『誕生死』掲示板 過去ログ11            


<201>「誕生死」を読んで 投稿者:Kao  投稿日: 6月29日(土)01時02分43秒

私は看護学校に通う3年生です。昨日まで産科病棟や産婦人科外来などで実習をしていました。実習の最終日に一つのテーマを決めてグループ学習をしました。私たちは流産や死産生まれてまもなく亡くなった子の家族の心理と看護についてをテーマにしました。この本を読んで教科書では足りないほどの沢山のことを学びました。病院の師長さんもこのテーマについて「看護学会でも研究中」とおっしゃっていました。私たち看護学生はこの本との出会いで今後の看護のあり方を考えられる大きなスタートとなりました。私たち学生はまだまだ臨床で働くナースに比べて未熟で患者さんと一緒に不安になって泣いてしまうこともあります。でも誠意をもって接していれば技術が未熟でもきっと患者さんの心には届くはずだと再確認しました。もっと多くの医療関係者がこの本に出会えればと思います。今の気持ちをいつまでも忘れないできっといいナースになってみます。


<202>誕生死の存在の大きさ 投稿者:あいあい  投稿日: 6月29日(土)21時53分43秒

私は、4月、半ばに、初めての子、花梨を亡くしました。40週と2日でした。そのときの衝撃は、一生、忘れられません。大切な我が子を亡くした愛情をそそぐ相手のいない苦しさ、自分の身体の中で、知らずにたくさん苦しめるようなことをしてしまった悲しさ。言葉では、簡単に表現はできません。
まわりの方にこの体験を分かりやすく説明するとしたら、自分の運転する車で、小さな我が子を事故で死なせてしまうような、そんな体験ではないでしょうか。(不快に思われる方がいたら、お許しください。)原因は、車に異常があったのか、標識に不備があったか、それとも自分が悪いのか、対向車が悪かったのか、分かりません。でも助けてあげられる可能性が私にはあったはず、、。ただただそう思うのです。
本の中にも、たくさん載っていましたが、まわりの方の言葉にことごとく傷つけられてしまうことがあります。悪気はないのは重々、承知なのですが。

胎内で亡くなったからといって、亡くなるためにお腹にきたわけではないんです。どんな形であれ子供は生きるために、せいいっぱいがんばります。生まれ持った、できる限りの力を使ってがんばって、そして、悲しいことに亡くなってしまう場合があります。
それなのに、軽率に扱う人がほとんどです。がっかりしちゃったわねぇ、とか、笑顔で今回は本当に残念でした。などです。そんなにおかしくないと思われる方、これを、3歳の子を亡くした、ご両親に言ったら、ということを考えてみてください。とても恐ろしい気持ちになるはずです。子を産んだ親の気持ちは、生まれてからでも生まれる前でもぜんぜん、変わりません。一人の人間として、(日本にいたっては、生まれて育った子と同じように)丁重に扱ってもらえるような世の中になってほしいです。私は、家から一歩も出ず、主人以外、誰とも話が出来なくなってしまいました。ですが、この本を読みたいと何人もの人が、言ってくれたのです。誰もわかってくれない、そう思い込んでた私には、涙が出るほど嬉しいことでした。私たちと全く同じ気持ちを書き記してある大切な大切な本、これを読んでくれた人には、少しでも心を開けるような気がします。今、私が買った、この本は、4人目のところに行っています。私や大勢の方の、強いせつない想いを載せて。

最後に、この本を出版してくださった方々に、心から、感謝いたします。
ありがとうございました。


<203>(無題) 投稿者:MIKU  投稿日: 6月29日(土)21時55分47秒

初めまして、私は5年間の不妊治療し4回目の体外受精で妊娠しました。でも16週の検診の時に赤ちゃんが無脳児とわかり、去年の9月25日に90g、16.5cmの小さな赤ちゃんを産みました。頭だけを除けば顔も手も足も、小さな爪もちゃんとあり、とてもかわいいの子でした。9ヶ月たった今、時が少し和らげてくれたけど、悲しさやつらさはあの時のままです。ずっと私と同じ思いをした人は、いないの?無脳症って何?少し泣かなくなった時から、そんな気持ちでいっぱいになりインターネットで調べたり、図書館や本屋にいったりしましたが見つかりませんでした。そんな時、新聞で誕生死の記事を見つけ、主人に話したらすぐに本屋に行き、注文をしてきてくれました。1週間ほどで手元に届き、いっきに読みました。心が救われた思いでいっぱいです。ありがとうございました。


<204>同じ想いです。 投稿者:ちぃ  投稿日: 6月30日(日)20時47分41秒

昨年9月、初めて授かった子、琢磨を40週と5日で死産しました。全く突然の常位胎盤早期剥離でした。
息子と会えたのはほんの数分でしたが、かわいく愛おしく想う気持ちは今も薄れません。むしろ、注ぐ相手のいない想いは募るばかりで、何度も何度も寂しさに潰されてしまいます。あの日から、時間は私と無関係に過ぎているみたいです。
始めのうちは、とにかく次の子供を抱いて早く穴埋めをしなくてはと焦ってばかりで、医者から言われた「1年あけて」に気が遠くなっていました。でも気が付けば9ヶ月、今は「次の子は琢磨じゃない。琢磨は今も、これからも私たちの自慢の息子!」と思うようになり、ほんの少しだけ落ち着けた気がします。
琢磨は確かに生まれたし、私は母親になれたんですよね。

『誕生死』を読んで、これまで何となく逃げてきた友人たちにも自分の気持ちをぶつけてみたくなりました。『誕生死』にその想いを託して、もっと多くの人に読んでもらいたいと願っています。


<205>有難うございました。 投稿者:山内かおる  投稿日: 7月 1日(月)13時30分41秒

「誕生死」読ませて頂きました。どの方の体験談を読んでも、とても切なく涙がでました。
私は、今から8年4ヶ月前に、結婚後まもなく23週1日で娘なるみを早産の末に亡くしました。
産後の状態がとても悪くて1ヶ月ほど寝たきりの状態が続き、2ヵ月後に退院したのですが、その間、ずっとナースステーションの前の部屋に隔離され、よその赤ちゃんの元気な産声が聞こえてきて本当に気が狂いそうでした。早く元気になろうと無理をして職場にも復帰し、明るく振舞っていましたが、家に帰ると胸にあいている大きな穴はあまりにも苦しくて、孤独で、何度も一人で泣いていました。同じ気持ちを分かちあえる仲間が欲しかった・・・。でも、当時は「インターネット」という言葉さえ知らなくて、書店で本も探しましたが、ほんの一握りしかありませんでした。ただただ、早く妊娠して、また娘がお腹に宿ってくれることを願っていました。でも、次の妊娠は子宮外妊娠で手術するしかありませんでした。その後も3度、稽留流産を繰り返しました。どんなに入院して安静にしていても、エコーの画面の赤ちゃんは大きくなっていってはくれませんでした。そして、結婚5年目、娘を亡くしてから数えると5回目の妊娠で、ようやく心拍を確認できました。妊婦生活はそれはそれは慎重にしていたつもりでしたが、なるみの時と同じ週数で子宮口が開いてきて、25週0日で長男を出産しました。長男もなるみと同じ、超未熟児で仮死状態で生まれ、かなり危険な状態でしたがなんとか命をとり止め、現在は少し発達面での遅れはありますがなんとか幼稚園に入園できました。正直言って心配事は尽きませんが、天国で(或は私の中で)見守ってくれているなるみに恥じない生き方をしようと思っています。
「誕生死」を書店で偶然目にして、数日かけて読ませて頂きました。松村さんの学生時代の恩師の先生の言葉、その言葉にわたしもとても救われました。何度も繰り返して読みました。この本に出会えて本当に良かったです。有難うございました。もっと、書きたいことはあるのですが、なかなか文章になりません。
この本を、同じ体験をされた方はもちろん、医療関係者や若い方など、なるべく多くの方に読んでもらえたらと願っています。
本当にありがとうございました。


<206>やっと読むことができました。 投稿者:りーぼー  投稿日: 7月 1日(月)20時14分06秒

こういう本を探していたんです。何件も本屋をまわっても見つからず、インターネットで見つけた時は嬉しくて感動でした。初めから、最後まで、涙ずるずるでした。
私も“誕生死”で子供を失いました。結婚して数年はのんきに考えていて、偶然妊娠したのですが、2ヶ月で流産。そのショックから、子供が欲しくて欲しくて、計画妊娠しました。赤ちゃんがちょっと小さいとか、心音が見つけにくかったりしたけど、順調にそのときを迎えたのに・・・。
生まれてきたわが子は、先天性の心臓病をかかえていました。心臓がどういう状態なのか検査するための検査をする段階で、病状は悪化してしまい、生後わずか24日で逝ってしまいました。私は、一生懸命あの子が頑張ってるのを見て、絶対健康になると思い込んでいました。あの子の死後から約10ヶ月たつ今でも、これは夢なんじゃないかって、長い悪夢から早く覚めて欲しい、そんなことも考えます。私はなんて、ポンコツなんだろうかって、夫に申し訳なくて離婚も考えました。でも、本当はあの子をなくして、夫もなくしたら、私は一体どうなってしまうのか・・・。怖くて怖くてたまりません。子供が欲しくて、欲しくてたまりません。でも、また失ったら・・・考えると何も出来ません。今は、とにかく夢中で働いてます。この先、どうしたらこの地獄から抜け出せるのか、誰か教えてください。時間がたっても、直後と変わらなく悲しくて、淋しくて、どんな楽しいことをしても心から楽しめません。何のために私は生きているのか、答えが見えません。何事もない友達が羨ましくて、連絡も絶っています。妊娠中は異常に口にするものや、回りの環境にこだわっていたけど、今はちょっと自暴自棄みたいな感じです。早く、あの世から迎えが来るといいのにと思っても、神様はいじわるのようです。いつか、立ち直る日が来るのでしょうか。心から笑える日は来るのでしょうか。この本を読んで、この掲示板をみて、悲しい体験をしたのは自分だけじゃないってことは分かりました。でも、この心の穴はまだ埋まりそうにありません。


<207>感謝の気持ちでいっぱいです。 投稿者:くり  投稿日: 7月 2日(火)14時20分33秒

平成11年2月28日に死産しました。これまでなんの問題もなく順調だったので無事に生まれると思っていました。予定日の5日前に破水したので病院に行ってそのまま入院となり、しばらく様子をみようという事でベットに寝ていたら突然の出血でシーツが真っ赤に染まっていきました。それから緊急に帝王切開をしましたが声は聞こえませんでした。原因はわかりません。臍の緒が3つに分かれていて紙のように薄かったです。
私は赤ちゃんの顔を見ていません。見てしまうと脳裏にやきついてしまうから見ない方がいいと言われました。でも見てあげればよかった・・・顔も手も足もなでてあげたかった。この手に抱きたかった。今でも後悔しています。
本を読んでこんな思いをしているのは自分だけじゃないんだと少し心がおちつきました。それまでは自分を責めてばかりいて毎日毎日泣いてばかりいました。周りの人の言葉に傷ついて精神状態は普通ではなかったと思います。
幸いにも今は1歳3ヶ月の男の子がいます。子供を見て、あの子はどんな顔をしていたんだろうと考えます。元気に生まれていたら3歳になっていたのに・・・お空では友達ができたかな?
「誕生死」という本に出会えたこと本当に感謝しています。ありがとうございました。


<208>助けられました 投稿者:茉依  投稿日: 7月 2日(火)16時21分22秒

はじめまして、私は今年の3月19日(41週と5日)分娩中に我が子を亡くしました。3500gの女の子でした。臍帯真結節というもので産まれ出てくる途中に臍の緒が結ばり血液や酸素が送られず亡くなっていました。(小さなうちに臍の緒を潜っていたらしい)
初産で妊娠中はつわりがつらいほかには、なにもありませんでした。思いもよらない出来事に、そして助産婦さんの自分の事しか考えていない言葉に傷つき責め泣きつづける日々でした。そんな時産後初めての外出でこの本に出会いました。どんなにか救われた事でしょう。私の周りには死産の経験者がいませんでしたので、主人と話す以外誰とも解り合えることができずにいました。この本を一気に読んで皆さんが辛くても乗り越えてなくても前を向き歩いている姿が、私を救ってくれました。本当にありがとうございました。“感謝”の一言につきます。
私もまだまだですが、娘にいつか天国で会えるまで自分の命を大切に、そして、そばで私を支えてくれる主人と精一杯生きたいと思います。


<209>「誕生死」を病院側に読んでもらいたいのですが… 投稿者:たみき  投稿日: 7月 3日(水)14時30分29秒

こんにちは。
私の初めての赤ちゃんは15週5日で原因不明の「子宮内胎児死亡」で天使ちゃんになってしまいました…。
「誕生死」をお世話になった病院の先生や看護婦さんに読んでいただきたいと思ってるんですが、実際に送ったり、渡したりした人っていますか?
手紙を書いて一緒に本を渡そうと思ってるんですけど、何て言って渡せばいいのか悩んでいます。
悲しいことだけどこれからも流産、死産、子供を亡くす人はいると思います。
そんな人たちへの精神的ケアにこの「誕生死」を役立てて欲しいんです。
うまく言えないけど、アドバイスお願いします。


<210>「誕生死」渡しました。 投稿者:あきとママ  投稿日: 7月 3日(水)15時17分43秒

たみきさん、こんにちは。
私は3月の終わりに37週で生んだ男の子を生後42分で亡くしました。
「誕生死」に出会ったのは、ゴールデンウィークくらいだったと思います。
私もたみきさんと同じ気持ちで、お世話になった助産師さんに手紙と一緒に渡しました。手紙には、
「今はまだ私も自分の気持ちを整理して話すことが出来ないので、この本を読んでもらって
少しでもわかってもらえることがあればと思います。できれば、先生や看護師の方にも読んでもらいたいです。そして何かの役に立ててもらえればと思います。
悲しいけど、これからもきっとこういうことは起こってくると思います。
私が入院中一番つらかったのは『なぜ私だけが?』ということだったので、
今後、流産、死産を経験された方がいれば、『自分だけではない』ということを教えてあげてほしいのです。
こういった本を読んだりするのが嫌だ、怖いと思われる方もいるので、まずは、本の存在を教えてあげるだけにしてもらった方がいいと思います。
あと、私はあの子の写真や手形、へその緒などを残せてとてもよかったと思っているので、記念を残すアドバイスもして頂けたらと思います。
(本人はショックでそこまで頭がまわらないかもしれないので)』というような内容で渡したと思います。
私は幸いな事に、病院や関係者にはとても感謝し、信頼しているので、嫌味にとられないように「決して批判ではありません。」とつけくわえて。
そしたら、後日、その助産師さんから手紙が来て、「『誕生死』は、私があきとママにプレゼントしようと思っていたので、びっくりしました。でも、読んでからでないと失礼だと思い、早く手に入れたいと思っていました。」という事と、本の感想、今までとこれからの自分の仕事に対する思いなどを書いてくれました。
たみきさんの思いも先生や看護婦さんに伝わるよう祈っていますので、ぜひ渡してほしいと思います。
流産、死産に対する世間の理解が深まるためにも、私たちが少しずつ、このことに対して努力する必要があるんじゃないかと思っています。


<211>読ませていただきました 投稿者:A.N  投稿日: 7月 3日(水)16時53分21秒

私は死産、流産の経験はないのですが、医療関係者として読ませていただきました。
産科に勤めています。今までにもSIDS家族の会が出されている小冊子に目を通したことがあります。その度にいろいろ考えることがありました。私が医療関係者だからかもしれませんが、「誕生死」の中にもあったように、やっぱり一番目に付くのは医療者側の対応です。誠意が全く感じられない対応をしている医療従事者にただただ腹が立つ思いです。お母さん方はとても不安だったことでしょう、何が起こったのかわからなくなった方もいらっしゃると思います。そんなときの医療者が側の対応はとても大切なことだと改めて感じました。話すことは悪いことではないと思います。母親にとってお腹の中でしか子供が生きなくてもわが子には変わりないのですから、亡くなってしまった子供のことをどんどん話してください。泣くのをこらえないで無理しないでください。
この本を読んでつくづくそのようなことを感じました。私もこれからもっと患者様の気持ちになって対応できるようがんばっていこうと思います。少しでも皆様が不快な思いをしないで済むように・・・ありがとうございました。


<212>心がいたくなりました 投稿者:渡辺めぐみ  投稿日: 7月 4日(木)01時03分27秒

先月の二十六日に兄の赤ちゃんがなくなりました。突然死でした。兄と義理の姉はまだ二十一歳と十九歳で若いなりに一生懸命に大切に赤ちゃんを育てていました。それを見ていたし私自信もかわいくてかわいくてしょうがなかったからショックが消えません。皆さんが赤ちゃんは確かに産まれてきた存在したといっていましたがそのとおりだと感じました。たった三十五日だったけど家族みんなを幸せな気持ちしてくれました。また亡くした事で赤ちゃんからいろいろな事を教わりました。私たちの家に産まれてきた事に感謝しています。忘れる事はないです。


<213>「誕生死」を読んで・・・ 投稿者:Aie  投稿日: 7月 6日(土)04時34分34秒

友人のHP上で「誕生死」について知り、すぐにネット上で購入し、1日1話づつ読むことにして今日すべてのお話を読み終えました。
いろいろなパターンの方がいらっしゃいましたが、心はひとつ!「かけがえの無い我が子をとても深く愛している!」のですよね。だから別れはとても悲しく辛いことで、そこから立ち直るのは容易なことでは無いのですよね。
けれど、それ以上に子どもの命が芽生え、育まれ一緒に過ごした時間はどんなに短くても最高に幸せなひとときだった、素晴らしい出来事だったから、泣きながらでもいつまでもそのときのことを振り返りたいし、想い出に浸りたいし、ワタシの子どもはこんなに可愛かったと自慢したい。なのにそんな当事者の気持ちとは裏腹に周りの人たちは決して悪気は無く良かれと思ってのことだけれどそのことに触れないように遠くへ追いやってしまおうとする。
仕方の無いことかも知れないけれど、そこのところに一番違和感を感じているということもみなさん同じだったように思いましたし、同じ「誕生死」の経験者として強くうなづけることでもありました。
ああ、同じ思いだなぁ・・・と。
ネット上で天使のママたちと知り合って、いろいろ話しをすることで気分も紛れなんとかココまで来れましたが、この本によってもまた改めてワタシは決して一人ぼっちではないのだということを再確認出来たので、コレからのワタシの力強い味方となりました。
ありがとうございました。


<214>同じ気持ち 投稿者:yuuko  投稿日: 7月 6日(土)14時12分11秒

2002年6月28日午前11時45分男子誕生−死産、なんとなく立ち寄った書店でこの本に出会いそして涙が止まることなく流れあの日の事とだぶり声を出し泣きました。離婚をして私には2人の子供がいます。再婚し妊娠本当にうれしかった。大切な人の子供を産めるという喜び出産に対しての何の不安も無く10月の出産を夢見ていました。しかし現実は全く違っていました。この悲しみは誰にもわかって貰う事が出来ないと人と逢えば全然平気と意地を張り、35歳と言う年齢か・・?仕事をセーブすればよかったのか・・?あたしがいけないんだと一人になると泣いてばかりの日々でした。この本を読んで同じ気持ちあたしがわかってほしいこと全てが書いてあり本当にすこし救われた気がしました。ありがとう。誕生した我が子に逢い冷たくなった体に触れておいてよかった。あなたはお父さんお母さんの心の中で大きくなっていくんだよね。


<215>読ませていただきました。 投稿者:yayo  投稿日: 7月10日(水)15時27分05秒

『誕生死』読ませていただきました。この掲示板も、いつも拝見しています。
私は、4月に無事長男を出産しました。まだ、誕生死の経験はありません。まだ、ないだけであって、今後経験するかもしれないと思うと、とても他人事には思えないのです。妊娠したら無事に出産できるのが当たり前とは思っていませんでしたが、こんなにつらく悲しい思いをしている人が世の中にはたくさんいるんだということを、ずっと心に留めておこうと思います。
この本を、一見無関係と思われるような中高年の男性にもぜひ読んで欲しいです。結婚したら妊娠して子供が産まれて当たり前、出産も子育ても女の仕事と思っている人が多いからです。
今の日本では、妻の出産や育児のために会社を休むことへの理解がまだまだ不十分です。確かに正常で無事な出産だったら母親だけでやり遂げることもできるかもしれませんが、生まれてくる赤ちゃんや母親の命に関わることです。そんな時に、すぐに連絡が取れないような海外出張を命じられたりすることは、極力避けて欲しいと思うからです。仕事は代理が利いても、夫や父親の代理はいません。この本が1人でも多くの人に読まれることを私も希望します。


<216>「誕生死」読みました。 投稿者:さこ  投稿日: 7月11日(木)11時12分31秒

本屋で見つけた時、とても印象的な題名でおどろきました。
私も平成12年7月7日に男の子を産んだのですが、先天性の心臓病でわずか10日間の命で7月17日に亡くなりました。
今年の3月22日、元気な男の子が誕生して、もうすぐ4ヶ月に入ります。
とてもかわいくてかわいくて、でも時々思うのです。
前の子も生きていたらこんなにかわいかったんだろうか、と。
前の子を亡くして、ちゃんと元気な子供ができたら悲しみは忘れられると思っていたのは間違いでした。
この本を読んで、亡くなった子のことは忘れないでいていいんだと思いました。
時々思い出して泣くのも悪くない、だって思い出してあげられるのは親しかいないんだから。
もうすぐ3回忌なので、下の子を連れてお墓参りに行こうと思っています。


<217>誕生死読みました。 投稿者:りん  投稿日: 7月12日(金)14時20分03秒

5月16日に初めての子供をガレン静脈瘤という病気で、産まれた翌日に亡くしました。
病気については病院でも何度も丁寧に説明を受けたけど、“何その病気。いったいなんなの?どうして私の赤ちゃんがそんな病気になってしまったんだろう?”という気持ちが消えなくてインターネットで検索しても、(世界でも500例程しかない珍しい病気と聞いてはいたけど)新しい情報を得ることはできませんでした。
いまでも“どうして・・・”という気持ちはきえません。
退院後すぐにインターネットでこのページに辿り着き「誕生死」のことをしりました。
退院するまでも“これでもかっ”てほど泣きましたが、本を読んでも掲示板を見ていてもやっぱりかれることなく涙が出ます。
誕生死を読んで、子供が亡くなった状況は色々ですが、子供を亡くし感じることは同じなんだとわかり救われました。
周りに同じような経験をした人もいないし、子供のことを話したくても話せなくて孤独感でいっぱいだったから。
心配してくれる友達はいるけど、子供の話をする事はできません。
わかってもらえなくて、何気ない言葉で傷つくのが怖いから。
“元気だよ!”って、言うしかない。
もうすぐ、私の2ヵ月後に妊娠した友達が出産を迎えます。
迷いましたが“産まれたら連絡してね。”とメールしました。
今でも友達の赤ちゃんのこと受け止められるか自信はないです。
道行く赤ちゃんを見ても“淋しいな・・・”って感じるくらいで辛くはないけど、友達の赤ちゃん見るたび
“私の赤ちゃんも、生きていたらこんなに大きくなっていたんだ”って思うだろうから。
きっと、お祝いの言葉をいえても赤ちゃんに会いに行くことは出来ないと思います。
妊娠中や、出産後赤ちゃんを亡くしてからもずっとメールで励まし続けてくれていた友人が最近妊娠しました。
彼女はずっと妊娠を望んでいたので、私もうれしくて、何より隠さず知らせてくれた事がうれしかった。
でも、一方で“辛い”と感じる私がいます。
彼女とはこれからもずっと友達でいたい。
赤ちゃんが生まれる頃には笑顔で会いにいけるようになるだろうか・・・。
“子供が亡くなる”という出来事は、子供が亡くなった時終わるのではなく、子供が亡くなったとき始まるのだとつくづく思います。
赤ちゃんにまた会いたいです。
でも、もうお母さんになる自信がありません。


<218>我が子はもうすぐ三回忌です。 投稿者:yumekaママ  投稿日: 7月12日(金)23時39分08秒

誕生死読ませていただきました。本屋さんで買い物をを終え、ふと目をやると『誕生死』気が付いたら手を伸ばしていました。
家に帰ると一気にむさぼる様に数時間で読んでしまいました。
私にはもうすぐ6歳になるぴーなたんと、三年前に稽留流産した『たなばたちゃん』天使と、一昨年にやっと授かりやっと生まれてきてくれた『夢叶(ゆめか)』(先天性心疾患の為生後15日で天使になってしまった娘)と去年生まれた11ヶ月のへろへろちゃんがいます。
だからこの手で今抱きしめられる子供はふたり・・・。
不妊治療をしやっと授かった命は4ヶ月でママの知らない間に天使になり、その後やっとまたやっと授かった命、ぴーなたんが待ち望んだ妹の命はこのままでは1週間ほどで死んでしまう・・・。手術をすれば普通に生活できる身体になると言ってくれたのに、あっと言う間にお空へ行ってしまいました。
夢叶を産んですぐに異常がわかり手術をしなければ助からない心臓だという事でした、私が退院をしてから情報が欲しくあっちこっちネットで検索しました。そして夢叶の死後私はぴーなたんの為主人の為に生きなければいけない・・・生きるためにはPCにむかうしかなかったのです、夢叶より少し早く天使になったお子さんのママに出会い心を癒すことができました、沢山の人に救っていただきました。
七夕ちゃんにさよならした日は7月7日七夕のお飾りをしました、ぴーなたんは短冊に『赤ちゃんがママのお腹に戻ってきますように』と願ってくれのでその後夢叶を妊娠でき、夢叶は七夕ちゃんだと思っていました。でも夢叶は死んでしまい、またすぐに夢叶に戻ってきて欲しくて願いました。
不妊治療もせずに戻ってきてくれました。お腹にいるのは夢叶だと思っていました・・・でもそれは違うんです。へろへろちゃんが生まれた時現実に戻されました。何もかも夢叶にそっくりでしたが夢叶ではないのです。へろへろちゃんを抱くたび夢叶を思いだし、へろへろちゃんのぬくもりで心を癒して私は最低なママだと思いました。この手で抱いている我が子は夢叶がいたらいなかったかも知れない大切な命、こんなに可愛いくていとしいのにへろへろちゃんを夢叶と重ねてしまっている自分、いつになったら抜け出せるかわからないトンネル。こんなに可愛いぴーなたんとへろへろちゃんがいるのに未だに生きる希望も夢も無くなってしまっている。
『誕生死』自分と重なってしまって涙があふれ出て止まりませんでした。同じ経験をもつ方とお話が沢山したいです。でも周囲はいつまでもおもっていると夢叶はお空で幸せになれない、忘れなさいと・・・私は夢叶の話しが今でも沢山したい何でも聞いて欲しい。少しこの本で楽になれました。良いんだよね、今も泣いてもいいよね。


<219>わたしは・・・・・・ 投稿者:SACHIKO  投稿日: 7月14日(日)04時54分48秒

お子さんを亡くされた方々には大変不謹慎なことで恐縮なのですが、わたしが「誕生死」を読むことにしたきっかけは、
「子供を亡くしたひとたちの悲しみに比べれば、子供が元気なだけで幸せじゃないか」と考えて少しでも子供に
優しくできるようになるかも知れないと、思ったからでした。

わたしには長男(小2・7歳)と長女(1歳)のふたりの子がいます。
長女を出産する少し前くらいから、長男の些細な行動が我慢できず、怒鳴りつけるようになってしまったのです。
冷静なときは「どうしてあんなに怒鳴ったんだろう」と後悔し、反省するのに、またちょっとしたことが我慢できず、
ヒステリックに怒鳴り散らしてしまう・・・その繰り返しでした。
どうしても「怒り」を抑えることができず、怒鳴り散らしてしまうのです。
このままではいけない。なんとかしなければ。
そう思い、悩みました。自分でもなぜ怒鳴りつけてしまうのか判りませんでした。
思い悩み、夜もなかなか寝付けず、明け方頃うとうとするしかできない毎日でした。

優しい子です。
優しい子を怒鳴りつける自分が許せませんでした。
わたしに怒鳴られ、泣きながら眠った長男の寝顔を見て、泣きました。
両親もわたしの妹も、そんなわたしを理解してはくれず、何度も注意されました。
唯一、いちばん身近で見ていてくれた夫が、かろうじて理解してくれました。
自分の状況すらまともに理解できない状態でとても辛い毎日でした。

長女出産のため産休に入るまで働いていた会社の部署で、長男の入学で、新居建築で、その後の引っ越しで。
ひとつひとつは些細なことだったのかも知れませんが、無理していろいろ頑張りすぎてしまったらしいわたしは、
ストレスが知らず知らず蓄積されていたのだと思います。
そんなことも気が付かないほどに精神的に余裕が無くなっていました。

その溜まったストレスを、長男を怒鳴ることで発散させていたのでしょうか。
怒鳴りたいわけじゃないのに、どうしても「怒り」が抑えられないわたし。
前の方で書いたように、「誕生死」を読むことで、「子供を亡くしたひとたちの悲しみに比べれば、子供が元気なだけで幸せじゃないか」と考えて少しでも子供に優しくできるようになるかも知れないと、思ったのでした。
世の中には、子供が欲しくてもできない(不妊)ひとや、流産、死産など悲しい思いしてるひとが大勢いる。
そう云うひとに比べれば、わたしはとても幸せなんだから・・・と。
この本を読むことで少しずつでも改善させて行けたら、と思うのです。
今はまだリハビリ中です。


<220>上記の書き込みに対して 投稿者:匿名  投稿日: 7月15日(月)01時48分29秒

母親になるということ(元気な子供を無事に産んだということだけでなく、体内に生命を宿した瞬間から)は、
喜びと幸せに満ちたものであると思われがちですが、反面、一人の人間の命を預かるという大きな責任を
同時に背負うことになるのだと思います。
母性は温かくて優しいもの・・と当たり前のように受けとめられていますが、実はとても哀しくて辛く、
苦しい側面も持ち合わせているものだと私は思っています。

子供を亡くすことは、母親にとってこれ以上ない程の苦しみです。
でも母親は、自分が死ぬまで、いや死んでも、ずっと母親です。
それは子供が生きていても、今、目の前にいなくても同じです。
母親であるがゆえの辛さや哀しみは、誕生死の経験があってもなくても皆が持ち得るものだと思います。
それぞれの生活背景や、価値観、様々な想い、みんな色んな背景を持っています。
哀しみや苦しみ、辛さは人それぞれです。
松村さんのおっしゃるように、母親としてあらためて自分と子供の存在を大事に想う・・
そんな機会を与えられたなら、「誕生死」の意義はとても大きなものだと思います。