『誕生死』掲示板 過去ログ13 <241>〜<260>            


<241>はじめまして 投稿者:ちわわ  投稿日: 8月 9日(金)22時25分05秒

はじめまして。私は産婦人科の医師をしています。周産期センターを併設している病院に長く勤めていたこともあり、数々の死産流産を診てきました。私自身も4度の流産を経験していますが、いまだに、誕生死を経験された患者さんになんて声をおかけしたらよいのか、悩んでおります。みなさまがかかれていた医療従事者の方々への言葉重く受け止めたいと思います。私は自分自身の経験から、お母さんには赤ちゃんとの面会を勧めてきました。また、家族が望むまで、できる限り一緒にいていただくようにしてきました。ただ、忙しい日常診療の中で、現在の産婦人科のシステムではどうしても、元気な赤ちゃんや妊婦さんと廊下を隔てた反対側の病室に入院していただくしかなく、赤ちゃんの声が聞こえてしまい、幸せそうな妊婦さんや褥婦さんの姿が見えてしまうのが現状です。今後、産後のケアも含め、改善されていくように努力して行くつもりです。本当につらい経験を本にしていただきありがとうございました。


<242>投稿している皆様へ 投稿者:ちかこ  投稿日: 8月11日(日)19時43分03秒

この掲示板を開くと「誕生死」を経験されたお母さん達の気持ちが伝わって来て、とても勇気づけられる毎日です。八年悩んで萎縮していた自分の心の中のモヤモヤが少しずつ解凍されていくようです。「誕生死」になってしまった赤ちゃん達も、この場を借りてお母さん達が元気になれば・・きっと空の上で笑ってみていてくれるし、家族を守ってくれていますよね。
医療やそれに準ずる現場にいらっしゃる方も「誕生死」をもっと理解して貰って、出産時や心のケアを考えて貰えたらな〜です。モモさんみたいな前向きな助産婦さんがいらっしゃる事も嬉しい事です。胎内死産を告げられた妊婦は、はたから見ると健常の妊婦と何も変わらないのです。
周囲の人から見ると大きなお腹してる、もう直ぐ生まれる妊婦さんなのです。
誕生死を経験したお母さん達なら誰にでも経験してきた悲しい思い出の一つです。モモさん、心のケアのお勉強是非お願いします。


<243>命 投稿者:ふくふく  投稿日: 8月18日(日)20時50分05秒

『誕生死』の存在をHPで知り、さっそく購入しました。
7月末に初めての子を流産した私は、毎日を不安定に過ごしてしまっています。
自分の気持ちを閉じ込めたまま、周りには元気な私を見せています。
『誕生死』は、私の気持ちを代弁してくれているかのように思いました。
辛い思いをされている方が、こんなにもいるなんて…
私が先生に「流産の可能性は半々くらい」って言われた時は、“この子の命が助かるなら私の命はいらない”って真剣に思いました。
でも、私のお母さんが産んでくれた命を、そんなふうに思ってはいけないんですよね。
頑張って産んでくれたんですから。
この年になって(29歳です…)今更なんですが
「産んでくれて本当にありがとう」って両親に伝えるつもりです。この本を添えて。
こんなふうに思えたのは、この本のおかげです。
もしもまた私に子供ができて、その子が成長してくれたらこの本を読んでもらおうと思ってます。
命の尊さを分かってほしいから。心の傷が分かる子になってほしいから。

私と同じ時期に、旦那の会社の奥さんが7ヶ月の子を誕生死されたんです。
面識はないのですが、少しでも力になりたくて、旦那を通して『誕生死』を贈らせてもらいました。
私はこの本に、とても励まされたから。
もし今は辛くて読めなくても、いつか読んでもらいたくて贈りました。

『誕生死』のHPの事を伝えた友達から
『あまり悲しいHPばかり見ちゃダメだよ。私も人の体験談を読んでたら、どうしようもなくなった経験があるから』
ってメールが入ったんです。
その後、謝りのメールが入りましたが、ショックで少し落ち込みました。
5月に出産を経験した友達は
『あの本、探したけどなかったの。取り寄せてもらって読ませてもらうね』って言ってくれたんです。
嬉しかった。

老若男女を問わず、みんなに見てもらいたい。
小学校で教材として使ってはもらえないのかな…って思ってます。

この本に出会えて嬉しかったです。
この子と一緒に、ずっとずっと大切にします。


<244>(無題) 投稿者:友優  投稿日: 8月19日(月)00時27分13秒

胎児水腫の文字に吸い込まれるように、この本を買いました。平成8年に長男を出産。40週0日胎動が急になくなり病院で検査をしたところ、赤ちゃんの心音が弱ってるということで緊急帝王切開で出産。胎児水腫による仮死状態でした。医師からは、「交通事故にあったと思ってあきらめてください。」と。一命はとりとめたものの、重度の障害が残りました。もうすぐ6歳になりますが歩けない、食べられない、話せない、何ひとつ自分ではできません。始めの頃は、「生きていてこの子は幸せなんだろうか」とも思いました。よく「五体満足で生まれれば」と聞きますが、「生まれてきてくれるだけでいい」と思えるように、なりました。でも、「誕生死」を読んで「おなかにきてくれるだけで親孝行なんだ」と実感しました。たまに、「この子が健康だったらな」「一回でいいからママって呼んでくれたら」と思うこともありますが、この本に出会えて本当に大切なことが改めて分かりました。長男の胎児水腫の原因は未だ不明です。胎児水腫でお子さんを亡くされた方が多いことに驚きました。これから、今まで以上に長男を大切に育てていきます。素敵な本をありがとうございました。


<245>はじめまして 投稿者:みく  投稿日: 8月19日(月)19時01分39秒

NHKで誕生死の本のことを知り読ませていただきそれからこの掲示板を読み皆さんの
貴重な体験を知ることができました。私は42歳で4歳の双子の女の子がいます。
主人も私も高齢にもかかわらずどうしても男の子がほしくて第3子に挑戦してきました。
もう年だし二人子供がいるから良いでしょうと言われたりもしましたが
双子がなんのトラブルもなくうまれたことをいいことに能天気でした。
それが今年になり2回流産しました。まさか自分が流産なんてしかも2回も・・・
どちらも初期流産で多分高齢のためと思うのですが悲しくて悲しくて健康な子供たちすら、
その健康が逆に憎らしくさえ思えたり・・・
毎日他人にうちあけられないまま幼稚園に子供を笑顔で送っていった後家で泣いてばかりいました。
そういう時に限って仲良しのママが妊娠し何事もなかったようにおめでとうというのも皮肉なものです。
でも皆さんの経験を知り涙を流しつつ少しずつ元気をとりもどしています。
この本に出会えて救われました。ありがとうございました。


<246>はじめまして。 投稿者:ぺこ  投稿日: 8月19日(月)21時22分35秒

はじめまして。。。
私は、8月6日に35週で誕生死致しました。
一週間前の診察では特に異常はなく、前日も普通に生活をしていたのですが、突然の腹痛で
病院を受診したところ、すでに赤ちゃんの心音はなく、私自身の状態も悪くなっていて、
出血が止まらなければ、子宮全摘も予告されました。
その時は、先生が言われている事を受け入れられず、ただ痛みと驚きで泣いていました。
一先ず、帝王切開をしてみて子宮全摘を考慮されるとの事でしたが、何とか出血が止まって、
子宮は無事でした。でも、赤ちゃんの声を聞けず、母乳をあげることも出来ず、今でも時々涙がこぼれます。
皆さまの投稿を読ませて頂いて、同じく悲しい思いをされている方がいらっしゃる事を知り、
私も元気を出さないと、、、と思っております。
でも、今は自宅にある骨壷とへその緒に向かって、話しかけては涙を流しています。
しばらくは、涙が止まらない日が続くかと思いますが、楓弥といっぱいお話をしたいと思います。


<247>読みました。 投稿者:なおなお  投稿日: 8月20日(火)00時29分11秒

こちらへ来た事をきっかけに「誕生死」読ませていただきました。私達家族に起こった出来事とリアルに重なり、涙で・・・読むことは辛い作業となりました。
でも、子供が死に至るまでの経緯や気持ち、残された者の今日までとこれから・・・同じ思いをしている人達が居るんだと思うと「私も強くなろう!」と改めて心に刻むことが出来ました。
「あとがき」の書かれた2002年2月22日、娘は生後9時間でこの世を去りました。先天性の病気である事が妊娠中にわかり、臨月まで待っての計画的出産(帝王切開)でした。生まれ出てすぐ死の危機にさらされる病気で、かなり重症だと言われていました。
あれから半年が過ぎようとしています。当時の私は大きな悲しみに押しつぶされそうで「この悲しみは半年後、1年後・・・10年後、どうなっているのだろう?いつか救われる日がくるのかな?」としきりに考えていましたが、半年たった今もやはり同じ事を考えています。悲しみがどんどん小さくなって、娘と過ごした幸せな10ヵ月の気持ちで心がいっぱいになる日が来るよう、前向きにがんばりたいと思っています。


<248>誕生死から半年過ぎて、、、 投稿者:伊織  投稿日: 8月20日(火)22時00分12秒

今年2月12日に2人目の女の子<愛>を静かに産みました。一週間前の定期検診ではなんの異常もなく36週5日目の事でした。胎動がないなと気になっていたのですが一日二日様子をみてやっぱりこんなに心配なら一度みてもらったら安心できるはず、と主人と長女と一緒に病院に行きました。車のなかで私はなにもわからない長女(2歳)に「赤ちゃん元気だよね」って聞いていました。でも病院で待っていたのはあまりにも衝撃的で辛い現実でした。赤ちゃんの心音が確認できません。その言葉をきいた時のことを思い出すといまも震えがくるような心臓がキュッと縮むような感覚がよみがえります。いままでこのホームページを何度も訪れ何度も体験を綴ろうとしたのですがどうにもうまく文章にならず途中でやめていました。誕生死の本を読み慰められたり、また自分の体験も知ってもらいたい、ともがいたりほんとうにいろんな感情が自分の中で浮かんでは消え、高まっては静まりしてきたように思います。今日友人の赤ちゃんが産まれお見舞いにいってきました。家族の方が赤ちゃんをかこみ太陽が明るく入る病室に一歩入ると私は周りが正視できませんでした。長女をつれてそそくさと帰ってきて実家の母の前でわんわん泣いてしまいました。私も出産したのにあの時の悲しい私の病室とは正反対の情景にまた悲しみが襲ってきたのです。“なんでなん・・・”もう何度も繰り返してきた問いかけです。私はこの悲しみ一生背負っていくんだな。と実感しました。でもこれはけっして悲観的な気持ちではありません。こうして何度も思い出し悲しみそれでもまた前を向いて歩いていく心のハードルだと思います。飛び越えるたび強く優しくなっていく自分でありたいとおもいます。私の泣き顔をみて長女がとっても心配そうに不安な表情をしていました。そう私は今こうして元気に成長しているこの子の母なんだ、しっかりしなきゃ!と元気と愛情がわいてきました。あの日から半年がたちやっとこうして自分の今の気持ちを伝えれてうれしいです。同じ体験をしたみなさんきっと私達強くて優しい人間になっていますよ。あの子達がそうさせてくれたんですよ。あの子達の生まれて、そしていなくなった意味を無駄にしないように生きていきたいですね。


<249>(無題) 投稿者:岡田ひとみ  投稿日: 8月21日(水)09時56分36秒

私も10年前23歳の時に初めての子供を42週で死産しました。
2900gの女の子でした。栞という名前をつけました。
原因は足首にへその緒が固く結ばれていました。
隣の部屋から聞こえる赤ちゃんの泣き声に絶えられず
何度も死にたいと思いました。病院の窓から飛び降りようかとも思いました。
一生忘れることの出来ない、忘れたくない・・・
でもあの子の事で夫婦の絆が強くなりました。そしてお互いの両親も同じ苦しみを乗り越えて、とても仲良しです。
現在は3人の男の子にめぐまれました。(8歳、6歳、2ヶ月)
3人目は今年の6月19日に生まれたばかりです。
星になった栞がずっと私たちを見守っていてくれると思います。


<250>泣きました。 投稿者:あやや  投稿日: 8月23日(金)01時32分19秒

「誕生死」、読ませていただきました。
途中、何度も涙を拭いながら読みました。読み終えて涙が止まりませんでした。
私は2000年8月と2002年5月に流産を経験しています。
2001年7月には娘を授かりましたが、彼女は先天性の心臓病を患っています。
二度目の流産の時に思いました。
「子供を健康に授かることのできない私は、もう二度と子供を授かるまい」と。
周りには流産の経験も心疾患を持つ人もいないので、私の悩みは苦しみは誰にも理解されずにきました。
思いっきり泣くこともできず、自分の胸の内を話すこともなく、ただ一人考え、思い、涙する毎日でした。
出口のない迷路を、答えのない問題を繰り返しさまようだけ。
誰にも聞いてもらえず、それどころか避けられてしまう現実にまた涙・・・
この本を読んで、同じ思いをしている人がいるんだと思うと、何だか救われた思いがします。ありがとうございました。


<251>愚かな自分 投稿者:ひろ  投稿日: 8月23日(金)10時32分36秒

切迫流産のため仕事を休み自宅安静していた時テレビでこの本が在ること知りました。せっかく著者の方が自らの悲しみを伝えてくださっていたのに、なんて辛い経験したのだろう思うだけでその時は読みませんでした。我が身に起こる事だったなんて!数ヵ月後、早産という形で誕生死を迎えました。退院後すがる気持ちで購入し読みました。私と同じ思いの文章に安心したり、うらやましく思ったり、いろんな気持ちで泣きながら読みました。妊娠して無事生まれるのが当たり前と思っていた自分が恥ずかしいです。


<252>泣きました 投稿者:めぐさん  投稿日: 8月23日(金)11時48分52秒

私は、今年6月9日に37週で、死産しました。早期胎盤剥離でした。普通は、激痛や出血があるということですが、私の場合は、何も症状がなく、先生も、こんなケースは、初めてだとおっしゃっていました。中で、出血をしてるということだったので、帝王切開で分娩しました。2400gの女の子でした。ずっと順調にきていたのに信じられなく、何で自分だけが?と悔やんでも悔やみきれませんでした。周りの友人は、無事に出産していて、とてもうらやましかった。誕生死の本を知って、早速、購入し読みました。最初から最後まで、涙がとまりませんでした。私と全く同じ経験をしている人、もっと辛い経験をしている人たくさんいることを知り、辛いのは、自分だけじゃないと勇気づけられました。出産というのは、命がけ、一人、一人、状況が違い、大変なことだと改めて分かりました。ありがとうございました。


<253>思い出しました 投稿者:みゆ  投稿日: 8月23日(金)15時33分08秒

現在は3人の子供の母親ですが八年前に2人目を39週で死産しました。死因は臍帯狭窄でお腹の中で死んでしまいました。本当にショックでした。赤ちゃんには主人と両親が会いましたが私は見たい気持ちもありましたが気力がありませんでした。今になってあの時会っておけば良かったかなと思います。病院の先生にも「やな事は早く忘れて、事故だったんだから」と言われましたが、そんなことはできませんでした。今は、忙しく毎日過ごしていますがお墓参りやお盆には涙が止まらなくなります。赤ちゃんの思い出の品と言ったら母子手帳と超音波写真だけなので寂しいです。もう少しかたちに残しておいてあげればよかったと思います。今朝新聞を読んで、死産でも積極的に赤ちゃんに会うことを勧めてくれる病院があることを知ってとても嬉しく思いました。


<254>ありがとう・・・ 投稿者:あや  投稿日: 8月23日(金)21時16分56秒

今年の四月、常位胎盤早期剥離で初めての赤ちゃん(男の子)を死産しました。33週でした。
大量の出血をしていたので緊急で帝王切開をしましたが、すでにお腹の中で天使になっていました。それを知った時は私自身も危険な状態で泣く気力もなく、ただただもう全てが終わった、という絶望感だけでした。赤ちゃんに会うのはとても怖く、悲しい、苦しい顔をしていないだろうかと思いましたが、先生のすすめもあって会ってみると、とっても穏やかな顔で今にも動き出しそうな感じでした。怖いと思ってしまった自分が情けなく、心の中で「赤ちゃんごめんね」と謝りました。
退院後、だんだんと悲しみが増してきて外出するのも怖く、家に閉じこもっていました。そんな私を元気づけようと主人は休みのたびにいろんな所へ連れて行ってくれましたが、車の窓から見えるベビーカーを押したお母さん、目的地では幸せそうな家族連れが目に飛び込んでくるたびに涙が溢れてうつむいてしまいました。どうして自分だけ!とそればかり思っていましたが、この掲示板でたくさんの方のお話を読んで、誕生死を読んで自分だけじゃないと少し前向きになれました。
私たち夫婦にとって大切な赤ちゃんを失った事は人生で最もつらく悲しい出来事でしたが、赤ちゃんからたくさんの幸せももらったと思っています。
希望に胸膨らませていた9ヶ月間、自分の命を犠牲にして助けてくれた私の命、あのまま出血が止まらなければ取らなければいけなかった子宮、より一層強くなった夫婦の絆。
救急車で運ばれた病院は先生も看護師さんもとてもすばらしい方ばかりで、これも赤ちゃんのおかげだと思っています。
たくさんの幸せをもらったにもかかわらず、ちゃんと産んであげられなかった。ごめんね、そしてママを助けてくれてありがとう、と手を合わせる毎日です。


<255>忘れないよ 投稿者:友香  投稿日: 8月24日(土)00時32分09秒

わたしは二人目を四ヶ月で流産しました。生きていたら9ヶ月になっているはずです。一歳前後のこども見るとき私のあの子もこんなぐらいかなと思わずにはいられないです。もうすぐ1年が経とうとしてますけど私はまだ次の子が欲しいとは思いません。主人もあの子の話は一度も出すこともなくただひとりっこはかわいそうといいます。たぶんあの子の父親にはなりきれないんだな、と思っています。誕生死をよんで私はよかったなと思います。私だけじゃない、みんながんばってる、あの子の事を考えながらいこうと思えるようになりました。私のことを選んで少しの間だけ来てくれたんだから、と。


<256>読みました。 投稿者:TEKO  投稿日: 8月24日(土)11時03分49秒

昨日も投稿させていただきました。あれから本屋さんを巡り歩きやっとこの本を手にする事ができました。読んでいるうちに8年前のあの日のことやその後の自分の気持ちが思い出されました。当時はあまり話を聞いてくれなかった主人にも「こんな本買ってみた。今朝新聞に載っていたの。私と同じ経験をしている人たちが書いたものだよ」と言うとその本に新聞の切抜きを張ってくれました。そしてその頃の話もしました。今になったからできるのかなぁと思いましたが、おだやかな気持ちになりました。4年生以上の子も読めるようにと書いてあったので、小6になる長女にも薦めましたら読んでいました。そして、あの時私は悲しさと共に人の暖かさも経験したのだという事も思い出しました。病院の看護婦さん、近所のお友達、子供の幼稚園のクラスのお母さん方。私が退院したという事を知って、お花を持ってきてくれたおんなじマンションのお友達。玄関先でふたりで泣いたっけ。でも、涙と共に何かが消えていくような気がした。そして、家族。赤ちゃんを亡くしたんだもの、死ぬことなんて怖くない!と思っていたのですが、この人たちの為に生きていこうと決心した事。あの頃はインターネットも普及してなくて、自分の気持ちを誰かに伝えたいのに、その気持ちに蓋をして苦しんだりしていたけど、同じ思いをしながら強く生きている人たちに触れ心を洗われた思いです。この本に巡り会えたことに深く感謝致します。


<257>ありがとうございました 投稿者:池田 裕美  投稿日: 8月26日(月)10時48分45秒

2年前の夏に 3人目の赤ちゃん蓮葉を死産しました。へその緒が細く赤ちゃんに栄養がいきとどかなかったため、妊娠27週目のことでした。新聞で『誕生死』という本が発売されていることを知り近くの書店で取り寄せてもらい読ませていただきました。涙がとまりませんでした。本を手にしてから4ヶ月近くになります。何度かホームページを開き、メールを送ろうとしましたが涙があふれてきてしまい、ずっと送ることが出来ませんでした。私は 蓮葉を抱いてあげることも 顔を見てあげることも つらくて出来ませんでした。2年経った今、どうして抱いてあげなかったのだろう 顔を見てあげなかったのだろうと後悔しています。まだまだ時間がかかると思いますが 蓮葉の死を受け入れて頑張って生きていこうと思います。最後になりましたが 著者の皆様 つらい思い出と向き合いながら大変だったとおもいます。ご苦労様でした。『誕生死』に出会わなければ私はまだ長く暗いトンネルの中で一人ぼっちだったかもしれません。蓮葉の死と向き合う勇気をあるがとうございました。


<258>本を読んで良かった 投稿者:もぐ  投稿日: 8月26日(月)12時14分13秒

新聞で誕生死を紹介されていたので、すぐ注文をして読みました。
初めから、最後まで涙がとまらず、主人にこういう話だったと伝えるだけで、また涙。
この感想を読んでいても、色々重なりまた涙。
私も、2年連続で誕生死を経験し、インターネットで死産を検索しまくっていました。
本が出て、皆同じ気持ちになるんだと少しほっとしました。

二人とも自分の力で、産みました。
今も亡くしてしまった子を産むことを、どんな気持ちだったかを説明することは難しく、経験した人しか、わからないだろう。

私が「二人とも苦しい思いをさせ意味があるのかな?」と言ったら、
友人に○○ちゃんも○○ちゃんは、意味があって、産まれて来たんだよ。と言われた。

確かに第一子の時は、搬送され周産期センターを知ることができ、感染がひどく私にも後少しで感染するところで阻止してくれ、
第二子はママに治療法を教えてくれた。
その甲斐があり、ようやく子供を産むことが出来た。
この子の世話をするたび二人にも、ひと口でもおっぱい飲ませたかったと思う。
命の大切さをすごく感じます。
生まれた子にその大切さを教えたいし、皆そんな大切な命を持って生まれてきてるのだから
自分以外の人も、大切に思いやれるよう教えたい。

私は一生、三人の母だと思って生きて行く。
だって三人とも私のお腹の中で育てたのに間違いないから・・・


<259>本を読んで・・・ 投稿者:ひろみ  投稿日: 8月26日(月)13時27分01秒

私は今19歳です。そして、妊娠8ヶ月目です。
この歳にして、3度目の妊娠です。1度目はごく初期で流産、2度目は20週で死産でした。
私の周りの友達には、こんな経験をしている人は一人もいません。悲しいことに、かなりの子が中絶しています。
そのことを、とても悔しく思います。
私には、関係ないかもしれない・・・。でも、「その命、殺すなら私が欲しい!」って、本気で思いました。中には、2度3度と中絶を繰り返す子もいるし、中絶したことを、平気な顔で話す子もいるんです。私にとって、誕生死した経験は、あまりにも辛すぎて誰にも話せずにいます。周りの友達に話しても、どうせわかってもらえない・・・。そう思ってしまいます。
今回の妊娠も、不安で不安で仕方ありませんが、そんな気持ちも誰にも言えません。
でも、この本の中には、私と同じ経験をした人がいて、私と同じように不安な妊娠期間を乗り越えて、無事出産しているということを知っただけでも、がんばれそうです。
勇気を出して、この本を書いてくださった、誕生死を経験された皆さん、本当にありがとうございました。
いつか、私がまた、友達と明るく話せるその日がきたら、皆にもこの本を薦めたいと思います。
そして、皆にも命の大切さを少しでも知ってもらいたいと思います。


<260>本拝見させて頂きました 投稿者:たま  投稿日: 8月26日(月)14時44分48秒

何と言ってよいか、と言うのが正直な感想です。私はまだ独身です。でも、“死の重さ”というのは、いろんな大切な人(友人のお父様であったり、自分自身の父や母であったり、親戚であったりですね)の、“死”を経験してきて、わかっていたつもりだったのですが・・・。まだ、解かりきっていなかったんだな、と思いました。誕生死を経験した方々は、とても辛い思いをしているのですね・・・。でも、前向きに生きようとなさっている、その姿にとても感銘を受けました。まだまだ、乗り越えられない事もおおいのではないかと思います。この本を読んで、著者の方々、そして、こちらにこられる同じ体験をなさった方々の想いというのが、少しだけ解かったような気がします。