『誕生死』掲示板 過去ログ7 <121>〜<140>              



<121>出版してくださって、ありがとう 投稿者:はるみ  投稿日: 5月30日(木)13時49分06秒

ようやくご本を読みました。
やはり、涙でいっぱいになりました。正直、5年前の自分の経験がよみがえってくるのが、怖い気持ちもありました。
しかし、自分と同じ感情・同じ心の動きを経験した方がいらしたことを知り、気持ちがすこし楽になりました。
きっと、このご本が、社会の認識を変えるきっかけになってくれるでしょう。
悲しみをやわらげてくれるケアを、必要とする人すべてが、何の気兼ねも無くうけられる仕組みができて欲しいと思いました。
おつらい気持ちをつづって、世の中に公表してくださった著者のみなさまに感謝します。
出版してくださってありがとう。



<122>はじめまして。 投稿者:ゆう  投稿日: 5月30日(木)14時58分27秒

私の娘は生後1時間半ほどで、お空へ行ってしまいました。昨年の9月のことです。
40週で、ずっと順調にきて、あとは産むだけ、と思ってたのに。 
分娩台に上がってから(短いへその緒が首に巻き付いてる上、陣痛が強すぎたようです)
赤ちゃんの心拍は急速に悪化したのに、お医者さんも看護婦さんもそれに気づかず、
産声を上げることなく亡くなりました。
声が聞きたかったな。
そしてその半年後位に妊娠して、今せっかく芽生えた赤ちゃんの心拍が弱まっています。
大きさも小さく、心拍も弱まり、先生は「典型的な胎児側の原因で流産の可能性が高い」と言ってます。
以前に2度流産もしていて、まだ子供はいません。
こんなにひどいことは周りを見ても自分にしか起こってない、って思ってました。
この掲示板を全部読ませていただいて自分だけじゃないんだ、って思ってます。
「誕生死」は、まだ辛くて読めません。
同じ体験をした人と話したい、話が聞きたいとずっと思ってました。
またここに来させてください。



<123>(無題) 投稿者:ひろ  投稿日: 5月30日(木)22時02分35秒

誕生死、読んでいて涙をこらえるのもやっとの思いがしました。4歳の長男は、そんな私の様子を見て「どうしてご本を読んでいてそんなお顔してるの?」と不思議がっていました。私もこの本の方々と同じように、昨年秋に次男を生後5時間で亡くしました。羊水過多と、胎児水腫によるものでした。もともと妊娠6ヶ月ころにはお腹がかなり大きく、長男の時の妊娠に比べて腹囲が異常に大きいと思っていました。けれど、私が市販されているお産の本などで調べ、担当の女医に「羊水過多ではないんですか?」と聞いても「大丈夫よ。それよりも食べ過ぎや太り過ぎに気をつけてね」などどのんきなことしかいわれませんでした。不安な気持ちで検診に通い、8ヶ月目のときに胎児に腹水がエコーで見つかり、大学病院に転送、そのまま入院となりました。そのときには私のお腹には羊水が4−5kgは推定でも入っており、私自身の体力もかなり厳しいものとなっていました。医師の判断で、なるべく臨月近くまでお腹で赤ちゃんを育てて、出産後に赤ちゃんの治療をしましょうということで、その後約一ヶ月の入院をしました。大学病院の対応もひどいものでした。不安な気持ちを抱えているのに主治医は全くこない。看護婦さんを一生懸命つかまえては、情報を少しでも得るのがやっとでした。たまたま連休が3日間続いた翌日、連休中誰も赤ちゃんの心拍やエコーでの様子を見てくれず、たまりかねて看護婦さんになんとか先生に見てもらってほしいと伝えてもらいました。そして先生は「あーそうだったね。じゃあエコー見よう」とのんきにいわれて、見た瞬間「赤ちゃんの動きがおかしい。今日か明日にでも赤ちゃんを出しましょう。」といわれました。赤ちゃんの命さえ助かるのならと、帝王切開をお願いし(その方が安全だといわれたので)その日の夕方には手術室に入りました。でも私はまだその時にも赤ちゃんは産めば助かるんだと、しぬなんて思いませんでした。だって病院の先生方は付ききりで私を見ていたわけではなく、1ヶ月の入院中もそんなに大変な患者だという感じがなかったので。けれども結果はだめでした。保育器の中で心臓マッサージをされ、管をいっぱいにつながれた我が子の様子を見たのは、帝王切開の後痛みと不安でいっぱいのときでした。寝たままNICUに運ばれ、「最後に抱いてあげてください」といわれて、ぼんやりとした頭で泣くことも出来ず、ただただ「可愛いね。ごめんえ。」を繰り返すだけでした。いまだに最初にかかっていた個人病院の担当女医、大学病院の先生方にはもっと医療に従事する人間として自覚を持って欲しいとおもっています。羊水過多で私は入院中あかちゃんが少し楽になるからと、羊水穿刺で抜く処置をしていました。1kgの水を抜くのも赤ちゃんに針があたらないよう、ゆっくりとエコーを見ながら行うので1−2時間かかります。そのあいだ私の主治医は「昨日は当直で寝てないんだよね。早く帰りたいなあ」などど私に話しかけていたのです。ひどいですよね....次男を亡くして半年経った今も、私はストレスによる全身のひどい発疹に悩まされています。全身にできた大きな発疹から膿が出るのです。皮膚科に通ってはいますが医師に対する不信感もあり、この発疹が本当に今後治るのか疑問です(医者は治るといっていますが)。今思うのは妊娠6ヶ月のころ自分でおかしいなあと思ったときに、病院をかえるなり、ほかの先生に聞くなりすれば良かったということ。もしかしたら次男はもう少し早い段階でなんらかの対策を取れたかもしれないと、じぶんの行動力のなさに後悔ばかりしてしまいます。
この本を読んで私と同じようにつらい気持ちを抱えた方たちが、がんばっていらっしゃるのを感じ、本当に救われた思いです。この本を出版してくださってありがとうございました。そしてこの私の投書を読んだ方の中に、同じような状況で何らかの情報を与えることが出来れば幸いです。



<124>2回目の投稿です 投稿者:とうたん  投稿日: 5月31日(金)20時52分02秒

「うちの子、空の上で寂しい思いをしていないんだ」こんな思いで、このサイトを拝見させていただいています。
逝ってしまった子のこと、忘れることはないと思います。嫁さんのおなかの中にいてくれた、嬉しくて大切な時間のことも
忘れることはないと思います。どちらも忘れないなら、嬉しかった時間のこと、私はこちらを大切にしていこうと思っています。
あの子にいつかどこかで会ったとき、「あの時は悲しかった。でも、とうたんは、泣いた分逞しくなったろ!」
と言えるようになろうと思います。
この文を入力していて涙が出てきました。
今も涙を流した分、少し逞しくなったようです。
生きられる時間の大切さを教えてくれた我が子です。
今後の自分の人生を大切に生きていくこと、これがうちの子に対する私の最高の供養になりそうです。



<125>日本って・・・。 投稿者:亮君ママ  投稿日: 6月 1日(土)01時48分40秒

私もちょうど1年前初めての赤ちゃんを出産後1日で亡くしました。当時はこれからどうやって生きていけばいいのかとにかく絶望のどん底にいました。毎日泣きながら出てくるお乳を氷で冷やしました。本当に辛くて苦しかった。新聞でよんだのですがアメリカでは死産や新生児死亡などで子供を亡くした女性にすばやくカウンセラーをつけるんだとか。日本ってまだまだ遅れていると思います。亡くなってしまったらそこで終わり。そこからどうやって立ち直ればいいのか、どうやって生きていけばいいのか、赤ちゃんへのこの想いはどうしたらいいのか。本人は絶体絶命の人生のピンチに立たされているのですからそれを少しでも助けてくれる人がいてくれたら・・・。結局根本的なところは自分で立ち直るしかないとは思いますが、話を聞いてくれるだけでも違うと思います心のケアがこれからの医療に絶対必要だと思います。



<126>(無題) 投稿者:希ママ  投稿日: 6月 2日(日)21時43分41秒

4月5日。36週目に入っていた私は検診でまだ赤ちゃんの性別をはっきり言われていなかったので、
「赤ちゃん男の子ですかね?女の子ですかね?」なんてのんきに先生に聞いていました。
でも次の瞬間先生の口からかえってきたのは耳を疑いたくなるような言葉でした。「赤ちゃんの心臓、動いてない。」
それからは夢の中の話のようです。それも悪夢の。
今までずっと順調だったのに。どうしてこんな事になったんだろう・・・。
誕生死の本は、その次の日の新聞に筆者の方のインタビューと一緒に載ってました。こんなに近く
に同じ思いをした人がいるんだ・・。そう思いましたが始めは怖くて読む気になれませんでした。
でも日に日に読みたい思いでいっぱいになりページをめくりました。本に書かれていたことは、まさに自分の事のようでした。
でも本を読んでとても後悔していることがあります。
私は希には会えませんでした。私以外の家族はあったのですが、私に会わせるとショックが大きいだろうと
気をつかってくれたみたいです。私は会いたいと思ったのですが周りに私のような経験をした人がいなかったので
この気持ちが正しいものなのかわからず口にしませんでした。
でも本を読むと赤ちゃんを抱きしめた人もいて希はママに会えなくて寂しかったんじゃないかと考えてしまいます。
けれどこんな私にとってたったひとつ幸運だった事は誕生死の本とこのホームページに出会えた事です。この2つは私の支えです。



<127>拝読しました 投稿者:サトウ  投稿日: 6月 2日(日)21時48分09秒

『誕生死』拝読いたしました。私自身、4月に稽留流産で3人目の子を亡くしました。
直後は、辛くて悲しくて、泣きどおしの日々でした。こちらのHPに寄せてもらうようになって、幾分か癒されました。今は、亡くした子供のことは忘れることは、ありませんが上の子供たちをより一層、愛しく感じる今日このごろです。
出筆された方々のご苦労とこの本を出そうという心構え、頭が下がります。
地球上のすべての子供たち(天使になった)のご冥福を祈りつつ、親御さんの想いが少しでも晴れます様に願っています。(医療従事者に対することも含め)
小学四年生からでも読めるということなので、娘がそれぐらいになったら読んでもらうことにします。



<128>毎日拝見しています。 投稿者:ひびきママ  投稿日: 6月 3日(月)04時23分20秒

先日すごく嬉しい事があったので書かせて下さい。先日、妹(18歳)が私の家に来た時のに、「誕生死」を見つけ言いにくそうに、貸して欲しいと言ってきました。私は、妹に本を貸しました。次の日妹は本を返しにきました。その時、翔輝(息子)にカワイイぬいぐるみを買ってきてくれました。そして、息子の話を二人でたくさんしました。私はすごく嬉しかった。あまり仲が良い訳でもなかったい私と妹がこうして翔輝の事を話せたのもこの本のおかげです。本当にありがとうございます。この本、この掲示板、そして沢山の天使ママに出会えて少しずつだけど前に進んでいけてる気がします。この掲示板で出会った皆さん、そして著者の皆さん本当にありがとうございます。乱文お許し下さい。



<129>(無題) 投稿者:くま  投稿日: 6月 3日(月)10時58分47秒

3月19日に二人目を誕生死させてしまいました。18週と3日でした。一週間前から出血して良くなってきたとたんいきなりの破水でした。くまは(上の子が付けてくれた名前)ほとんど羊水がないお腹の中で一生懸命がんばってくれたのに・・一週間絶対安静の入院。でも出血と一緒に羊水も流れて。いつ陣痛がついてもおかしくないと先生には言われましたが、結局最後まで陣痛は付きませんでした。羊水がほとんど無い状態だったのでこれ以上は成長出来ないと・・自然に流れるのを待つかそれと今回は諦めるか?と・・私たちは後者を選択しました。くまは本当は最後まで生きたかったんじゃないか?あの選択で良かったのか?考えるととてもつらいです。今日こわくて読めなかった「誕生死」を読んでみようと思います。



<130>やっと届きました。 投稿者:まりか  投稿日: 6月 3日(月)22時19分51秒

今日はうれしい日です。待ちに待っていた誕生死がやっと手に入りました。
書店から帰り一気に読んでしまいました。私も去年に続きつい先月流産をしてしまいました。今回は前回と違い順調だっただけに本当にがっかりしてしまい、なかなか立ち直れませんでした。しかも今回は先週、実妹と義姉に赤ちゃんが生まれ、私の流産のショックをよそにこの一ヶ月それぞれの孫が生まれる(生まれたあとも)実母と義母の心無い言葉に傷つき、頼みの主人にも甘えるな!と激怒され、誰にも頼れずにいたときに子供をなくした親達のHPにたどり着き、そして誕生死を知り、このページにも出会えて私だけがこんなに不幸なんだと思っていた私にやっと明るい光がさしました。
この本(この掲示板)に出会う少し前主人の側から死産届を渡され、まだ時期の早い流産なので届を書かなくてもよいということをだんなにも義母にもなかなか理解してもらえずに私はこの家に嫁にきたことを本当に後悔しました。(届を書かないのはわがままとまで言われました。)
また、義母はあなたもかわいそうなんだけどといって義姉の赤ちゃんの様子を事細かにうれしそうに話すのです。実母も・・・・。このような時皆さんはどのように対処されるんですか?
私はまだ心が子供なためかまったく二人の出産を喜べず、しかも何かにつけて孫の誕生を喜ぶ二人の母や、出産を喜ばない私に激怒する主人に嫌気がさす毎日です。
今はこの本とこのページを心の支えにこの世から消えてしまいたいという弱い自分と戦っていこうと思います。誕生死、出版してくださり本当にありがとうございました。



<131>(無題) 投稿者:プリン猫  投稿日: 6月 4日(火)08時56分16秒

以前からこのページのことは知っていて、ようやく本を手にすることができました。
私は現在6ヶ月になる息子がいますが、出産時の病院の対応次第によっては、ホントどうなっていたことか・・。生まれてすぐ鳴き声こそ上げたものの、その後静かにベットの上で横になっている我が子を見た時、何が起こっているんだろう・・・とすごく心配でした。幸い羊水を飲んだための一時的な呼吸障害とのことでしたが、保育器に入れる、と聞いた時は「どうしよう」という気持ちでいっぱいでした。と同時に「羊水を飲ませてしまうほど、時間がかかってごめんね」と謝っていた私です。私が破水が先にきていたことすら知らないスタッフもいたし、出産が立て続けにあったにもかかわらず、当直の医師1人のみ。苦しくて叫んでも最後はドアを閉められちゃいました。
そんな自分の気持ちと合わせて読み進めました。涙があふれてきました。
医療従事者は、患者の立場に立った医療をしてほしいと思います。事務的に処理しないで欲しいと強く願います。
そしておなかの中にいたかわいい赤ちゃんの話がたくさんできるこのページを大切にして欲しいと思います。
おなかの中にいた日数にかかわらず、たくさんの思い出があるんですものね。    



<132>複雑です。 投稿者:佑理  投稿日: 6月 4日(火)10時39分05秒

こんにちは!誕生死、購入してから何度も読んでいます。
読むたびに泣いてしまいます。
私も4月の6日、胎盤早期剥離で男の子を死産しました。
35週でした。昨日同じマンションの人が出産しました。
予定日が一ヶ月違いで、「同級生だぁ、一緒に遊べるね〜」
なんて話をしていた人に赤ちゃんが生まれました。
とっても複雑な気分で、素直に心から喜べません。
その人にあったらどうしよう?今は、なんて言っていいのか分りません。



<133>はじめまして 投稿者:コロン  投稿日: 6月 4日(火)11時32分16秒

「誕生死」に出会いもうすぐ2ヶ月ですね。このHPを知ってから毎日遊びに来ていましたが なかなか書き込む勇気が無くてやっとの思いで来ました。
 4月の初めに 16週で無脳児を出産しました。結婚5年目にしてやっとできた初めての赤ちゃん。「もうすぐ戌の日だから 腹帯の用意しないとね・・・」って話していた矢先のことでした。目の前が真っ暗になり 先生に「どうしたら直るの?」と聞いても「あきらめるしかない」っと言われて診察室を出て ほかの妊婦さんをみたら涙があふれてきました。でもとにかくこらえなきゃと思い 車に戻ってから母に連絡しました。「お腹の中で赤ちゃんがまだ生きているのにどうして あきらめなきゃいけないの?」私にはどうしてやることも出来ずに もうその後は希望も無くただ時間が流れていきました・・・
 出産してからもPCでさまよっていました。そんなときに「誕生死」という本が出版されると書いてあり発売日すぐに本屋さんに問い合わせました。しかし「取り寄せには時間がかかるから」っといわれ何件かの本屋さんにも問い合わせました。でもやはり無くてあきらめていた矢先 初めに問い合わせた本屋さんに2冊おいてありました。みつけてすぐに購入して家に帰り一気に読んでしまいました。「私だけじゃない」という思いと子供を亡くした辛さが一気に込み上げて 告知を受けたあと涙を出して以来2回目の涙があふれてきました。今までずっと我慢していました。主人にも話をしても「いつまで 後ろを見てるんだ。前を向いていかなきゃ赤ちゃんもかわいいそうだ」っと分かってくれず 我慢するしかなかったのです。
そして 隣に住んでいる旦那の両親が妊娠した事をすぐに周りに話そうとしていたのでもう少し黙っていて欲しかったのに「家は子供は出来ないって思われるのも嫌だし 流産したときは流産したって言えばいいじゃない」っと世間体だけで言った義母の言葉は 許されなくて・・・あまり顔を合わせたくなくなってしまいました。義母は悪気は無く言ったつもりですが 言っていい事と悪い事があることもいい年してわかってほしいです。
 本当は主人にも義母にも「誕生死」を読んでもらいたいのですが きっと「後ろばっかり見てるからあんたがいけないの」って言われるのが目に見えているので読ませたくも無いです。ひどい お嫁さんかもしれませんが やっぱり血筋なのかなっと思ってしまいます。
 まだまだ自分自身これからどうしたらいいのか わかりませんが 少しずつ頑張っていきたいと思います。



<134>時の流れの中で 投稿者:青い鳥  投稿日: 6月 4日(火)19時46分01秒

初めて投稿します。誕生死 読ませていただきました。皆さんから寄せられた悲しい体験に、かつて私も経験した辛い思いが蘇りました。
ずっと心の中に秘めておこうと思っていましたが、余りにも沢山の方が同じような経験なっさていることを知り
思い切って投稿してみようと思いました。

5年以上前になります。妊娠5ヶ月の後半でした。当時、海外に住んでおりました。
海外では出世前診断の研究がすすんでおり、町の普通の総合病院で専門の医師により羊水検査が行われます。
35歳以上は国のお金で受けられ殆どの人が受けることになっています。
若い人でも、希望で簡単に検査することができます。その検査で染色体に異常が見つかりました。
(ダウン症の21番ではありません。)    
人間のシステムの根本に異常があるのてすから沢山のハンデイをもって生まれてくることがわかりました。
それは想像以上のものでした。既に胎児の内臓を大きく映し出すスクリーンでは心臓の奇形がはっきりわかりました。

いったい何故。。。悪夢でした。皆さんと同じように沢山の涙をながしました。
医師も親身になって相談にのってくださいました。彼は敬虔なクリスチャンでした。
人間の幸せ、生きている意味について一緒に深く考えてくださいました。
子供の全てを知り親として子供のために天国に送ってあげました。
この子は天国で幸せになる子だっだのだと思い、自分を納得させました。
身を切られる思いでした。                     
                   
投稿者のくまさんやその他の方々のように本当にこれで良かったのだろうか自分を責めたりもしました。
時には他人の言葉に傷つけられることもありました。
どうすることも出来ない悲しみの中でじっとしていました。

皆さんも今、あの時の私のような辛い悲しみに耐えている事でしょう。
どうぞ愛する我が子のために沢山の涙を流し、悲しみの中でゆっくり時間を過ごしてください。
月日の流れしかこの気持ちを癒すものはないと思います。
不思議なもので、時の流れと共に悲しみの形が変わっていきます。
後になって、この時間がとても貴重でこれらの体験が重要な意味があった事に気づくと思います。
くれぐれもお身体の方も、ご自愛ください。



<135>出版ありがとうございます 投稿者:美鈴のママ  投稿日: 6月 5日(水)14時55分09秒

「誕生死」の本やっと読み終わりました。涙が溢れてきて読み進む事ができませんでした。
多くの方が私と同じ悲しみを持ちそれでも懸命に生きているんだなあ。と思うことで、言葉は変かもしれませんが、励みになりました。
生きていた時間の短い・長いにかかわらず、皆さんがいかにお子さんのことを愛していたかが伝わってきました。
私の娘美鈴は果たしてお腹の中での40週と4日幸せだったのでしょうか・・・
私は日々の生活に追われてどれだけ愛してあげたのだろう・・・
もっといっぱい愛してあげれば良かった。
今回誕生死を経験して「生」「命」の大切さがわかりました。
この本が多くの方に読まれて、命について考え直してくれる事を望みます。
執筆された方々出版までには大変なご苦労があったことと思いますが、ありがとうございます。



<136>本読みました 投稿者:カウ  投稿日: 6月 5日(水)17時42分13秒

3年前「誕生死」した息子のことを重ねあわせながら読みました。
私がこのつらい体験をし、今回「誕生死」を拝読して感じた事は、病院はもっとメンタルケアを重視し
充実させてもらいたいという事です。
私の入院していた病院の先生、看護師さんはとても良くして下さったのですが、
とても忙しくてじっくり話を聞いてもらえる状態ではありませんでした。
カウンセラーの方がいてくれたらと思ったものです。
本の中でも、アメリカでカウンセラーの存在が救いになったとおっしゃった方がいましたが、
その通りだと思います。自分が、夫婦が、家族が深い悲しみの中にいる時、
話を聞いてくれて共感してもらえるだけでも癒されるのではないでしょうか。



<137>悲しい思い出 投稿者:わたるママ  投稿日: 6月 5日(水)19時30分58秒

「誕生死」の中には、産後の食事に付いてかかれた方がおられました。
私も、食事では、つらい思い出があります。
息子を早朝に亡くした日の夕食には、産後食と書かれ、お赤飯とお祝いメニューが並びました。病院では、産科とは別の病棟にしてくださったりの配慮がなされていたので、これは単純な連連絡ミスだろうと思います。それでも、心の通夜の晩に、つらいことでした。それ以来、一度もお赤飯は食べていません。おそらく一生口にすることはないでしょう。

分娩室には、何日間かいたので、たくさんの助産婦さんに助けていただきました。どの方もお疲れのようでした。昼夜を問わぬ過酷な勤務であると感じました。とても、気持ちのサポートを期待できる雰囲気はありませんでした。
私もカウさんと同感です。
もしもあのとき、アメリカの例のような一言をかけてもらえたら、ずいぶん心にゆとりがもてたような気がします。



<138>流産をされたママたちに 投稿者:まりか  投稿日: 6月 6日(木)07時42分23秒

こんにちは。二度目のカキコです。昨日私の今回の流産の結果が出ました。赤ちゃんの染色体異常ということでした。そこで担当の先生が私達流産をしたり繰り返してしまうママたちにぜひ聞いて欲しいことをおっしゃっていたのでここに書きます。これを読んで流産してしまうママたちに元気をつけてもらいたいのはもちろん誕生死をしてしまったすべてのママ達、誕生死を経験されていないママたちにもこの言葉の重さを感じてもらいたく、すべての子供が平等に愛されるといいなと思います。私達の赤ちゃんは染色体の数が一本足らなかったようです。生まれれば多少体に影響が出るそうですが普通に日常を送れるとの事でした。ですが先生曰く染色体異常の赤ちゃんのその99パーセントはやはり流産してしまうのだそうです。たとえ生まれて普通に日常を送れたとしても・・・。ですから染色体の異常が原因で体に何らかの異常を持って生まれてきた子供達(先生は分かりやすいようにダウン症を例にあげました。)はとっても幸せなんだそうです。普通なら流産してしまう受精卵のはずなのにたくさんのたまたまそろったよい条件に恵まれて体に異常を背負っても大好きなお母さんに会えるからだそうです。ただその割合は本当に低くて前記したように99パーセントすなわち100人99人は染色体の異常のある受精卵を流産してしまうのです。
私は自分がすぐに流産してしまうのとそれに伴う不妊治療でいつも頭がいっぱいで自分にダウン症などの染色体異常を背負った子供が生まれてくるなどとは考えていなかったけれどもしこの話を聞かずに私の赤ちゃんが障害を背負っていたら、私はその子を愛情いっぱいに育てられたか自信がありませんでした。でも今は自信を持っていえます、たとえどんなアクシデントでも私に会いにきてくれた子供は私の大事な子供であって一生かけて守れると。
流産や早産、死産でもママのところにきてくれる子供達は親に大切なメッセージを持ってくるのは本当ですね。私は主人と結婚してこの連続する流産から抜けられずにまだ子供に恵まれませんが、でもそのこたちがこうやって私にいろいろ教えてくれる、私を少しずつ大人にしてくれる、そう思います。
長くなりましたが私と同じ流産で悩むお母さん方に少しでも力になれたらと思います。



<139>拝読いたしました 投稿者:さくやママ  投稿日: 6月 6日(木)09時33分01秒

「誕生死」という本を書店で手に取り、そのまま一気に読ませていただきました。
こんなにも赤ちゃんを愛している人たちがいる。私だって。そう思って泣きながら読みました。
私の息子はまだお空へは逝っていません。でも、1歳のお誕生日を前に、偶然遺伝子の欠陥からくる病気が見つかったのです。
余命が決まってしまうような、治療法のない病気です。
私は息子が大好きです。毎日泣けてしまうけれど、悲しいというより大好きだからです。
強くなりたい。みんなに息子と仲良くなってもらいたい。忘れないで欲しい。
そんなことばかり考えています。
みなさんの赤ちゃんの事、とてもかわいく思えます。自分が出産するまで、まるでわからなかったことです。
赤ちゃんの話、してください。お腹の中でのことも、聞きたいです。いなかったことになんかできない。また、来ます。



<140>(無題) 投稿者:ジャスミン  投稿日: 6月 6日(木)13時20分57秒

誕生死 読みました。私も先月待望に第二子を出産後6時間後に天使になりました。先天性の心臓病で・・・
上の子が元気に産まれてきてお産も軽かったし次も当たり前のように思っていました。
妊娠の経過もよく何も問題はなかったはずでした。でも、娘の心臓は心室がひとつしかない単心室でした。
検診で何度も超音波で見ていたはずなのに、心臓の形が変なことにきずかなかったものなのか?と・・・
あの子は小さい体で一生懸命「生きよう」と頑張っていました。
あの頑張りは今まで私が生きてきた数十年の何倍も「生きる」という力を振り絞っていました。
あの子が教えてくれたことは今まで見過ごしてきたことが感謝の気持ちで一杯になったり、またさらに命のすばらしさを気
づかせてくれました。誕生死の中での親御さんの気持ち、状況は違っても愛しい我が子を亡くしたこの感情は
計り知れないほどの痛みであったり、悲しみ、寂しさであること伝わりました。
お腹に授かったときから命は生まれたんです。
神様の何かの手違いによって天使になってしまったけど、空か私たちを見守り続けてくれているのは本当です。そう私は信じます。
毎日泣いてばかりであの子の死がどうしてなのか考えても考えても答えが見ないくらいです。
でも、こうしてHPやこの誕生死をはじめ私だけじゃない、同じ気持ちや痛みを抱えてる人も頑張って前を向いて歩いていることを知り、
私お空にいるあの子に笑顔が見せられるようにならきゃ。と勇気ずけられました。
神様与えた試練だと思って負けないように笑顔で乗り越えたいです。
そして、一生懸命「生きて」いつか必ずあの子に会える日がくることを信じたいです。
読んでくださった方ありがとうございました。
みなさまにまた我が子を抱っこできる日がくること願うばかりです。