『感想のページ』より−6 <101>〜<120>             



<101>ありがとう。 投稿者:toshimi  投稿日: 5月22日(水)23時04分04秒

新聞の広告でこの『誕生死』を知り、早速書店に注文をして、取り寄せて頂き読ませて頂きました。昨年6月末日に私も、妊娠16週と5日
で、男の子を亡くしました。私にとっては、3人目の子ではありましたが、上二人の子は、離婚した主人の子今の主人にとっては、初めての
子供でした。上二人は早くから、お腹の張りなどありながらでも順調で無事出産出来たのですが…。再婚したのもつかの間、3人目が、お腹
に入り、家族全員で喜びました。12週を超えたあたりから頻繁にお腹の張りを感じ、病院に行き2週間に一度の検診。15週目に総合病院
を紹介され2週間に一度の検診でした。17週目の検診まで、後2日という夜、突然の下腹痛、陣痛は、こんなものではない。と今までの経
験で、思い込んでいた私、少し横になっていたらまた下腹部に痛みが…。もしやと思いトイレに…。おしるしのような出血…。まさか!!と
思い病院に連絡しようと思いトイレをでたら突然の破水。破水の後にお腹の子が初回転するように動き、もう2分感覚の陣痛…。慌てて病院
に直行。陣痛室に入り、助産婦さんからの内診。助産婦さんに「赤ちゃんは?」と聞くと助産婦さんは、首を横に振りました。一瞬頭の中が、
真っ白になりました。あの回転は、最後の挨拶だったのかな?苦しいようと言っていたのかな?でも、自分が、すごく冷静で、「今から手術
になるのですか?」と聞きました。助産婦さんは、「イイ陣痛がきてるから、赤ちゃんのためにも、お母さんのためにも普通に産んであげま
しょう」と言われました。その後すぐに分娩室へ…。私は、いきむのが嫌で嫌で仕方ありませんでした。まだ生きているかもしれない。お腹
から出してしまったら赤ちゃんが死んでしまう…。殺したくない。生きて欲しい。陣痛は、強くなり自然といきみたくなりつつも私なりに抵
抗を続けました。そんな時助産婦さんが、「赤ちゃんの生きた証しとして、産んであげてね。お母さんの力で産むのが一番苦しくないよ。」
と声をかけて下さいました。そこから、私は、無我夢中で赤ちゃんを産む事に専念し、母親として最初で最後のプレゼントにしてあげようと
思いました。自分の力で産み、自分の体で一生、この子を産んだ痛み、このことの思い出を忘れないように焼き付けようと思いました。赤ち
ゃんとの対面、手のひらに乗るくらいの我が子、それでもこのこは、生きていた。爪の後、ちんちんの形ちゃんとありました。ちょうど一年
前の事です。人からは、2人もいるから…、とか色々励ましの言葉を頂きましたが、私は、とてもつらかったです。誰の前でも弱音を吐けま
せんでした。病理検査の結果がでて、医師からは、「子供のほうには、異常が見当たらない…。次に妊娠しても10ヶ月もたない確立が高
い。」と言われ、自分を自分の中で責めつづけました。私がもっと早く病院に行っていれば…。私の子宮がもっと硬く閉じていてくれたら…
と。一年間ずっと…。そんな時この本に出会い。少し楽になる事が出来ました。今は、まだ、次の妊娠(今の主人の子)を考えられない私自
身ではありますが、前向きに子供を欲しがる主人と向き合おうと思いました。



<102>有難うございました。 投稿者:hiromi  投稿日: 5月23日(木)09時33分36秒

私は8週目で流産を経験しました。初めての妊娠で順調にいくと思っていた矢先の事でした。
その時はこんなに悲しいことがあるのかと思い切り泣きました。先生はよくあることと言いますが
私にとっては大事な命でとてもつらかったです。命の宿った時からもう家族なんですよね。
今は5ヶ月の元気な女の子がいます。元気であることが毎日ありがたく思います。流産した時の周りの反応に物足りなさを感じ、
同じ立場の人がいたら分かってあげたいといつも気にしていた所、この本を読みました。
自分の時も思い出して涙なしでは読めませんでした。
時間たってもやはり忘れられません。代わりはいないのです。今はその子の分も一緒にかわいがってます。
流産したから命の重さ、あり難さ知ることが出来ました。
文章にするまでかかった時間思いは計り知れないと思います。
つらさを乗り越えプラスに生きようとされてる姿に励まされました。本当に有難うございました。



<103>思う事。 投稿者:あちき  投稿日: 5月23日(木)10時00分50秒

一人目は8週で稽留流産、二人目は38週で3ヶ月前に死産。
私は看護師。何が起こるかわからない、正常妊娠・分娩は、当たり前のようでとても難しいと頭ではわかっていたつもりでした。
でも、つらかった。今でも、つらいときがあります。
何がつらかったって・・・
出産前日、「産まれたら、抱かせて・・・」と言うと、助産婦は、「良いの?大丈夫?」と言いました。私の子なのに。
出産直後、夫や妹が、子供の写真を撮りたいと分娩室に入ってきて、助産婦に許可を得と、「撮るんですか?」怪訝そうな顔。
「名前も決めていたのね・・」その助産婦の哀れみの目。
出産前の元気な頃に会った友人助産婦は、9ヶ月のお腹の私に向かって、「その腹、蹴飛ばすぞ!!」と言いました。
冗談でも、医療スタッフが、しかも助産婦が発するべき言葉ではないはず。
皆さんも、医療スタッフに傷つけられる事も多かったようですね。申し訳なく思います。
家族が、babyの誕生を喜び、みんなで交代で抱いてくれたことが何より嬉しかった事です。
早く次の子が欲しい。行き場のない母性を持て余してしまっています。
『誕生死』の反響が大きく、死産後のケアが充実する事を願っています。
まとまりのない文章ですみません。



<104>(無題) 投稿者:とも  投稿日: 5月23日(木)21時22分06秒

昨日、流産しました…。妊娠5週でした。やっとおととい赤ちゃんの袋が見えたと言われて、病院から帰ってくるとすぐに出血し、次に日には赤ちゃんの袋と思われる血の塊がでてきてしまいました…。2人目の子供でした。今はとても辛いです。昨晩、誕生死の本を読みたくさんたくさん涙がでました。本の中で「人は生まれてくる前に神様に、その親のもとにうまれると○歳まで生きられないけどそれでも生まれたいと願う赤ちゃんが新しい命になる」と書かれた方の文章がとても心に残りました。たった5週という命でも私のお腹を選んでくれたんだと思うと涙が止まりませんでした。私のお腹を選んでくれて嬉しかった気持ちと赤ちゃんに何にもしてあげられなかった気持ちの混じった涙でした。そんな気持ちになれたのもこの本に出会えたおかげだと思っています。でも・・・今はまだ辛いです。いつになったらこの辛い気持ちが癒されるのでしょうか…。とりとめのない文章になってしまい申し訳ありませんでした…。



<105>(無題) 投稿者:ぶう  投稿日: 5月23日(木)22時38分00秒

ともさん、私も昨日妊娠9週目で、出血、流産してしまいました。1月に5ヶ月の子供を死産したばかりで、
新しい命を育めることを喜んだ矢先でした。『誕生死』はまだ読んでいません。
気持ちを落ち着かせて読む必要もないんだろうとは思いますが、読む勇気がありません。また、来ます。



<106>ぎんママさんへ 投稿者:智弘ママ  投稿日: 5月23日(木)23時03分04秒

はじめまして。
私は1997年にすでに2000gあった智弘(ちひろ)を死産しました。
骨壷小さいですよね。
私は母を亡くしていますので、
智弘がおばあちゃんの所なら安心できるかなと思って、母のお墓に一緒にいます。
家には位牌を作って私たちとも一緒にいられるようにしました。
肉体がないと自由に行き来できると言われたので、
智弘はきっとおばあちゃんの所と私たちの所を行ったり来たりしていると思います。
でも銀寿くんはママも知らないような人たちの所では可哀想ですよね。
早くお家に帰ってこれるといいですね。頑張ってくださいね。
皆さんの体験を読んでいると辛く悲しい体験が胸を苦しくします。
うちには智弘のお兄ちゃんと弟がいます。
ですが、4年前のことを語るのはいまだに辛くこの場を借りてあの日の事を言える日が来ればいいなと思います。



<107>本読みました 投稿者:シュガー  投稿日: 5月24日(金)05時51分06秒

私は、4月12日稽留流産で掻爬手術をしました。不妊治療8年目の末授かった念願の赤ちゃん。
辛かった治療の日々も吹き飛ぶ程、嬉しかったです。
何より主人の喜び様と言ったらなかったです。子供好きの私たち夫婦にやっと授かった大切な大切な赤ちゃん。
天からの授かりものという事でお腹の赤ちゃんは「天ちゃん」と呼んでました。

私の卵巣嚢腫を診察するため頻繁に診察して下さってた医師からの「心臓が動いていない」という言葉。
聞いた時は信じられなくて頭の中が真っ白になり、天国から地獄に突き落とされた気がしました。

悲しみは全く癒えてないのに、あれから一ヶ月、遠い昔の様な気がします。
家族や友達には努めて明るく振る舞って、「もう大丈夫」と強がっては見るモノの、これからまた先の見えない不妊治療に
足を踏み入れる気力もなく、妊婦さんや赤ちゃん連れの人を避ける日々。
そんな中、夜も眠れない日が続き、朝が来るまでの長い時間、たまたま目にしたHPで知った「誕生死」。
貫徹のまま本屋が開店するのを待ち、購入し一気に読みました。
涙があふれて止まりませんでした。
私は、手術をしてから、こんな悲しい思いをするなら妊娠しなければ良かったとずうっと思ってました。
そう思う自分がもっとイヤでした。
本に出会えて良かったです。ポンと背中を押された気がしました。
これから、不妊治療頑張って行こうと思います。

昨日も育児ノイローゼで海に生後2ヶ月の赤ちゃんを落としたニュースが流れていました。
そんな人こそ読むべき本だと思います。
猫や犬を傷つけ、我が子までも殺してしまう病んでいる世の中。
命の大切さを考えるために、たくさんの人に読んで頂きたいと切に思いました。



<108>『誕生死』を読ませて頂いて・・・ 投稿者:祐子  投稿日: 5月24日(金)12時04分36秒

 私は今、将来児童福祉に携わりたいと思い、福祉系大学に通っています。(1年生)
 私には、妊娠・出産経験はありませんが、この本にはいろいろなことを考えさせられ、1ヶ月前に購入してから今日までに、
4回読み返しました。そして、レポートのテーマとして、死産、流産、新生児死を深く勉強したいと思いました。
 まず、私は『誕生死』という言葉に強く胸打たれました。今まで流産や死産としてしか認識がありませんでしたが、
その命は確かにお腹の中で生きていた、この世に生まれてきていた、ちゃんと家族の一員になっていたんですものね。
松村さんのお子様が言われた、『ママのお腹に赤ちゃんが生まれた』の言葉には強く納得できたと同時に、
この本に出会うまでは、産まれてくることが“うまれること”だと考えていた自分が情けなくなりました。
 私がこの世に生きていられることはけしてあたりまえじゃなく“奇跡”なのだ!生命は、胎児でも赤ちゃんでも、
子供でも大人でも老人でも変わりない、尊さ、重さ、大切さ、美しさがあるのだ!と、強く強く感じました。
 誕生死の筆者の方たちや、この掲示板に載せられた方たち、そして、どこかにいる誕生死をされた方々の赤ちゃんへのご冥福を
心よりお祈り申し上げます。また、大切なことを気づかせていただき、ありがとうございました。



<109>「誕生死」読ませて頂きました。 投稿者:優斗ママ  投稿日: 5月25日(土)10時16分41秒

インターネットで死産のホームページを探していくなか、さまざまな方の悲しい記事を読んだりしました。
そして、この本が発売されたことを知り、すごく買うか買うまいか悩みました。というのも、いつまでもこの悲しみを
引きずってしまうのではないのか・・・ということを考えてしまったからです。でも、この本を読んで、私はとても励まされました。
私は会社を退職した1週間後1月28日の定期検診で羊水が少しずつもれていることが分かり、その日の午後緊急手術をして、
子宮口を縛り、卵膜を補強するために糊のようなものを入れました。その後、安静状態で入院生活を送ったものの、
お腹の赤ちゃんが思うように大きく育ってくれず、妊娠29週で赤ちゃんを出し、NICUで赤ちゃんを育てていこう
と言うことになりました。
3月1日、優斗は産まれて1時間9分後に息を引き取ってしまいました。主人の口から優斗がなくなったことを聞いて、
すごく悲しくて自分がどうかなってしまうかと思いました。
優斗は短い命でしたが、戸籍上も我が家の長男として、残されています。主人は区役所に出生届と死亡届を同時に出しに行ったようですが、
主人にとってもとても辛かったと思います。主人は入院中ほとんど毎日お見舞いに来てくれて私のことを励ましてくれました。
主人の優しさに感謝しております。
また、私は術後3日目でしたが、どうしても優斗の葬儀にでて最後のお別れをしたかったので、無理にお願いして、
外出させてもらい優斗を天国へ送り出すことができました。優斗の魂が私の心の中に乗り移ってきたかのように、
前向きにがんばっていこうと言う気持ちになりました。きっと優斗が天国からママ・パパありがとう、って言ってくれたのかもしれませんね。
退院後 優斗のお骨を見るたびに色々なことを思いだし、一人で悲しんでいて、でも、人前では元気に振舞ったりして・・・
皆さんが言っているように、どんなに「当たり前」ということが難しいのか、
また、「命の尊さ」や「思いやりの心」を再確認させられました。
私は、誕生死を読んで、共感することが沢山あり、子供亡くして初めて気がつくこと、そして教えてもらったことが山ほどあります。
私たち夫婦にとってもすごく辛いことでしたが、主人と一緒に乗り越え、一歩一歩成長していきたいと思います。
最後に優斗産まれてきてくれてありがとう。と言いたいです。



<110>妹へ 投稿者:アスカ  投稿日: 5月26日(日)01時07分33秒

先日、妹の赤ちゃんが24週で誕生死でした。妹から“赤ちゃんが動かないんだぁ”と電話があり、“そんな日もあるよ”と私の経験から笑って答えていたら・・・。次の日”赤ちゃんダメだった”と泣きながら電話がありました。何か妹にしてあげれる事があればと、ここにたどりつき、『誕生死』を妹と母に贈りました。

妊婦さんを見ると“なんであなたでなく、妹のあかちゃんだったんだろう”と思ったりして、私の心ってきたないですよね。

私には3歳の子供がいます。妹の赤ちゃんによく声をかけていました。今回の事をどう伝えようか迷い、絵本を作りました。“赤ちゃんがお星様に忘れ物をしちゃったの”と子供に話すと“あっ、そうかぁ、ドングリ忘れたんだぁ〜”と答えたので、この内容でクレヨンを使って作りました。

妹の赤ちゃんは、私たち家族にたくさんのメッセージを残してくれました。心からありがとうを言いたいな。そして妹へ、一緒に赤ちゃんの事いっぱい話して、いっぱい泣こうね。



<111>読みました。 投稿者:なだみ  投稿日: 5月26日(日)09時52分03秒

2度目の書き込みです。
昨日インターネットで注文した「誕生死」が届き、一気に読みました。
本屋さんで注文していたのですが、なかなか入荷せず、早く読みたい気持ちがそうさせました。
1冊は自分の手元に、もう1冊はお世話になった産院に持っていこうかと思っています。

川合様・・・99年9月6日・・・4度目の妊娠でようやく生まれた私の息子の誕生日です。
あの日、あの時、遊月ちゃんは「コタル」になったのですね。私も「遊月ちゃん」のことを忘れません。
      
息子にも、性別はわかりませんが、4人の「お兄ちゃん」か「お姉ちゃん」がいました。
「あなたは、5人分の命をもらって生まれてきたの。」と言っています。
2歳8ヶ月の息子に言ったところでまだ理解はできないでしょうが・・・。
お腹に宿ったあの子達も、息子と同じように愛しい。
本を読んで、ますますその思いが強くなりました。



<112>まだ読んでいませんが・・・ 投稿者:tomo  投稿日: 5月26日(日)15時02分08秒

今日たまたまこちらのHPを目にしたのでまだ本は読んでいませんが掲示板はすべて読ませてもらいました。
涙がとまりませんでした・・・・・。

最近父の得意先の奥様が9ヶ月で死産されました。
父は旦那様の方へなんと声をかけていいのかわからなかったと言っていました。
1週間は会社を休んで奥様についていたそうですが・・・・・。

親友は出産後すぐに赤ちゃんの肺に傷があり大病院に搬送されました。
親友は出産した病院にいたそうですが、他の赤ちゃんの泣き声が聞こえたりするのが苦痛だと言っていました。
ほんと、そうですよね。食事も本来は食堂で一緒にとる産院だったのですが看護婦さんは優しかったので
「部屋で食べようか!」って持ってきてくれたそうです。
赤ちゃんは1ヶ月入院してどうにか持ちこたえましたが産院に対して考えさせられました。

不妊治療と普通の妊婦さんが一緒なのはどうなのだろう??
死産・早産・流産した方と妊婦さんが一緒なのはどうなのだろう??
早くそういったケアを全ての病院で出来るようになったらいいのに・・・・・。



<113>(無題) 投稿者:まま  投稿日: 5月26日(日)19時10分22秒

こんにちは。又、遊びにきました。tomoさんのおっしゃるように不妊治療と普通の妊婦さんが一緒なことや死産、流産で入院している部屋が同じフロアにあるのは本当に辛いです。入院中の診察も待合室で横に陣痛の始まりそうな人や産み終えて喜びに満ちている人と並んで待っているのです。「これから産むんで不安なんですが出産どの位時間がかかりましたか?」と聞かれたときは何も答えられなかった。カーテン一枚でドア開けているから診察の会話も聞こえるし私の前の人は「元気で大きな坊やだったね!」「先生本当にありがとうございます!」なんて会話聞こえたとたんくやしく、悲しくなり「はい次の人お入り下さい。」と今度は入ったとたん大きな声で「赤ちゃん残念だったね」の一言。診察が終わり出ると待っている妊婦さん達の目が釘付けで私のことを見ていました。もちろん廊下に出るのも絶対嫌ですし、仕方がないんですけど他の面会の方たちの声が「おめでとーございまーす」って毎回聞こえてくる。24時間赤ちゃんのなき声と看護婦さんとママになった人の幸せ一杯の会話。私の病室だけ真っ暗で他の世界はピンク色って感じでした。精神的にも肉体的にもボロボロで毎朝、目がひどい腫れかたをして目がまともに開かなかったので一人の若い看護婦さんが胸をいためてくれたのか「他の病棟へ移りたいことを言えば変えてくれるかもしれないので婦長に言ってみましょうか?」とおっしゃて下さったのでお願いしたら彼女は先輩看護婦や婦長に怒られたらしく「マニュアルにはないのでだめだ」と言われました。私に余計なことを言った為、その看護婦さんは私の担当を外されてしまいました。
医者や看護婦さんの忙しさは本当に大変なのは理解しています。簡単に思えそうな思いやりなんですが組織化されてしまっているのでルールを崩すのは難しいように思えました。スッタフや病院側の組織に依存させるようなこうした病院側の雰囲気の為に患者は人間としての価値感覚を失ってしまい余計に死んでしまいたい気分になります。俊也さんがおっしゃって下さったように技術面でなく精神面でも日本が即急に進歩して下さることを願います。(この言葉は嬉しかったです。)医療機関は患者の個別の要求と心の動きに沿ってほしいです。
でも、「誕生死」の本を出版してくださったことによってきっと日本の医療がいい方向に変わると思います。この本をつくって下さって本当に心から感謝しております。有難うございました。



<114>赤ちゃん 投稿者:やすべー  投稿日: 5月26日(日)23時19分56秒

やっと本が手元に届きました。

私は2度の流産経験があります。
2度目の流産のとき、むりやり入院させてもらった(そうすれば助かるかもしれないと思った・・・)病室で晩御飯を食べていたら急にお腹がキュッと張りました。
言いようもない不安にかられ、トイレに行くと赤ちゃんが下着に出てきていました。
あわてて看護婦さんをブザーで呼びました。

本を読んでいてこのことを思いだしたんです。
まだまだ身体もほとんど出来上がっていないくらい小さな赤ちゃんが、どんな力で私のお腹をキュッと張らせたんだろう・・
もう10年以上前のことなのに、今でもはっきりあのときの
「張り」を覚えているのが不思議です。
その後帝王切開で出産しました。

帝王切開は赤ちゃんを救うための大事な手術。
経膣分娩をした人が「陣痛がなくてラクだったね」と言おうが、命をかけてつけた傷に誇りをもちましょうという気持ちでHPを続けていますが、つらい気持ちで赤ちゃんを「出す」ための帝王切開もあると改めて感じさせられました。

本を少し読んだ娘が聞きました。
「ママも赤ちゃんが死んじゃった日覚えてるの?」
「13年前と12年前だけど、ちゃんと日にちまで覚えてるよ」
そう答えました。



<115>誕生死の葬儀について 投稿者:りんりん  投稿日: 5月27日(月)19時36分34秒

誕生死してしまった子供の葬儀ですが、「どうしてあげたいか」が大切だと思うのですが。葬儀やさんも含め水子だから何もしなくてもいいと心ないことを言う人もいるかもしれません。でも、どうすれば納得がいくか、お経だけ、あげてもらうこともお願いすれば出来るでしょうし、一番大切なのは、とらわれすぎてもダメだけど、どうしてあげたいか!ってのが一番大切だと私は思います。長々とでしゃばってごめんなさい。



<116>葬儀 投稿者:こっこのママ  投稿日: 5月28日(火)12時25分19秒

私も5.5ヶ月くらいでしたが、埋葬届が必要ということで、一番小さい棺に祖母が作ってくれた着物をきせて、内輪でお経のみあげてもらい火葬しました。20cmたらずの小さい赤ちゃんでしたが、火葬場の人が気をつけて焼いてくれたので、骨が残り、旦那の実家のほうで納骨してもらいました。その後、戒名をつけ、49日もしました。
ただ、私が知らない間に戒名や49日の話が決まっていて、その話を聞いたときは、旦那の実家の赤ちゃんへの期待の大きさを感じて涙がでて落ち込んでしまいました。49日はいろいろ聞かれるので結構つらかったです。1周忌はまるべく大げさにならないようにお願いしましたが、おじさんにあたる人の33回忌と一緒にやるといわれてしまいました。今は、それだけ大事にしてもらって赤ちゃんも幸せだったんだと思うようにしていますが、私の意見としては、赤ちゃんを亡くした方にどうしたいかを聞いて、尊重してあげてほしいと思います。



<117>(無題) 投稿者:ふみぴー 投稿日: 5月29日(水)13時49分52秒

誕生死は今注文中でまだ読んではいません。掲示板は何度か読ませていただいてますが、いろんな経験をした方がたくさんいて正直驚いています。私は誕生死の経験はありません。友達が最近経験をしたので、この本を読んで、そして友達にもすすめられたらと思っています。友達がその子の事を話してくれるのなら、いろいろ聞きたいとも思っています。でもどうなんでしょうか?経験のない私がそんなことしたら余計なお世話なんでしょうか。やっぱり経験のない人には、話せないのでしょうか?やっぱりそっとしておいてもらいたいのでしょうか?



<118>ありがとう 投稿者:佐藤 里美  投稿日: 5月30日(木)02時05分48秒

この本に出会えてやっとがまんしないで泣けました。たくさんの人に知ってほしいです。がまんしている、いた人がたくさんいます。
私は去年、原因不明の死産で息子を亡くしました。愛する息子のことを周りの人に話そうとしても返事に困る顔ばかりされ、
私は普通ではなくなっている?と自問を繰り返してました。
そして本当はもう一人産みたいけどどうしていいかわからない、怖い、そんな私に勇気と答えをくれそうです。



<119>先天性心疾患 投稿者:さら  投稿日: 5月30日(木)11時47分04秒

娘、祈恵(のりえ)は5月2日の午後に生まれて5月3日の朝、昇天しました。18時間の命でした。

今年初めにいつもの産科のエコーで心臓に先天性疾患があることがわかり、以来、K県立こども医療センターで見てもらいながら、
カナダでの心臓移植を含め、いろいろな治療方法を模索してきました。最終的には4月半ばからN県立こども病院に入院し、
出産と心臓の手術を待っていたのですが、36週0日で突然お腹の子の心拍がドロップしたため、全身麻酔で緊急帝王切開。
母子共に命がけの出産劇でした。術後、入れ代わり立ち代わり赤ちゃんの容態を教えに来てくれた医師たち。
傷の痛み、深夜の洗礼式。疲れ果てて眠る夫。容態の急変。ベッドのまま娘のそばに運ばれた自分。
祈恵のために歌った賛美歌。そして旅立ち。

すべて夢のような現実です。娘の死を「乗り越える」ことは決してないと思います。
でも乗り越えなくても、私は私の「生」を尊び喜んで生きなければなりません。今はただただ辛い毎日だけれど・・・。

Nこども病院のスタッフはすばらしかったです。プロとしての技もさることながら、誰一人として私や夫に
傷つける言葉や態度を見せた人はいませんでした。
祈恵の死はとても悲しいことなのに、私の入院生活は、あの痛い帝王切開も含めて、実に「バラ色」でした。
「誕生死」の本を読んでも、ここの掲示板を見ても、私がいかに 医療関係者に恵まれていたかわかります。
かかりつけのI産婦人科でも、Kこども医療センターでも、私と娘を受け入れてくれようとしたカナダのT小児病院でも、
皆、プロとして心のこもった応対をしてくれました。感謝しています。

祈恵は一万人に一人の割合で発生する心疾患を3つも背負って生まれていきました。どんなに医学が発達しても、
生まれ来る子の一万人に一人はそうした病気で生まれなければならないのです。
その病気を私の娘が自ら背負ってきたこと、立派に役目を果たして召されていったことを、夫も私も心から誇りに思っています。

祈恵、また会おうね、きっと。

(Nこども病院の産科の婦長さんや、ソーシャルワーカーの方の「誕生死」についてのコメントは
5月5日の信濃毎日新聞にのっていますね。このサイトの別ページ参照です。)



<120>産まれてきてくれてありがとう 投稿者:和人ママ  投稿日: 5月30日(木)12時49分29秒

私はちょうど3年前に24週と3日で605グラムの次男和人を出産しました。切迫流産から切迫早産を経てはり止めの点滴をしても陣痛をおさえることができなくなりこども専門の病院に搬送され、3日目の出来事でした。産まれた赤ちゃんの産声を聞くことなく、すぐにNICUに運ばれなんとか命はとりとめることができました。和人はたくさんの病気(未熟児網膜症で2回手術・気管軟化症により気管切開のため2回手術・水痘症のため開頭手術1回・ヘルニア・点頭てんかん等)を持ちながらその都度危機を乗り越えすくすくと育ってくれ、1年2ヶ月後には退院をすることができました。しかし、再び肺炎で再入院。ICUで2ヶ月間がんばり、再び乳児病棟へ戻る事ができましたが、その冬再び風邪をこじらせ肺炎となり1歳8ヶ月の短い人生を閉じました。家族と親しい人のみで執り行った葬儀が終わっても彼の生きていたほとんどの時間を病院で過ごしてきたせいか、まだ病院に行けば会えるような気がして本当におきた出来事には感じられませんでした。でも49日が終わったころから和人のいない喪失感に押しつぶされるようになり、ひとりになると泣いてばかりいました。そんな時、病院に1年8ヶ月間通っていて思った事をふと思い出しました。それは和人をこの病院で産んではじめてこの世にこんなに病気を持つこどもがいることを知り、もし自分に時間ができたらこの子たちのために何かをしたいということでした。そして和人のソシアルケアワーカーの方と話す機会があった時にこのことを伝えたところ、その方が「こんなことをしたいのだけど時間がなくてできないんだけれどもやってみますか?」と言われ私は即座に「やらせてください」と返事していました。それは、この病院で最善を尽くしても不幸にして亡くなってしまった赤ちゃんたちの最初で最後の洋服を作ってあげることでした。それも市販されていないサイズの30・40cmのものです。小さく生まれると市販されている最小の50cmの産着では赤ちゃんが埋もれてしまい、それがかえってつらい思いとしてのこってしまうことがあるそうです。そのソシアルワーカーの方自身も誕生死を経験し、「かわいい服を着せておくってあげたかった」と思っていたそうです。この病院で仕事をするようになり同じような思いを感じているのが自分だけではないことを知り実現したかったとのことでした。私自身は流産も死産も経験したことはありません。でもお腹の中で大きく育ててあげることのできなかった赤ちゃんの手のひらにのるほどの本当の小ささを知っています。大きく産んであげられなかった悲しみもわかります。「誕生死」の本を読んで感じたこと、このサイトでのみなさんの思いを感じながら一針一針思いを込めてこれからも縫っていきたいと思っています。そうやって自分の心をも癒していきたいと思っています。和人は短い人生だったけど病院の和人のまわりにはいつもやさしいスタッフの方たちがいて幸せだったと思っています。私自身も幾度も励まされ、和人がお世話になっている間いやなおもいは一度もしませんでした。本当に感謝しています。和人を通して知り合えた方たちは和人の残してくれた財産になりました。そして、私と共に泣き、悩み、病院に通ってくれた心やさしい主人と長い病院通いにつきあってくれて何度も寂しい思いをさせた長男に感謝しています。我が家は4人家族です。増えることはあっても(私はもう産む事はありませんが長男が結婚したとして)減ることはありません。