『誕生死』掲示板 過去ログ16 <301>〜<320>             


<301>ウチの子は脳死で生きました 投稿者:亀井智泉  投稿日:10月 9日(水)03時25分08秒

『誕生死』、なるほど、いい言葉やなあ、と思いました。と同時に、「死」と言う言葉で語られる以上、その命には、どんなに短くても「生」があった、ということだ、とも。脳死問題が出てきて、「死」の定義があいまいになってきている今日、「生」の定義もまた明確ではありません。私の長女は難産の末仮死で生まれ、呼吸ができないまま大脳のほとんどすべてを失いました。成人ならば脳死との判定が下されるような状態で4年と29日を生き、成長しました。私たち家族は、この長女とともに「生き」、医療スタッフもまた仕事の対象としてみるのではなく、一生懸命に生きるこの子の「命のランプ」を尊敬をもって愛し、守りつづけてくれました。長女はなくなって間もなく3年になりますが、多くの人の記憶の中にその存在はまだ「生きて」います。人には皆定命があり、運命があります。自分の運命に正面から向き合い、誠実にその定命を生きた多くの小さな命たちを仰ぎ見るような思いで『誕生死』を読み、改めて我が子への思いも深くしました。


<302>いないこの年を今も数えています 投稿者:大ちゃんのお母さん  投稿日:10月 9日(水)15時23分33秒

平成7年1月、妊娠31週で早産をしました。羊水過多のために入院して、子供は生まれた次の日に亡くなりました。先天性心疾患でした。初めての子供だったのですごく悲しかったです。妊娠して胎動を感じて幸せの絶頂だったのに突然暗闇に落とされてしまったように思い、しばらくは小さな子供を見ることができませんでした。
その後、子供を授かり現在5歳の男の子がいますが、この子を妊娠したときはとても不安でした。また、いってしまうのではないかと。そして、生まれてからも不安でたまりませんでした。異常なくらいの神経質な母親です。周囲の人はやはり他人事と受け止めてわかってくれません。もう過去のことだと思っている人もいるし、話題にもなるべく触れないようにしています。でも、母である私には忘れようのない出来事であり、子供です。
生きていれば2年生。今でも年を数えます。きっとずっと続くでしょう。心の中で。
でも、この本を読んで、自分だけではなく大勢の方が同じような経験をされていることを知り、ホームページを見てものすごい数であるとさらに実感しました。私も、当時誰かわかってくれる人がいないかと思いましたが、探せませんでした。いっしょに泣いてくれる人がいてほしかった。わかってくれる人がいてほしかった。こういうホームページがあると言うこと、今の現代はありがたいとおもいます。
 私は妊娠初期に妊娠とわからずに風邪薬を少し服用しました。そのことを知っている友人は「妊娠初期は風邪薬を飲んじゃいけない」と周囲の人に言いました。それにより私はさらに苦しめられました。産婦人科の医師は「運命だよ。何千分の1という確立だよ。同じ親から生まれた兄弟が体質・性格・個性が違うようにたまたま体に異常があっただけなんだから」と言ってくれました。今もこの言葉も思い出しては自分に言い聞かせています。自分のせいかもしれないけれど、これ以上自分を悲しませたくなかったから。
なんだか、まとまりのないカキコミになりましたが、今もこれからもあの子は私たちのそばにいてくれると思っています。
この本を出版してくださってありがとうございました。思い切り泣くことができました。


<303>この手にわが子を抱きたい 投稿者:こももママ  投稿日:10月 9日(水)17時05分07秒

このHPを知ってから毎日来ています。そして今日、初めての書き込みをします。「誕生死」の本は知ってからすぐに取り寄せて読ませていただきました。
8月に27週で結婚7年目に授かったわが子を誕生死で亡くしました。それまで順調と言われ、わが子をこの手に抱けるのを当たり前のことと思っていました。しかし、普通に妊婦検診を受けに行ったその日に事態は急変しました。わが子は、すでに子宮口から出掛かっているとのことで、縫縮手術を受けることになりました。しかしそのまま破水し、翌日誕生死となりました。誕生死後、わが子には奇形があり、生まれても生きられなかっただろうと言われました。そういわれても、わが子の死を受け入れることはなかなかできませんでした。でも、今、ぺちゃんこになったお腹を見て、わが子の死は事実なんだと気づかされます。
これから、予定日を迎えます。その日をどのように迎えるのかと思うと怖くなってきます。悲しいことに,わが子の予定日は,主人の誕生日です。こうなるまでは、お父さんと誕生日が一緒のことに二人で喜こんでいましたが、今となってはただ辛いだけです。しかし、主人はいったいこの日をどんな気持ちで迎えるのでしょうか。・・・・申し訳なさでいっぱいになります。
本を読んで、自分だけではないんだと救われました。けどまだ「なんでわたしばかり」「赤ちゃんがいた日に戻りたい」と思います。お腹を触りながら「ここにいたのになぁ・・・」というのが口癖になっています。前を向いたり、後ろを向いたりの自分ですが、この本を支えに、このHPを支えに、そして同じ経験をされた同じくわが子を思ってやまない優しいエンジェルママを支えに、生きて生きたいと思います。


<304>入院中に読みました 投稿者:めぐめぐ 投稿日:10月 9日(水)17時31分36秒

二度の稽留流産を経験しています。突然の心拍停止・処置・・・
その後妊娠解禁!と思った矢先に卵巣嚢腫の茎捻転で緊急入院し、その入院中に夫に買ってきてもらい読みました。
まわりに同じような経験をしたかたがおらず、辛い思いをしてきましたが
母子手帳もエコーのビデオも写真もちゃんと取ってあります。
私にとっては無かった事になんか絶対できません。
おなかにいた間、幸せな気持ちにしてくれた事に感謝して生きていこうと思います。
次に生まれてくる子におにいちゃん・おねえちゃんがいた事を話してあげたいと・・・
「誕生死」を読んで、改めて子供は作るものではなくて授かりもの、無事出産できたときはありがたい・・・ということが身にしみました。


<305>私も母親になりました 投稿者:愛ちゃんのママ  投稿日:10月 9日(水)20時01分50秒

今年の三月三日雛祭りの日に第一子の長女 愛がわずか22時間の人生を終えました。切迫早産ではありましたが34週に入っており、それまでの妊娠経過も順調で、陣痛抑制剤を打っての三日間の入院の間も心拍数が弱ることもなく、総合病院で万全の体制をとっての通常分娩でした。ところが出産直後に心停止を起こし、肺が膨らまないことが判りました。未熟児特有の肺が未発達な為とは違うらしいと、一度も抱くことも、顔を見ることもできないまま新生児専門病院への転院となりました。分娩台に乗ったまま、カーテン一枚向こうで頑張っている我が子に何もしてあげられないもどかしさ、搬送中の死亡を覚悟するように言われた辛さ、たった一人で分娩室を出てくる切なさは今でも鮮明に覚えています。無事に転院できたものの、付きっ切りで手動ポンプを動かし続けなくては酸素が取り入れられない状態で、最後はそれでも酸素が入らなくなり、主人の腕の中でゆっくりと永久の眠りに就きました。結局死亡原因は不明で、おそらく肺の細胞自体が伸縮できない奇形で、妊娠の細胞分裂の時点で肺呼吸ができないことは決まっていただろうとの話でした。お腹の中で元気だっただけに信じられない気がしましたが、2232gという未熟児だったにもかかわらず、ふくっらと膨らんだ頬を見ていると、この子は自分の命がお腹から出たら終わってしまうことを知っていて私たちに可愛い顔を見せてくれたのだと思いました。
毎日泣かなくなり、一人で外出ができるようになったのはごく最近です。この悲しみばかりは、同じ経験をした人しか解りません。この本が一人でも多くの同じ悲しみを持つ人の手に届き、読まれることを願います。


<306>もうすぐあの日が・・・・ 投稿者:TEKO  投稿日:10月10日(木)09時52分10秒

H6年11月27日、今日から36週という日、「胎盤剥離」で次男を亡くしました。
元気で育っていたら「大ちゃんのお母さん」のお子さんと同じ2年生です。そして、もうすぐまた、あの日がやってきます。私も毎年、次男の歳を数えてしまいます。
次男の誕生日であり、悲しかったあの日なのです。
私には、現在、高1の長男と、小6の長女がいます。時々、タイムスリップして、もう8年前の事なのに、その時の事ばっかり考えている自分がいて、はっと我に返る事もあります。
もし、元気で大きくなっていたらいたずら坊主なのかしら、お兄ちゃんは男同士だからいろんなこと教えてくれたかな・・娘はおねえちゃんぶって、学校に毎日一緒に通っているかしら・・・男の子だったし、長男に似ていたらしいので(私は会っていないのです)こんな風に成長していたのかな・・と思いがつきなくなります。
時々、上の2人が亡くなった次男の事を話題にします。そんな時はうれしくなります。
姿は無いけれど、確かに私の子供であり、家族なのだと実感する時です。


<307>(無題) 投稿者:0717  投稿日:10月10日(木)23時58分51秒

私は産婦人科外来で働くナースです。
雑誌でこの本を知り、どうしても読まなくてはならないという気がして、ネットでやっと本を入手し、今一気に読み終わったところです。
毎日の業務に追われ、ほとんどの誕生死を経験したひとと話す機会もない現状でこの本を読み生の声が聞けてよかったと思いました。
私たちにとっては日常でも、患者さんにとっては、一生心に残る重大な事件ということを改めて思い知りました。
同じ職場の人にもこの本の存在を知ってもらい、誕生死された方へのケアについても考えていこうと思っています。


<308>0717さんへ 投稿者:大輝ママ  投稿日:10月11日(金)10時05分18秒

少しでも、私達「誕生死」経験者の気持ちが、分かってもらえて嬉しいです。経験者だけでなく、一人でも多くの医療関係者の方に、この本を読んでもらいたいです。そして、「誕生死」経験者の心のケアを考えて欲しいです。宜しくお願いします。


<309>涙が止まりませんでした 投稿者:sara  投稿日:10月11日(金)23時52分13秒

はじめてきました。私は看護学生です。先生からの紹介でこの本を読むことができました。言葉にはならない気持ちでいっぱいですが、もっともっと多くの医療機関でこの本が生かされるといいなと思いました。そして、私は看護師になる前にこの本に出会えたことに感謝します。皆さんの気持ちを忘れずに、勉強して行きたいと思っています。


<310>会いたかった 投稿者:air  投稿日:10月14日(月)12時42分06秒

本を読ませて頂きました。私も1年前に妊娠30週で息子を亡くしました。似たような経験をされた方がこんなにもたくさんいるとは、思いませんでした。「辛さを乗り越えられる人だけが経験出来ることなんだよ。多くの人が経験出来ることではないんだよ」という父の言葉に励まされ、元気に毎日を過ごしています。でも、息子に会えなかった事だけが今でも後悔しています。私以外の家族が息子と会ってきれいな顔をしていたよ。といってくれました。私に似ていた。ということでしたが、家族の反対で自分では見せてもらえませんでした。出産の翌日、火葬だったので病室から車まで棺を抱き運びました。棺の上からしか抱けなかった事を今も後悔しています。家族の反対を押し切ってでも会っていれば良かったと思います。明後日が息子の命日です。たくさん話をしてこようと思います。


<311>(無題) 投稿者:ナースの卵  投稿日:10月15日(火)01時03分58秒

初めて投稿します。私は産婦人科に勤務しながら看護学校に通学してます。夏くらいから悲しい事に誕生死が月1件くらい続いてます。初めて遭遇し、亡くなったベビーちゃんの顔を見せて頂き抱かせて頂いたあと涙が止まりませんでした。看護師を目指している人間がそんな事ではいけないですよね。学校の仲間、職場の先輩達にも『誕生死』を読んでもらえたらと思っています。辛く、悲しい経験をされてしまう方がいた時にその後の心のケアに役立てるように勉強していきたいです。長々と書いてしまいすみませんでした。


<312>本、読ませて頂きました。 投稿者:あさみ★  投稿日:10月15日(火)15時34分35秒

初めまして。私は大阪に住んでいる中学3年の女です。
学校の授業で「選択授業」というものがあって、その中で新聞の記事を書取する時間がありまして。
その中で毎日新聞の「余録」を使用した事で『誕生死』の事を知りました。
ずっと本を探していたのですが、この間たまたま本屋さんで偶然にも見つける事ができました。

私の母も、実は流産経験者です。私が生まれてくる前に、ひとりの女の子を亡くしています。
彼女は既に名前も決まっていて…。初めての赤ちゃんだったので、母のショックはとても大きかったと思います。
だから私にその事を話して聞かせてくれた事は、過去に1度きりです。
5ヶ月で、衰弱死してしまったそうです。
会う事のできない姉。けれど、私は姉の分までしっかりと愛情を注がれ育ってきました。
姉の分まで私が生きられたら、それは素晴らしい事ですよね。

命を尊さを強く感じました。たくさんの方にこの本の存在を知ってもらいたいです。それでは。


<313>その後 投稿者:ひまわり  投稿日:10月16日(水)10時40分14秒

こないだ掲載していただいた者です。改めて『誕生死』を読みました。こちらの投稿にもありましたが私ももっと沢山の方に読んでもらいたいと思いました。私は赤ちゃんの顔を見る事はできなかったのですが主人は見せてもらいました。五ヶ月に入っていたので顔も手もしっかり出来てきていて綺麗な体だったそうです。本を読んで死んだ赤ちゃんに会えるという事を初めて知り、私も対面すれば良かった、抱いてあげたかったと後悔しました。看護婦さんが対面の時一緒に泣いてくれたそうで唯一嬉しい出来事です。


<314>送ってみました 投稿者:キラキラ  投稿日:10月16日(水)11時43分54秒

二度目の投稿です。本の感想ではないので削除されたらそれでもいいです。私は誕生死を読んでからというもの、自分がお世話になった先生や助産師さんに、この本を送ろうと思っていました。でも、先生達はどう思うかなとか、どんな手紙を書こうかと考えているうちに、時間が経ってしまいました。そんな時、ある人に相談したことで背中を押してもらうことができ、私の思いを手紙に書いて、本と新聞の切り抜きと一緒に昨日送りました。先生や看護師の皆さんが関心をもって読み、今後に役立ててくれることを祈っています。


<315>(無題) 投稿者:凛々子  投稿日:10月16日(水)12時02分45秒

初めまして。9月10日お腹の張りが止まらず病院に駆け込んだ時には子宮が開いていて赤ちゃんはもう下におりてきちゃって点滴を打っても止められず死産という形で女の子を出産しました。子宮頸管無力症と診断されました。あと5日で7ヶ月に入るところだったのにどうしてこんなに悲しい思いをしなければならないのか今でも信じられません。私の身体がいけないんだと毎日自分を責めています。今日初めてこちらのHPを読ませていただいて本を買うことにしました。自分だけじゃないのはわかっています。でもどうしても「何でこんな目に合わなきゃならないのか!!神様は不公平じゃないか!!」と思ってしまうんです。虐待して子供を死なせてしまったりする親がいる中、死なせたくなかったのに亡くした私の気持ちは自分でも押さえきれないほど悲しく辛いものです。今でも「何で?何で?」と疑問ばかりで・・・周りの人に話をしてもやはり理解してもらえず自分だけこんなに苦しんでいるんだと思ってしまいます。お腹の中で最後まで元気に動いていた私たちの赤ちゃんの事が忘れられず毎日苦しんでいます。主人も私には見せませんが相当苦しんでいると思います。忘れる為ではなく、忘れないためにもこの本を是非読みたいと思います。


<316>本を読んで。 投稿者:マーチ  投稿日:10月17日(木)10時16分53秒

はじめまして。私は今年6月に稽留流産をしました。9週でした。流産してしばらく夜になると泣いてばかりいました。何で私だけこんなに辛い思いするのとよく考えていました。友達からは慰めの言葉を貰いましたが心に重くのしかかるだけでした。それからしばらくしてこの本をインターネットで知り本屋さんで探しました。なかなか見つからずやっとの思いで探し1冊だけみつけて早速読んでみました。読んだ瞬間涙が溢れて止まりませんでした。こんなにも辛い思いをして頑張っている人がいるのに何時までもくよくよしていたら駄目だと自分に言い聞かせこれからまた新たな気持ちで頑張ろうと思いました。たった3か月でも私を選んできてくれた赤ちゃんに恥じないようにおなかにいる間幸せを沢山くれて有り難うと言いたいです。この本をもっとみんなに広めて沢山の人に読んでもらいたいです。苦しみも悲しみも少しでも理解してもらえたらと思います。誕生死という本に出合えて良かったです勇気と力を有り難う御座いました。


<317>読んで一週間が経ちました 投稿者:愛ちゃんのママ  投稿日:10月17日(木)19時15分03秒

2度目の投稿です。前回は読んだ興奮がおさまらないまま、投稿してしまいました。
私は周りの人たちに恵まれていて、まだ妊娠もしたことがない友達や、一年も前に辞めた職場の仲間や上司までもが、愛の思い出話や辛い気持ちを延々と聴いてくれましたし、息を止めた後の写真ばかりのアルバムも熱心に見てくれました。それでも‘やっぱりこの辛さは経験した人じゃないと解らない’という孤独感は拭えませんでした。でも‘誕生死’を読んで、初めて、心の底から他の人たちと触れ合えたように思いました。体験者の気持ちの一つ一つが自分と同じで、共感できる人たちに初めて出会えたのです。「自分がどんなに辛かったか、今でもその悲しみは決して癒えてはいないし、これからも涙が乾くことはないんだ。」と説明しなくても解ってもらえる場所があることが嬉しかったのです。きりりと締めていた帯を緩め、ありのままの私で寛げる空間が見つけられました。愛を亡くした直後から、一刻も早く次の子が欲しいと思う反面、もし次の子も同じように死んでしまったらどうしよう・・・という不安がありました。愛の直接の死因は肺が膨らまないことでしたが、なぜそのような肺になったのかは不明でした。例え次の子が同じ肺の病気だったとしても、産まれてくるまで調べようがないそうです。。こんな辛いことがまた起こったとしたら、正気を保って、人間として生活していくことはできないだろうと思っていました。でも‘誕生死’に出会えた今は違います。もしかしたら、次の子も一緒にいてあげられる時間は短いかもしれません。でも、その子が私を母親に選んでくれたことに感謝して、精一杯の愛情を注いであげようと思えるようになりました。
こんな前向きに頑張れるようになったのには、前回の投稿に励ましのメールを送って戴いた皆さんのおかげでもあります。最後になってしまいましたが本当にありがとうございました。


<318>読ませて頂きました 投稿者:凛々子  投稿日:10月22日(火)11時51分24秒

ネットで本を取り寄せて読ませて頂きました。読む事がすごく辛かったです。1ヶ月前頸管無力症で子供無くしたばかりの私には耐え難いものがありました。全国で辛い思いをしている人がたくさんいると分かっていても自分だけが・・・って気持ちになってしまうんです。家にいると毎日泣いてしまい立ち直れないと思い早産して2週間で会社に復帰しました。初日はみんなに会うのがすごく怖くてたまりませんでした。この前までお腹が大きくて幸せいっぱいだったのに2週間したらお腹がぺしゃんこになっている私をみてみんなはどう思うのか。見かけてもきっと声もかけてこないだろうと。見て見ぬ振りをして私が笑えばもう大丈夫だと勘違いして妊娠していた事などなかった事のように話しかけてくるに違いないと。こんなことばかり考えていました。みんなも何を言っていいのかわからないから「元気だして」とか「まだ若いんだから大丈夫よ」とか「次頑張りなさい」というその人からしてみれば慰めというような言葉をかけてきました。自分の子供を目の前で亡くして元気が出るわけもないし、若くても年とっても悲しみは同じだし、亡くしたばかりで今が精一杯なのに次の事なんてまだ考えられないといった私にとっては辛い言葉ばかりでした。通勤時に妊婦を見ることもすごく辛いし、何しろ人の目がすごく嫌でした。同じ時間に通勤していた私はバスで毎日顔を合わせている人や電車の駅のホームで毎日見かけてる人たちと会うのもすごく怖かった。それでも頑張って通勤して会社では出来るだけ笑顔でいました。主人も早産してから1回も飲みに出かけることもなく毎日家にいてくれています。みんなの誘いを断っているようです。この前友達から「○○ちゃんはいつも奥さんの事だして断るよね」と言われたそうです。その一言で今までピンと張りつめていた糸が切れてしまい取り乱して私は泣き出してしまいました。私だって毎日我慢して笑顔でいたのに、こんな苦しみに耐えてきたのに・・・・と。所詮他人にはこの苦しみや悲しみは理解できないんだと思うと余計に悔しくてたまりませんでした。本を読ませて頂いた後だったからもう悲しみを我慢するのは辞めようとそのときは主人でも止められないほど泣きました。心のよりどころが欲しかったんだと初めて気づきました。本を読んでこの悲しみを分かってくれてる人がたくさんいると思うとすごくうれしかったです。悲しみは一生消えないでしょう。そんな時はまたこの本を読んでたくさん泣きたいと思います。


<319>いつかきっとあえますように。 投稿者:uni  投稿日:10月24日(木)21時16分54秒

はじまして。私は助産師で、今は新生児病棟に勤務しています。
皆様の貴重な体験を読ませていただきました。

病棟で誰かが亡くなるたび、私は今までお別れをした子供たちを一人一人思い出します。
その子の名前、顔、思い出…。忘れることはありません。
先日も去年亡くなった子供の命日の次の日に別のお世話していた子供が亡くなり、
そして今月は初夏に亡くなった子の誕生日。
気持ちの整理がつきません。
私でさえ、こんなにつらいのに、親御さんの悲しみは計り知れません。
悲しいけれど、短い命だったけれど、あの子達に会えたこと、お世話できたことは幸せだったと思います。

私自身、姉が死産で亡くなっています。
もちろん、会った事はないのですが、母が良く私たち姉妹に話しをしていたので
知らず知らず、“姉”という存在が私の中に根付いています。
今では、天国に行く子供たちをよろしくね、とお願いしています。

私は個人的に葉 祥明さんの『もういちど、会える』という本を
ご家族の方にお渡ししています。お子様を亡くされたご家族向けの絵本です。
一生懸命人生を生きたら、お姉ちゃんに、あの子達にまたきっと会えると信じてがんばっていこうと思います。


<320>やっぱり会いたい。 投稿者:AIR  投稿日:10月28日(月)11時17分33秒

2度目の投稿です。
前回は、読んですぐで気持ちの整理のつかないまま投稿してしまいました。

私と同じような体験をされた方やこの投稿文を読んで、それぞれの方が各々の立場で「誕生死」について処理されているということを改めて感じました。
多くの人が同じような体験をして、その試練を乗り越えているというのがわかっていながらも、
『どうして私が…』という気持ちが1年経ったいまでも消えません。
きっと消えることはないのだと思います。

私は、息子に会うことを許されませんでしたが、会うことの出来た方の気持ちをもっと知りたいです。
死産直後に、息子の居場所を教えてくれたのは、離れた場所で医学用の写真をとられている姿でした。
写真をとっている先生方の後姿を今も忘れられません。
私のような経験をした方の気持ちを医療機関の方々はもっと考えて欲しいものです。