『誕生死』掲示板 過去ログ17 <321>〜<340>             


<321>8ヶ月お腹で生きてくれて有難う 投稿者:プーたん  投稿日:11月 1日(金)17時26分57秒

私は11年という長い不妊治療の末、14回目の体外受精で、やっと授かった息子を29週で胎児水腫の為 先月死産で出産しました 先生に胎児水腫なので死産になる可能性が高いと言われた時はなぜ私だけがこんな目に会わなければならないのか悲しくていられませんでした 90%無理でも幸運の10%に入るかもしれないと 毎日助かるようにお願いしていたのに 結局ダメでした 悲しくて 悲しくて毎日毎日泣いてばかりいました 心のよりどころを求めて ネット検索をしていてこの本を知り 私と同じ思いをしている人がいることを知りました まだまだ心の整理はできませんが この本に出会えて良かったです


<322>思わず手にとってしまいました 投稿者:そら  投稿日:11月 1日(金)23時00分55秒

今日図書館に行きこの本を見つけました。題名を見ただけで涙が出てきそうでした。
私は今生きていれば6歳になる女の子がいます。もうすぐ会えると思って病院に行ったのに心音がありませんでした。もし、6年前にこの本に出会っていたら私ももっと救われたかもしれません。
誰に言ってもわかってもらえない気持ち、経験した人しかわからない気持ちをどこにもぶつけられませんでした。今日この本を読んで皆さんが書かれていたことが自分の気持ちを代弁してくれたようでうれしかったです。この本を早速購入します。


<323>読まさせていただきました 投稿者:明日香  投稿日:11月 2日(土)11時35分55秒

 私28才の主婦です。偶然図書館でこの本を見かけて読みました。
 私には7ヶ月になる1人娘がおりますが、この本を読んで、もし娘がと考えるととても辛く涙が止まりません。ですから実際にお子様を亡くされた方はもっと辛く苦しい言葉に表すことの出来ない程の思いをされているのでしょうね。
 今回は図書館で借りましたが、購入しようと思っています。


<324>看護学生です 投稿者:さこ  投稿日:11月 4日(月)02時07分12秒

 「誕生死」読ませていただきました。非常に胸の痛い思いをしました。私は先日まで母性の実習で38週の妊婦さんを受け持たせて頂いてました。その方の赤ちゃんも生後まもなく亡くなられました。赤ちゃんが亡くなるまでの間(その方は赤ちゃんが亡くなるまでの間・・・。赤ちゃんががんばっていた間私の実習病院に入院されていました。)そのお母さんは未熟な私に何一ついやな顔をせず、勉強させてくださいました。そのとき、私が最も悩み、いまなお結論に至らないことがあります。それを知りたくて「誕生死」をてにとりました。赤ちゃんがまだがんばっていて、しかし深刻な状態であるとき、お母様がたは看護師にどのようなコミニケーションを求めているのでしょうか?私は、実習中それがどうしてもわからず十分な配慮ができなまま接していたように思います。本当に不安な状態の中、受け持ちのお母さんには大きな負担強いていたのではないかと反省する毎日です。亡くなってからの医療者の対応については、このホームページのリンク先などで学ばせていただきました。残りの実習期間は、最新の注意を払っていきたいと思います。さきに、上述した質問にお答えいただける方、ぜひアドバイスをお願いいたします。なお、文章は、出来るだけ注意して書きましたが不適切な表現がありましたらご指摘ください。


<325>ずっと探してた 投稿者:かおりこ  投稿日:11月 6日(水)01時21分58秒

誕生死、この言葉を本屋で見つけた時、衝撃がものすごく強かった。でもずっとこういう本に出会いたかったんだって思いました。涙が止まらなかった、苦しかった。私今23歳で主婦をしています。19歳で流産して21歳で死産を経験しました。原因は分かりません。その後、医師に(次がもしまた駄目だとしたらその後は自然妊娠は無理だと思っていてください)と言われていました。それから怖くて妊娠する事が…姑にもカナリの嫌味を受けました。義弟夫婦に子供がもうすぐ産まれます。私も辛いけど主人も可哀想で。


<326>半年すぎて・・ 投稿者:ともみ  投稿日:11月 6日(水)11時04分42秒

 3年間の不妊治療の後での初めての子供を、今年の5月に死産しました。8ヶ月の女の子でした。子宮頚管無力症で、手術をした5日後に私はママじゃなくなりました。
 その日は朝からお腹が痛くて、看護婦さんに訴えても「**さんは痛みに弱いから・・じゃあ点滴強めときますね」(24時間張り止めの点滴をつけてたから)だけで、深刻にうけとめてもらえませんでした。夕方になって寝てられなくなるほどお腹が痛くなり、その時になって初めて先生を呼んでもらえた・・。
 超音波で見ても、心音聞こうとしても、もうなんの反応もありませんでした・・・。すぐに手術になったけど、もともと子宮がひらいてたので下から産むか帝王切開にするか、先生たちが相談してる時に子供は下からうまれました。いきなりだったので看護婦さんがうけとめられず冷たい床に落とされました。
800gもいってない小さな女の子でした。
先生は「この事時期にしては小さすぎるから、もともと子供自体に以上があった。こうなってよかった。」次の日にいわれた言葉です。
 なんで病院にいたのに助けられなかったのか、もっと早く処置してくれれば・・という思いが頭から離れずこの半年すごしてました。
 この本は、産んですぐ出会いました。涙ばっかりでまだきちんと読めてませんが、でもこの本、HPに出合えてよかったとおもってます。


<327>友達から借りて・・・ 投稿者:RIKO  投稿日:11月 6日(水)17時42分17秒

友達から借りて たった今読み終えました。
ただただ 涙がこぼれるばかりです。
何度 涙で字が霞んだ事でしょう・・・。
読み終えた感想(というのでしょうか?)は・・・ 
「命はちゃんと生まれたんだ(実在した)!!」
「死産だったとしても 大好きなママのおなかで ママと(パパや兄弟と)ちゃんと思い出があるんだ!」
実感しています。

我が家の末っ子が 病気で生後3.4日 生死をさまよいました。
「もし あの時に助からなかったら・・・」と思うと この子を抱きしめて泣いてしまいます。(しかし まだ病気は完治じゃないので 再発の恐れもあるので 今でも怖いです。)

皆さんの勇気に感謝します。


<328>先月赤ちゃんが 投稿者:ももちゃん  投稿日:11月 8日(金)16時56分09秒

先月22週で破水し死産を経験しました。気晴らしに友人と会っても逆に気分が重くなることがあります。「人生いい事も悪い事もあるから」と言われた時には、子供を亡くす事より悪い事ってどんな事なのか聞き返したいぐらいでした。
あとがきには共感しました。私、産んだ直後助産婦さんに「人が一人産まれてくるって本当に大変なことなんですね」って言いました。こんな体験をしなかったら、子を授かる事の重みをここまで感じる事はなかったかなぁって思います。


<329>著者の方、ありがとうございます 投稿者:りえ  投稿日:11月11日(月)20時27分05秒

同じ体験をした者として、いろいろな場面でどうしたらいいのかわからなくてこの本を手にとりました。何度読んでも一つ一つの言葉があのときの私そのもののように思えます。
死産した事を周囲の人は一度はかわいそうと言いながら、次には早く忘れて次をと言われます。
確かに次に健康な赤ちゃんを産むことが大切なことなのかもしれないけど、本当は悲しみを共有して欲しかったんだと実感しました。
なかなか理解してもらえない言葉を形にしていただいた著者の方々に感謝します。


<330>本を持って行ってきました 投稿者:あすみちゃんのママ  投稿日:11月11日(月)22時28分07秒

もうひとつの掲示板にはよくおじゃましているのですが こちらの感想のページには久しぶりに書かせていただきます。

私は今年の4月に次女 亜純(あすみ)を出産し 5月に生後2週間でお空に見送りました。
30週の時に胎児水腫がみつかり その後解剖でいろんな奇形がわかりました。無事生まれても1日もつかわからないと言われていたのが 2週間も頑張りましたが 遅かれ早かれ やっぱり生きられない体だっと言われました。

お空に見送った時 私の頭の中は真っ白で何も考えることができず 思い出作りもなにもありませんでした。ただやっと自分の娘が抱けた・・・ただそれだけでした。
そんな中NICUの看護師さんたちが忙しい中 霊安室まで来て「あすみちゃんを抱かせて」「あすみちゃんにお別れ言わせて」と言って泣いてくださいました。そして私の肩を抱いて「おうちに帰ったらいっぱいあすみちゃんとお話してね そしていっぱい泣いてあげてね」と言ってくださったことがとてもうれしかったです。

先日担当だった看護師さんにお世話になった御礼とあいさつに『誕生死』の本を持って行きました。たくさんあすみの話をして そしてその後の私のことなどを 涙を一緒に流しながら聞いてくださいました。そこの看護師さんたちは『誕生死』の本がでてすぐくらいにみんな買って読んだそうです。そしていろいろ勉強をしているようでした。赤ちゃんを亡くしママたちは何を望んでいるのか どうしたらママたちの力になれるのか どのようにして声をかけていけばいいのか・・・。私は写真が残せなかったことがすごく悔いに残ってるのでそのことを伝えました。いつもは赤ちゃんを連れて帰る前に家族での写真撮影を進めているそうですが 私のときはたまたまもれていたそうです・・・。そして赤ちゃんを亡くして退院したママたちが集まれる会を作りたいと思っていること 赤ちゃんが生きたことを病院に残すことなど いろんな考えをもっておられることを知りました。それらを実現させるにあたって 何かあればまたいろいろ聞かせてもらってもいいですかと言われ私にできることがあれば 喜んで協力させていただきますと返事してきました。
そして 本はみなさん持っておられて 読んだそうですが これからの天使ママたちに(増えて欲しくないママですが)なにか伝えていけたらということで受け取っていただけました。

こういった 私たち天使ママのことを考えてくれる病院が少しでもたくさん増えることを願っています。そして天使ママたちが少しでも早い時期に救われることを 一人で悲しみ苦しむことがなくなることを願っています。


<331>ありがとう 投稿者:いっちゃんの母  投稿日:11月14日(木)13時27分10秒

私は10月18日に「胎児死亡」を告げられ22日に自然分娩でいっちゃんを生みました。
今日が本来のいっちゃんの出産予定日でした。
11月を迎えることなく10月に全てがおわってしまい、あれほど楽しみに待ち望んだ11月14日。退院してからずっと泣きつづけ、果てしなくココロがさまよっていたとき、このサイトをみつけました。その日のうちに主人に本を買ってきてもらい、ゆっくりゆっくり泣きながら読み終えました。あまりにも自分のケースと重なる個所は読み返し、まるでスローモーションのように過ぎていった一こま一こまの地獄の時間を思い出しながら本を伏せ、時には号泣しました。
ただ、自分ひとりがこんな不幸に出会った訳ではないんだということがよくわかり、ようやく少しココロが前に向いてきた感じがしています。著者、製作の皆様の勇気と努力に感謝いたします。ありがとうございました。私の場合、「仕事」と「要安静」の間で苦しみぬいた9ヶ月でした。自分が会社の代表である限りやめるわけにいかず、その結果いっちゃんを自分が殺したも同然だと今も思っています。私は来年40歳になります。やっと授かった我が子を出産間近に亡くし、「次に頑張ろう」そんな年齢でもなく、来月からはまた仕事。・・私はどうしたらいいんでしょう。
いっちゃんが生まれてくる予定だった今日を過ぎたら、明日からはきっと元の私にもどれるかも。
つらくても一歩づつ歩いて行こうと思います。


<332>複雑な思い 投稿者:こたちゃん、こじちゃんのママ  投稿日:11月14日(木)15時39分47秒

私は10月26日に長男である小太朗と次男である小次朗を23週0日で産み、その日のうちに二人は天国へいってしまいました。妊娠初期から出血を繰り返し、入院して5週間経ったときのことでした。小さな二人を見ていると眠っているようにしか思えず、どうしても二人の死を認めることができませんでした。ずっと二人と一緒にいたくて、いられないなら私が二人についていくと言い張ったため、ダンナは私がちゃんとお別れできるようになるまでと2週間、火葬するのを待ってくれました。そしてようやく、11月10日に二人を天国に送ることが出来ました。その間、二人にお歌を歌ってあげたりご本を読んであげたり、誕生日のケーキを買ってきてお祝いしたり、写真を撮ったり、たくさんの思い出を作りました。子供達がかわいそうなのではという思いはダンナは絶えず持っていました。私は看護師であり、私も様々な思いに揺れ動いていた2週間でしたが、子供達二人に助けてもらった命だから二人にいつか会えるように命を大事にして一生懸命に生きていこう、と思えるようになれたので、子供達とダンナに感謝しています。でも気が緩むと、二人がいつも傍にいてくれていることを忘れて泣いたり、何もできなくなったりします。みなさんの思いを読みながら、同じ思いにほっとしたり、前に進む道を模索している今日です。


<333>大切にしていきたい 投稿者:翔ママ  投稿日:11月14日(木)21時01分02秒

私は3年前に36週4日で、男の子を死産しました。
胎動がなく、おかしいと思い病院へ行くと先生から「心臓が動いていない」と言われ、翌日、陣痛誘発剤を点滴し、自然分娩で出産しました。 原因は不明です。
それからの毎日は、「もっと早くに病院に行っていたら助かっていたかも」など後悔することばかりでした。もう誰とも会いたくなかったし、おなかもすかない、眠たくもない、何もしたくない、でも周りの人の前では、立ち直って元気な振りをしないといけない。
泣くことができるのは、主人の前だけ。
何で自分だけがって、半分うつ状態でした。
2人目もなかなかできないし・・。
そんな生活が2年続いて、疲れきっていた時に妊娠発覚。
胎動がわかるようになってからは、腕時計が離せませんでした。
40分動かなかったら心配で心配で、泣いていました。
夜も怖くて寝れず、起きた時は、胎動を確認するまで待ってから寝ていました。
7ヶ月から入院し、無事女の子を出産することができましたが、本当に怖くて怖くて仕方がありませんでした。
今、毎日忙しく過ごしていますが、翔のことは毎日思っています。
2人目が生まれたからといって、立ち直ることは当然できません。
友達から「誕生死」のことを教えてもらい、同じ経験をして、同じ思いをしている人が、たくさんいることを知り、少し強くなれたように思います。
これからも翔が生きていたことは、大切にしていきたいと思います。


<334>本を書店で見たとき 投稿者:くーにゃん  投稿日:11月14日(木)21時29分56秒

私も書店でみたとき、思わず涙が止まりませんでした。私は新生児死でした。生後55日でお別れしました。職場に復帰しましたが、頭はずっと息子のことでいっぱいです。


<335>知り合いからのすすめで 投稿者:たじゅまる  投稿日:11月16日(土)19時36分52秒

はじめまして。関西で助産師をしています。2年目です。
私は流産・死産をされた方へどのような声をかけてよいのか分からず右往左往していた者の一人です。
最近、30週たらずで早産され、10日後くらいに子供を亡くされた方のお祈りに行きました。(キリスト教の病院です)
その方は破水をされた後ずっとベット上安静で点滴で陣痛を止めていました。でも産まれてしまいました。小さな身体で精一杯がんばって生きていたあの子を思うと涙が出ます。そして泣いていたあの方を見てまた涙が出ました。二人の頑張りと愛情深さを学びに変え、またこの本に体験を載せてくださった方々への感謝を胸に、私なりにそばに付き添っていきたいと思いました。ありがとうございました。


<336>子供の死。。。 投稿者:みき  投稿日:11月17日(日)17時29分35秒

読ませて頂きました。一冊読み終えるまで、涙が止まらなかった。
私も10月11日に娘を亡くしました。
一歳八ヶ月でした。。。
先天性の病気と闘って来たけど、頑張って来たけど・・・
娘は天使になってしまいました。
まだ、現実を受け入れられません。
毎日、遺骨を抱いて話しかけています。
「よく頑張ったね。また、ママの所に戻っておいで・・・」と。
何度も手術を繰り返し、本当によく頑張ってくれたと思います。
娘は私の腕の中で息を引き取りました。。。
何度も何度も、名前を呼んだ・・・でも帰って来なかった。
この本を読んで、こんなにみんな辛い思いをしてるんだった気づいた。
娘が亡くなって、何で私だけ・・・って思ってた。
でもこんなにもたくさんのパパもママも、現実と向き合ってると思うと胸が苦しくなった。。。


<337>悲しいです 投稿者:ゆみ  投稿日:11月20日(水)17時49分09秒

はじめまして。私は先月、20週で男の子を流産しました。
子宮頚管無力症でした。下腹部痛が続いていたのですが、病院にも行かず、結局大量に出血し、あわてて病院へ行った時にはすでに子宮口が2cm開いており、赤ちゃんの片足が子宮から出ていました。
「腹痛があった時に病院に来ていれば・・・」「もっと赤ちゃんの事を大事にしてれば・・・」
後悔でいっぱいでした。
そのまま入院。張り止めと抗生物質の点滴を打ちながら絶対安静で1週間過ぎ超音波で見たら、病院に来た時は片足だったのが、腰から下、両足が出ていました。
その翌日、産まれて来ました。肺が出来上がっていないので息をする事はできなかったけど、心臓は外へ出てもちゃんと動いてて・・・。かわいくて、かわいくて。自分の子のかわいさを初めて知りました。
でも、もうあの子はいません・・・。もう2度とあの子の顔を見ることも出来ません・・・。
赤ちゃんを連れている人、妊婦さん、ねたましくてたまりませんでした。“皆だめになっちゃえばいいのに!”ってそんな事ばかり思っていました。“誰かに私の赤ちゃんの事を話したい!”“皆にあの子の事を聞いてもらいたい!”そう思っても回りの人達は、「あんまり考えると体によくない」とか「赤ちゃんだって天国にいけない」とか、日に日に話しをしづらくなっていきました。
“もう話しちゃいけないんだ・・・”自分だけが辛いと思っていました。“なんで私の赤ちゃんだけが・・・”そう思ってる時、この本を見つけました。
私だけじゃないんだ・・・あの子の事考えてていいんだ・・・涙が止まりませんでした。

最近やっとちょっと落ち着いてきました。
全然前向きじゃないけど、あの子の事を考えて泣いて、そうしてる時が私にとって今は一番いい時間なんです。泣いてもいいんだって思ってから気持ちが楽になりました。この本を見つけなかったらそんな風に思えなかったかもしれません。


<338>まだまだ辛いけど 投稿者:まゆりママ  投稿日:11月21日(木)10時14分07秒

私は先月、22週と数日で子どもを死産しました。妊娠中に、出来れば女の子がいいなと思い始めていたら、本当に女の子でした。この子がいなくなって空っぽになってしまった私の中は、今や体と心は悲しみで一で、・・・元々友人の多い私ですが、自分自身でも受け入れ切れないこの事実を報告する「力」がどうしてもまだ持てず、連絡を閉ざしている状態が続いています。本『誕生死』は、何とか自分がこの辛さから、少しでもラクになりたい一心で、インターネットで探して見つけました。と同時に、同じように悲しい経験をされた方や、そういった方が身近におられる方が多いことを知り、何故私ばかり!?と不幸のどん底にいたように感じていた気持ちが、少し和らいだように思います。


<339>この本プレゼントすることにしました 投稿者:グランママ  投稿日:11月21日(木)13時02分07秒

今朝、購読新聞でこの本のことを知りました。そしてこのお部屋に来ました。今月13日に次男のお嫁さんのお腹に息づいていた命が終わっていることが分かりました。まだ5mmの大きさでしたが立派な命です。16日に手術しました。遠くから嫁いで来てくれてるので、私が看病に行きました。現在まもなく1歳になる男の子が居ますが、だからといって消えてしまった命でも妊娠に気付いたときから母親になってるのですから悲しくないはずはありません。私の前では頑張って平常にしていましたが、本当はいっぱい泣きたかっただろうと思います。私はどう慰めていいのか分かりませんでした。せめてもの慰めにこの本をプレゼントすることに決めました。少しでも○○ちゃんの悲しみが癒されますように・・・と願いを込めて・・・。


<340>(無題) 投稿者:花  投稿日:11月22日(金)11時14分45秒

四ヶ月で死産してから約二月。気持ちも落ち着きまた本を読み返してみました。今度はゆっくりと時間をかけて・・・。今まで私は必死に悲しい気持ちを消そうと「この子はまたもどってくる」と自分を納得させることで精一杯でした。でも、昨日やっと旦那に気持ちをぶつけることが出来ました。本当はまだ不安定になる自分の気持ちを・・・。友達の妊娠の報告に心からおめでとうとまだいえない自分。報告を聞いて二週間経ちやっと言えた事。旦那は黙って聞いていてそして「今まで花ちゃんは強いなあと思ってたんだ。でも、我慢してたんだね。ごめんねわかってあげられなくて」と言ってくれました。苦しかった気持ちが少しだけ和らぎました。本を読み、読み返して素直になることができたと感じました。別の友達は新生児死を、先日経験してしまい、今は塞ぎ込んでいます。この本のことを教えてあげたく話をしたけれど、かえって辛くさせてしまったようです。少し時期が早かったのかな。人それぞれですね。反省です。彼女の辛い気持ちがゆっくりと癒されていくまで、本を薦めるのは待つことにしました。