『誕生死』掲示板 過去ログ15 <281>〜<300>             


<281>出会えて好かった! 投稿者:yoshiko  投稿日: 9月11日(水)00時30分02秒

私も昨年双子の男の子を17週目で亡くしました。悲しくて悲しくて涙が止まりませんでした。夫も私を励しながらも泣き崩れていました。早いものでもう時期一年が経とうとしています。この本に出会い私は自分だけが辛いんじゃない、他もにこんなに沢山の方々が様々な体験をしながらこんなにたくましく頑張っていることに感動しました。今でも天使達に毎朝呼び掛けています。それがよいか、悪いかは判りませんが忘れたくはありません。私達夫婦の始めての子達だから。いつまでも俯き立ち止まってはいられないので夫と共に前向きに現実を受け止め日々頑張ろうと思います。こんな素敵な本を作って頂き心から感謝しています。


<282>感謝しています。 投稿者:とまと  投稿日: 9月12日(木)11時32分36秒

私は6月に娘を36週で出産し、その7時間後にお空に旅立たせてしまいました。
無事に出産できたと思ったら、(夜中だったので心細かった。。。)7時間後の朝には、
失ってしまうなんて、すごく悪い夢をみているようで、ただただ悲しくて苦しかった。
なんで、自分の子どもだけがこんなことに。。って、ずっと思ってました。いつも本屋へ行っては、心の拠り所になるような本がないかと探していたところ、偶然見つけて。今年の四月に出版されているんですね。早く出会えたこと、幸せに思っています。本屋へ行っても無事に出産するための本しか並んでいなくって、こういったときに読む本はないのかと思い苦しんでいたので、救われた気持ちです。この本に出会えたこととても感謝しています。体験談をまとめて下さった方々ありがとうございました。自分のうまく表現できない気持ちが、素直に書かれていて、だからこそ痛いほど判り、泣きながら繰り返し読みました。本当にありがとうございました。


<283>ありがとう! 投稿者:nana  投稿日: 9月12日(木)23時06分21秒

私は生後7ヶ月の男の子を亡くしました。
毎日がまだ嘘のようでいまだに信じられなく、悪い夢を見ているかのように一日一日過ぎてるようでした。そんな時に知り合いの人からこの本のHPを聞き、早速開いてみるともうタイトルを見ただけであふれんばかりの涙、涙でした。そして本もすぐに購入しました。読んでいるうちに自分だけじゃないんだという安心感があり、本当に心が救われました。
この本に出会えてよかったです。知り合いのひとには感謝の一言です。本当に「ありがとう」


<284>本 よみました 投稿者: びっけ  投稿日: 9月13日(金)18時47分36秒

夏の暑い日、私のかわいい赤ちゃんは、37週で旅立ってしまいました。
胎盤に大きな腫瘍があり、それが臍の緒を圧迫して、赤ちゃんが酸素不足になった可能性が高い
と言われましたが、解剖を断った私にはそこまでしかわかりませんでした。

あれから3年、現在1年生になる息子と、幸いにもその後、無事、生まれて来てくれた2才の息子、
そして主人が・・・時が・・・着実に心を癒してくれている事を、感じます。 
・・・ただ、あの子のSOSに気づいてあげられなかった罪悪感とせつなさは、今も消えません。     

本の事は新聞で読み知っていましたが、あの時の悲しみが戻ってきそうで、手にする事が出来ずにいました。 ですが、先日図書館に置いてあることを知り、読ませて頂きました。  

この本を書いて下さった11家族の方々、本当にありがとうございました。ここまで克明に事実を書き進めて行く作業、とても辛かった事と思います。そして、このように本として残せる事が、うらやましくも思います。なぜなら、この本とともに、赤ちゃん達が確かに生きていた事実として残す事が出来るから・・・。強い思いと行動力があったから、実現したのですね。  
ひと家族ひと家族、それぞれの悲しみと悔しさを思い、涙 涙でなかなか読み進められませんでしたが、赤ちゃん達は、たくさんの大切なものを、残してくれました。    
最後に、特別な思いで読ませていただいた、<たっちゃんの1年11か月>を書いて下さった村上様そして、たっちゃん 本当にありがとう。 


<285>一気に読みました 投稿者:ママちん  投稿日: 9月18日(水)14時00分36秒

生後16日目の次男を亡くして、もうすぐ半年がたちます。
私は予定日を2週間過ぎていましたが、無事に出産し、産声も聞きました。
病気だと分かるまでの3日間は、元気な赤ちゃんを産んだ人と何も変わることなく、
おっぱいもあげたし、オムツも替えた。そして幸せに抱っこもしていた・・・
でも、急に悪い症状が出て、救急車で運ばれた時には、
このまま何もしなければ、1週間くらいで確実に死んでしまう病気だと言うことでした。

突然、こんなむごい現実をつきつけられても、どうすることも出来ず、泣いてばかりいました。
泣いても泣いても、どうしていいのか、考えることさえ出来ませんでした。
狂えるものなら、狂ってしまえたらどれだけ楽だったでしょう・・・

今思うのは、痛みや苦しみ続けるためだけに生きるよりも、早く楽になれて良かったね・・・悲しいけれど、そう思うことしか出来ません。本当は、どんな状態でも側にいてくれさえすれば、それでいい。でも、それは本人にとって苦痛以外の何物でもないことなのですよね。

私は、本に書かれていたように、あの子をお腹に戻したい一心で、妊娠することができました。
長男は、お腹に帰ってきたね・・・と私が妊娠に気付くより先に教えてくれました。
それが、どうなのかは別として、長男は毎日弟の世話をし、お話をし、そしていつも側にいるよ・・・と私に教えてくれます。長男がいるから、泣きたいだけ泣けなかった・・・
でも彼がいたから私は救われている。しっかりしなくちゃ!!って・・・

本を読んで励まされた反面、無事に産まれることの方がありがたい、幸せなことだとつくづく感じました。どんなに医療が進歩しても、人間は必ず死を迎えなければならない。
お腹に宿っても、産声をあげられない赤ちゃん、そして産まれたのに、すぐ天使ちゃんになってしまう赤ちゃん。分かってくれない人もたくさんいるけど、確かにあなたたちの命は無駄じゃないよ!


<286>ありがとうございます 投稿者:れお  投稿日: 9月19日(木)17時21分55秒

私は7月に結婚7年目にしてやっと出来た子供、光太(こうた)を生後3日で亡くしました。なかなか子供が出来ず、やっと出来た子供の突然の死。なんで私ばかりこんな目にあうのだろうと毎日毎日考えていました。でも、この本を読んで自分だけじゃないんだということを知りました。みんな一生懸命乗り越えてきてるんですね。光太にもお腹にいた時からたくさんのことを教えてもらいました。まだ2ヶ月半しか経っていないので乗り越えるにはまだまだ時間がかかると思いますが、あきらめずに前向きに生きていきたいと思っています。
最後にこうちゃん、お母さんとお父さんの元に産まれてきてくれてありがとう。


<287>初めまして 投稿者:のり  投稿日: 9月20日(金)14時53分48秒

初めまして。のりと申します♪
私は去年の5月に長男を亡くしました。生まれつき心臓に奇形があった可能性があるのですが、どうしても解剖をする気持ちになれず結局原因不明です。原因を突き止めなかったのは長男に対してよかったのか悪かったのか今でも判断できません。
先日私の知り合いから誕生死の本を贈っていただきました。その数日前たまたまこのHPを見てお気に入りに登録していたのですが時間がなくてゆっくりと見ることができず、タイミングよく配達されました。早速手にとって読んでみると「分かる!分かる!」のオンパレードでした。
どなたの手記でしたか今ちょっと分からないのですが、病院側のほうに「こうしてほしい」という要望を婦長さんに渡されたというのがありましたよね。あれすごく感動しました。
私が長男を亡くしてから気にかかっていたものはこれだったんだ!と気付かされました。私も長男を亡くしてすぐ誰かに話を聞いてほしくて探しまわったけど、こんな経験している人と出会うことができませんでした。やっとの思いで助産婦さんを訪ねると解剖せず火葬してしまったことを強く指摘されてしまいかえって落ち込みました。医療の現場にいる人だからこそ見えないものってあるのかもしれません。この本と出会えて霧が晴れたような思いでした。私もこれから同じような経験をした人のために何かできることを探そうと思っています。


<288>読ませていただきました。 投稿者:とんちゃん  投稿日: 9月22日(日)10時39分49秒

やっと手に入れ読むことができました。私は2年前の1年間に二度流産をしております。6週と9週のかなりの初期なので赤ちゃんの形になる前に・・・でした。でもあれほど悲しい事はないと思うくらいに落ち込みました。みなさんが周りからかけられた慰め(?)の言葉が逆に嫌だったと書かれていましたが、私も同じでした。特に独身の友達からの言葉は刺さるようでした。そんな時私を立ち直らせてくれたのは、同じ経験した人が集まるHPでした。やはり同じ痛みをわかりあえる人にはかなり勇気をもらえました。泣くなと言われるより、泣きたいだけ泣けばいいと言ってくれるほうがどんなに楽だったか・・・。うちの母も流産の経験後次の妊娠で生まれたその日に亡くした経験があります。(私には兄にあたります)ですから母が一番理解してくれるのでよかったとは思います。私は今主人の自営業を手伝っているのでまだ子供がいません。でも次の妊娠も正直怖いですし、もう妊娠できないかもしれないとも思ってしまいます。だけどいつかこの手に赤ちゃんを抱ける日を信じて頑張っていこうと思いました。一時は人間不信になるんじゃないかと思うほどでしたが、私よりもっと辛い経験をされている方がいるのでいつまでも落ち込んでいられないなと思います。それにお空に行ってしまった赤ちゃんが笑ってますよね。きっと。本を読んでみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。


<289>『誕生死』という言葉 投稿者:デビ拓  投稿日: 9月24日(火)07時12分50秒

 『誕生死』、心が救われるような素敵な言葉ですね。「お腹の中に生まれた」という概念が今まで自分の中には無かったので、とても心に響いてきました。
 私にも過去3回の悲しい妊娠があります。2回の子宮外妊娠と流産、いづれも初期での結果でした。もう、最後の妊娠から8年が経ちます。そして、不妊治療の末、この春息子に恵まれました。
 過去の妊娠の際は、今のようにインターネットに接していなかったので、悲しい結果を自分のせいだと思い悩み、次の妊娠へと執念を燃やすような日々だったように思います。あきらめかけた昨夏ようやく妊娠、妊娠の経過はいたって順調だったのですが、後期胎児の体重がどんどん増えてしまい、私に潜在性の糖尿病があるのではないかということで検査をすることになりました。その時医師に「糖尿があると、胎児がどんどんおおきくなって、臨月に入った途端いきなり死んじゃうことがあるんだ」と言われ、恐ろしくなってインターネットで調べいろいろな誕生死について知りました。(この本の発刊もそんな中で知りました。)
 世の中にこんなに誕生死を経験している人がいるなんて。驚くと同時に過去の悲しい妊娠のたびに、自分はきちんと悲しんで来なかったのではないか、と自責の念にかられました。初期の流産や外妊では、お腹の子の性別も解らず、その存在は生理が止まったことと、居なくなって再開したことでしか感じることはありませんでした。今でもあまりの実感の無さに過去3回の妊娠を『誕生死』と言うにはいささか違和感を覚えます。
 私は今は育児休暇中ですが、臨床の看護婦です。新生児に係わる部署なのですが、『誕生死』という言葉が果たして臨床で受け入れられるかについては、多少疑問が残ります。(個人的には使いたいと思うのですが)
 日本では臨床での心理カウンセラーを置いていない病院が殆どです。本を拝読し、カウンセラーの必要性を切に感じました。できれば、初期の流産でも心のケアをしていかなければならないのではないかと思います。
 私個人の力はもちろん小さなものだけれど、この本をもとに現場で少しでも話し合いが持てたらと考えています。


<290>思い出は大切に 投稿者:ちゃぼ  投稿日: 9月24日(火)10時38分16秒

私は2歳児の母親です。4年前不妊治療6年目に授かった子どもを病気で死産しました。それまでにも子宮外妊娠、昨年末には流産をしました。今回この本をきっかけに4年前の日記を読み返しました。やはり活字になる前提では書いていないので、ありのままのかなりドロドロとしたものがありました。同じような経験をされた読者の方はきっと行間からそういったものを読み取ることができるのではと思いますが、興味本位で手にされた方の中には「悲しいけどきれいな思い出」に映ることもあるのではと危惧します。幸い私はそういったケースに先進的な病院でした。ただその退院時に婦長さんから「この思いは自分にしかわからないの。思い出を大切に胸にしまって強く生きてくのよ。」と言われました。ふり返ればこの言葉が弱い自分にとっては支えとなりました。誰かに話したいと思う方もいる一方、むやみに立ち入られたくない方もいると思います。どうか話題の影で心を痛める人がいないようにと願います。


<291>はじめまして。 投稿者:みずきママ  投稿日: 9月24日(火)15時11分50秒

私は8月27日に生後三ヶ月で子どもを亡くしました。先天性の横隔膜ヘルニア(簡単に言うと横隔膜に穴が開いていたので、下にあるべき内蔵が上にあがって肺が圧迫されている)という病気でした。
妊娠30週の時に病気が分かり、そのまま入院。38週で帝王切開で出産し、瑞稀はすぐに呼吸器をつけられてICU(集中治療室)に運ばれ、3回も手術をしました。その度に「もうあぶないです。あと数日中かも。」と何度も覚悟をするように医師から告げられました。毎日『今日は生きてるかな?急変したらどうしよう・・』と心やすまる時はありませんでした。
家に帰ると『なんで出産したのに瑞稀はいないんだろう』と思いながらも、私に出来る事はICUの少ない面会時間に毎日会いに行くことしかありませんでした。
でも瑞稀はお空へ行った時、呼吸器や点滴をはずしたら微笑んでいました。幸せでいてくれたんだな〜と実感しました。
「誕生死」の本は私が入院中同じ部屋で仲良くなった方に貸していただきました。その方も天使ママなのでお互いの子どものことをいっぱい話しました。
今まで、私が泣くと親や周りの人から、かわいそうに思われるのかイヤで、瑞稀のことをかわいそうな子、と思われたくなくて我慢してたのですが、本を読んだ時は涙が止まりませんでした。子どもの為に流す涙はいい涙なんですね!
いい思い出になるにはまだまだ時間がかかりそうだけど、同じ痛み・辛さを抱えてる人がたくさんいらっしゃることが分かって、頑張らないと!って思えるようになりました。
。。ありがとうございました。。。


<292>誕生死を読ませていただいて 投稿者:吉野智恵  投稿日: 9月25日(水)11時31分33秒

今年の2月にわずか7週間の命しか守ってあげられなかった子を亡くしました。
遅い結婚でしたが、幸い2人の男の子に恵まれ40歳の誕生日を迎えてまもなく気がついた妊娠でしたので、まさか、という思いとこの年で本当に妊娠や出産に耐えられるか不安が一杯のころでした。私は現在市立病院の内科外来で働く看護師ですが、保健師の資格で保健センターや保健所で乳幼児の健診や訪問なども行ったこともあります。普段はプロのつもりですがいざ自分のこととなると、恥ずかしいほど動揺していました。そんな中妊婦健診で、「心臓がうごいてないよ」と告げられました。上の2人の子達の時のように、妊娠したことを素直に喜んであげなかったから、この子のことを大事に守ってあげようと言う気持ちがなかったから、せっかく生まれようとしてくれたのに死んでしまったのだと、悲しくて悲しくて申し訳なくて・・・、どうすればいいのかわからない日々が続いています。この子は何故私を選んでくれたのだろう?この子の命の意味をどうやって受け止めてあげたらいいのどろう?迷い続けています。
でも、この本や掲示板の方のメールを見て、別に今結論をださなくてもいいんだ、何十年もこの想いを抱いて、私が死を迎えてもう一度この子に会うまで悲しんでもいいんだと少し気が楽になりました。本当なら今頃この手に抱いていた赤ちゃんのことを思うと、仕事柄お会いする妊婦さんや赤ちゃんに冷たい視線をむけてしまう自分がいます。(普段は内科ですが、救急外来の仕事が月に4〜5回あるのでその時に妊婦さんの診察を介助したりするのです。)エコーで無事に赤ちゃんが写り、心臓が動いているのを見ると、ほっとすると同時に羨ましくて涙がでてしまうのです。赤ちゃんだけ寝かされているともらってしまいたくなってしまうのです。
こんな姿勢で看護師といえるのかと自分自身が情けないのです。
まだまだ、誕生死を悲しむ他の方を支えることができない私です。一緒に涙を流す事がやっとです。こんな気持ちは同僚にも言えませんでした。投稿させていただいて本当にありがとう。


<293>少し気が楽になりました 投稿者:よこぴー  投稿日: 9月25日(水)18時07分41秒

ほんの少し前からこの掲示板を訪問しています。書き込みをするのは今日が初めてです。二日前に「誕生死」の本を買いに行き、一挙に読みました。体験談の一つ一つに涙し、その度に自分の体験したこと(私の場合も著者一人目の松村さんと全く同じ体験をしました)がよみがえってきて、またそれで涙してしまいました。。その翌日は私の初めての子の納骨でした。本当なら予定日は今日2002年9月27日のはずでしたが8月19日が命日となってしまいました。退院してからこの本のことが新聞に載っていたことを聞いていたのですが、なかなか気がまわらなくて読むのが遅くなってしまいましたが、この本を読んでいたこともあって、泣きながらも何とか笑顔で、お空の上に娘を送ってやることができました。今でも悲しみは消えないし、元気に生きて産んでやれなくて後悔もしていますが、妊娠していた期間中に味わった幸せには本当に感謝しています。こんな気持ちで娘を見送ってやることができ、「誕生死」の著者の皆さんには感謝しています。悲しむだけの日々から解放され少し気が楽になりました。


<294>涙が出ました 投稿者:ももちゃんのママ  投稿日: 9月25日(水)22時59分31秒

私は、この9月11日に誕生死を経験しました。妊娠8ヵ月の時に突然、先天的の病気が赤ちゃんに見つかりいずれ、死んでしまう事を宣告されました。死を宣告された我が子とお腹の中で一緒に過ごさなければならなかった1ヵ月半は、まさに生き地獄でした。34週で産まれてきた赤ちゃんは、たった3時間足らずしか生きられませんでした。覚悟は、していましたが、自分の子供を亡くすという事は想像を絶する悲しみと辛さでした。毎日気が変になりそうな日々です。でも、この本を読んで気持ちが随分楽になりました。悲しい思いをしているのは私だけではないとわかったからです。この本に巡り合えて私は救われました。


<295>読ませていただきました 投稿者:しょうきママ  投稿日: 9月27日(金)22時59分21秒

はじめまして。誕生死読ませていただきました。8月21日の日に二人目を7週で流産しました。それまで自分の身にそんな事が起こるなんて思ってもおらず突然のことにただ涙を流すことしか出来ませんでした。1ヶ月の間思い出して涙する日もあれば、またすごく元気になってる自分もいてそれが許せなかったりといろんな気持ちが自分の中にありどれが本当の気持ちなのか自分で自分のことがわからない状態でした。でも普通に生活してて、赤ちゃんのことをどんどん忘れていってるんじゃないかと不安になったりしてました。この誕生死を読ませて頂いて自分の気持ちのうそをつかないようにしようと思いました。泣きたいときには思いっきり泣いて、笑顔で過ごせるときは思いっきり笑う。それが一番言いような気がします。わたしの子は7週という短すぎるくらい短い命でしたが確かに私のおなかの中で生きていたんですよね。心拍が確認できなくなった前の日の夜突然男の子で生喜(しょうき)って言う名前だと頭の中に浮かんだんです。今思えば最後に私のお別れしてあのときにお空に逝ったののかもしれません。ここで言わせてください。しょうきくん、お母さんのとこに来てくれてありがとう!


<296>はじめまして! 投稿者:キラキラ  投稿日:10月 1日(火)15時39分56秒

私は27歳の看護師です。今年の7月、待望の赤ちゃんを妊娠35週で亡くしてしまいました。常位胎盤早期剥離でした。私は看護師という職業に就いていながら、自分の息子を助けることができず、毎日泣いてばかりでした。そんな時、心配してくれていた姉が、新聞の切り抜きを持ってきてくれました。「誕生死を読んでみたい!」すぐ書店で注文しました。泣きながら読みましたが、この本のおかげで、「息子の分まで頑張って生きるぞ!」「泣きたい時は思いっきり泣くぞ!」と思うことができました。ありがとうございました。


<297>心が軽くなりました。 投稿者:ぴんか  投稿日:10月 4日(金)17時17分27秒

私は去年の3月に待望の第一子を亡くしました。38週でした。当時は自分の身にこんなことが起こるなんて信じられず、毎日泣いてばかりでした。周りがみんな敵に見えて下を向いて歩いていました。
その後幸いな事にすぐに妊娠し、今年4月に元気な赤ちゃんを産むことができました。今は育児で大変な毎日ですが、当時の事はいつも頭にあります。この本に出会えて、同じような経験をされた方々のお話を読んで、心が軽くなりました。自分の体験を本にするなんてとても勇気の要ったことだと思い、同時にとても感謝しています。人には言えないけれど、思っていること、感じていることはみんな同じなんだなと。
どうもありがとうございました。


<298>星になった息子 投稿者:sun  投稿日:10月 5日(土)09時23分19秒

今年の9月29日に第2子を新生児仮死で亡くしました。まだ1週間経っていません。自然分娩で産まれる直前まで心泊数も安定し何の問題もなく出産したのに生まれたら少し泣いただけで自力呼吸ができなくなりそのまま蘇生処置をしましたが結局3時間後装置をはずし帰らぬ人となりました。こんなことってあるのかと呆然としました。結局原因が不明でした。亡くなったその日の夜は先生に睡眠薬をもらい寝ました。そして次の日先生に無理を言って退院し、病院から戻ってきた亡くなった子供と上の子と主人と私の4人で過ごしました。私にとってこれからが本当の意味で助けが必要になる時期だとおもいます。昨日この本を一気に読んで私だけがつらいわけではないとすごく勇気づけられました。


<299>気持ちを伝えたい 投稿者:青空  投稿日:10月 7日(月)23時38分33秒

8月に息子を常位胎盤早期剥離で、亡くしました。
予定日の4日前のことでした。
2ヶ月たった今でも、涙を流さない日はありません。
自分の気持ちを、どう処理してよいのか、どう納得してよいのか分からない毎日です。
「誕生死」を読んで良かったことは、共感を得ることで、気持ちの整理ができつつあることです。
また、人に理解されにくい気持ちが、文章になっていることで、随分伝え易くなりました。
そうは言っても、癒されることはありません。
主人に自分の気持ちを伝え切れていないからです。
心穏やかになれる日はくるのでしょうか?


<300>母のケア 投稿者:ゆうのおばちゃん  投稿日:10月 8日(火)12時57分05秒

妹が誕生死を経験して10日が過ぎました。おなかの異常なハリを覚え、近所の出産予定の産院から大きな病院へ転院して初めて「胎児水腫」と判明。33週でした。おなかの中にいるよりはリスクが少ないと、帝王切開で出産。26時間の命でした。全く不安のない幸せな妊娠中から一転。歩くこともままならない状態の妹を見ているのはとても辛く、亡くしてしまった姪を思いながらも生きていかなければならない妹のケアをどうしたらよいのか考えている矢先にこの本の存在を知りました。「どうしたらいいの」と泣きながら訴える妹を見ていて、同じ体験をした人がどのように乗り越えてきたのか参考になればと、この本を贈りました。手術の後遺症がひどく目が良く見えていない状態ですが、少しずつ読み進めているようです。もう少ししたら妹と優羽の事について話してみようと思っています。 是非第二弾の出版を希望します。そこに、どのようなケアをしていったか、家族やご主人の体験を盛り込んでいただけると家族の支えにもなります。これをお読みになった家族の方、もちろんご本人も、母(妹)へのアドバイスの参考がありましたらお寄せください。 既婚 子供なし 37歳 女