『誕生死』掲示板 過去ログ12 <221>〜<240>             


<221>本当に大切なことは 投稿者:みいママ  投稿日: 7月17日(水)17時52分32秒

 1ヶ月ほど前、はじめてこの掲示板に出会えたことで、私の心は少しだけほっとすることができました。死産を経験してから「誕生死」を読ませていただくまでの2ヶ月、その後この掲示板に投稿させていただくまで1ヶ月、一日一日が本当に長い時間でした。
 ここに自分のことを記したのは、何かをわかって欲しかったわけでもなく、方法論をみつけたいのでもなく、まして何かを変えたい!というようなものでもありませんでした。ただただ純粋に自分の今の気持ちと向き合って、声として言葉として相手に伝えられなくても、文章として表すことで自分を確かめられる・・・そんな思いで投稿させていただき、皆様の文章を拝見させていただきました。私だけではなく、ここにこられる方みなさんそうだと思います。
      
 このページが設けられた本来の趣旨を、もう一度心に問いかけることが大切なのではないかと思います。様々な立場の人がここを訪れていますが、やはり本書と同じようにお辛い体験をされた方が多いことは否めないでしょう。私を含め、そうした人々の多くは自分の思いや赤ちゃんのことを話したくても、なかなかそういう相手や場所をもてないのが実情です。だからこそ必死の思いで自分の胸の内を文字に託して、自分の心を確かめているのだと思います。
「私は確かに、大切なあの子のお母さんになったんだよね!」と。

 今、この瞬間にも悲しいけれど辛い経験をされている方がいらっしゃるかもしれません。辛い思いを抱えたまま切ない日々を過ごされている方もいらっしゃるでしょう。その方々がこの掲示板に出会えたとき、ほんの少しでもいいから張りつめた心がふっとやわらぐような、そしてわずかでもいいから前へ進めそうと思えるような、そんな掲示板であってほしいと願います。

 長男を亡くしてからもうすぐ5ヶ月が経とうとしています。直前まで小児科・産婦人科の看護師をしていました。自分もこどもを持つ母親になれる・・と何の疑いもなく信じていました。それだけに、自分の身に起こった事実がまだまだ十分に受け止め切れていないのが現実です。医療従事者としての客観的な立場と、赤ちゃんを亡くした母親としての感情的な立場が、ひとつのからだの中でずっとせめぎ合っている、そんな感じの毎日です。前に進むことはなかなか難しいものです。
 気持ちばかりが先走ってしまい、生意気なことを書き連ねてしまいました。もしお気持ちを損ねられた方がいらしたら、ご容赦ください。


<222>誕生死読みました。 投稿者:えんや  投稿日: 7月17日(水)19時24分55秒

今日、やっとずっと探していたこの本を手にして、電車に乗って帰るまで待ちきれなく近くの喫茶店でページを開きました。でも少し読んだだけで、涙で本が読めなくてやはり帰ってから読みました。私は4月末に7ヶ月に入る前の検診でお腹の子供の心音が確認できない。お腹の赤ちゃんの様子が少しおかしいから、ご主人と今晩入院の用意をして来てもらえますか?と言われました。この時、先生は私の事を心配して赤ちゃんがもう死んでる。とはっきりは言いませんでした。主人が仕事を早退して、一緒に病院に行きました。主人は「大丈夫やて。出血もお腹の痛みもないんやろ?」と励ましてくれました。そう、私は出血もお腹の張りも症状がなくいったて元気そのものだったんです。でも私達に聞かされたのは、もう死んで2週間ほど経っています。という事でした。今まで生きている。と思いいつもお腹の子にしゃべっていた私は一体なんだったの?うそや。なんで?私自信この現実を受け止めるのにどれくらいの時間がかかったのか、よく分かりません。この本の事を見つけるまでは、自分だけ?と思い、変に明るく振舞っている自分が本当の自分じゃなく不安でした。主人ともケンカになり、本当に悩みました。北村 紀子さんの手記のなかでご主人とご仏壇の事でケンカされた事を読み、涙が止まりませんでした。私の家もそうだったからです。主人と言うより主人の母との価値観の違いから、主人と主人の母が大喧嘩になりました。それも私が入院してる時にです。主人はずっと我慢していましたが、一人で耐え切れなかったのか、私がモウロウとしている時にお母さんとケンカした事を私に言って来ました。私は何もこんな時に言わなくても!とその時は思いましたが、後になって主人の姉が、主人が泣いて電話してきた事を聞いてものすごく反省しました。主人は主人なりに自分と葛藤してたんだなぁと思います。何を書いているのか自分でもよく分かりませんが、本当にたくさんのお話しを見て、聞いて勉強させて頂きました。そしてこの本を作って下さった方々に今、感謝しています。主人が帰ったら一緒にまた読んで、主人の感想を聞いてみたいと思います。


<223>私のともだち。 投稿者:いすくのママ  投稿日: 7月18日(木)22時13分23秒

主人にインターネットで頼んでもらい到着後すぐに読ませていただきました。私は2000年に稽留流産を体験しました・・・。その後私の状況を知らない友達は電話で「子供は?」と、聞いて来たので「実は流産したんだぁ〜」って話したらその友達は「そんな事言わなくてもよかったのに〜〜」って言葉が返ってきました。その時私は「子供は?ってあなたが聞いてきたから話したんだよ〜〜っ」て思いましたが、友達としてはそんな辛いこと話さなくてもいいんだよ・・・っていいたかったのだと思います。しかしその時の私には心臓を“グサッ”ってさされた気持ちで、この怒り辛さをどこにぶつければいいのだろう・・・。って苦しんでいました。

また、5年ぐらい前に別の友達が1歳6ヶ月で女の子を亡くしました。その友達はまわりから「今度は死なない子を産んでね」って言われたそうです。その言葉を聞いたときには私でも、ビックリすると同時にそんなひどい言葉があるものだなぁ〜、この人は人間なのか??って思ってしまいました。あまりにもひどすぎます。友達もその時はものすごく辛かっただろう・・苦しかったのだと思います。でも子供を亡くしたその友達は、私に亡くなった子供の事を色々話してくれました。私も真剣に聞きました。そしてその友達は亡くなった子供の小さな写真をいつもカバンに入れ持ち歩いています。私にも見せてくれました。友達が言うには「どこにも連れて行ってあげられなかったから・・・」ってその友達は今でも亡くなった子供の話を楽しそうにしてくれます・・。
なんか感情的になってきてしまい乱文になってしまいすみません。


<224>やっと100日 投稿者:しろくま  投稿日: 7月19日(金)22時56分22秒

 妊娠36週で娘がお空に行き、今日で100日経ちました。
長いような、短いような日々です。
きっと、これからもこんな毎日が続いていくんだと思います。『悲しみを乗り越えて』なんて
人は言うけれど、『悲しみと向き合って』行こうと決めました。
 この100日の間にいろいろなHPを見て考えたのは、この「誕生死」の本を、
中高生の授業や課題図書として読む時間を作って欲しい、ということです。
 若年層に「命」や、「今こうして生きていられる、ということ」がどんなに素晴らしいことなのかを、考えるきっかけになればと思います。
 また、妊婦を対象にした雑誌では「安産」や「赤ちゃんのお世話」ばかりが取り上げられ、「流産・死産」についてはほとんど記述がありません。悲しいお産のこと、その後のココロや身体のこと、同じ産婦人科の待合室に、辛い思いをして座っている人がいるかもしれないことをきちんと取り上げて欲しいと強く思います。
私も、自分が経験するまで、妊婦さんを見て悲しい気持ちになる人がいることなど全く考えもせずにいました。私の場合、産後の検診のたびに他の産婦さんと同じ待合室で過ごしたのがとても苦痛でした。
医療関係者の方には、病院の対応とか無神経な励ましとか、「こうされて嫌だった」という声をもっと知って欲しいと思います。


<225>はじめまして 投稿者:ayaka  投稿日: 7月20日(土)22時05分21秒

 私は2ヶ月前、37週で赤ちゃんを亡くしました。夜中、寝ている時に、突然、子宮が破裂してしまいました。眠りに就く前まで動いていた赤ちゃん・・・。もう、悔しくて、悔しくて、眠ることもできず、泣いてばかりいました。「誕生死」を読ませていただくまでに、少し勇気がいりました。でも、読んでよかったです。同じ悲しみを持つ方々の想い・・・私が言い表せなかった想いが、そこにありました。
 私は、子宮も失い、次の子を望むことも出来ません。幸い、先に、2人の男の子に恵まれていて、どんなに、この子たちが、支えになってくれたことかわかりません。子宮破裂により、私の命も危なかったそうです。赤ちゃんが、2人のお兄ちゃんのために、私をこの世に、帰してくれたのだと思います。赤ちゃんがいてくれた、9ヶ月、とても、幸せでした。これからは、お空の上だけど、それでも家族の一員です。


<226>(無題) 投稿者:3人のママ  投稿日: 7月21日(日)00時55分23秒

娘を誕生死してから2カ月…。あれから主人ともすっかり会話は減り、以前よりもすれ違いの関係になっている様な気がします。
随分前に買った「誕生死」の本は私の心を生かしてくれました。主人にも読んでほしい、私の気持ちを感じてほしい、そう思いいつも目に付く場所に置いていますが、手にとってくれる様子もありません。
明日は納骨です。今、私の枕元にはとっても小さくなった娘も一緒です。私は娘の存在を忘れる事はありません。そして、いつまでも私達が家族だという事を主人にも理解してもらいたい。そんな簡単な事も伝えられないなんて…。
すみません。乱文をお許しください


<227>命 投稿者:匿名  投稿日: 7月23日(火)10時29分56秒

この書き込みを読んで不快に思ったり、それは違うよと言う方もいらっしゃるかもしれないのですが・・・
どうして子供を望む人間の所には ちゃんと産まれて来てくれないのでしょう・・・
子供を望まない人に子供ができたり妊娠したくても妊娠できなかったり・・・
無事 産まれて来てもその命を絶ってしまったり・・・。神様は不条理ですね・・・。
親のエゴで命を消してしまう・・・。先日も若い10代の子の妊娠が判明。
バツの悪そうな顔をして診察室を後にしていました。その可愛い命を私に下さい・・・。
思わず そう思ってしまいました。


<228>しろくまさんに同感です 投稿者:黄色い花  投稿日: 7月23日(火)19時06分11秒

私も同感です。娘を失って今日で48日目です。「誕生死」の本はもちろんのこと、自力でなんとか立ち直るように努力してきましたが、今、思うことは病院側のフォローがもっと欲しかったということ。このホームページを知らなければ、心のよりどころはなかったでしょう。病院側にもっと暖かい対応を強く求めます。当時、どんなに心細かったか、この気持ちはおそらくこの掲示板にリンクしているほとんどの方は知っていることでしょう。私は現在も通院していますが、産婦人科にはいろんな人が通っていて、私たちのようにつらい気持ちをおさえている人もいたんだなとはっとさせられました。今までの私の態度を改めたくもなります。病院側に何らかの問いかけをしたい。日本の医療協会に何らかの対応を強く求めています。私たちに何かできることはないのでしょうか?


<229>忘れていく 投稿者:ゆっちぃ  投稿日: 7月26日(金)14時51分02秒

待望の第2子を不妊治療の末妊娠し、その後、妊娠8ヶ月で死産してしまいました。
死産してから半年。死産後、心身のバランスを崩し、心療内科に通院しだして4ヶ月になります。
死産後、ネットの世界をさまよっているうちに、「誕生死」に巡り会いました。
本屋さんで、たった1冊、ピッカーとピンクに光って、私を待っていました。

悲しいことが沢山ありました。
医者に、「もう、この子(死産した子)はあきらめたほうがいい・・」と宣告されて、嗚咽を漏らす私を見て、こらえきれずに涙を拭いていた看護婦さん。どうもありがとう。あなたも妊婦さんでしたよね。無事出産されましたか?
火葬の日、棺に入れてあげるため、ベビー飲料と、粉ミルクと、赤ちゃん煎餅と、かわいい黄色の花束を病院の売店で買いました。
にぎやかな病院の売店で、死んだ子の為に買い物。うつむくと視界はすぐ歪み涙があふれてきました。
死産後、義母に、死んだ子のお骨を長い間手元に置くと、上の子にやきもちをやいて、上の子に災いをもたらすから早く納骨したほうが・・・と言われました。
そして今。悲しいかな。忘れていく悲しみが。
人間って、忘れちゃうんです。だんだん。何でだろう。
あの子の苦しそうな死に顔も、両手におさまる大きさも、大きさも。
だんだん記憶があいまいになる。
神様、どーして、記憶まで私から奪うのですか。
この世でたった一人。母親の私から、記憶まで奪うのですか。
これ以上、何も忘れたくないのに。
忘れていく悲しみはどうすればいいでしょうか。

忘れられない事なのに、記憶はどんどんおぼろげになります。
たった半年で。私って酷い母親なんでしょうか。
なくなった子への思いは変わらないつもりでいるのに。
こんな、忘れていく事への悲しみを体験されている方、いらっしゃいませんか?私はどうすればいいんでしょうか。どうやって生きていけばいいんでしょうか。
あと、あの子のお骨をどうしても納骨できません。
納骨しなければいけないものでしょうか。そばに置いていらっしゃる方はいませんか?
そして、上の子へはこの先、あの子のことをどう伝えていけばいいのでしょうか。


<230>やっと出会えました 投稿者:あ-ちゃん  投稿日: 7月27日(土)01時39分03秒

友人(3人目で死産を経験)から「誕生死」の話を聞き何軒も本屋さんを回って、今日やっと手に取る事ができました。この友人とは一番上の子供同士が幼稚園の同じクラスで、当時4,5ヶ月の次男(3人目)と2歳の長女を連れて送り迎えしていた時、彼女から、「私も、もし生まれていたら同じくらいの赤ちゃんがいるねん」と聞き、思わず幼稚園で涙してしまってからの付き合いでほんとにほんとに素晴らしい友人なのです。今思えば、私の子供を見るのも辛かっただろうに、よく告白してくれたなぁと思います。実はここ、1年ぐらいの間に私の回りで何人もの友人が死産を経験しています。3人の子供のいる私に何の力になれるだろうという思いと、友人というより友人の友人といった関係もあり、心の中でずーっと気になりながら何もできなかった私にこの本を勧めてくれたのがこの友人でした。彼女の「もっと早くにこの本と出会いたかった」と言う言葉に、なんとしても、この友人達にこの本を知ってもらいたいという衝動に駆られ、あちこち本屋さんを探し回っていたのです。今、本を読み終え、ひりひりする瞼でこのホームページを訪れ、またまた、泣いています。隣の部屋でいつもと変わらず寝ている子供達がこんなにもいとおしく感じるなんて。又、明日からも今までと同じように子供達の世話に追われ、少しは休ませてよ〜なんて思ったりもするんだろうけど、きっと、ちょっと違った気持ちで子供達と関われそうな気がします。そして、そんなにも、親しくない友人達に「いきなり、こんな本(ごめんなさい)持っていったら余計傷つけるんじゃぁないかな」と思っていた気持ちも吹っ飛びました。私は高校で講師をしていますが、生徒達にも是非読んで欲しいと思います。


<231>もうすぐ初盆です 投稿者:のんのん  投稿日: 7月29日(月)17時21分52秒

私は3月6日に初産で双子を出産しました。35週目の緊急帝王切開でした。でも次の日に第一子の子を亡くしました。原因不明でお医者さんには「脳のうっ血、心臓左心室の肥大、胃に穴があいていた」といわれましたが、はっきりした死亡原因もわからず、生後一日のため「出生届を出さずに水子にしたら」ということまでいわれました。私は「元気な男の子2人でしたよー」といわれて安心して、次の日になったら頑張って自力で歩いて保育器の中の子に会いに行こうと思っていたのに…、急に車椅子をもってこられ連れて行かれたところは小児科のNICUでした。すでに旦那は呼ばれていて、その側には延命処置をされた子が。初めて見る我が子の姿はとてもとても痛々しくて、その手に触れるのがやっとでした。
機械で動かされた心臓。このままでは子供をいじめているだけと言われ、なくなく外した機械。
夢であってほしい、だって昨日は2人とも元気だったはずなのにと、信じられずにいました。
「1人いるだけいいじゃない。また次の子早く産めばいいよ」そんな慰めのような言葉も、私にはたえられませんでした。あの子は1人しかいないのだから。

今は半年かかるといわれた解剖の結果を待っています。悩んだ末の解剖でした。本当は嫌だった。でもこの子がなぜ死んだのか、親として知っておくべきだと決断しました。お子さんの死後解剖を経験された方がいらしたら、教えて欲しいのですが結果はどのようにくるのでしょうか?本当にくるのかさえ心配です。今は日常、その子の事は心に想い、2子を育てています。愛情をたくさんそそいで…。
「誕生死」を読んだことで、何かが前にすすんだ気がします。


<232>時薬を実感しました 投稿者:みい  投稿日: 7月29日(月)17時44分05秒

婦人公論で誕生死を知り、読んでみました。
私が次女を死産してから8月で10年になります。
本を読ませていただき、あの時のことを何も忘れていないこと、あらためて、どんな風に10年を過ごしてきたか思い返してみました。
結婚して4年目にようやく長女を授かり、その4年後に子宮外妊娠で左卵巣をなくし、ほとんど諦めかけていたそのまた4年後、38歳のときでした。
妊娠中毒のこと、産院での出来事、医師や看護師の対応、なぜ自分だけこんな目にと自分を責め続けた毎日、周囲の不用意な言葉など、自分の経験したことのひとつひとつがこの本の著者の方々の経験と重なります。
パニック障害になり、鬱になり、母親も妻も満足に出来ない10年だったと思います。
私と同じ経験をした方々が書かれた誕生死を読み、同じだと思いながら、でも、いつのまにかそのことが自分にとって生々しい出来事ではなくなっていることに気づきました。
時に癒されていたんですね。
子供を亡くした悲しみは、消えるものではないけれど、この世に生まれなかった子供のことは周囲の人からすればなかったものとされてしまうことが多く、一生自分の中で抱えていくしかないことだと思います。でも時が時が薬になる、とどなたかが書き込みされていましたが、この本を読んで実感しました。
そのことに気づかせてくれた誕生死との出会いに感謝します。


<233> 投稿者:ゆきみ  投稿日: 7月29日(月)22時56分11秒

私も双子を23週で出産し、二人とも生後1週目、10日目になくなりました。最初に亡くなった子の時は医学解剖を承諾しました。亡くなった原因を調べるとともに、これからの未熟児医療に役だてたいと言われ、その時はまだ下の子が生きていたので、その子の為にと思う気持もありました。しかし、下の子が亡くなった時はしませんでした。あまりにもかわいそうな状態で亡くなったので、そのまま楽にしてあげたかったからです。どれが一番良い方法だったのか今だにわかりません。解剖はたしか半日程時間がかかりました。結果は迎えにいった時直接医師から教えてもらいました。待つのは辛いですね…頭に傷がつくかもしれないと言われ、こども用のかわいい靴下を買い、つま先で、帽子をつくってもっていきました。


<234>知ってもらいたい 投稿者:みいママ  投稿日: 7月30日(火)14時00分06秒

婦人公論、アエラ、ともに読ませていただきました。こうした記事というのは、いままではほとんどなく、あっても医学系や看護系のごく限られた専門誌でしか目にすることができなかったので、このような形で多くの人が手にする雑誌に特集されるというのは、自分たちの存在に光をあててもらえたように感じられ、力強く思えます。誕生死の経験の有無に関わらず、一般の多くの方々に誕生死を取り巻く様々な現実、心のケアの必要性、動き出した周産期医療・看護の実際などを理解してもらえたらと思います。

私自身は産院の医師・助産師・看護師はじめスタッフの方々には恵まれ、辛い入院期間ではありましたが、なんとか乗り越えて家庭での生活に戻れました。
常位胎盤早期剥離で児心音がないとわかった時点から出産まで、ずっと助産師さんがそばについて声をかけてくれて、ひとりぼっちで陣痛に耐えることもなく、お産の全経過を見守ってもらえました。「赤ちゃんに会ってみようか」と婦長さんが連れてきてくださり、抱っこして夫といっしょに親子三人の時間を充分に過ごせました。入院する部屋もほかの産婦さんとは別のフロアにしていただくなど、こちらから望む前にこまやかな配慮をしていただき、精神的な部分ではかなりサポートしていただいたと思います。
抱っこして写真を撮ったり、小さな手形や足形を残す、遺髪やへその緒を残すなどのケアをする施設があったり、そういうケアを受けられたお母さんがいることを知り、だいぶあとになってからちょっぴり寂しい思いもしましたが、こうした直接的なケアや精神的なサポートがごくごく自然に行われる医療現場が増えていってほしいと願ってやみません。

もうひとつ思うことは、誕生死によって赤ちゃんを亡くしたお母さんとお父さんだけでなく、その両親(おじいちゃん、おばあちゃん達)にも何らかの形で心のケアが必要なのでは?ということです。産後、実家に2ヶ月ほどいましたが、両親と赤ちゃんのことを話す機会というのはほとんどありませんでした。お互いに口にすると悲しい思いをよみがえらせてしまうから・・・と気を使っていたように思います。先日実家に帰ったとき、産院の婦長さんからいただいた手紙(その後の様子を気遣っての)を見せたところ、ぽつりと「どうしてああいうことになったのか、今になって聞いても何も(あの子には)できないけど、この次なにかしてあげられることはあるのか、何に気をつけてやればいいのか、話を聞いてみたいね・・・」と母のほうから口にしました。母には母なりの思いがあったことを知り、医師や助産師から説明されたことをわかりやすく伝えたり、赤ちゃんのことをもっと自然に話していればよかったかなとも思います。あかちゃんを取り巻く家族全体へのケアの充実が必要なのでしょうね。

なにか自分なりにできることがあれば・・・とも思うのですが、まだまだこうして自分の気持ちを整理するのに精一杯かなというところです。きょうはみつき君のひいおばちゃんの祥月命日です。抱っこしてもらってニコニコ顔のごきげんな赤ちゃんでいて欲しいなと願うお母さんです。


<235>戸籍には存在しないけど 投稿者:ラビット  投稿日: 7月30日(火)23時55分38秒

夫と私は、新婚の頃からすぐにでも赤ちゃんが欲しくて、それでも出来ずに、2年程前から、2人3脚で、不妊治療をしています。今年の3月に、初めての高度医療で有る、体外受精に踏み切っての、待ちに待った、妊娠。ずっと続く生理を不審に思い、何気なく試した市販の妊娠検査薬で、治療に係っている、総合病院で知りました。待ちに待った妊娠、それが、子宮内で有れば・・。左卵管部への、子宮外妊娠。医師や看護婦の前では、冷静に振る舞っていたものの、色々な気持ちが交差しました。 産む事は出来ない、それは理屈ではわかっているのに、私が死んでもいいから、無事にこの子を何とかこの世で、生を受けれられないのかと。そんな事を考えながらも、9週もそこにいたのに、母親でいられたのは、入院当日の晩だけ。掻爬後、同じ病棟内のどこかで、赤ちゃんの泣き声が聞こえた時は、涙が止まりませんでした。本書の、皆様から比べれば私は、まだ短い期間で済んだと、とられるのかも知れない。でも、毎号購入している、「赤ちゃんが欲しい」の最新巻で、本書を取り上げているのを拝見して、わらをもすがる思いで、読ませて頂きました。
今回の事では、同志でも有る、夫も読みたいといい、2人して、早くに読破しました。彼も、「うんうん、よく分かるよなぁ、俺らとはまた違う意味で、辛いよなぁ」と、言っています。1人目を亡くしても、2人目を亡くしても、辛い。私たちのように、3ヵ月で、戸籍には載らないし、男の子か、女の子さえもわからない。でも、これから子供が出来ても、私たちの中では、亡くなった子が、お兄ちゃん(あるいはお姉ちゃん)だと、思っています。また、後書でも書かれていらっしゃるように、医療機関に携わる方々にも、是非読んで欲しいものですね。ただでさえ悲しいのに、看護婦さんは、事務的にこちらの気持ちもおかまいなしに上から押さえ付けるように、世話を焼き、一層辛かった。


<236>誕生死を読んで・・・ 投稿者:koba  投稿日: 7月31日(水)18時36分22秒

本を探してやっと今日手にしました。あっという間に読み終わり何度も泣きました。
私も5月に5ヶ月でダメになってしまったのです。
一度目の自然妊娠は初期流産。不妊治療で授かった二度目の妊娠は無事出産現在4歳の娘がいます。そして今回の妊娠は死産。何で私ばかりこんなに辛い思いをするの?ホントに赤ちゃんはお腹の中で死んでしまったの?辛くて沢山泣きました。本を読んで改めて私ばかりじゃないんだと知りました。私だけじゃないと安心・・・って事ではありません。同じ思いをしても頑張っていらっしゃる方がいてくれるのが励みになります。
お腹の赤ちゃんを産むために一日入院をしました。午前中に子宮口を広げる処置をして、夕方もっと広げるために太い物と交換。予想以上の痛さと赤ちゃんを失った悲しみとごちゃまぜになり泣いてしまった私に看護婦さんは「今まで頑張って育てたんだもんね。悲しいね。沢山泣いていいんだよ」と、後は何も言わず背中をさすってくれました。翌日陣痛をおこして産まれた赤ちゃん。
迷わず見せてくださいと言った私でした。想像をはるかに越えた小ささに更に悲しみは深くなり「元気に産んであげれなくてごめんね」と何度も繰り返しました。死産届に記入された赤ちゃんの大きさはわずか8センチ、10グラム。看護婦さんは辛かったら預かりますよと言ってくれたけどずっと枕もとに置いてもらいました。何度も何度も箱を開けて赤ちゃんを見て、泣いて泣いて。
その日に退院してそこで赤ちゃんとさよならしました。最初は少しでも残るなら遺骨をひきとる考えでしたが、全ての処置が終わりその状況を受け止められて全部を葬儀やさんに任せたんです。だからその赤ちゃんの物が何もありません。まだ、お寺に行く気になれない私です。なかなか悲しみが消えず、それでもメソメソしてたらダメ早く元気になろう・・・と頑張ってる私に父が言ってくれました。「人間なんて、そんなにうまくいかないよ。これは楽しい思い出だからとっとこう。こっちは悲しい思い出だから消そう何て出来ないんだから。それに、無理にお寺に行かなくたって思い出してあげる事が一番の供養なんだよ」と。そういってもらえて気分が少し楽になりました。そっか!無理に忘れる事は無い。沢山赤ちゃんを思って悲しい時は我慢せず泣けばいい。
今でもまだ精神的に復活していませんが、赤ちゃんを抱きたい気持ちは消えません。
逝ってしまった赤ちゃんの分も元気な赤ちゃんを授かる様に毎日明るく過ごしたいと思っています。長くなってしまいごめんなさい。でもこんなに沢山お話しが出来て良かった。
誕生死・・・これからも何度も読み返すと思います。


<237>掲示板を開く 投稿者:ちかこ  投稿日: 8月 3日(土)22時37分14秒

私は今から八年前の4月、37週と4日で胎内死産を経験しました。37週の検診に行ったとき医師から「赤ちゃんの心音がない」と告げられました。そして大学病院を紹介されたのですが、救急車を呼ぶ訳でもなく医師は「タクシーで行きなさい」と言ったのです。私は「えっ?」と思いました。急いで大学病院へ向かいました。パニクッていた私は赤ちゃんを助けたい一心だったのですが冷静に状況を判断すれば「間に合わなかったんです」。受付の看護婦の手違いで中々診察してもらえず、一人外来ロビーで泣いていた時、外来看護婦の婦長さんに理由を問われ、すぐさま診察に。結果は胎内死産、死亡の原因は胎児を解剖してみないと分らないと言われました。死因はさい帯がねじれていて胎内で窒息死、子どもは五体満足で健康な男児でした。悔しい思いで一杯です。
八年もさかのぼるのに、その時起こった事や周囲から悪気の無いの言葉や自分自身からいまだに立ち直っていません。4月にTVで偶然「誕生死」の出版を目にし読みたい!と思いましたが手に入れる勇気がなく三ヶ月も過ぎ読みました。そして、このホームページや掲示板を通し、随分気持ちが楽になりました。今、最大の悩みは死産した二年後に娘を授かり、現在6歳になります。妊娠中も子育てにおいても、死産した子どもと生きている娘が重なって精神的に追い詰められる時もあり、娘に辛く当たっりして、そんな自分が嫌でたまりません。主人にも今更・・・という感じで話題にも出来ません。皆さんの投稿を拝見し、少しずつ気持ちを整理する良いきかっけになっています。今夜は私も投稿してみました。周囲の人は「忘れなさい」と言いますが、生涯忘れる事の出来ない事実のひとつです。また、実生活をしていると忘れている時間も多くなります。生きているのでしょうがないのですが、もっと自然に考えられるように頑張って行きたいと思います。


<238>はじめまして。 投稿者:なおなお  投稿日: 8月 7日(水)02時15分46秒

私は今年2月に「誕生死」という悲しい体験をした者です。
新聞で「誕生死」の出版を知りましたが、何故か勇気が持てず、今だ手にしていません。きっと涙を流すのが怖いのです。この八ヶ月ずっと泣いてきたから・・・。
(私の体験については今後みなさんに聞いていただくかもしれません)
      
初盆についてですが、納骨しているお寺へ主人とお互いの両親とで行く予定です。
正式な(?)お葬式ではありませんでしたが、お坊さんに来ていただきひととうり行いました。ただ仏壇などは用意せず、事あるごとにお寺に行って供養する様決めました。
「誕生死」というケースは供養の仕方も様々で、難しいですね。
私達のやり方で良いのかわかりませんが、「ずっと忘れずに供養する」ことが大事だと思っています。


<239>はじめまして 投稿者:モモ  投稿日: 8月 8日(木)20時09分42秒

私は、学生時代、生命誕生の感動と喜びを知り、助産婦になりました。現在は、産婦人科病棟に勤務しております。働き出してから、さまざまな出産に立会い、喜びとともに、悲しみがあることを知りました。習慣性流産、病気で中絶を余儀なくされた人や、子宮内胎児死亡、常位胎盤早期剥離、さまざまな悲しい死産に立会い、自信をなくし、悩みました。そんな時、患者様に、どんな言葉をかけたらよいのかわからず、涙を流すことしかできない自分を、本当に情けなく思いました。私自身は、妊娠・出産の経験はありません。そんな私が、患者様の気持ちを理解するにはどうしたらよいのか、患者様は、私たち医療従事者に何を求めているのか、患者様の気持ちをより深くわかりたいと、「誕生死」を手にしました。読みながら、「生」と「死」をその身で体験する悲しみ・苦しみ、その後の心の傷が深く伝わってきて、涙が止まらなかったです。そして、この本を読み終えて、これからの患者様との関わり方を、私自身の中で、少しずつ少しずつ見つめていこうと、「私の看護観」という短い看護日記を、毎日つけるようにしています。その中で、自分を振り返ることにより、よりよい看護・患者様との関わりができるように、努力していきたいと思います。まだまだ、自信のないことも、悩むこともたくさんあります。でも、逃げ出さないで、向き合っていきたいと思いました。私にはできないとあきらめるのはやめる。できないから、やってみる。解らないから、勉強する。知らないから、調べてみる。患者様のことを知りたいから、話をする。そうやって、広い視野で心と体の両方の角度から、患者様を看ることができる助産婦になりたいと、心から思いました。


<240>いつも読んでます 投稿者:たえこ  投稿日: 8月 8日(木)23時16分26秒

結婚2年目で、双子の娘たちを臨月で死産してからもう12年たちます。
3日前の検診のときは元気だったから、あの日の朝、グルッと動いた後静かになってしまったのに、「出産が近づくとおとなしくなる」という育児雑誌の記事が頭にあって、死産なんて思いもしませんでした。
赤ちゃんや妊婦さんを見るのもつらいときに、「子供はいいよ。どうして作らないの?」とか、「作り方おしえてあげるよ」などと言われたのは、今でも不愉快に思い出します。あれから、「子供の予定は?」「二人目はまだ?」というセリフを人に言わないと決めました。
その後流産もしましたが、二人の娘に恵まれて、毎日忙しくしています。
でも天国にいる3人のことを忘れることはできません。今は12歳と9歳になって、神様の仕事を手伝っていて、いつも私たち家族を守ってくれていると信じています。
二人の娘が健康で、あまり心配事もなく素直に育ってくれているのも、3人の能力も備えているからだと信じています。
遺骨もなく、超音波の不鮮明な写真がわずかに残ってるだけですが、母親の私だけでもと思い、いつもいつも心の中で話しかけてます。最近は娘も「本当は双子のお姉ちゃんがいたんだよね」と言う事があります。3人が私のお腹の中に存在したのは、家族にとって意味のあることに違いないと思っています。
3人のことについてはもう誰とも話すことはありませんが、このページを読んでいる人には聞いてもらえると思うと、とてもうれしくて投稿してしまいました。
あの時のつらい出来事ははっきり覚えているけれど、悲しい気持は確実に薄らいできています。
誕生死を経験したばかりの方にはまだ無理かもしれませんが、この最悪の経験が自分にとって貴重な出来事と思える日が必ずやってきます。事実を受け入れて前を向いて生きてください。
私は無宗教ですが、乗り越える能力があるから神様が試練を与えたのだろうと思うことにしています。