『誕生死』掲示板 過去ログ8 <141>〜<160>              


<141> 拝読しました 投稿者:エコ  投稿日: 6月 6日(木)14時51分19秒

一気に読みました。このような本が6年前にあったらと思いました。
私は二度続けて誕生死を経験しました。二度目は仮死状態で生まれた娘が先天異常の病気があることがわかり、3度の手術と、保育器の中での痛々しい治療が1年2ヶ月続き私も主人も精神のバランスを崩し、ついには精神科に通うつらい経験をしました。病院に親のメンタルケアーをしてくれるような場所はないかと尋ねましたがわからないといわれ、病院側の対応にいつも冷たいものを感じていました。当時はインターネットもなく、同じような経験をした人と話が出来たらどんなにか気持ちが慰められただろうと今になって思います。この本を読んでそれぞれ状況は違うけど、我が子を失うという悲しみを共有できた事が大きな慰めとなりました。この本を産婦人科の先生と小児科の先生には是非読んで欲しいと強く思います。


<142>さびしいです 投稿者:みきた  投稿日: 6月 6日(木)18時34分13秒

先月、21週の息子と逢いました。とってもかわいくて、ずーっと抱いていたかった…。今の医学ではどうにもならない原因もわからない病気でした。
結婚して7年、不妊治療をがんばって、流産を一回、そして双子を授かったと思ったら一人は流産、そして21週まで頑張った息子の命を私が奪ってしまいました。昨日「誕生死」を読みました。私にせっかく逢いに来てくれた命を私は殺してしまったのです。生まれても生きられないと言われても、子宮が使えなくなっても、中絶を選んではいけなかったのではないかと思いました。
泣いてばかりの日々から、今は無性に寂しくて、何もする気力もないし楽しみもありません。中絶を選んだくせに、甘えたことを書いてすみません。でも、この喪失感をどうすることもできず、ここにぶつけさせていただきました。本当にどうしようもない私です。でも、子供が欲しくてたまらないです。親になる資格もない人間のくせに!


<143>はじめまして 投稿者:あかね  投稿日: 6月 7日(金)10時30分39秒

はじめまして、私は2回流産しました。去年の5月1日と9月18日に・・・まだ立ち直っていません。
でも「誕生死」を読んで立ち直らなくていいと書いてあったのですごく救われました。
そうですよね。死んでしまった子供の事を忘れなくてもいいんだ、忘れてしまったら誰をこの子達を覚えているのか・・・・
本当に救われました。この本を読んでこの本に出会ってよかったと思います。ありがとうございます。

つらかったんです。ずっと。。。皆には平気なふりをして誰にも子供の事を話せなくて・・・
妊娠が分かった時は嬉しさと不安が入り混じっていました。でもやっぱり嬉しい方が先立っていました。すごく嬉しかった・・・
たった5週と8週だったけど・・・・幸せだった。
これからの未来のことを考えたらウキウキしてました。
でも切迫流産、繋留流産・・・・もうすべてが真っ暗になり毎日泣いていました。
血液検査。エイズ検査、子宮ガン検査、の同意書と中絶同意書・・・
「ああ・・・中絶になるんだ…」と思いながら主人と私はサインしました。
この書類だけ病院で作成されたものじゃなくて、国で定められた所定の用紙でした。
一番重い意味のある書類が、ザラザラの一番粗末のものでした。
今は少しずつ落ち着きを取り戻していますが、一日に一回以上死んだ子供達の事を思い出してしまいます。会いたいです。
必ずまた帰ってきてくれると信じています。


<144>(無題) 投稿者:くま  投稿日: 6月 7日(金)10時39分44秒

「誕生死」読みました。くま(お腹にいるとき上の子がいつも赤ちゃんのことをくまと呼んでた)は18週と3日。まだ性別も解りませんでした。戸籍にものらず、実感の無い共同のお墓・・お墓参りに行っても、いったいあの子は何処へ行ってしまったんだろう?一人で大丈夫だろうか?寒くは無いか?寂しくて泣いていないか?とても気なっていました。他人が聞いたらきっとナニそれ?って思うかもしれないけど・・本を読んで、くまはお空で他の天使ちゃんたちと一緒にいるのかな?新米天使くまは、パパやママ、お兄ちゃんをお空から見守っていてくれるのかな?などと少し気持ちが落ち着きました。まだまだ気持ちが後ろ向きになってしまうこともあるかもしれないけど、あせらず、歩いていけたらなと思います。


<145>(無題) 投稿者:胡桃  投稿日: 6月 7日(金)20時58分07秒

私は、1月に三女、胡桃を33週6日で誕生死しました。本当に突然の出来事に日々自分を責めて、医者を信じられなくなったり不安定な日を送っていました。そんな時インターネットで「誕生死」に出会い早速購入して読みました。そして、このページに出会えた事も、救われる思いでした。私の他にも同じ様な経験をしてる方がこんなにも居るなんて、驚きでした。今、私の周りは出産ラッシュです。生まれた、と聞くと本当につらくなってしまいます。悪気はないのだろうけれど、ちょっとした言葉に傷つく事もあります。
次女は胡桃の誕生を誰よりも心待ちにしていました。最近、赤ちゃんが欲しいと言います。神様にお願いする!と...
私もそろそろ新しい命に出逢えたらいいな、と思っています。いろいろと不安は尽きないけれど...前向きに考えがんばって行こうかな...
胡桃の死でいろんな事を教えてもらいました。私は看護婦をしています。医療者としても本当にいろんな事を考えさせられました。胡桃は私のお腹の中に生まれ本当に沢山の事を教えてくれた...ありがとう。戸籍には載ってなくても私達家族にとってとても大切な娘です。


<146>読みました 投稿者:望ママ  投稿日: 6月 8日(土)14時58分58秒

注文してから一週間もしないで届きました。いっきに読んでしまいました。私も去年の10月に子供をなくし・・インターネットで誕生死を知りました。でも読む勇気がなく、注文できないでいました。でもこの掲示板を知り、勇気がでました。私が心に残った言葉は、最初の方の恩師の言葉でした。泣いても泣いても涙が溢れてきて・・・私の子供・・望も、亡くなった先の小児科のDr.が私に言ってくれた言葉・・「この子はお母さんの病気を治すのと、お父さん、お母さんに抱っこされるためだけに生まれてきたんだよ」と言う言葉でした。それまでは、婦人科のDr.を訴える気持ちでいました。でもその言葉を聞いて、そんな気持ちは消えました。誰にも私の本当の気持ちはわっかってくれない。でもここに来たら、同じ気持ちの人がいる・・我慢しなくていいんですよね。この本を書いてくれてありがとう。後2日で望の月命日です。あの子のお仏壇の前に置こうと思います。


<147>(無題) 投稿者:おとめ  投稿日: 6月 8日(土)16時48分27秒

私にも4人の天使がいます。わたしは不育症で初期流産を繰り返してしまいます。まだお腹の中で胎嚢しか確認できなくても天使になってしまうことは本当に辛いのにママのお腹の中ですくすく育ってもうすぐ対面の時に天使になってしまうなんて本当に言葉がありませんでした。この本の中で「人は生まれるときに神様から今この親の元に生まれると何歳までしか生きられないけどそれでもいいか?と聞かれそれでも生まれたいと赤ちゃんが願うと新しい命になる」という言葉がありました。すごく胸に響きました。きっとBABYちゃんたちはそれでもいいと私を選んでくれた・・・そう思いたいです。そしてたくさんのお友達と今お空の上で楽しく過ごしているに違いないです。


<148>楽になった気がします。 投稿者:もも  投稿日: 6月 8日(土)16時54分34秒

私は第一子を28週、8ヶ月でももを誕生死しました。
この本に出会ったのは、ももの49日法要の前の日でした。
夢中で読み終えました。同じ思いしている人がいたから少し楽になれた気がします。
ももからのプレゼントだと私は思いました。

この本には、私と同じ病院で誕生死された方も載っていました。
私も婦長さんに言われ車椅子で、我が子と対面しました。今は、我が子に会っておいてよかったと思ってます。
最後に私の腕に抱いてあげることができたから。
まだまだ、悲しみはつきませんが もものママになったという自信がもてるようになりました。
今は毎日お墓参りが私の日課となっています。

お空のもも
元気?いっぱいお友達できたかな?


<149>やっと読み終えました 投稿者:みにうー  投稿日: 6月 8日(土)18時51分25秒

今年の1月末に32週で初めての子を死産しました。原因は不明で解剖もしていません。
妊娠中、歯が痛くなってとても辛かったので、今、歯医者通いをしています。下の親しらずを抜いて、顔が変形するほど腫れています。アイシングしてほっぺを冷やしている時、急に、病院でみにうー(お腹の子をこう呼んでいました)を産んだ後にお乳が張って、泣きながら胸をアイスノンで冷やしたのを思い出しました。泣きだした私を見て主人が驚いていました。久しぶりに泣きました。泣くなとは言わず、泣きたいだけ泣かせてくれる主人に感謝しています。
『誕生死』は、少し読むだけで涙が止まらず、一気には読めませんでした。今日読み終えて、みにうーは私と主人のことを見ててくれる!いつまでも私たちの子!という気持ちを再確認しました。
もう少しして、歯が完治したら2人目欲しいねって話ています。ちょっとコワイんですが天国のみにうーに勇気をもらってがんばろうって思っています。


<150>はじめまして。 投稿者:TAMA  投稿日: 6月 8日(土)23時22分07秒

誕生死、読みました。自分の経験と重なり、なかなか読み進むことが出来ませんでした。わたしも5年前に37週で死産しています。原因はわかりません。ほんとうに辛くて、悲しくて、外にも出られずに家にこもっていました。あのとき、こんな本があったらどんなに心強かったかと思います。人の言葉に傷つき、主人や親からも「もう、忘れなさい」とか「泣いてたらだめ」とか言われて、本当は亡くした赤ちゃんの話をいっぱいして、いっぱいいっぱい泣きたかった・・・。気持ちをわかってくれる人がいませんでした。ほんとに誕生死の本やホームページは、悲しみの中にいる人たちにとって、ありがたいと思います。


<151>2年前に 投稿者:naomi  投稿日: 6月 9日(日)10時22分13秒

ちょうど2年前、第2子を19週で流産しました。男児だったようです。体重100gの小さな赤ちゃんはとても綺麗でした。そして今傍らに5ヶ月になった元気な次男がいます。何とか悲しみを乗り越えて2人目を授かったけど、やはり忘れられない出来事です。梅雨の前のこの青空にきっと渡しの赤ちゃんは兄弟を守っていてくれる事でしょう。この本に出会えてよかったです。


<152>感想 投稿者:渋佐香織  投稿日: 6月10日(月)14時20分44秒

衝撃的でした。そして、私たちの一言一言が相手に対して重いものだと考えさせられました私が作った育児サークルにも誕生死の方はいました。その方に対してもしかしたら無意識に失言をしていたのではないかと思います。現在息子がネフローゼ症候群という病気で入院しています。命にかかわることではないですがやはり親なので心配しています。同郷の村上さんの手記を見て私にできることはないか考えています。この本はサークル内でも取り上げたいと思っています。そして小児科産科の方にも読んでもらい考えてもらいたく思いました。私にできること、何かあったらぜひお手伝いしたいと思います。


<153>『誕生死』のおかげで 投稿者:SUN  投稿日: 6月10日(月)15時49分33秒

私は、第1子を21週に第2子を30週に誕生死しました。
命の尊さ、重さ、そして素晴らしさを2人の子供達に教えてもらいました。
きっと、何事も無く無事に出産にいたっていたなら、それを「当たり前」のことだと思っていたかもしれません。
今は、毎日子供達に「大切なことを教えてくれてありがとう」と手を合わせています。
一人目の誕生死後、私を救ってくれたのはインターネットでした。自分と同じ思いを抱いている人がいると知っただけで、
気持ちが楽になりました。
二人目の誕生死後も私はネットに救いを求めました。
しかし、古くから付き合っている友人には自分の辛い気持ちをなかなか話すことができませんでした。
それがなぜなのか自分でもよく分からないのですが、すべてを話さなくても心のうちを察して欲しいという思いがありました。
しかし、友人の何気ない言葉に傷つき、「普通に出産している人は、何気なく残酷なことを言うもんだなぁ」などとも思っていました。
そんな時、『誕生死』が出版され、是非その友人にも勧めたいと思いました。「これ読んでみて!!」と言いたいところでしたが、押し付けがましくなるのが嫌で、何気なく「私と同じような経験をした人たちが出した本があるよ」と話したところ「貸して欲しい」と言ってくれ、「自分の思いが伝えられる!」と嬉しくなりました。
面と向かって、それを言えなかった私は、メールで「今日は、誕生死を借りてくれてありがとう。自分の気持ちを伝えたかった」と送り、
友人からの返事には「友達みんなで集まって、SUNに何をしてあげれば良いか考えていたけれど、
SUNが話し出すまでそっとしておこうと思った。」とありました。
涙がぽろぽろ流れ、みんなの優しさに気付きました。
その後、友人から『誕生死』を読んだと手紙が届きました。
「SUNがこれだけの思いをしていたなんて知らず、ショックを受けた。
2人目の妊娠中は不安だったんだろうか。今度、家に行った時は、子供達に手を合わせさせて欲しい」・・・そんな内容でした。
2人の子供達のおかげで、私は友人と心から触れ合うことができました。
そして、きっかけを作ってくれた『誕生死』にも感謝しています。
今私は、不育症を専門としている先生に出会うことができ、検査をしている最中です。

いつか、また子供達が私のお腹の中に新しい命として生まれ変わってこれますように。そして、元気な産声を聞くことができますように。


<154>SUNさんへ。。。 投稿者:TAMA  投稿日: 6月10日(月)17時03分01秒

わたしも友人の言葉に傷つき、距離を置いている友人がいます。誕生死したとき、「へ〜、わたしの身近でそんなことがほんとにあるんだ!」と言った友人です。傷つきながらも、「でも、担当の先生が、次の出産に全力をつくすって言ってくれて、帝王切開も・・・」と話し出したとき、「出来てから言ってよ」とも言われました。彼女にはわかってもらえないと、あまり会わなくなっていたのですが、(彼女のほうから電話はあります)SUNさんの投稿を読んで、誕生死の本を読んでもらいたいと思いました。相手は傷つけたとは思ってません。わかってもらえないのは当たり前ですよね。長い間のわだかまりが解けたような気がします。ありがとう。。。


<155>勇気を出して… 投稿者:toshimi  投稿日: 6月10日(月)17時35分11秒

二度目の投稿をします。前に投稿したときは、私だけが、『誕生死』を読み、自分の体験、感想を書き込みました。その後、私は、主人にも『誕生死』を読んでもらい、投稿をしました。主人の感想は、私に対する謝りのmail(向き合っては、言い出せずにいたみたいで…)でした。「元気出せ!!とか、次がある。とか、無責任な言葉しか言えななかった自分を許してください。心のケアが、難しい事感じました。強がらせてしまった事、亡くした子供の写真が撮りたいと言っていた事反対してしまってごめんなさい。」など…。私は、この『誕生死』のおかげで、死産後やっと夫婦の間に出来てしまった溝みたいなものが、うめられたような気がします。次も10ヶ月もたないかも…。と言われている私ですが、主人に私がこの1年、どういう気持ちでいたか解ってもらえただけでも救われました。この本を、出版して下さった皆さん有難うございます。もう少し、落ち着いてきたら、主人の望むように次こそは…。と言う気持ちで、妊娠、出産に挑みたいです。


<156>ありがとう 投稿者:なっちゃんのママ  投稿日: 6月11日(火)10時33分28秒

はじめまして、私は2ヶ月前に次男を死産しました。悲しくて悲しくて何故私の赤ちゃんが?と毎日私はどうしたらいいんだろうと苦悩の日々でしたが、幸いにも友人からこの本を頂いて救われる思いがしました。私だけではないのだと、でも残酷なことに私は長男を公園に連れて行くと、赤ちゃん連れのママに会い、私にもこの赤ちゃんと同じ月齢の子がいた事を話すと、よくよくきけば同じ産婦人科で隣の部屋に居た事を聞いて、なんて神様は残酷なんだろうと思いました。思わず泣いてしまったけど、神様はなっちゃんの成長ぶりをこんな近くで見せてくれているのだと思う。


<157>勇気をもらった 投稿者:みゆき  投稿日: 6月11日(火)13時00分04秒

私は、死産して病院から自宅に帰る途中に、書店に寄り、このような本を探したけれど、見つける事ができなかった。同じような体験をした人を探していた。それから、数日後に新聞で誕生死を知り、すぐに取り寄せた。読んでいくうちに、涙がとまらなかったが、私だけじゃない…と、少し勇気がわいてきた。今でも、何回も読みかえしている。探していた、すばらしい本に出会えてよかった…。


<158>TAMAさんへ 投稿者:SUN  投稿日: 6月11日(火)20時18分53秒

TAMAさんからお返事がいただけて嬉しかったです。
友人が『誕生死』を読んだ後、私に宛てた手紙の中に「(2人目を)妊娠中は不安だったのかな」と書かれてありました。
私は、1人目を21週で誕生死しているので、そのこともあり2人目を妊娠中は喜びよりも不安の方が大きくとても苦しかったです。
彼女は妊娠経験もあるから、もちろん不安な気持ちを私が口に出さなくても察してくれていると思っていました。
だから、手紙を読んでちょっと驚いてしまいました。
やっぱり自分の気持ちを話さなければならないんだなぁと実感しました。
まだ、手紙のやりとり以来彼女とは会っていませんが、今度あった時は色々話をしようと思っています。
私は、涙腺が弱くてすぐ涙が出てしまうのですが、恥ずかしがらずに涙を流しながら話したいと思っています。
『誕生死』を購入することに少し迷いがありましたが、友人との仲を一生のものにしてくれたと感謝しています。


<159>息子も読みました 投稿者:もぐら  投稿日: 6月11日(火)23時34分58秒

なんとな〜く見つけてしまった天使の部屋のHPから、この本のことを知り6年半前のことをずっと封印し続けていた自分に気付きました。長女の誕生死から6年半。5歳だった長男は6年生になりました。何気なくリビングにおいてあった本を見つけ、息子も3日くらいで読みきりました。「お母さんこの本悲しすぎるよ。でも、お母さんもこの本の人達と同じ気持ちなんだよね」と言ってくれました。封印を解いてしまってから、心も体もバランスを崩し、不調気味の毎日ですが、長男が私の気持ちを少しでも解ってもらえたという事がとても嬉しかったです。3年生の次男にもいずれ時期が来たら読んでもらいたいと思っています。(夫にも)そしたら唯一残っている娘の写真もいづれ見せられる日が来るかも



<160>誕生死が教えてくれた 投稿者:よしみ  投稿日: 6月12日(水)11時30分19秒

6月6日に娘を誕生死で失いました。でも同じような経験をもった方が私の他にもいる。そう思うと少し楽になりました。彼女はいろんなことを私に教えてくれました。これからも彼女が私に伝えたいこと、伝えたかったこと、を探していくつもりです。私たちのお腹に宿った命には意味があるのだと思います。それはその命が宿った人にしか分からないでしょう。これからも、天使になった彼女と一緒に頑張って幸せになろうと思います。彼女のメッセージをしっかりと受け取り、実現していこうと思います。