『誕生死』掲示板 過去ログ18 <341>〜<360>             


<341>誕生死に出会えてよかった 投稿者:稜ママ  投稿日:11月23日(土)16時52分51秒

今年の6月、長男の誕生日に2人目を流産しました。長男が誕生してからなかなか2人目ができなく、排卵誘発剤を内服してめでたく妊娠、母子手帳をもらい初めての妊婦健診。パパと長男と3人で赤ちゃんに会いに行きました。エコーに写る赤ちゃんを楽しみにしていたのに、そこには動かなくなっていた赤ちゃんの姿が写し出されました。あまりの突然のことに涙もでてきませんでした。次の日流産手術を受けました。長男の誕生日でした。長男の誕生日を祝ってあげるはずだったのに、2人目の赤ちゃんの命日になってしまいました。毎晩泣いて、なんで赤ちゃんが死んでしまったのか考えたけど答えは見つからないままでした。自然淘汰だから仕方がない、そう思うしかありませんでした。周りの人は「若いんだから、次妊娠できるから」とか慰めてくれましたが、また妊娠すればいい問題じゃなかったし、その言葉のほうが余計につらくなった。3人目を妊娠したが、絨毛膜下血腫で入院。出血するたびに赤ちゃんまで出てしまうんじゃないかと心配だった。何度か出血や腹痛を繰り返したけど、赤ちゃんは元気だった。「生命力の強い子だね」とパパと笑いながら話たりしていた。母子手帳をもらい初めての妊婦健診。「2人目の時みたいにまた心臓が止まっていたらどうしよう」すごく不安だった。エコーをみて医師が「心臓は動いている」の言葉にすごく安心した。しかし、同じ所を何度も見ている。違う医師が呼ばれエコーを見る。「また赤ちゃん産んであげられないんだ…」涙が止まらなかった。医師からは、脳に空洞があり、脳が溶けていると言われた。原因は、3回目の入院の時、動けないくらいの腹痛があり、出血した。そのとき赤ちゃんの心拍が弱くなり、今夜が峠だ、後は赤ちゃんの生命力にかけるしかない。と言われたが、生命力の強い我が子は持ち越した。しかし、その時脳に血液が足りなくなり、脳に障害ができたのではないかとの事だった。その後入院し死産した。2人も産んであげられなくて…、何で私ばかりお母さんになれないの?…、お腹さえ痛くならなければ…、安静にしていれば・・・、短い妊娠期間ずっと苦しい思いばかりさせちゃったね。居心地の悪い子宮でごめんね。外に出ても、妊婦がうらやましかった。そんな気持ちの自分が嫌になったりもした。
『誕生死』を友達から薦められて読みました。いっぱい泣いて、自分と同じ気持ちの人がいて、自分の気持ちをわかってもらえたような気がして、気持ちが救われました。


<342>生きる力 投稿者:みどり  投稿日:11月24日(日)22時21分41秒

11月16日、私は二人目の子供を死産しました。妊娠8ヶ月のとき赤ちゃんに異常があることがわかり、検査の結果この子はおなかの外では生きていけない病気であることがわかりました。それから出産までの2週間ほんとにつらかった。今こうして生きてる子をどうして助けることができないのか。なんでこんなひどい目に自分があうのか。毎晩元気な赤ちゃんを産む夢をみて、これは何かの間違いだといい聞かせたり、話し掛けてはちゃんと生まれてくるよねと言い聞かせていました。でもそのとき私は障害を持って生まれてくるより死産したほうがいいという周りの言葉にそうだねとただうなずいていました。しかし私はこの子をどうにかして助けてあげたいと願い、そしてインターネットで毎日何時間も調べ、どこかにこの子が助かる道があると信じてきました。そのときにこの本の事を知ったのです。でもそのときはこの子は助かるから今はこの本は読まないと決めていました。でもこの子は知ってたのでしょうね。自分の死を。自分から外に出てきたかったのです。9ヶ月に入ってすぐに陣痛がきて分娩中に天国へと旅立って旅立っていきました。こうして現実になったとき私の心は想像以上に苦しく、悲しく、そして空虚で自分自身どうやって過ごしてきたのかさえわからないくらいでした。そしてこの本を手にしたのです。この本を読んで涙があふれ出ました。私はがんばらなくていいのだと初めて気づきました。そしてこの子が私にくれたもの、それは生きる力なのだと思えるようになったのです。ありがとうございました。あんなかわいい赤ちゃんを授かることができて私は幸せだった。そしてこの子もまた幸せだったに違いないと思ってます。


<343>早いもので4ヶ月が経ちました。 投稿者:Mao  投稿日:11月25日(月)01時25分06秒

4ヶ月前(6月26日)に書かせていただいた、Maoです。
双子を亡くして早いもので4ヶ月が経ちました。
あれからたくさんの人に励ましのメールをいただき、どれだけ助けてもらったことかただ感謝するだけです。そしてメールを頂いたのに返事が途切れてしまった方には大変申し訳なくおもいます。
少し落ち着いたのでここに来ました。ようやく現実に向き合えるようになってきました。
仕事に没頭するしかなく、夫として何をやれば良いのか、ただ考えれば考えるほど自分の力の無さに悲しくなってしまいました。でも妻はもっと辛い思いをしています、多分男には分からない何とも言いようの無い辛さや悲しみ、いろんな物が詰まっていると思います。
僕は大した事は出来ませんでしたが助けてあげてください。
そして夫婦でこの本を読んでください。
自分の人生を振り返った時に後悔はしないで下さい。
一生懸命生きてれば必ずどこかで見ていてくれるはずだから。
長くなりましたがありがとうございました。


<344>わたしが感じた事 投稿者:ブーヤン  投稿日:11月25日(月)13時22分45秒

「誕生死」読ませていただきました。私は1ヶ月前に6週で流産しました。本に載っているように臨月間近での流産ではありませんでしたが、確かに自分のお腹にいた赤ちゃんがいなくなってしまったのは、とても悲しく、いまだに気持ちの整理がつきません。妊娠してインターネットでいろいろみているうちに、「誕生死」のことも知りました。でも、その時の私は、妊娠さえすれば、問題なく出産できると思っていたので、「誕生死」も私には関係の無いことだと思っていました。実際に自分が流産し、「誕生死」を本屋で見つけた時、正直、買うのを躊躇しました。今回、私は超初期の流産でした。もし、次妊娠した時、半年なりお腹が大きくなるまで赤ちゃんが成長したら、今回の流産のことなど、考えないで安心して妊婦生活を送ると思いましが、もし今「誕生死」を買って読んだら、次に妊娠した時、赤ちゃんが無事に生まれるまでの不安がより一層、大きくなると思ったからです。実際読んでみて、正直不安は大きくなりました。でも、その反面、私よりももっと辛い思いをしている人がいること。そして、そういう方でも、その後に、かわいい赤ちゃんに合う事ができてるということを知ることができ、とても心づよく感じました。また、本の中にも書いてありましたが、周りから「また作れば・・」「若いんだから・・」「いつまでも泣いてないで・・」みたいなことを言われて傷ついたこと、そして、泣きたい時は泣いてもいいこと、など、実際に赤ちゃんを失った人にしか分からない気持ちが書いてあり、気持ちが楽になりました。今回、自分が流産して、そして「誕生死」を読んで、赤ちゃんが無事にこの世に産まれてくるということがとても大変で、そして素晴らしい事だということを知りました。普通に妊娠して出産した人は、流産や死産について、他人ごとと思い、妊娠して赤ちゃんが産まれてくることを、普通のことと思っていると思います。私は、今回のことを経験したことにより、命というものの重さを、初めて実感したように思います。そして、これから、私の赤ちゃんに会えた時は、今回天国へ行ってしまった赤ちゃんの分までかわいがってあげようと思います。


<345>誕生死を読みました 投稿者:なのりん  投稿日:11月25日(月)21時28分47秒

はじめまして。私は、昨年12月末に38週で原因不明の死産をしました。
今まで味わったことのない悲しみに これから私はどうして生きていけばいいのだろう 私の未来はなくなった 私はいけないことをしてしまったのだ母親失格なのだ と 自分を責める苦しい日々が続きました。
インターネットで死産を検索していてある掲示板で誕生死が出版されることを知りました。
すぐに本屋さんで取り寄せてもらい購入しましたが はじめのSTILLBORNを読んでは泣き、目次を読んでは泣き、松村さんの体験を少し読んでは泣いてしまって全ての方の体験を読むのにかなりの月数がかかってしまいました。
今となっては、私の気持ちそのものという感じです。このような本を出していただいてありがとうございました。そして、この本が多くの方に読まれるとともに医療機関の方へも広まることを願ってやみません。
私は、死産をしてもうすぐ1年が来ようとしています。表面的にはすっかり落ち着いているようにしていますが 娘を思い出さない日はないし この悲しみは消えることはありません。
私は、また赤ちゃんが欲しいなって思ってきました。「年」のせいなのか「気」のせいなのかなかなか授からないのですが・・・。
それでは、このへんで・・・長くなってしまってすみません。
最後にもう一度・・・☆著者の皆さんへ☆「誕生死」を出していただいてありがとうございました。


<346>少し落ち着きました 投稿者:寧々のママ  投稿日:11月26日(火)10時36分03秒

平成14年10月10日ついこの前最愛の娘を生後5ヶ月で亡くしました。先天性心疾患で産まれ何十時間もの手術にも耐え元気になるものと信じていた矢先の出来事でした。HPを持っていた為同じようにお子さんを亡くされた方からこの本を紹介してもらい読ませていただきました。泣きながら一気に読み、終えた頃には少し気持ちが楽になった様な気がしました。大きなお腹を知っている人は無事に産まれたと思い話をする。でも娘の病気の事、亡くなった事を話すと元気出してね。と答えて何も聞いてくれない。あの娘が生きてきた証を知ってほしいのに…


<347>いろいろ考えました 投稿者:総合病院助産師  投稿日:11月26日(火)18時19分48秒

秋田で総合病院に勤務して4年目の助産師です。この本で体験談、心情を聞くことができ助産師として自分が関わっていくことの重要性を痛感しました。私も何度か誕生死に関わらせてもらいました。少しでも感情が出せるような関わり(ただそばに座り、泣いてもいいよ、正直な気持ちをぶつけてもいいよって言うことだけですが…)が持ちたいと考え、そうしています。自分がかけた一言、自分がとった行動etc…その一つ一つが励ましとなり、しかし時には傷つける…。自分が医療者である前に、一人の女性、一人の人間としてそばにいられたら…と考えています。私は今までなくなった赤ちゃんに必ず面会してもらい、できれば抱っこしてもらったり、体に触ってはどうですかと勧めてきました。赤ちゃんの状態によって、母親の感情の変化によっては迷うときがありましたが、自分としてはそれが誕生死を受け入れる一つのきっかけになると考えていました。それが母親にとって良いのか自信はありませんでした。この本をきっかけに、もう一度一人の人間としての関わりを考えていきたいと思っています。総合病院の対応についての正直な感想を聞き、涙が出ました。ショックは大きいです。求められるものに答えられる看護・対応を考えさせられました。


<348>寄り添っていけたらと思います 投稿者:健悠黎  投稿日:11月27日(水)11時58分51秒

 29歳で長男出産、33歳で流産、34歳で次男出産、35歳、37歳、39歳で流産、今年6月に42歳で三男を出産しました。
 4回の流産は初期流産で、悲しくはありましたが、「仕方ない」との思いで納得していました。
 三男妊娠中に、新聞で「誕生死」の広告を目にしました。高齢出産なので不安はありましたが、本を読んでみようとまでは、その時点では思いませんでした。
 三男出産後三日目に、ちょっとしたトラブルで子供がNICUに入院しました。産婦人科に救急車が入ってきた時から涙がとまりませんでした。授乳することも出来ない状態で、私は産婦人科に残っていました。その時読んだ「婦人公論」に死産体験者の記事が載っていました。「誕生死」の広告を見たときと違って、自分と同じかそれ以上の悲しみとして実感、共有でき、泣きながら読みました。
 幸い三男は結果的には異常なく、5日で退院できました。でも、その時の気持ちを今でも忘れることができません。赤ちゃんを亡くされた親御さんの悲しみを想像すると涙がでてきます。「誕生死」もすぐに注文して読みました。泣きながら一気に読みました。
 私は耳鼻科の医者をしています。この経験は、医療従事者としての私にプラスになったと思います。産婦人科とは直接関係はないのですが、何かの形で役に立つことが出来ないかと、現在模索しています。本の帯にあったように、悲しみの気持ちに寄り添うことが出来る医者になれたら、と思うようになりました。


<349>救われました 投稿者:さとみママ  投稿日:11月27日(水)18時33分20秒

私は今年の3月に生まれるはずだった男の子を1月にお腹の中で亡くしました。「臍帯過捻転」が原因だそうです。私の場合、器械と薬を使って陣痛を起こしました。3時間ぐらいのお産でした。その後の私の体の回復も良く外に出れるようになってから死産について載っている本を必死で探しました。でも、ありませんでした。
その後、産後休暇を経て仕事に復帰して何ヶ月かたった頃会社の女性から「もし、よかったら・・・」と手紙を添えてこの本をプレゼントしていただきました。私の手が震えました。それは私が必要としていた本だったからです。家に帰って一気に読みました。泣きました。私と同じ境遇の人がこんなにいたなんて・・・独りじゃなかったんだって・・・救われた気持ちでした。その頃周りの人たちはやはり何事もなかったように接してきました。中には傷つく言葉を投げかける人も。あの子の事はまるで何もなかったように。でも、この本のおかげであの子の事を話してもいいんだな、悲しんでもいいんだなと思いました。
今は仕事を辞めて主婦をしています。もうすぐあの子の命日がやってきます。そして、もう一度この本を読み返してみました。また、救われました。
この本のおかげで私はこれからも心が救われるでしょう。この本を出版していただいて心から感謝します。本当にありがとうございました。


<350>かける言葉が見つからない 投稿者:アンパンママ  投稿日:11月30日(土)00時42分57秒

1ヶ月前に夫の姉が初めての子を死産しました。
私も2歳の娘が一人いる母親ですが、とても他人事ではないのでどういう声をかければいいのか分からなくて結局何も言えずにいました。
言えば言った後の本人の捕らえ方を気にしてしまって言えませんでした。
個人病院での出産で帝王切開が出来る病院だったので安心していたのですが、微弱陣痛でなかなか子宮口が開かずに3日間過ごして産まれた時には産声をあげてくれませんでした。
後から本人から聞いた話なので詳しいことは曖昧ですが、医者は最初から帝王切開に決めていれば助かったんだけどと言われたことがすごく本人を傷つけた様子にみえました。そしてお産が進むと、もう帝王切開できないし書類や準備が大変で出来なかったと医者から聞いたと言っていました。とても悔しそうでした。私も同感でした。完全に医者の判断ミスだと思いました。
この本を読んで本当に体験した人にしか分からない気持ちが分かりやすく表現されていて、とても生きる事の大切さが分かりました。ありがとうございました。


<351>お空の赤ちゃん 投稿者:Heartsong  投稿日:11月30日(土)20時37分05秒

私たち夫婦の初めての赤ちゃんを16週で、失いました。
5ヶ月に入って安心していたのですが、定期検診で赤ちゃんの心拍動が確認できなくて。
出血も腹痛も何の症状もなかったので、信じられませんでした。
超音波室での先生方の緊張した顔、「動いて!」と何度も祈った私の声、中待合室にいた他の妊婦さん達の心配そうな視線、思い出すと胸が苦しくなります。
その2日後に入院し、人工的に陣痛を起こして死産しました。
「誕生死」は私の入院中に夫が新聞記事を見つけ、退院後に読ませていただきました。
思い切り泣きました。筆者の方々の想いが私の気持ちと重なって、後から後から涙が流れました。また、本に出てくるいくつかの言葉に癒されました。
赤ちゃんとお別れする経緯は違っても、大切な命を失ってしまった悲しみ、むなしさ、そして赤ちゃんへの感謝の気持ちは私と同じでした。妊娠が分かってからの2ヶ月半、私たち夫婦は本当に幸せでした。だからやっぱり、妊娠してよかったと思っています。そしてきっとまた、お空へ戻った赤ちゃんと会えると信じています。
たくさん、たくさん辛い想いをして、まだ、まだ気持ちの整理はつきませんが「誕生死」とこの掲示板を読んで、力づけられました。


<352>命 投稿者:健  投稿日:11月30日(土)22時09分51秒

半年前初めての息子は生後15日間という短い命で天使になりました。元気にすくすく育っていてくれていると思っていた10ヶ月間。
子供が病気で生まれてくるなんて考えもしませんでした。
肝生検手術、抗がん剤治療、放射線治療、透析。。。たった15日間という日々は私にとって重く長い長い日々でした。
主人をお父さんにしてあげれなかったこと、実の両親に初孫を抱かせてあげれなかったこと、私は毎日自分を責めてました息子を亡くして半年過ぎた今、なんとか頑張って生活しています。
もういちど落ち着いて誕生死をよめるようになるまで主人と、それから家族に支えられながら生きていこうとおもいます。


<353>半年経って、やっと穂の笑顔が見えてきました。 投稿者:穂ママ  投稿日:12月1日(日)03時02分48秒

今年、5月7日に次男、穂(みのり)を19週で誕生死しました。誕生死の本とHPは退院後、すぐに、実妹が探してきてくれて、読みました。本は涙をぬぐいながらも必死のすがる想いで読みました。お兄ちゃんとは、7才も離れて、待ちに待った待望の赤ちゃんでした。
切迫流産を乗り越え、胎動も感じはじめ、戌の日に主人と名前も決めました。
その矢先のことでした。強い腹痛が始まってから、わずか2時間余りで、穂はお空へ逝ってしまいました。原因は不明でした。私の手のひらにすっぽりとおさまってしまうほどの小さな小さな穂はどこも異常の見られない、とてもきれいな赤ちゃんでした。自責の念でいっぱいでした。
穂のあとを追うことも考えました。お兄ちゃんの存在がその想いをとどまらせてくれました。
私はとても恵まれた環境の中で、この半年を過ごしてきました。戸籍にこそ載りませんが、穂はお葬式、納骨もし、法名もいただき、穂のためにお仏壇も準備しました。
私は穂への想いを閉じ込めることなく、主人とも語り合い(時には大喧嘩にもなりましたが、お互いの辛い気持ちを吐き出しあいました。)親しい友人も私の気のすむまで、一緒に泣きながら、その想いを聴いてくれました。私は周りの人達に支えられてここまで来ました。
誕生死の著者の皆様、この掲示板で胸の内を語ってくれた皆様も含めてです。
穂を失ってしまった穴は、何をしても埋めることはできませんが、穂は本当にたくさんの贈り物を私たち家族に残していってくれたと感謝しています。
今も穂を想うと、とても恋しくて愛しくて、苦しくて辛くて涙がでますが、でも時間が経つごとに少しずつですが、穂の笑顔が見えるようになってきました。
誕生死の本が周りの人達の理解を生み、私の気持ちが救われたのだと著者の皆様には、感謝の気持ちです。その、勇気に感謝しています。本当にありがとうございました。
以前、ここで、看護師さんが紹介していました「もういちど、会える」という絵本もとても心救われるものでした。穂はお空で優しい人たちに守られて過ごし、私たち家族を見守っている。
穂が安心してお空で過ごせるように私たちも笑顔でいなくちゃね。と、やっとやっと、想えるようになってきました。


<354>胎児水腫だった共希 投稿者:ちえ  投稿日:12月 2日(月)14時51分04秒

今年9月3日に男の子を死産しました。
20週の検診で胎児水腫とわかり、現在住んでいるT県では治療手段がなく、中絶しかすすめられないので、実家のある東北の大きな病院への紹介状を書いてもらい、翌々日他県のその病院で診てもらいました。
9/2に入院。9時の診察で、すでに心臓が停止していることがわかりました。

図書館でこの本を探して、たった今、半日で読み終わりました。
読みながら何度も涙をふきました。あまりに辛いのでもう本を閉じようと何度も思いましたが、中にはわたしと同じ、胎児水腫で赤ちゃんを亡くした方の手記もあり、共感するところが多く、一気に読み終わりました。

わたしは共希(死産した長男)を抱いてあげることも触れることもできなかったので、それをずっと後悔していました。共希があまりに小さく、血流が止まって数日たっていたためにほとんど赤黒い色をしていたので、触れたら壊してしまいそうでこわかったのです。手首にした点滴がもれて手を動かすのがだるかったのも、もし共希を取り落としてしまったらどうしようという不安に拍車をかけました。
結局、わたしは赤ちゃんを見つめることしかできませんでした。
親戚一同の期待と希望を一身に受けて生まれてくるはずだった共希。
それが戸籍にものらず、髪の毛も爪も残さず、ただ小さな骨になってしまったのです。

 胎児水腫の原因は全くの不明。不妊治療で強い薬を使ったわけではなく、むしろ最初の人工授精をしようという矢先に自然妊娠した第一子でした。
 しかし妊娠中、むやみにイラつくことが多かったので、「こんなお母さんじゃイヤ」と帰ってしまったのではないかと思えてなりません。死産後、わたしより主人の方が悲しんでいないように感じては当たり、あとで自己嫌悪に陥りました。すべては仕方がないことだと分かっているはずなのに、です。
 わたしの入院中、土日には関東と東北を往復してくれた主人に対し、「わたしが赤ちゃんをほしいと言ったとき、すぐ男性不妊の検査を受けてくれたら、共希は名前も性別もちがったとしても、わたしたちの子どもとしてちゃんと生まれてきたはずじゃないの?」と責めました。
 主人を気の毒に思う一方、彼にはわたしと同じように、自分自身を責めてほしいという醜い気持ちが押さえられなかったのです。

 読書、インターネット、ビデオでの映画鑑賞で気を紛わせ、ときどきふと赤ちゃんがそばにいるような気がします。
 玄関先で主人を会社に送り出すとき、肩のあたりになんとなくあったかい雰囲気があり、そこに共希を感じるのです。台所にいても、小さな誰かがニコニコしながら覗いているような。
 それは錯覚でしょう。それでもいいのです。いまはただ、共希や他の赤ちゃんが(むこうの世界であってもこちらの世界であっても……)幸せになってくれるように祈っています。


<355>はじめまして。 投稿者:みらい  投稿日:12月 3日(火)17時09分26秒

はじめてメールします。昨年10月に稽留流産をして一年が過ぎました。誰にも気持ちを話す事が出来ず、苦しい日々が続き仕事で気をまぎらわせました。でも悲しいお思いが次から次に・・・そんな時にたまたま立ち寄った書店で「誕生死」に出会い、迷わず購入し一気に読みました。泣いて泣いて泣く事が出来ました。本の中に「我慢せずに思いっきり泣けばいい」の言葉にどれだけ助けられたことか・・・本当にこの本に出会えてよかったです。著者の方々の勇気にとても感謝いたします。地方ではなかなか目にしないのが残念ですが、多くの方に読まれる事を願っています。


<356>命の大切さ 投稿者:よしみ  投稿日:12月 3日(火)20時13分03秒

私は、今年5月29日二人目の赤ちゃんを妊娠9か月で胎盤早期剥離で亡くしました。
一人目が順調だっただけに、二人目も何の不安もなく産まれてくるものだと信じていました。
貧血がひどくて、火葬場へは行く事はできなかったけど、抱っこする事ができて本当によかったなと思っています。顔を見るのはとてもつらかったけど、とってもかわいいきれいな赤ちゃんでした。
悲しくてつらくて、回りの人は「もう元気になんなさい」「次すぐできるよ」っていいます。
でも区切りをつけて元気になれるものでもなく、一人の人間として亡くなった事が悲しいのに誰も私の気持ちをわかってくれないと毎日毎日泣く日々が続いていました。
そんな時にインターネットでこの本の事を知りさっそく本屋さんで取り寄せました。
私と同じ気持ちで心が救われた思いでした。涙がたくさん出ました。苦しいのは私一人じゃない、がんばろうと思いました。
「誕生死」をたくさんの人達に読まれる事を祈っています。


<357>出産予定日が過ぎて・・・ 投稿者:曇り空  投稿日:12月 5日(木)19時57分12秒

6月に5ヶ月で流産してしまいました。
主人をはじめ、誰にもこの気持ちをうまく伝えられず、一人苦しんでいるときに、このホームページを知り、誕生死という本のことも知り、早速取り寄せて読ませていただき、何とか乗り越えてきました。自分なりに努力し、働きに出ることで気を紛らわせることができるようになってきました。それが今、出産予定日が過ぎ、本当だったら今ごろ・・・と言う気持ちが何をしていてもしてしまい、もうどうしていいか分からず、また、本を読み返し、独り、誰も居ない部屋で泣きました。この本だけが、私に、亡くした赤ちゃんのことを思い出して良いんだよ、いつでもないていいんだよって、言ってくれます。
主人には、拒否されることが怖くて本を読むようにすすめることが出来ませんでした。
今年の年賀状に、赤ちゃんのいない家族写真を出そうとする主人に、どう言ってそんなのは出したくないって言えば良いのか分かりません。
やはり、苦しい気持ちは、言葉にしないと分かってもらえないです。
一番理解して欲しい主人には、何とか勇気を振り絞って読んででもらえるようにお願いしてみます。


<358>もう5ヶ月になります 投稿者:理音怜音ママ  投稿日:12月 6日(金)12時09分01秒

今年7月11日36週で初めての子双子の男の子を旅立たせてしまいました。5月からの管理入院中、17日には帝王切開の予定でした。順調だったし、何の問題もなく元気に産まれてくると思ってました。あと一週間というとても悔しく、そして悲しみのつらさは大きく、またこれからの妊娠の不安でいっぱいです。誕生死の本は手術後、看護婦さんからいただきました。その時は一番精神的に辛かったので、本なんかで癒される訳もないと思ってましたが少し読み始めてどんどん真剣に読ませてもらいました。そして本をいただいて有難いと思いました。このホームページも読ませていただいて、どうして自分だけと思いがちだけれど同じお母さんがこんなにたくさんいて同じ思いをしてると少しずつ頑張ろうって思えます。もうすぐ5ヶ月がたってようやく少しずつではあるけれど落ち着いてきたと思います。あの子達が必ず戻ってくることを信じて頑張っていこうと思います。


<359>もうすぐ1ヶ月・・・ 投稿者:ますみ  投稿日:12月11日(水)17時02分47秒

実は私も11月15日に死産したばかりです。そして去年の10月には8週で稽流流産。
11月30日が出産予定日で8週目に切迫流産しかけたいがいは順調に来ていました。先月15日、エコーで赤ちゃんを見ていた先生が「水が溜まってるみたい、NSTで一応心音確認しましょう」と。確認どころか赤ちゃんの心臓は動いていませんでした。すぐに帝王切開しましたがだめでした。あとから赤ちゃんは死んで2日位たっていたと聞きました。原因は不明、解剖なんて赤ちゃんがかわいそうでできませんでした、それにしたとしても原因が解るとも限らないといわれました。
入院中両親や夫が火葬の手続きなどしてくれて初めて知りました、死産の子供は戸籍には載らないことを・・・名前もずっと前から付けていたのに・・・悲しかったです。
遼(赤ちゃんの名前)は火葬前に病院のベットで2回抱くことができました。顔は私にそっくりでまつげの長いのは夫、手の爪が長いのは私、毛深いのは夫、もち肌のほっぺ。体はすでに冷たかった。ビデオに写真も撮りました、私たちの子供として記録したかったから。
退院してすぐに私みたいに悲しみに暮れている人はいないのかとサイトを探し「誕生死」を見つけ本を買い読みました。涙が止まらなかったです。私と同じ経験したひと、あるいはもっとつらかった方が想像以上に全国にいたなんて初めて知りました。自分だけじゃない、いつまでもメソメソしていられないって思いました。
喪中のはがきを先日だしました。もちろん友達や親戚には驚かれましたが周りにも流産や死産経験のある人がいるって知りました、みんなそれを乗り越えて子育てしてきてるんですね。
私たち夫婦も子供はあきらめてはいません。私の体が今回の死産で何も影響がなかったのは遼ちゃんのおかげだと思いこれからも頑張っていこうと思います。


<360>時間の薬 投稿者:しろくま  投稿日:12月13日(金)00時19分38秒

4月11日に初めての子供を臍帯過捻転で36週目で亡くしました。
その頃は桜が満開でした。夏がきて、秋がきて、今日は雪が降っています。
後を追うことばかりを考えたりしたときもありました。
情緒不安定になって、心療内科に通院したりしました。
誕生死の本に書いてあったように、悲しいときは思いっきり泣きました。
あれから8ヶ月。
最近、泣いているよりも笑っている時間が多くなってきたと思います。
ゆっくりですが、時間が癒してくれているのかもしれません。
思い出して、泣いてしまうこともあるけれど。
悲しみを乗り越える前に、向き合って、しばらく付き合って行く時間が必要だと思います。