『誕生死』掲示板 過去ログ9 <161>〜<180>              


<161>はじめまして 投稿者:くろ  投稿日: 6月12日(水)17時30分10秒

はじめまして。私は昨年12月双子の男の子を出産しました。で、二人とも生後5日と7日で天使になりました。
一卵性のうえ、さい帯が均等に胎盤ついてなく、おまけに妊娠中毒症の発症・・24週で管理入院となりましたが、
お腹の中でもたなくなり急きょ30週と4日に帝王切開にて出産しました。けど、まさか亡くなるなんて・・・しかも二人とも・・。
元気に産めなかったくやしさ、何で??etc言葉に出来ない気持ちと自分を責める毎日でした。
たまたま天使のHPで誕生死のことを知り、注文しました。
涙がでて止まりませんでした。本を書かれた皆さんの子供さんに対する気持ちが溢れていて・・・。
同じ気持ちの人がいるんだ!ここにくれば私の気持ちを理解してくれる人がいる、そう思うと心が休まりました。
二人の子供が天使になって半年が過ぎました。けど、まだまだ浮き沈みの毎日です。
同じ思いをされた皆さんといろいろお話したいです。
どうかよろしくお願いします。


<162>はじめまして 投稿者:あい  投稿日: 6月12日(水)20時11分11秒

私は、4年前長男を亡くしました。30週のとき異常が見つかり、大学病院へ移されました。胎児水腫で生まれても2,3日の命、その前にお腹の中で死亡・・・とDr.に宣告され、その1週間後陣痛が来て出産しました。それから3日後長男は天使になりました。主人は、子供のためにも泣くな!と言い、私は必死に涙をこらえました。そして私はその後パニック障害になり、今は落ち着いていますが時々とてもつらくなります。涙なんてこらえることないです。こんなときは思いっきりないた方が良かったんだ、って思っています。


<163>2度目です。 投稿者:ゆうゆう  投稿日: 6月13日(木)01時08分55秒

以前5月30日に書き込んだんですが、過去ログで同じ投稿者の方がいらしゃったので
改めてゆうゆうで書かせてください。
今日ようやく《誕生死》を買うことが出来ました。
正直言って読むのが怖かった。でも読み終わって、「読んで良かった」と思えました。
私だけじゃない、だからといって私の悲しみが減るわけではないかもしれない。
でも、私だけじゃない、という事を確認したかったのかもしれません。


<164>初めまして 投稿者:Nち  投稿日: 6月13日(木)02時32分00秒

私は99年11月に生後8ヶ月の息子をSIDSで亡くしました。
現在は1歳5ヶ月の娘がいますが、誕生死を読み「何でヨソの子じゃないんだろう?」と思ってしまったのは私だけじゃないんだ・・・
と思い、同時に当時さんざん悩んだ善意という名の好奇心や悪意のない傷つく言葉を次々に思い出しました。
なかでも忘れられないのが搬送先の病院で息子の傍にいたい一心でふらふらと立ち上がった時「お母さん取り乱してるから、
今行っても何も出来ないでしょ!」と止められてしまい、その時(正確にはその後しばらくですが・・・)はただ呆然としていて 
振り切ってまで行くことはしなかったのですが、後になって「何で名前を見ておくぐらいしなかったんだろう」と思ってしまいました。
その後はただただ事務的に処理をされ、解剖をしなければならないと告げられ・・・猛反対したところ
「少し傷が付くだけですから」・・・うちの子を何だと思ってるの?
しかも帰ってきた息子は痛々しく包帯を巻かれ・・・事前に帽子を渡していたのですが、
おでこをやられてしまったので仕方なくアンパンマンのバンドエイドを貼りました。
・・・最近では、何もかも一つ漏らさず覚えていたいのに少しづつ忘れていく自分がとても腹立たしくて
「なんて使えない頭なんだろう」と自己嫌悪気味です。
なんだかヒジョーに長くかつ要領を得ない文章になってしまいましたが、また来ますのでよろしくお願いします
みなさん・・・お互い頑張りましょうね!


<165>ひさしぶりの書き込みです 投稿者:たつやママ  投稿日: 6月14日(金)12時53分46秒

もうひとつの掲示板には、よく書き込みさせていただいています。
皆さんの書き込みは、毎日見ています。
今冷静に考えてみても、たつやの異常が見つかるまでかかっていた産科医に
この本を見てもらいたい思いがつのっています。
近所では、まあまあ評判がいい開業医なのですが、すこしいいかげんで。
お腹の中の息子の症状が思った以上に悪いとわかると、
「こりゃだめだ。手におえないから紹介するからこっちに行って。前に紹介した事があって、その場合は、亡くなったけど」
と、ひどい事を言ったんです。 
結果的に誕生死になりましたから、そうだったんだけど、
誕生後お世話になったNICUの先生は一度も「だめだ」なんていいませんでした。
産科・小児科の医療現場のかたは、義務で読んで欲しいです。


<166>はじめまして 投稿者:さとママ  投稿日: 6月14日(金)17時36分14秒

先月、常位胎盤早期剥離のため、35週で私たちの初めての子は亡くなってしまいました。
この本は、入院中に兄夫婦が注文までして持ってきてくれました。
「STILLBORN」を読み始めた時点で、自分と重ね合わせ涙が止まりませんでした。入院中のベットの上で「自分だけどうして…」という気持ちでいっぱいでしたが、この本を読み救われたような気がしました。
入院中担当してくださった助産師さんは、忙しい中、何度も病室に訪室して私の話を聞いてくださいました。また、亡くなった赤ちゃんを抱き「かわいい赤ちゃんですよ。」と言ってくださいました。あの言葉、本当にうれしかったです。あの助産師さんに担当していただいて本当に良かったと思っています。この本を助産師さんに紹介したところ「私も昨日帰る途中本屋さんに寄って買ってきました。素敵な本を紹介してもらって、ありがとう。」と言ってくださいました。
兄夫婦と、この本の著者の皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。


<167>心に寄り添ってくれました 投稿者:チェリー  投稿日: 6月15日(土)22時49分01秒

長男が昼寝をしている時に「誕生死」を読ませていただきました。
私は第2子を妊娠中、無脳児とわかり14週で誕生死することになりました。4月のことでした。
退院して火葬を済ませると、私以外はどんどんあの子への思いが薄れてしまうようで
とても孤独感を感じていました。
ネットで無脳児のこと、死産のこと・・・いろいろ検索するうちに「誕生死」という本が出版されたことを知り、
注文して心待ちにすること3週間、手元に届きました。
私と同じ気持ちの人がいるんだ、そして亡くなった赤ちゃんへの思いを胸に、今を生きておられるんだ、ということにとても励まされました。
それぞれケースは違いますが、みんな通じる部分があると思います。
私の心はまだグラグラと不安定な時もあります。気持ちの浮き沈みが激しい時もあります。
そんな時、また「誕生死」を開いてみます。
この本に出会えて良かったです。ありがとうございました。


<168>励まされました。 投稿者:たかぱん  投稿日: 6月16日(日)20時55分53秒

初めてメールします。私は去年の9月に妊娠10ヶ月にもなっていたのに、突然胎内死亡と宣告され、不幸のどん底に突き落とされました。初めての妊娠で、当然無事に生まれてくるものと思っていたのに。病院では、2年に1度くらいの珍しいことだと言われ、どうして私たちがそんなことになってしまったのか、悔しくてたまりませんでした。「誕生死」にであって、たとえ亡くなっても、その子のことを忘れないのはどの家族も一緒なんだなあと思いました。そして、次の子がやってきてくれたという話に励まされ、私たちも望みを持とうという気持ちになりました。世間では、タブーのように扱われ、闇に葬られていくこの「誕生死」をもっと多くの人に知ってもらいたい。そして、「子どもは?」とか「赤ちゃん大きくなった?」とか、そんなことを軽々しく話題にしてほしくないと思ってしまいます。


<169>辛い時を思い出します 投稿者:るう  投稿日: 6月16日(日)22時07分26秒

新聞の広告をみて本屋へ行ってもなくネットでこの本を買いました。今日始めて読みましたが
3年前にお腹の中に7ヶ月いて死産した翼のことを思い出してしまいとても最後まで読めません。
すぐに妊娠をし二人目はぶじに生まれましたが死産した記憶がたまによみがえり悲しくもないのに泣いてしまいます。
でもせっかく出会えた本なので時間をかけゆっくりですが読みたいと思います。
ホントはもっといいたいのですが今文章に表わせることだけかきました。


<170>母が抱いている 投稿者:秋ちゃんのママ  投稿日: 6月17日(月)09時29分18秒

私は、4月26日に娘を死産しました。初めての妊娠でした。
昨年の秋に宿したので“秋ちゃん”と名付け、主人と大切にしてきた子は
主人にそっくりのとても可愛らしい娘でした。
退院時に、主人の母からお手紙を頂き、その内容に幸せを感じました。
「秋ちゃんは、お母さんがちゃんと抱いてくれてるよ。」
実は、私は13年前に実の母を亡くしております。
主人の母は、あの子に「ごめんなさい」を繰り返す私に付き添い、あの子は独りじゃないよ、
私の身体を離れてしまったあの子は、寂しくないよ・・・私の母が抱いてくれてるよ、と。
どれだけ、私はその言葉に慰められ、励まされた事か・・・。
そして数日後・・・。
娘を抱き「秋ちゃん。秋ちゃん。・・・」と呼びかける私。
「ママー!ママー!」と、私にしがみつきながら目を覚ます娘。
私は娘に「ママの言ってる事解る?」「うん。解るよ。」
「秋ちゃん。これからは、ばぁばの言う事をよく聞くんだよ。」「うん!解った!」・・・と、
そこで夢から覚めました。
今、あの子は私の母がだいています。私が抱かれていた、優しい母に抱かれています。
そして、母の手紙にはこうもありました。
・・・秋ちゃんは、お母さんにママは元気だよ。元気に頑張ってるよ。
と伝えたら、またきっと帰ってくるよ。・・・と。
今は、四十九日の法要と云う事で、お寺さんでお経を挙げて頂き、少し落ち着いた気持ちで娘の遺骨と共に、
主人と三人で静かに過ごしています。
不安や、悲しみ、むなしさ・・・そして、娘に会えた幸せ。たっくさんの気持ちに、潰され泣き叫ぶ事は時折あります。
でも、今、私は幸せです。嘘じゃありません。


<171>誕生死読みました 投稿者:KT  投稿日: 6月18日(火)22時53分45秒

初めて書き込みします。
私も初めての子供を亡くしました。お腹の中以外は1日の命でした。
掲示板は拝見しておりましたが、掲示板にいらっしゃるお母さんたち、
そして、著者の方のお話に共感することが非常に多く、
皆さんがそれぞれの環境を乗り越え、また乗り越えようとしているように
私自身もこれからもゆっくりがんばって行こうと思いました。


<172>親友の赤ちゃん 投稿者:tn  投稿日: 6月18日(火)23時45分59秒

今日、親友の赤ちゃんが産まれそして亡くなりました。この世に3時間といませんでした。仕事中に他の友人から電話をもらって病院へ行きました。赤ちゃんは一度無事に産まれたものの、それからしばらくして心臓に異常があることが分かり大きな病院へ搬送されましたが、小児病棟がいっぱいとのことで、また別の病院へ運ばれたそうです。
それが原因ではないとのことですが、やりきれない思いでいっぱいです。
彼女が赤ちゃんを抱いたのは、亡くなってから家に帰るまでの間だけです。とてもあったかくてふわふわしてて、とても死んでるなんて思えなかったって言ってました。
誕生死っていう本があることは知っていました。でも関係ない話だって正直思っていました。彼女にまだこの本を読むことは出来ないと思います。ただ、私は彼女の力になってあげたい、そう考えています。私はまだ出産経験がないので彼女のつらい気持ちが理解できていないと思います。この掲示板と本を読むことで、彼女が少しでもこの環境から乗り越えられるよう協力していきたいと思っています。


<173>友人の赤ちゃん 投稿者:亮子  投稿日: 6月19日(水)02時10分44秒

私には現在 生後6ヶ月の子供がいます。同時期に妊娠、出産予定だった友人が
38週めの定期検診のその日に心音が聞こえなくなったと誘発し誕生死しました。
その話を聞いた日から 今日の今まで彼女の事、亡くなった赤ちゃんの事が頭と心から離れません。
彼女自身はとっても辛かったはずなのに 私の出産を応援してくれました。
お空に帰った友人の赤ちゃんは 私の子供の一番最初のお友達です。
どうか もう一度ママのところに戻ってきてあげてね。
「誕生死」の本を 今日注文しました。


<174>亮子さんへ 投稿者:りおママ  投稿日: 6月19日(水)16時01分44秒

書き込みを拝見いたしました。単純に、心が打たれました。私は4月25日に、39週2日で、
第1子を誕生死しました。母親学級で仲良くなった友達が、次々と出産し、
もう、どうにもならない辛い気持ちをかかえて、今日まで来ました。
せっかく仲良くなれたみんなだけど、同じ妊婦というだけで仲良くなったので、
子供がいない私は、もうみんなと連絡すらとりたくないと思っていました。
他に、親友2人が、7月に出産します。マタニティライフを一緒に過ごしてきたし、
もう大親友なので、絶対に無事に出産して欲しいけど、今までとは違う関係になってしまいそうで
怖いんです。私の気持ち次第なんだろうけど・・・。
亮子さんが、「お空へ帰った友人の赤ちゃんは、私の子供の一番最初の友達です。」
という書き込み、何か、自分の事のように嬉しかったです。
私も、しばらく連絡してなかった友達に、連絡してみようかという気持ちが持てました。
これからも、お友達の事、支えていってあげてくださいね。あなたの存在は、お友達にとってきっと心強いと思います・・。


<175>(無題) 投稿者:17さい  投稿日: 6月19日(水)16時18分44秒

よんでいてただただ涙がでました。人口中絶や自殺などが増え続けている今を変えてなくてはならない事を教えて頂いた気がします。
ありがとうございました。


<176>うんと甘えてる 投稿者:崚ママ  投稿日: 6月19日(水)18時24分27秒

はじめまして。誕生死の本もこの掲示板も、何回読んでも涙の出ない日はありません。
そして子供を亡くすという悲しさ以上に深い悲しみを他に知りません。

私が出産する1年ほど前、親友の赤ちゃんが誕生死してしまいました。
早期胎盤剥離でした。医療関係者に「もしあと30分早く分かったら無事だったかも知れない」と言われ、
自分を痛いほど責めていました。亡くなってから「もし〜」と言われれば、医療関係者か自分を責めることしか出来ないですよね。
よく本には「お腹が板のように硬くなる」とか「大出血を伴う」と書いてありますが、彼女にはその症状はまるでなかったと言います。

「私が痛みに強い体質だったから」「なんらかのシグナルを見落としていたに違いない」そう、彼女は自分を責め絶望の淵にいました。
彼女は生きる糧を失い、フラッシュバックに悩まされ、うつ病やトラウマと未だ闘っています。
赤ちゃんがいないのに母乳が出たとショックの余り電話をくれた時は、私も一緒に泣きました。余りに残酷すぎました。

誕生死された赤ちゃんは天使になるとき、ママの魂にしがみついて、
ずっとママを独り占めして、抱っこされながらすやすや眠っていると思います。
心地よいママの魂に抱っこされて。うんと甘えてると思います。
時々話しかけてあげてください。優しい涙を一杯流してあげてください。


<177>感想 投稿者:ふぇりごん母  投稿日: 6月20日(木)00時34分15秒

書店で見かけて購入し、一気に拝読しました。
感覚が麻痺している医療関係者はもちろん、できるだけ多くの方々に読んでいただきたい本です。
この本に出会って1ヶ月になります。掲示板には毎日アクセスしています。
感想がなかなかまとまった言葉になりません。また書き込みしますね。


<178>ありがとう 投稿者:そらのママ  投稿日: 6月20日(木)09時20分40秒

今日新聞で、このHPを知りました。そして「誕生死」の本のことも・・・。
私は、37歳の高齢で念願の妊娠をしました。妊娠後、すぐ出血をして入院。流産を乗り越え安心し退院したのですが、
今度は重症つわり。毎日気分が暗くなり主人に辛い、辛いと訴えては泣くの毎日でした。
やっと迎えた4ヶ月検診で、先生から「あれ?おかしい?」「頭がないんだよね?」
私は、その時点でも事実が飲み込めず先生の「3日後にまた来てください」という言葉にも、
たまたま見えなかったのかな?くらいにしか考えていませんでした。
だって、心臓の音は確認できていたから。
次の診察の際には、本当に悲しい時は、涙が出ないんだなということを実感・・・。
診断結果は、「無脳児」お腹の中では生きられるけど生まれたら死んでしまいます。
どうされますか?と先生から言われ、どうするって言われても・・・結局産めませんよね。
お産と同じように、強制的に子宮を開き陣痛を起こし、赤ちゃんを出すことになりました。
すごく痛くて、辛くて、それでもなかなか出てこない赤ちゃん・・・。
主人は、「まだお腹の中にいたいんだよ。これが、最後のわがままだと思って、がんばれ」と一生懸命励ましてくれました。
平成14年6月15日午後3時13分男児・・・死にました。
今は、まだとてもとても辛く悲しいです。なんで?どうして?私のお腹の子供がこんな目にあわなきゃいけないの?
私が、高齢だから?それとも頭痛薬の飲みすぎ?責めたり、悔やんだりの日々でした。
このHPに出会えたことに感謝です。
私よりももっと悲しい思いをしている人が、たくさんいることを知ることができたから・・・。
本当にありがとうございます。


<179>私の子供達 投稿者:もも  投稿日: 6月20日(木)12時23分31秒

今から7年前、妊娠5ヶ月の私の子供は「無脳児」と判りました。結婚してすぐの妊娠、喜びと希望に満ちた毎日が、一瞬にして打ちのめされました。「今は胎盤からの栄養で成長しているが、お腹から出てくると自分で呼吸も出来ないので生きていくことはできない」と説明を受け、人工中絶の処置を受けました。堅く閉ざされた子宮口を薬で柔らかくし、陣痛誘発剤で4日かけて出産した我が子は、小さな小さな男の子でした。顔も手も足もちゃんとあるのに、脳の部分だけ確かにありませんでした。入院中毎日泣き暮らす私に、主人も両親も言葉がありませんでした。そんな中、ずっと担当で付き添ってくれていた助産婦さんがこう声をかけてくれました。「もしかしたら、この子は自分の運命を知ってたのかもしれないよ。知っててお腹に宿ったのは、悲しい結果になってもこの人ならきっといつまでも自分を忘れずに愛してくれると信じていたのかもしれないよ。だからあなたはこの子のママなんだと胸を張って誇りに思ってもいいと思うよ。ちゃんと生んであげられなくてごめんなさいじゃなくて、私の子供になってくれてありがとうって思ってあげようよ。もちろん悲しい事実だから、今は我慢せず泣きたいだけ泣いたらいい。でも、いつかは笑顔で話しかけてあげたら、きっと天国で喜んでくれるよ。」と。それから7年、実は2人目も同じ結果でした。でも今では2人の子供に恵まれました。毎日忙しく過ぎていく生活に、先に逝ってしまった2人のことを思い出す余裕がなかなかありません。でも、たまにふと思い出したとき、涙が溢れどうしようもない時があります。そんな時、あの助産婦さんの言葉を思い出すのです。「この人ならきっといつまでも忘れずに愛してくれる」。
毎年「誕生日」には、おもちゃとお菓子、お花を持って水子地蔵へお参りに行きます。4歳になった上の子は「どうしてお菓子とか持って行くの?」と不思議そうに聞くようになりました。もう少し大きくなり、理解できるようになれば、包み隠さず話すつもりです。だって、4人とも私の大事な子供達、宝物なのですから。もしかしたら私は良いスタッフにめぐり合えて幸せなのかもしれません。投稿を読んでいると本当に涙が溢れどうしようもなくなりました。私よりずっとつらい体験をしている方の力になってあげられたらと思いました。


<180>消えない失った宝物 投稿者:yuka  投稿日: 6月20日(木)14時05分43秒

私もまだ 本を読んでいませんが 今朝の新聞でこの場を知り、投稿させていただきます。
先月 待望のふたりめを流産という形で亡くしました。
37歳という年齢、ひとりめから4年経過し、基礎体温もつけ、望んだ妊娠でした。これが最後のチャンスだとも思っていました。
始めの検診で胎胞しか確認できず、3週間後の検診予定の前日でした。出血の兆候があったのは・・・。
それからは、私には止めることすらできず、流れ出てきたのです。
こどもが死んでしまっても、私の気持ちが残っていることを証明するかのように 胎盤が残り、
内容除去術という形で 望んでもいないのに 中絶に値する手術を受けなければなりませんでした。
ひとりめを切迫早産で出産した医師に偶然、担当して頂き、麻酔前後に抱きつき、泣き叫びました。
手術室の看護師も医師もみんな、優しく私を抱きしめてくださいました。
そこで やっと苦しみから助けられた気がしました。
でも こどもを亡くした悲しみは消えることはありません。
私は 看護師として働いていました。
外来では 「よくあることなのよ。ショックを受けないで」という看護師に悪気はないと思うものの、
看護者としての 人間性を磨いた人が 看護にあたってほしいと 願わずにはおれません。
一月を過ぎ、勝手に身体は元気になっていきます。
どうか この苦しみで泣く女性が少なくなるよう祈る思いです。