。



<94>はじめまして 投稿者:ぶらっくばーど  投稿日: 5月21日(火)23時42分37秒

「誕生死」でこのHPを知ってからほぼ毎日見させていただいていますが、男性の投稿者はいるんでしょうか?
私は男ですが、ちょうど一年前娘を亡くしました。生まれて20時間の命でした。第一子は何事も無く男子を出産をし、
母子ともに健康に過ごすことができて約3年、私にとって待望の女子の出産でした。職場に「陣痛が始まった」との連絡を受け、
すぐに休みをとって産院に駆けつけ、いつも持ち歩いているデジタルカメラで娘を何度も撮影をした。
妻も元気で、私には不安になる要素など何も無い1日だった。あけて翌日、朝早くに産院を訪れ娘を見に行く。
しかし娘は見あたらない。しかし特に気にしないで妻の部屋へ行く。妻の部屋から帰る際に一緒に娘を見に行くと看護婦から
「チアノーゼが出ているので保育器に入っています」との言葉が。見ると1人だけ顔色が悪く保育器に入っている姿が確認できた。
でも大丈夫みたいな話なので安心して職場に向かった。職場について出産の報告をした直後に電話が鳴った。産院からだった。
「容態が急変して日赤に搬送します」とのことだった。すぐに日赤に向かった。途中救急車に追い抜かれた。
「娘が乗っている」と直感した。日赤に到着すると、すぐに入院の手続きをとってくださいと言われ、
「入院ならたいしたことないんだ」と都合のいい解釈をする自分がいた。手続きを終え、NICUの前で待つ私に声がかかった。
「走ってください!」「え!」NICUに入ると娘の周りに3人の医者と大勢の看護婦がいた。「尋常ではない」そう感じた。
そう感じて数時間後、医師達の懸命な処置にもかかわらず娘に取り付けられた心電図はほぼ平坦な状態しか映し出さなくなっていた。
医師達が心臓マッサージを続けていたが、手と止めると心電図の波形は見られない状況になってしまった。
私は医師に「ありがとうございました」と伝えるしかなかった。マッサージが止まった数秒後、最後に心電図に1回だけ波形が現れ、
その後に波形が現れることは無かった。死因については先天性の疾患が疑われたがその場ではまったくわからなかった。
6ヵ月後死因の報告があった。溶血連鎖球菌の感染症とのことだった。ほとんどの場合は重症化することは無い菌なのだが
ごくまれに劇症化し、症状の進行が早すぎて成人でも処置が間に合わず死亡する例もあるとのことだった。
妻は生きている娘に1度だけしか触れることができなかった。姿もほとんど見ることができなかった。自分は妻よりも長い時間見て、
触れることもできたが、医師に「ありがとうございました」と言ったことで結果的に娘の命を奪ってしまったという自責の念にかられ、
今でも後悔する時があります。長々と記載してしまいましたが、父親も母親と同じ気持ちだということは確かです。
それがお互いに通じ合うかは別ですが・・・



<95>はじめまして 投稿者:きよ  投稿日: 5月22日(水)00時37分37秒

 5月13日に二人目を39週で死産しました。ずっと小さめと言われていたのですが、
8ヶ月になりNICUのある病院へ転院して見てもらったところ、腎臓に異常があり、
無事に産まれても数時間も生きられないだろうと宣告され、それから三日後に赤ちゃんは自らの命を終えました。
 宣告されてから赤ちゃんの死・入院・退院の一週間は本当に辛い毎日でしたが、
診察だけではなく心のケアまで一貫して見て下さった先生の対応に、どれほど心癒されたか知れません。



<96>はじめまして 投稿者:ぎんママ  投稿日: 5月22日(水)08時38分16秒

私は平成12年6月8日に37週6日で初めての子、銀寿を死産しました。来月でもう2年…、全てがまだ昨日のことのようです。
昨年出産し9ヶ月になる娘がいます。銀を亡くしてから半年後の待望の妊娠でした。37週1日私の願いで帝王切開での出産でした。
娘も小さく生まれ保育器に入りましが、病気一つせず元気に育ってくれています。
娘が可愛ければ可愛いほど、銀への思いがあふれてきます。
産んであげられなくてごめんね。本当はGWに主人の田舎のお寺からお骨を持ってくるはずでした(私は預けることに反対でしたが
気持ちの整理がつかないまま姑にいわれ遠くのお寺へ。昨年は出産で行けず、またこれから先も分からない為家において置きたいのです)。
けれど親戚に反対され「娘にやきもちを焼いて災いが起きる」とか「忘れていかなければいけない」「引きずっている」などと
とても酷いことを言われました。2人とも大切な我が子なのにあまりにも銀がかわいそう。私達はいつも心の中の銀に守られているのに。
きっと彼等には銀の存在は1ではなく0なのだろう。悔しくてたまりませんでした。やっぱり体験した人にしか分からないものなのか、
いつまで心無い言葉に傷つかなければならないのか・・・『誕生死』もっともっと沢山の人達に見てもらいたい。分かってもらいたい。
私は銀を亡くしてからネットで知り合った『会』の方達や『ここ』にくるたくさんの方達に本当に気持ちを支えられています。
『誕生死』の出版、本当に感謝致します。ありがとうございました。
★PS.来月の命日にもう一度お寺へ行ってきます。そして今度こそ傍に置いておくつもりです。
“後悔”しても遅いって事、銀寿に教えられた沢山の事の一つなのです★



<97>誕生死拝読しました 投稿者:一医師より  投稿日: 5月22日(水)09時56分42秒

 誕生死読ませていただきました。NICUでお子さんをなくされるお母様にどのようにお声をおかけしてよいのか悩んでおりました。
(NICUを死亡退院されるときにSIDSの親の会をご紹介するというのは、あまりにも唐突過ぎますし、
かといってお子さんをなくされた病院に“いつでもきてくださいね、お話伺います”といえるものではありません。)
皆様のお声を知ることができ、スタッフの参考にさせていただきたいと思っています。
 ちなみに私は不妊治療で3人のこどもを授かり、一人を流産しました。
早い時期であり骨も残っておらず、超音波写真が1枚残るのみです。
写真を残していることは主人も知りませんが、私の棺おけに一緒に入れてもらえるよう遺言状には書いておこうと思っています。
いろいろ思うことや葛藤がまったくないわけではありませんが、今は2人の子どもとの日々を大切にして、
天国に行ったら(行けたら?)抱くことのなかった子どもとあえるのを楽しみにしています。



<98>この本のおかげ 投稿者:初音ママ  投稿日: 5月22日(水)09時59分11秒

初音を亡くして5ヶ月たちました。実母に「誕生死」読んでもらいました。それまで「あなただけでも助かってよかった」
「早く忘れて次の子を」と言っていた母が「ずっと大事に思ってあげることが一番の供養だね」と言うようになってくれました。
「私自身が生死をさまよったときお母さんが辛かったように、私も娘のことを思う気持ちは同じなんだよ」同じ母親として、
よりわかりあえたようで嬉しかったです。この本のおかげです。



<99>やっと読めました! 投稿者:はなママ  投稿日: 5月22日(水)12時59分53秒

どこの書店を探して売り切れでしたが、やっと、手に入れることができました。
最後の一行に“このほんがもたらすたくさんのことが、お空の子供たちからのプレゼントです”という言葉がありました。
私はこの言葉にすごく感激しました。そして、天国のはなちゃんからのメッセージが聞こえた気がして涙が止まりませんでした。
この本に出合えて本当によかった。ありがとうございました。



<100>つらいですよね 投稿者:とうたん  投稿日: 5月22日(水)22時40分02秒

うちの子の旅立ちは2000年9月。前日まで嫁さんのおなかを内側からポコポコ元気に蹴っていたのに。突然の出血、破水。
嫁さんのおなかの中で小さな心臓が止まっていました。我が子(男の子)が小さな手を胸の上で組んでもらって眠っている、
あの姿を見たときに時間が止まりました。ショックで涙も出ず、ひたすら旅立たせる準備を・・・
これしか父親として子どもにしてあげられなくて・・。2002年3月、天国の子どもはお兄ちゃんになりました。
夢の中で「お兄ちゃんづら」している姿を見せてくれました。2人目の子どもには「お兄ちゃんが守ってくれてるんだぞ」
と言ってあります。うちの子どもたちは、天国と地上で元気、元気です。