『誕生死』掲示板 過去ログ14 <261>〜<280>            


<261>みんなおんなじなんだね。 投稿者:ゆうなぎ  投稿日: 8月27日(火)17時25分39秒

このHPに来て、本のことを知って救われた思いです。
同じ思いのお母さんたちがこんなにたくさんいたなんて。。。
ここを教えてくれた友達に感謝したいと思います。
私の「美雪」(雪の降る日に生まれたらいいのにとお父さんがつけました。)は7月31日に生まれました。
19週でした。まだとても小さくて透き通るような肌をしていました。
苦しくて悲しくて、それでも上の3人の子供のために早く元気にならなくてはと思い、泣かないように精一杯がんばってきました。
でも、泣いてもいいんですよね。ひとりの時にはあの子のことをたくさん想ってあげようと思います。
あの子が教えてくれた命の重さをずっと忘れないで、あの子に恥ずかしくないように生きていこうと思っています。


<262>私も天使ママです・・・ 投稿者:ゆめこ  投稿日: 8月28日(水)00時29分47秒

新聞を見てこのHPを知りました。私も今年の1月に初めての子供を21週と3日で死産しました。結婚して2年が過ぎ待ちに待った妊娠でした。つわりもほとんどなく胎動も感じ始め順調だったのに彼女はお腹の中で天使になってしまいました。入院して出産した後、主人は先生に、私は助産師の方に赤ちゃんに会う事を進められ、二人で逢いに行きました。身長28センチ体重282グラムの女の子で主人似でした。原因は不明です。看護師の方が気を使ってくれ、私達家族3人だけにしてくれて、逢う前はとても緊張し寸前まで迷っていたのに、何故か逢ったら不思議と気持ちが落ち着き二人で娘に話かけたり抱っこしあったり最後にキスをして別れました。娘に逢った時間は本当に不思議なときが流れボロボロな私と主人の心を癒してくれたのです。あの時、娘に逢ってなかったら私達はとても後悔していたでしょう・・・。逢う事を進めてくれた病院にとても感謝しています。今まで、誰にも話せず自分の中にあった気持ちを聞いてもらえる場所が見つかり長くなってしまいました。これから、本読ませてもらいます。


<263>はじめまして 投稿者:POOのママ  投稿日: 8月28日(水)01時31分08秒

私も天使ママです。去年7月にPOOは33週で生まれ、1ヶ月で天使になってしまいました。突然心音が止まり帝王切開で出産しましたが、重症仮死で生まれ、脳死状態でした。動く事も、泣く事もできませんでしたが、1ヶ月一生懸命生きてくれました。看護婦さんはとても親切で、呼吸器をつけたまま抱っこをさせてくれました。POOの肌のあたたかみは、一生忘れません。最初は、どうして私だけが。。。と悩み苦しみました。赤ちゃんの声を聞くだけで、気が狂いそうでした。
POOの法事の時に、同じ月に生まれた赤ちゃんを連れてきた親戚がいて、とてもやるせない思いと怒りがありました。1年経った今、やっと落ち着くことができました。
「誕生死」の本を読み、同じ体験の方の気持ちを知り、こころの支えになりました。
前向きに頑張ろうと思ってます。


<264>あらためて向き合おうと思います 投稿者:マコト  投稿日: 8月28日(水)13時37分15秒

本読ませていただきました。自分の時のことと重なり胸が苦しくなり、涙・涙でしたが一気に読みました。私は3年前に34週で息子(第2子)を生まれて1時間で誕生死しました。27週の時に切迫早産で入院、毎日張り止めの点滴でがんばっていましたが、30週頃からエコーを見る先生の表情が険しくなり、私もただ事ではないことに気づき始めました。念の為にと行った羊水検査で息子は18トリソミーという染色体異常であることが判明。生まれても長く生きられないということを告げられました。この病気はこの先医学が進歩して解明はされたとしても、治してはあげられない病気なんだよとも言われました。その翌々日に帝王切開で出産しましたが、産声はなく・・・。(この時息はしていませんでしたが、心臓は動いていました。)ただ生まれてすぐの信も見せてもらい、病室に帰ってからも枕もとに連れてきてもらって小さくてかわいい顔や手に触れることができ良かったと思います。ただひとつ後悔なのが、翌日お見送りする迄病室で一緒にいてやれなかったことです。看護師さんに希望すれば傍においておけると言われたのに、その時は私も精神的にも体力的にも限界にきていたので霊安室に連れて行ってもらうようにお願いしたんです。翌日手術の傷も癒えない状態でしたが、何とか気力で立ち上がり霊安室へ・・・。そこには真っ暗な部屋でたった一人で冷たくなった信がいました。私は泣いて駆け寄り、こんなさみしい所に一人にさせて「ごめんね、ごめんね」と何度も謝りました。このことはその後もずっと悔やんでいます。そのこともあってか、信のお骨は今も傍に置いています。これからもずっと置いておくつもりです。(納骨については迷いましたが、私の場合、近くのお寺で供養をしてもらった際に相談したら、「ずっと傍においてても問題ないですよ。小さな赤ちゃんはお母さんの傍が一番だから」と言ってもらい、納骨していません。)毎朝、お骨に向かって手を合わせ「ママが出来なかった分、今日も天国のおじいちゃんやひいおばあちゃんにたーくさんかわいがってもらうんだよ」と心の中で祈っています。悲しみは時間とともに癒えるといいますが、なにか遣り残したり、思い残したことがある場合はいつまでも癒えない、というより、かえってあとでドーンと来る場合があります。いまの私がまさにそれです。(実は今軽い鬱状態で心療内科に通っています。)この本をきっかけに今一度信の死と向き合い、自分探しの作業を始めようと思っています。


<265>出会えてよかった! 投稿者:ましゃひめ  投稿日: 8月29日(木)23時47分01秒

私の娘は20週で突然の心拍停止によりお腹の中でなくなってしまいました。
それから4ケ月が過ぎ、ちょうど今日が出産予定日になります。
本当ならば今頃・・・という思いにこのところ何度もなります。
『誕生死』のことを知ってから、ワラをもすがる思いで必死に探し、手にしました。
著者の方々と同じ思いにふれ、今までたまっていたものが一気にあふれだしました。
泣き疲れて読めなくなったこともあったほどです。
『誕生死』の出版日が、私が死産した頃と同時期なのも不思議に思いました。
普通に出産していれば、出会わなかったかもしれないこの本。
残念な結果となった今では、この本が出版されたこと、この本に出会えたことを心から感謝しています。
主人にはなかなか気持ちを理解してもらえなかったのですが、今では『誕生死』を読む気になってくれています。
もっともっと分かり合えればと思っています。
でもいつかこの悲しみは乗り越えられるものなのでしょうか?
本やこのHPの書き込みを読み、頭の中では同じ経験をしている人がたくさんいることがわかっていても、たまらない孤独感を感じ、いろんな思いがかけめぐり涙してしまいます。
どなたかが時間薬と書いてらっしゃいましたが、まだまだなのでしょうね..


<266>抱っこしてあげたかった..。 投稿者:きいちゃんのママ  投稿日: 8月31日(土)18時26分01秒

私は二十二歳の一児の母親です。私も二人目の子を流産してしまいました。原因は「胎盤剥離」と言われました。
先生にその後、抱かせてもらえるように頼んだら、「今後に良くないから」といわれ抱かせてもらえませんでした..。
その時の気持ちが強く“抱いてあげればよかった”と後悔ばかり毎日しています。
こんな私でも何時かちゃんとまた赤ちゃんが出来るのかと心配でたまりません。
[あの時抱いていたら..]今のような気持ちにはならなかったのかもしれないと思うととても後悔ばかりしていまいます。


<267>ありがとうございます 投稿者:poo  投稿日: 9月 1日(日)10時24分02秒

この本の出版された方々に大変感謝します

私は、未熟な産婦人科医です。学生の頃から周産期医学に興味があり、産婦人科医になりました。医大生になってからも、医療に対しての限界に正直、気が付いていませんでした。医者になり、大学病院に勤務するようになって、大きな壁を認識しました。医学ではどうしても治せない患者さんや無事に出産させてあげられない妊婦さんが多く存在するという現実。出産させてあげられないという表現は、大変おこがましい表現なのですが、運命を変えることなどできるはずがないものの、どうしても無事の出産を願わずにはいられないのです。自分の担当していた妊婦さんが死産という結果となったとき、その対応には、迷いがたくさんありました。何よりも、患者さんの立場を理解し、助けとならなければと今になって思うのですが、現実には、どうしてこの結果となったのか、もっと早くその兆候を見つけることができなかったのか、本当にこの医療が最善だったのか、ほかの医者が担当していればこの赤ちゃんが助かる方法があったのではと、自分の医者としての考えばかりが先行してしまい、なかなか患者さんの立場に切り替えることができないのです。医者としての考え、人間としての心を同時に持つことがこれほど難しいとはわかっていませんでした。この本の著者の方々の様々な考え方を教えていただいたことに感謝します。医者であっても、いいえ、医者だからなのでしょうか、死産に対する考え方を実際に死産の経験を持つお母さんに感想をたずねるのは、実際難しいものでした。思い出の品や写真をプレゼントするという発想もありませんでした。これからは、この貴重なご意見を参考にし、臨床の場に活かせるようにがんばりたいと思います。


<268>初めて読ませて頂きました 投稿者:恵奈ママ  投稿日: 9月 1日(日)20時11分12秒

私も1年半前に死産を経験しました。39週と2日でした。へその緒が曲がって血が凝固したのだろうとのこと。こんなホームぺージがあるとは知らず自分なりにその事実を受け止めてきましたが、友人に話を聞いてもらう数時間の方が、自分一人で悩む数ヶ月より、よっぽど気持ちが楽になることを感じていました。そしてこのページを読み、同じような経験をしている人がこんなにもいること、全く知らない人がまるで私の気持ちを代弁しているようで・・「まだ若いんだから」「生まれる前で良かったかもね」という慰めに、赤ちゃんの命を否定されているようで悲しかった。10ヶ月あなたは確かに私のお腹の中で生きていた。これからもし私が妊娠しても、あなたはあなただから。比較的、これまで冷静に乗り越えてきたと思うんですが、1つだけ気になるんです。3歳半の長女がいますが、その子がいなくなる夢を何度もみます。今の家族が元気なら・・と思ってきたけど最近は、もう一度妊娠する勇気が必要な気もしてます。


<269>再妊娠のこと 投稿者:ヨッシーのママ  投稿日: 9月 2日(月)23時47分27秒

大きな試練のあとまた赤ちゃんを望むのは気持ちも身体も大変なことだと思います。私の体験が何かのご参考になればと願ってお分かちします。大変長いメールでごめんなさい。8年前病室で一人で泣いていた私を慰めに来てくださったのは、死産の経験を持つ副婦長(助産婦)さんで、「あの子も生きていれば今年成人式だったのに。」と二人で涙し、「結局怖くてその後産まなかった。でも産んでおけば良かったと後悔してる。」と言われましたが、私だって二度とこんな辛くて悲しい思いしたくないから、産まないだろうと思いました。ところが1年たって、私はやっぱり赤ちゃんが欲しい。という正直な気持ちが押さえられなくなってきました。主治医からは私のようなケースはまた前回(誕生死)のようになる危険があると言い渡されていました。でも産もうと決心した途端、また今度も辛い結果になったってまた泣いてわめけばいいわ。こればかりは私にはどうしようもないことなんだから。と開き直りました。と言っても、時間がたてば誰もが私みたいな心境になるとは思いませんし、年齢や健康状態も様々ですから、いろんな人生があり、優劣は誰にもつけられないと思います。幸い私の場合は赤ちゃんに恵まれましたが、妊娠を計画したときから、大学病院の産婦人科不育(不妊ではなく)専門に毎週通いました。私のケースは、排卵日に合わせて葉酸などを飲みました。20代で産んだ上の子の時と違い、当時37才の私は排卵のタイミングがずれてきて、前回も受精時には卵子が古くなったせいで胎児が健康でなかったのかもしれない、ということで、卵子の状態が最も良い時に排卵誘発の注射を打ちその日に関係するようにとの細かい指示がありました。妊娠したものの、毎週の診察は非常に心強くもあり反面私はハイリスクなんだと余計に不安になったり、前の妊娠と同じ季節で何もかもが辛く、楽しいマタニティライフとはかけ離れて、よく泣いた深刻な日々だったのを覚えています。でもたくさんの人たちが励ましてくれたり、クリスチャンの友だちがいつもおなかに手を置いて熱心に祈ってくれたりして、多くの善意を感じました。前回のメールでも書きましたが、次の子の誕生しても、亡くなった子の替わりになることはありません。亡くなった子とは違う次元で心が結ばれているような気がします。


<270>やっと見つけました 投稿者:せいや  投稿日: 9月 3日(火)17時44分26秒

今日やっとこの本を見つけました。家に帰って一気に読みました。誰にも言えなかった私の気持が書かれていて、今まで心の中につかえていたものが、少し楽になったような気がします。
私も6回妊娠して5回流産しました。「一人いるからいいじゃない」と周りの人は言いますが、一人一人私にとっては大事な命なんです。生きていたら何歳だったのに・・・と毎日のように考えて、一日たりとも考えないことはありません。もう一人ほしいとは思いますが、長い長い10カ月無事に育ってくれるかどうかを考えると不安で胸が押し潰されそうです。


<271>会いたい 投稿者:はる  投稿日: 9月 4日(水)15時27分09秒

妊娠36週で第二子にあたる子を死産してから、もうすぐ7年になります。
原因ははっきりしませんが、胎動を感じられなくて受診したときには、もう心臓は停止していました。
次の子が生まれたこともあり、周りの人はもうすっかり昔のことと思っているようですが、
私は、亡くなった子ときちんとお別れをしなかったことがずっと心に掛かり、今でも後悔し続けています。
病院の先生からは「お会いになりますか?」って声を掛けてもらったのに、
会ってしまったら、顔を見てしまったらずっと縛られつづけてしまう気がして、会ってあげられませんでした。
私が選んだことであり、今どんなに考えたって取り返せるわけじゃないんだけど、
ちゃんと会って、抱きしめてあげられなかったことがずっとずっと心に掛かっていて、
そのとき産まれてきた子に対する思いよりも、自分のこれからのことを優先してしまった自分が、
死産したことを無かったことにしてしまおうとさえ思った自分が許せなくて、辛い日々を送っています。
ちゃんと顔を見て、思いっきり抱きしめてあげたい。


<272>読みました 投稿者:ぐっち  投稿日: 9月 5日(木)09時13分52秒

はじめまして。先日本屋で注文し、昨夜やっと購入できました。私は今年の3月に死産しました。すでに臨月に入っていたのでもういつ生まれても大丈夫と自信を持っていたのですが・・・
6月には職場に復帰し、以前と同じように仕事をしています。死産の原因は不明ですが、妊娠中、職場の人間関係でひどいストレスをかかえていました。それが直接の原因とは言いがたいですが、まったくの無関係とも思えず、上司を恨んでしまうこともありました。また、復帰後はこの事実を知らない人が多く、毎日数人に「もう復帰?赤ちゃんはどうしてるの?」と聞かれました。そのたびに死産であったことを話さなければならず、本当に辛かったです。死産した時も私の職場からはなんの見舞いもなく(どう対応してよいかわからなかったとは思いますが)、夫の職場からお見舞いが届くと余計に自分の職場の対応の冷たさに腹が立ってしまいました。私の職場では他にも死産を経験した人がこの数年で数人います。職場の人達にもこの本を読んでもらって、このような経験をした人が職場に復帰した時にどのような対応を望んでいるか考えてほしいと思いました。この本の中で著者の方々が感じた想いは私も同じです。それを職場の人にも知ってほしいです。


<273>知らなかった世界 投稿者:礼香  投稿日: 9月 6日(金)01時08分29秒

今年の5月14日に双子の女の子を35週で出産し翌日次女を亡くしました。
世の中にこんなに沢山の人が同じような悲しみを持った人がいることを、この本のおかげで知りました。
今までは、こうした事は、公に語ることがタブーとされていたように感じます。
友人が死産を経験したときも、私は何も言えなかったです。触れてはいけないと思っていました。
今自分が知らなかった世界を経験して、初めて色々と話せるようになりました。
この本のお陰で、これからはもっと自然に話せる時代になるのではないでしょうか。
出版にあたった方々、本当にありがとうございました。


<274>半年が経ちます 投稿者:みいママ  投稿日: 9月 6日(金)02時09分08秒

初めて授かった息子みつきをお空に返してから、こんどの日曜日でちょうど半年になります。
確かに時間は過ぎて、いろいろなことがあったはずなのに、まだこころはあの日で止まったままのような気がします。でもわたしたちを取り巻く環境は少しずつ動いていることを、この掲示板やさまざまな雑誌や新聞等での記事から感じています。その動きと共に少しずつでいいから自分の気持ちも前に進めていきたいと思わずにはいられません。

ペリネイタルケア9月号の新刊紹介のコーナーに「誕生死」が取り上げられているのを先日見つけ購入しました。職業柄、こうした専門書を扱う書店にはよく出かけますが、看護師、助産師、保健師に向けてアピールされているのを見かけると、同じ医療従事者として、そして誕生死の経験者としてひとりでも多くの病院関係者に読んで欲しいと願ってやみません。著者の浅水屋様から寄せられたメッセージが掲載されていましたが、この思いは悲しい経験をされた母親たちすべての叫びであると思います。浅水屋様、ほんとうにありがとうございました。

もう半年なのか、まだやっと半年なのかなんとも言えません。
おなかにあの子がいたあの月日をトレースしながら、これからの日々を過ごして行く中ではまだまだアップダウンが激しいこともあるでしょう。でも一日一日をあの子を思いながら大切に生きようと思います。


<275>はじめまして 投稿者:でいじー  投稿日: 9月 6日(金)11時52分12秒

この本が出版された時皆さんと同じように自分だけじゃないんだ・・・
こんなに悲しい思いをしてる人が他にもいると思いました。
私ももう5年になります35週で女の子でした。
主人と出かけた先で出血し救急車で運ばれた時は心音なくこのままだと母体が危ないからと言われ帝王切開しました。
胎盤が剥れていたそうです。
病院のスタッフの方には本当に良くして頂きました。
産科だと辛いだろうからと言って婦人科に移して頂き、退院の時も話を聞いて頂き気持ちが楽になったほどです。 
家に帰ってからもみんなに気を使って貰い、仕事にも復帰しようやく落ち着いてきた頃、決まって周りから
子供はまだ?早く作った方がいいわよ!と言われかなりのプレッシャーです。
主人も気を使って何も言いませんが皆さんのパパさんは誕生死という事をどう受け止めてるのでしょうか? 
私も主人も又なったらどうしようと思うと一歩が踏み出せません。でも最近私はやっぱり子供が欲しいと
思えるようになってきました。


<276>本、読みました。 投稿者:ゆめこ  投稿日: 9月 6日(金)19時54分37秒

本読ませて頂きました。読んでいる途中、自分の時と重なってしまい何度も読むのを止め、しばらくたっては読むといったのを繰り返しながら読み終えました。
今までは、早く元気にならないといけないとか、いつまでも悲しんでいてはダメなんだって自分に無理やり言い聞かせて一日でも早く忘れ様としている自分がいました。でも、そんな必要はないんだって事に本を読んで気ずかされました。悲しかったら泣いてもいいんですね思い出してもいいんですね。忘れ様とするなんて酷い親ですよね・・・。でも、そんな事出来るわけないのは自分が一番分かっていたのに誰よりも彼女を愛しているのに何でそんな気持ちに無理やりなろうとしていたのか、娘に申し訳ない気持ちでいっぱいです。これからは、自分に正直に生きて行こうと思っています。そうする事はイコール娘がいつまでも私の中に存在し続ける事を意味し、永遠に忘れる事はないと言うことを証明することに結びつくから・・・。
この本を出版して下さった方々に心からお礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。


<277>やっとめぐりあえた! 投稿者:yasuko  投稿日: 9月 7日(土)13時26分47秒

読み終わりました。たまたつけたテレビでこの夏の読書感想文の参考書で紹介されててあいまいにしか見ていなくてPCで探して本屋さんへ行き、取り寄せてもらい待ってる間楽しみで、届いたら毎日少しずつしか読めなかったんですけど、ヒマを見つけては読んでました。
私も、去年の3月にまだ、9週ほどで稽留流産と言われおろすことになりました・・・。丁度1年3日後に息子を生みました。やっと・・・という思いと前の子の代わりなのだろうか・・・と思う時があります。同じような思いをしている人がこんなにたくさんいるんだ・・・と感じました。でも、正直私は9週という浅い月日の為『中絶』と同じ処置で、そして、まだ、形にもなってないので痛い思いはして形となってないせいか見ることもできませんでした・・・今思うと言えば見せてもらえたのだろうか・・・自分が流産するまで、こんなに流産する確率が高いなんて知らなかったんです。忘れてはいけない。でも、いつまでも忘れないでいると前に進めない。この悲しみは絶対同じ経験をした人にしか理解できないと思います。私は、ダンナとダンナの両親との3人との生活だったためすごい辛い生活をしました。同じ女性なのに義母さんに一番辛い事を言われつづけ。妊娠は病気じゃないから!!と流産と判定される前も処置をした後の生活も普通にさせられました。みんなが寝てから布団の中でよく泣きました・・・。みなさんも悲しく落ち込む時はとことん泣きましょう。そして、いろんな人に普通の会話のように話しましょう。みんな、黙ってでも、聞いてくれますよ。恥ずかしがらずに。


<278>もっと早く遭いたかった 投稿者:今は3人のママ  投稿日: 9月 7日(土)22時30分55秒

はじめまして  やっと本が手に入り 一気に読み終えたところです  
皆さんの素直な感情が鮮明に書かれていてものすごく感動 そして自分のことを振り返る機会を持つことができました。
私も 16年前に16週で流産・15年前に36週で死産を経験しているんです。
そのころは誰に相談することもできず、1人で ただただ悲しみは封印しなければならない、早く忘れて元気にならなければいけないと、もがいてもがいて、いつしか時が解決してくれたように思います。
その時にこの本があったら、もっと素直に悲しみ、子のことを思ってあげられたのに・・・とても残念です。 
亡くなった子にも会ってもいません。今では3人の子を授かり幸せに暮らしています。
今からでも遅くないでしょうか。亡くなった子のことを思い悲しみ手を合わせ、
そしていつまでも私たち家族のことを見守っていてほしいと・・・


<279>心が救われました 投稿者:りんご  投稿日: 9月 9日(月)16時53分06秒

私がこの本に出会ったのは、ちょうど4ヶ月前に初めて授かった長男を予定日の13日前にお腹の中で亡くし、ただ呆然と過ごす毎日の中で、看護婦として働く叔母が励ましの手紙と一緒に送ってくれた新聞の切り抜きがきっかけでした。すぐに取り寄せて、届いたその日に泣きながら読み終えました。
親、兄弟、親戚、友達・・・まわりの人にこれ以上心配をさせないようにと、無理をして笑顔を作り、そして励ましのつもりでかけてくれる心ない言葉に本当は傷ついているのに、ありがとうと答えて心で泣いている自分もいました。
何でこんな事になったのか分からなくて、4ヶ月経った今でもお空に逝ってしまった武輝(いぶき)にごめんねって謝ってばかりです。そして、「昨日検診で元気だって言われたから・・・」と、胎動を感じない事を疑いもしなかった自分を責める日が続いています。
この本と出会えた事で、私の中で張りつめていた何かがプチン・・・と切れたような気がします。
頑張らなくてもいい事、泣きたい時は泣いてもいい事を教えてくれた勇気ある13名の方々に、心からお礼を言いたいです。素晴らしい本をありがとうございました。
PS. お空に逝ってしまった武輝が許してくれたなら、すごく怖いけど、すごく不安でたまらないけど、また私の所に赤ちゃんが来てくれる事を願っています。


<280>やっと手にしました 投稿者:ひめこ  投稿日: 9月10日(火)09時58分51秒

本がやっと手に入り、一気に読みました。涙で胸がいっぱいです。5年前に21週で天使になった息子に会わなかったことをずっと後悔してきましたが、その思いをより一層強くしました。ベビー服を着せたり、お花を入れてあげたり、だっこしたり…思い思いの事をなさっているお母さまがいらっしゃるのに、私は何も…。
せめて一目だけでも会えばよかった。どんな顔をしていたかな?
今となっては何もわかりません。この空のどこかで怒っているかな? 本当にごめんなさい。この本に出合って本当によかった。ありがとうございます。