『誕生死』掲示板 過去ログ10 <181>〜<200>              


<181>はじめまして。 投稿者:ぴょん  投稿日: 6月20日(木)14時06分29秒

私も7年前29週で子供を亡くしました。
胎動が感じられなくなって病院を受診したところ、既に亡くなっていました。
動かない心臓の映像は辛くて見ることができませんでした。
10日前には超音波の映像で元気に動いているのを確認できたし、ビデオにとってもらって喜んでいたのに。
周りの人に気を使わせまいとして一生懸命明るく振舞いました。
お医者さん、看護婦さんにも涙を見せないようがんばりました。
でも、あんなに頑張る必要なんてなかったとつくづく感じます。
たくさん泣いておけばよかった、あの子の死を一番悲しんであげられるのは母である私だったのだから。

あれから7年、2人の娘に恵まれました。
今、幸せを感じるのはあの子がいてくれたからだと思います。
そして、生まれた娘たちはどん底にいた私を引き上げてくれました。
時々、思い出しては泣いたりもしていますが、あの子は大切な私の子供。
忘れません。あの時の悲しさや辛さも。
7年の月日は長いようで短かったです。
今、悲しみの中にいる方々にもこんな風に思える日がきますように。


<182>感動! 投稿者:きらり  投稿日: 6月20日(木)16時49分48秒

た。私も妊娠6ヶ月のとき、切迫早産で、緊急手術・入院を経験しました。絶対安静でがんばりましたが、結局32週でうまれました。1966gの未熟児です。無事に産まれるまでの張り裂けそうな不安な気持ち、産まれてからも無事に育つかと心配で眠れなかったこと、つぎつぎと思い浮かべました。幸い、息子は病気もせず、無事に育ってくれました。忙しい毎日で、ついつい子供たちの存在もあたりまえになりおざなりに過ごしてしまってました。この本に出会って、本当に子供を慈しむ、愛しいという気持ちで一杯になりました。普段は怒ってばかりでいいお母さんでないけど、こどもの存在をあたりまえだと思わず、「無事に産まれてくれてありがとう」という気持ちで大切に育てていきたいとあらためて思いました。大事なお子さんをなくされたみなさん、気持ちをわかることは難しいかもしれませんが寄り添いたいと思います。そしてその強さに感動しました。有り難うございました。


<183>(無題) 投稿者:里菜のママ  投稿日: 6月20日(木)19時19分51秒

誕生死読みました。実は私も、去年の11月に第二子、里菜を亡くしています。妊娠7ヶ月、定期検診で赤ちゃんのおなかに水がたまっていることがわかり、2日後に大学病院に行きました。胎児水腫との診断で、入院して検査をつづけましたが、原因がわからず、結局12日めに赤ちゃんの心音が下がってきてしまい緊急の帝王切開となりました。その後赤ちゃんは、NICUへ運ばれ、検査と治療をうけたのですが、生後25日で亡くなってしまいました。解剖の結果、赤ちゃんは先天性の心筋症という病気で、心臓の左心室の筋肉の異常が原因で、全身に血液を送ることができず、身体に水がたまってしまっていたことがわかりました。あれから、7ヶ月たちましたが毎日里菜のことを思わない日はありません。今でも特に夜には、1人になるとおちこんだりします。でも、その度にこの本を読み返して、自分を元気づけています。里菜を亡くす1年前には、実の弟を突然の交通事故で亡くしました。それからの両親の悲しみようは、言葉に表せないほどで、まさか1年後に自分も下の子を亡くすことになるとは、思いもしませんでした。自分もさることながら、わが子に続いて、孫までも突然失って火葬にたちあわなければならなくなってしまった両親の心を思うと胸が痛みます。私も2人の火葬に立会いましたが、本当にいたたまれない気持ちでした。上の子は、今6歳です。里菜が亡くなる前の日におじいちゃん、おばあちゃんと一緒に里菜にあっています。もう少し大きくなったら、里菜が一生懸命がんばったこと、命の大切さなどについて、話していくつもりです。この子も切迫早産で、二ヶ月の入院生活の末に産みました。今は、まだ、気持ちの整理がつきませんが、もう少しおちついたら、以前していた、看護師の仕事に復帰したいとおもっています。いつか、私が亡くなった時、弟と里菜によくがんばったね。っていわれるように一日一日を大切に生きていきたいです。


<184>はじめまして 投稿者:くうちゃんのママ  投稿日: 6月20日(木)22時45分05秒

はじめておたよりします。今年の4月に初めての妊娠で5ヶ月で死産しました。
病院では毎日毎日生まれてくる子供の産声で、泣き明かしました。死と向き合うというより、
なぜ私にだけ不幸がくるのかそんなことばかり考えていました。
退院後すぐ新聞でこの本の紹介を見つけました。大きな書店までいきこの本を見つけました。
すぐに読み心が満たされてゆくきがしました。
死産から2ヶ月経ち、毎日このページを読み自分成りに立ち直ったつもりでいました。
しかし、産休明けで復職した私にとって、毎日が傷口に塩を塗る生活が待っていました。
職場は女性ばかり、それも現在妊娠中の人や子育てまっただなかの人ばかりです。
悲しさと悔しさと行き場の無い感情が心の中を渦巻きます。そしてつらいくせに
顔では笑ってる自分にいやけがさします。そして私はとても苦しいです。


<185>勇気貰えそう 投稿者:やーたま  投稿日: 6月21日(金)01時42分53秒

今日初めて新聞の記事見て知りました、私は3年前に3回目の診察この子は大きく成長しないかもと説明されたその夜に出血してしまい強い腰痛との戦いの果て流産しました。現在、実は長女5才の子がいますが同じマタニティビクスで数人お友だちできてそれまでは交流してたはずがみんな次々二人目出産していく中自分の気持の辛さ押さえてお祝いしてた日々でやっぱし何度か会う中で相手から(やっぱり兄弟はいた方がいいよぅ)世間一般当たり前のように言われる事が多くなり真実を今まで隠すようになってた自分がはずかしくなり考え方が変わりました。


<186>がんばんなくっちゃ 投稿者:ももママ  投稿日: 6月22日(土)23時28分24秒

「誕生死」助産婦をしてる友人が本を貸してくれました。
私は31週という誕生まであともう少しとゆう時に常位胎盤早期剥離で桃子を亡くしました。結婚して4年目でやっとできた子。生まれたらおれしよう、これしよう、家族であそこへ行こうなど夢は現実になるんだ〜っと思ってたのに。予告もなく突然の事で始めは夢かと思った。さっきまで、元気に動いてたのに死んじゃってるなんて嘘でしょ?妊娠5ヶ月を過ぎると安定期に入りあとは無事に産まれてくる事しか考えていなかった。桃子を亡くすちょうどひと月前には突然の実父の死で人の命のあっけなさを痛感してたばかりなのに。まさか桃子まで亡くなっちゃうなんて。でも、誕生死を読んで少しは力がついた気がします。辛い経験をしたのは自分だけじゃないんだな〜っとね。


<187>元気ですか? 投稿者:天の母  投稿日: 6月23日(日)16時18分20秒

1991年9月に妊娠16週で流産しました。おなかの中であかちゃんの心臓がとまってしまったのです。10年以上たったというのにはっきりとその日の事は覚えています。翌翌年の1月、前置胎盤のため帝王切開で女の子を授かりました。里緒といいます。里緒も4年生になりました。それまで忘れていたわけでは無いのですよ、「天ちゃん空の上でなにをしているの?」と・・・。昨年、義妹が早産をし、7日で亡くしました。その子の葬儀に出席し、「顔を見せてくれてありがとう。生まれてきてくれてありがとう。」と、声をかけてきました。私の時は、みんなどうだったの?泣いてくれたっけ、いいな皆に送ってもらえて、空にいってしまった子にやきもちをやいてしまいました。きっと空の上で天ちゃんと大陽くんは仲良くしているんだと思っています。今、義妹が本当の元気をとりもどせるように、無理に忘れなくていいのだと、空にいる子も思っているよ。


<188>まだツライです…。 投稿者:たみき  投稿日: 6月24日(月)08時32分39秒

初めまして。
私は3月31日、妊娠15週5日で初めての赤ちゃんを原因不明の子宮内胎児死亡という形で亡くしてしまいました。特に出血もなかったし、痛みもなかったので赤ちゃんの異常に気づくことができませんでした。
12週で診察に行ったときには「順調です。」って言われていたのに、15週の診察では「赤ちゃんの心臓、止まっています…。前回の診察から成長していないようです。」と言われました。
最初は何を言われているのか頭で理解することができていないのに、涙が溢れて泣きじゃくりました。

そろそろあの日から3ヶ月が過ぎようとしていますが、少しづつ元気を取り戻しつつあります。
赤ちゃんを出産してからはPCにかじりつき、「流産」「死産」「子供を亡くされた方」のHPばかり見ていました。
私と同じ体験をした人はいないか、私の気持ちをわかってくれる人はいないか、私の話を聞いてくれる人はいないか…と思いながら必死であちこちを検索していました。
そんなとき、ある天使ママさんのHPで「誕生死」の本の存在を知り、すぐに本屋さんに飛んでいって購入しました。

読んでいて涙が止まりませんでした…。
悲しみに沈んでいてどうしようもないとき、たくさんの天使ママさんのHPと「誕生死」の本にとても心が救われました。主人も周りの人も「早く気持ちを切り替えなくちゃ」「いつまでも泣いてちゃだめ」というように、私が早く立ち直れるように急かすことばかり言ってきました。
でも天使ママさんたちは「今はがんばらなくていい」「たくさん泣いていい」「辛かったね」と言ってくれました。とても嬉しかったです。

主人にも読むように勧めたんですが、彼にとって子供を亡くしたことを再認識させることはツライようです。彼なりに子供の死はすでに乗り越えることができたことだから、本を読むことでまた悲しい思いをするのはイヤだと言われました。私はイロイロな人の話を読むことで少しづつ前向きになることができたけど、主人はこの方法では逆に辛く悲しくなってしまうそうです。無理強いはしたくないけど、いずれ読んでくれる日がくるんでしょうか…。

たくさんの天使ママさんの話を読んでいるうちに、私も赤ちゃんからたくさんのことを教えてもらったんだなって思えるようになりました。命の尊さ、子供を愛しいと思う愛情、妊娠したときの幸福感…数え上げたらキリがないくらいです。赤ちゃんに対して「ごめんね」を「ありがとう」と言えるようにもなりました。

「誕生死」、この本はぜひイロイロな方に読んでもらいたいですね。


<189>はじめまして 投稿者:想のママ  投稿日: 6月24日(月)12時26分29秒

初めまして。同じケースで死産された方の書き込みを知り、投稿させていただきます。
私も1991年待望の第一子、想(そう)を死産しました。前期破水から始まったお産は、過長臍帯により、臍帯脱出となり、死産という結果に終わりました。独身時代ナースをしていた私は、病院やスタッフ任せにしていた自分を責めることで、時間をやり過ごして生きるしか出来ませんでした。“ナースとして出来ることはなかったのか・・”、“我が子を守ってやることはできなかったのか・・・”などと、自問自答の毎日でした。

それから、第二子誕生。幸せに浸る間もなく、2年後に、突然の交通事故により、実弟を失いました。両親の気持ちを想うと、胸が、張り裂けそうでした。我が子を失うことがどんなに辛いことか、誰よりも知っていたからです・・・月齢や、年齢にかかわらず、子供を亡くす痛みは、経験した人でなければ、解らないと思います。

私が死産した当時は、流産や、死産に関する文献も少なく、インターネットも普及していなかったので、孤独感と喪失感とで、押し潰されそうでした。もし、あの頃、こういったホームページや御本があったなら・・・・どんなに、癒され、どんなに、救われたことでしょうか?
あの頃、唯一の救いだったのは、この言葉・・・
“自分だけだと思わないで・・・”
産後、駆けつけてくれた母は、手を握ってそう言ってくれました。涙は止まらなかったけど、救われる想いがしました。

どんなに月日が経っても、忘れることなんてないし、できないです。弟が亡くなって1年後、第三子を授かりました。今、子供たちは、9歳と6歳になりました。
“姿、形は、なくなっても、いつも、そばにいる・・・一緒に生きている・・・”
そう、信じて生きて行きたいと思っています。

このページで、辛い想いをされたばかりの方とも、知り合うこともできました。少しでも力になってあげられたら・・・そう思います。この出会いも、天使になった想のお蔭かな・・・?と思っています。時々、想のことだけを想う時間をもって、おもいきり抱きしめてやりたいです。
書き込みを読んで、想のことを知って頂いて、本当に感謝しています。ありがとうございました・・・。ここで、自分の心を打ち明ける勇気を持てた事、とても嬉しく思います。

本当に、“頑張ろう”、“頑張らなければ・・・”こんな風に生きてきた気がします・・・
だから、“頑張らないでいいんだよ・・”そう言ってあげたいです。


<190>(無題) 投稿者:けい  投稿日: 6月24日(月)19時00分50秒

4日前、本屋に「誕生死」を予約しました。
今日、何気なく立ち寄った本屋さんで「誕生死」見つけました。

早速、買って読みました。

「うんうん、そうだった。私もそんな気持ちだった。」涙があふれてきてとまりませんでした。
夫の前では泣けなかった・・・どうしてだか、がんばってしまいました。
もう少しゆっくりあの子と話してみようかと思いました。


<191>(無題) 投稿者:春  投稿日: 6月24日(月)21時26分34秒

去年、初めての子を36週で亡くしました。赤ちゃんはとうとう顔を見ることも出来ませんでした。私のためを思ってのことだったそうです。それでも帝王切開の傷や誰も飲まないおっぱいが私には残りました。勿論傷は一生残ります。それでもいいんです。一生忘れたくないから。
私はこれまでなんとか生きてくるのに精一杯で、もしかしたらむしろ考えないようにしていたかもしれない。私も死ぬところだったその瞬間にどうして一緒に死んでしまわなかったのかと、結局この想いが沸きあがってきて、苦しくなってしまうだけだったから。このHPの本の存在を知って、しばらくたちます。なんだか怖くてちょっとずつ見ています。でももうちゃんと向かい合う時が来たのかも知れないと思い始めました。明日注文してある本をとりに行き、これから皆さんの書き込みも読ませていただきます。
もう1年もたつのに、まだちっとも乗り越えられずにいます。


<192>(無題) 投稿者:みーこ  投稿日: 6月25日(火)23時56分16秒

私は2年前に初めての子を出産しました。
同じ頃、妹も2人目を出産するはずでしたが、妊娠8週を前に流産してしまいました。
妹は、「妊娠、出産に関しては私のほうが先輩なんだからね。」と言って、出産準備用品の買出しには率先してつきあい、
出産後の病室には毎日のように顔を出して世話をやいてくれました。
私は、そんな妹に、単純に感謝していました。
妹の流産のことを考えなかったわけではないのですが、半年以上が経ち、妹自身も何も言わなかったので、
私もそれ以上深く考えなかったのです。
けれども、この本を読み、そして関連するHP等を見て、申し訳ない想いでいっぱいです。
私の娘は、「もし無事に生まれていれば・・・」と、妹に亡くした子を思い出させる存在なのだと思います。
それなのに、何も言わず、とてもよくしてくれた・・・。
「私だけ無事に生んでごめん。」とは言いません。
それは私の娘の存在を否定することにもつながるから。
けれども、妹に対して、改めて「ありがとう」と、心の奥の悲しみに気づかなくて「ごめん」と、
その気持ちだけはずっと持って行きたい。今、心からそう思っています。
(経験のない私が書くのはどうかとも思いましたが・・・。お気に障った方がいらしたら、申し訳ありません。)


<193>父親として何をしてあげれたのかな? 投稿者:Mao  投稿日: 6月26日(水)00時12分50秒

初めまして、24歳の父親です。
今さっき、初めて誕生死という本とこの掲示板を知りました。
それとどうしてもこの悲しみをみんなに聞いてほしかったのが正直な感想です。
僕たち夫婦は、昨日2つの宝物を同時に亡くしてしまいました。双子だったのです。
23週でした。子供は一人いますが、今回は双子だったので倍期待して10月の誕生を待っていました。
それこそ、家はどうするとか車はどうするとかうれしい悩みばかりだったのですが
昨日の朝、突然妻が出血し病院に行ったら子宮口が開きかかり非常に危険な状態なので大きい病院に搬送すると言われました。
しかも助かる確率は0に限りなく近いと言われ、自分が自分ではなくなるような気がして
これは夢だと思いましたが搬送先でさらに厳しい選択を迫られました。
このまま生かしても何も障害が残らずに育つのは0%です。どうしますか?
こんな選択がある訳が無いと自問自答を繰り返しましたが現実と時間は待っては
くれませんでした。妻になんと言って説明をすれば良いのか?
自分は何やっているんだ?このままで良いのか?
頭の中を言葉では説明の出来ない位のいろんなことが回るだけで、ただ妻には謝ることしか出来ませんでした。
そして育てることが出来ない赤ちゃんの出産、しかも2人・・・。
僕は付き添っていても妻の顔がまともに見れません。
そして誕生した後、抱かしてもらった時娘たちに謝ることしか出来ない自分。
今にも泣き出しそうな娘たち。
自分の中で現実逃避している自分と現実の中にいる娘たち。
あの選択の中でもし3番目に代わって生かせてあげれるとあれば真っ先に
3番を選び2人を助けてやれたのにと何度も思いながらも、少しでも生きようとした娘たちに
今でもただすまなかったとしか言えない自分。
周りは若いから大丈夫とか、簡単に言っているけど
そんなに簡単に忘れれるわけが無い。確実に僕たちの娘たちだから。
僕よりも妻の方が何倍も辛いと思うけど僕は何をしてやれたのか?
今でもこの文章を書いている時でもそう思う。
そして娘たちにはもっと生きてほしかった。
そして父親としてもっともっと苦労させてほしかった・・・。
そしてパパと一言言ってほしかった・・・。
本当にすみません。どうしてもみんなにこの現実を知ってもらいたかった。
そしてもっと医療の開発を進めてこの悲しい現実を少しでも減らしてほしいと願っています。
そして同じようなお母さんやお父さんにも頑張ってほしいと思います。
すみませんでした、本の感想ではないのですがどうしても書かずにはいられなかったので書かしてもらいました。


<194>ママを守ってあげたこと 投稿者:ろくママ  投稿日: 6月26日(水)14時49分58秒

maoさんへ。ママを守ってあげたことはすごく大きなことだと思います。
赤ちゃんだってそう願わずにいられないのではないでしょうか。
私の父は私の兄を妊娠9ヶ月で死産。そして私の時は出産予定日に「心音が聞こえない」と言われ、私の母にかわって親戚に連絡したり葬儀の手配までしたそうです。
結果的に誤診だったため、私が生まれているわけですが、その時の父の気持ちはmaoさんに近いものであったろうと思います。
この話を、私の妊娠がわかったときにはじめてしてくれました。30年近く、忘れることなく、母と私を見守ってきてくれたのだと思います。

お子さんがいらっしゃるそうですが、その子にいつか、命は簡単に生れるものではないことを教えて上げられると思います。私は時々、兄のことを想像します。兄ができなかったこと、やってみようと思ったりもします。赤ちゃんは確かに誕生して、みんなに影響を与えていったのではないでしょうか。


<195>お空に行った二人 投稿者:ゆきみ  投稿日: 6月27日(木)12時05分02秒

私は双子を早期早産によって亡くしました。23週で二人とも500gにも満たない小さな身体でした。小さい身体に管だらけでそれぞれ七日間、十日間とがんばって生き抜きました。自分が自己管理を怠った為に二人を死なせてしまったと自分を責め、本当に申し訳ない気持でいっぱいで今もその思いは変わりません。生きていたら来年小学校入学です。亡くした当時は誰にも思いを話せず、話す場もありませんでした。新聞の記事でこの本を知った時すぐに購入し涙ながらに読みましたみんな本当に心をえぐれるような思いをされてきたんだなあ、と自分の時と重ねて回想しました。二人の死は今だに受け入れ難い事実でこれからも乗り越えていく事はできないでしょう。だけどどんな辛い事がこれからおこってもあれ以上辛い事はない、あっても歯をくいしばって生きていくのが二人への償いだと思って毎日をすごしています。いつか二人に会えるその日まで。


<196>傷つけちゃってごめんね。。 投稿者:もゆみかママ  投稿日: 6月27日(木)12時26分57秒

友達のホームページでこの本の事を知り4月にネットを通して購入しました。その友達は二人目を死産しました。とっても待ち望んでいた子供だったのに。私も生まれるのをとても楽しみにしていました。いつまで経っても聞こえてこない知らせに、別の友達から聞いた「死産」と言う訃報に言葉が出なかった事を思い出しました。そして彼女にあった時に励ますつもりで掛けた言葉が彼女を傷つけていたなんて考えもしませんでした。
この本を手にとって一気に読ませてもらいました。一人部屋にこもってティッシュをそばに置いて。。。私には天使の兄弟がいます。兄なのか姉なのかわかりません。その事を知ったのは、私の妊娠がきっかけでした。母はそれまで流産した子供の話はしてはいけないと言われ続けたのでしたことがなかったそうです。でも心の中にはずーっと天使になった子供の事があったそうです。それからお墓参りに行った時に水子地蔵のところで手を合わせている母の姿を見るようになりました。母の心は30年弱も閉ざしていた気持ちがそれから出せるようになったようです。
私の子供もこの本を手にとって読んだようです。そして、「この本にはお母さんの暖かい気持ちがたくさん入っているね。僕ね読んでいて涙が止まらなくて大変だったんだ。だから途中で読むの止めたけど、でももう少し立ったらよむからね。」と言っていました。
この本を読んで改めて、「誕生死」をしたお母さんやお父さんの心のケアーが大切なことを知りました。でも何処にもそういうところがありません。せめてこの本が目に付いた人読んでくれて、天使ママや天使パパの気持ちをわかってくれる人が増えてくれることを願っています。


<197>(無題) 投稿者:優斗ママ  投稿日: 6月27日(木)23時01分58秒

 私たち夫婦の赤ちゃんが亡くなって、4ヶ月が経ちました。誕生死を読んだり、またこのホームページに出会い、本当に私は助けられました。多分1人では、自分だけが・・・と言う思いでなかなか前に進むことができなかったかもしれません。
 亡くなったときに励ましの言葉として、「まだ若いんだから」とか「時間が経てば忘れるわよ。」とか言われた言葉。次があるじゃないの。という意味で言ってくれているんだとは分かってはいるものの、それは違うんだと思います。
 子を亡くして今強く思っていることは、我が子の死を忘れてはいけないと言うことです。もちろん、誕生してくれたことだって・・・一日たりとも、優斗のことを忘れたことなどありません。
 子供を亡くして初めて気がついたことや、教えてもらったことが沢山あります。赤ちゃんは亡くなってしまったかもしれませんが、意味があるからこそ産まれて来てくれたんだと思います。
 亡くなってしまった我が子の代わりはいません。でも、優斗は私たちの心の中で永遠に行き続けているのです。だから、時間が経てば忘れるなんてことできないのです。
 時間とともに思い出が強く蘇ってきます。今、天国で何をしているのかなー。


<198>翠ちゃんと萌ちゃんのこと 投稿者:おかあさん  投稿日: 6月27日(木)23時27分08秒

一卵性双生児の翠ちゃんと萌(めぐみ)ちゃんと、同じような境遇の赤ちゃんがたくさんいて、お母さんはちょっぴり安心しました。
臨月に入ってすぐに、二人がおなかの中で死んでしまってから12年が経ちました。やっとその事実を肯定できて、今では、二人が天使になって、おとうさんとおかあさんと妹ふたりをいつも守ってくれていると信じて幸せに暮らしていますが、一つだけ後悔していることがあります。この本を読んでその思いがいっそう強くなりました。それは、あの時、二人の姿を見ることができなかったことです。「会いたい」という私の希望を「見ない方がいいでしょう」と先生が聞いてくれなかった時、もっと強くお願いすればよかったと、いつも思っていました。本の体験談では、みなさんが死んだ子供に対面したり、抱っこしたり、お父さんが火葬に立ち会ったりしてるではありませんか!ショックでした。あの時の私の気持ちは正常だったんだと、今確認できました。
男の先生には理解できないことなのでしょうか。この本をあの先生が読んでくれることを願います。


<199>(無題) 投稿者:しゃぼん玉  投稿日: 6月27日(木)23時32分25秒

20週で息子を誕生死して1か月たちました。いまだに空っぽの心です。身の上に起こったこと、受け入れられないですね。それでもこの本に出逢えました。毎日のようにここに訪れては、感想のページを読んでいます。


<200>私達の長男 投稿者:たいちゃん  投稿日: 6月27日(木)23時41分50秒

私はかわいい息子を亡くして今年の5月で丸3年たちます。7ヶ月で生まれ867gでした。1日半も生きててくれました。3年たっても毎日思い出しますし、時には悲しみと申し訳なかったという気持ちにおしつぶされて涙が止まらなくなることもしばしばです。お空の上にいってまでママの事心配させたらだめだなと思うんですけど。。。毎日笑ってたいちゃんとお話できたらなあと思ってます。私は幸せにもその後次男となる男の子に恵まれ、今1歳8カ月です。本当に本当に感謝です。