『誕生死』掲示板 過去ログ19 <361>〜<380>             


<361>この時期になると・・・ 投稿者:哲ちゃん  投稿日:12月13日(金)11時30分40秒

5年前のクリスマスの日に第1子を25週で死産しました。胎動がなくなったな・・・と思っていましたがそんな事が起きるなんて知らなかったし、信じられなかったので2日くらいしてやっと病院に行ったときはもう心臓は動いていませんでした。25週でも普通にお産をしなくちゃいけなかったので出て来てくれるまで2日かかりましたがそれがちょうどクリスマスの日でした。街は華やいできれいになってみんなが笑顔でワクワクしているのにどうして私はこんな事になってしまったのかやりきれない思いでいっぱいでした。今もこの時期になると5年前の今は最高に幸せだったのに・・・と。去年は4年前の今ごろは・・・と毎年同じように思ってしまいます。でも命の大切さや言葉にできないいろんな事を教えてくれた天国の息子に恥ずかしくない生き方をしようと今は頑張っています。


<362>読みました 投稿者:天使  投稿日:12月14日(土)21時27分45秒

私は、ある看護学生です。
この「誕生死」という本を読んで、涙が止まらなくなりました。
なんて言いあらわしたらいいのか・・・。とにかく、ものすごい衝撃を受けました。
これから先、就職して、看護婦となる者として、この本に出会えたことを嬉しく思います。
学校の友達にもすすめています。呼んだ友達には、改めて買う人もいます。
辛い体験だったのでしょうが、こうして本にしてくれたことで、看護者としていろいろ考えさせられました。
ありがとうございました。


<363>誕生死を読ませて頂きました 投稿者:風香ママ  投稿日:12月16日(月)14時46分52秒

私も8ヶ月の風香を誕生死させました。今日は、2度目の月命日です。周りの人は、風香の事を聞いてはくれません。もっともっと話したいのに!風香がお腹で元気に生きていた頃は、皆色々聞いてきてくれたのに…そんな中この本と出会いました。というより探し求めていた。この本を手にした時涙が止まりませんでした。どれだけ助けられたことか…。ありがとうざいます。一気に読み上げ風香のお仏壇に飾らせて頂きました。現在仕事も再開し立ち直ったふりをしています。周りの方の励ましの言葉が傷を深くさせる今日この頃です。


<364>ありがとうございました 投稿者:晶星  投稿日:12月20日(金)02時10分22秒

12月14日なんの前兆もなく突然の激痛とともに赤ちゃんがでてきてしまいました。14週でした。病院に到着したときは大量出血で、ショック状態に陥っていました。検診でも全く問題なかったし、あまりの突然のことに原因はわからないと主治医に言われ、毎日泣くことしかできず、夜も眠れません。昨日インターネットで『誕生死』のことを知り、早速読ませていただきました。自分を責める毎日を過ごしていましたが、本当にこの本に出会えて良かったと思います。ありがとうございました。


<365>(無題) 投稿者:maru  投稿日:12月23日(月)18時52分09秒

今日退院しました。二年前の11月に32週で水頭症で男の子を亡くし、すぐに仕事を再開しましたが、気持ちがどうにもついていかず、苦しんでいた時に、新聞でこの本のことをしり、大事に持っていました。ようやくまた赤ちゃんが欲しいなと口に出すことが出来た半年前、それからすぐに授かることが出来、不安な気持ちもありましたが本当に本当に楽しみに待っていました。けれど先週の定期検査で今度は無脳症であることがわかり、そのまま入院、たった17週と3日でした。入院中から「おうちにあるあの本持ってきて」と言いたかったのですが、主人も苦しんでいるし、口に出せませんでした。今日退院したばかりで寝ていた方がいいのでしょうが、もう一度読みました。私にはもう一度時間が必要です。


<366>一緒に生きてます 投稿者:たなちゃん  投稿日: 1月 7日(火)14時16分59秒

はじめまして。昨年11月13日に長男を出産しました。21週でした。筋腫を合併していました。頻回に張ってしまうため、安静目的で入院していました。入院3日目で子供は胎内で心停止してしまいました。出血や破水もなく、感染や経管長も問題なし、子供は順調に育っていました。原因はわかっていません。何故、何で私だけが・・・涙は枯れることなく流れました。産後8週間の休暇を取ることなり、毎日毎日何もする気になれず、ただただどうやったらこの苦しみから抜け出ることができるのだろうと思い、インターネットでこの本にたどりつきました。いろんな人に支えられました。いろんな言葉もかけられました。一度できたのだからまたできるよ、会えたんだからまだいいじゃん、強くなれるよ、とかいろいろ。励ましてくれる気持ちから皆さんが言ってくれる言葉はありがたいと思っています。しかし、それに心痛める場合もあります。この気持ちはこの体験をした者にしか解らないと思いました。この本とこのページを読んで、私だけじゃない、たくさんの人がいるんだと思い心強く思います。誕生死してしまったけれど、私達夫婦の長男であることには変わりありません。毎朝夫と子供の位牌に手を合わせ、話しかけています。
体験者の皆さん、苦しみを乗り越えるのではなく、この子がおなかの中で家族として過ごした時間があったという事実と一緒に生きていきましょう。きっとその子が、幸せを運んで来てくれることを信じて。


<367>改めて命の尊さに気づきました。 投稿者:アン  投稿日: 1月11日(土)00時38分49秒

私は中学3年生です。この前図書館で『誕生死』を見つけました。私はすごく妊娠に対して興味があったのですぐ借りて読み始めました。妊娠ということに対して甘い考えだった私を、この本は変えさせてくれました。正直、予定日間近でお腹の中の赤ちゃんが亡くなるなんてそんな…て思いました。自分は全然妊娠とは遠い存在だけど、何か心の奥ですごく衝撃的なものを感じました。私は将来看護士になりたいと思っています。でもこの本を読んで助産婦の免許も取ろうと思いました。将来、もし患者さんが死産という悲しみを迎えてしまったら、心の底からケアしたいと決意しました。『誕生死』で本当にいろんな事を考えさせられました。本当にありがとうございました。みなさんもいろんな事を乗り越えて頑張ってください。


<368>はじめまして 投稿者:くま  投稿日: 1月12日(日)00時50分04秒

私は産婦人科医です。まだまだ下っ端です。
ふと立ち寄った本屋で目にした誕生死というタイトルに衝撃を受け、
その日のうちに読んでしまいました。その後、何度も読み返しました。

誕生死という言葉に込められた、深くて蒼い海のような、大きな祈りのような感覚に茫然としました。

私が今までに関った、流産・死産を迎えた方々は、その後、どこで、何を思い、
何を感じて過ごしていらっしゃるのだろうかと常々思っていました。

ある方が発した言葉や、泣き崩れた表情を私はよく覚えています。
医師として失格だと理性ではわかっていても、その方の前で私は、自分の涙をこらえることも、
自分の肩の震えを抑えることもできませんでした。

医師としての仕事はしても、
人間として何の言葉も見つからず、人間として何もすることができず、
無力な自分を痛感したことが、何度もあります。

この本に出会えたことは、私にとっても一つの救いであるように思いました。

私は医師になってすぐに、妊娠しました。
妊娠反応陽性を見た時、ドキドキしました。嬉しくてどうしていいかわかりませんでした。
でも、私の子宮には胎嚢があるのみで、ベビーの姿を胎嚢の中に確認することはありませんでした。

私は一度もベビーの姿を見ることができませんでしたが、でも私は確かに母でした。
妊娠反応が出でから、流産手術を受けるまでのほんの数日間だけだけど、私は母でした。
そう思うことにしています。
そう思って、今の自分を支えています。
形にもならなかった私のベビーが、一瞬でもこの世にいた証拠は私の記憶と、何も写っていない一枚の超音波写真です。


<369>今の全てです 投稿者:世界で一番幸せなお母さん  投稿日: 1月12日(日)22時44分08秒

今年6月に長女を死産いたしました。妊娠38週でした。口では表せないほど悲しみは深いものですね。たまたまホームページを拝見し著者のみなさんの体験談を目にし自分だけではないのだと改めて実感いたしました。自分の子供を亡くすというのは経験した人でなければやはりわからないものです、現に私自身も6月まではこんな気持ちわかるはずなかったと思います。こころない友人からの自分の娘の写真が届いたり、何気なく見ていたテレビでは「感動の出産シーン」と銘打って赤ちゃんが誕生したり、日常では本当に不意に避けたいものはやって来たりもします。本当に毎日つらいです。だけどそんなとき私のお腹の中に新しい小さな小さな命がやってきてくれました。いま元気にお腹をけってくれています。このまま元気に大きくなって出産を迎えたい。6月には聞けなかった元気な産声を聞きたい。小さな命の死を乗り越えることはできないかもしれないけどそれをある意味の支えにして今お腹にいるこの未来に羽ばたこうとしている命を輝かせてあげたいです。こんな気持ちにさせてくれた私の子供たちに感謝の気持ちでいっぱいです。こんな私はやっぱり世界で一番幸せなお母さんだと思います。


<370>私も話したかった 投稿者:TEN  投稿日: 1月14日(火)23時22分46秒

はじめまして。私は昨年10月に妊娠18週で流産しました。一人目を何の問題なく出産していたので、切迫流産で入院した当初はこんなことになるとは予想もしていませんでした。つわりがひどかったので、いつも早く生まれないかなーと思っていました。一人子供がいるのでその子の世話と仕事でくたくたで、お腹の子に優しい言葉をかけることも少なく、かわいがってあげることが出来ませんでした。その子を分娩したとき、すぐに対面させてくれて顔を見ることは出来ましたが、抱っこしたり写真を撮ったりできなかったことを今では少し後悔しています。忘れたくなくても記憶はどうしても薄れていきます。だからその子の顔を忘れないように毎日思い返しています。
その子が存在していたことを知らせたくて、いろんな人に話したくなることがあります。だけど不謹慎だと思って、言いかけてやめたことが何度もあります。だけど『誕生死』を読んで、話していい、泣いていいと言ってもらって嬉しかった。ただ、話せる・泣ける環境がなかなかありません。私は今はもう前を向いて歩いていけるようになってきているから、同じような経験をした人や、誕生死の限らず悲しい・つらい経験をしている人たちに対して、「頑張って」と言わず、「泣いていいよ」「つらかったね、話を聞かせて」と言いたいと思います。


<371>ありがとう 投稿者:ゆくんのまま  投稿日: 1月15日(水)15時18分11秒

昨年末私も男の子を死産しました。
狂いそうな陣痛を乗り越えて、生まれた赤ちゃん。その赤ちゃんを見ることなんてできない。そう思ってましたが、助産師さんが「とってもきれいな赤ちゃんよ。絶対お母さんのその胸で抱いてあげて」と言われ、会って見る事に。部屋に戻るとすぐに赤ちゃんを連れてきてくれました。静かに目を閉じて。ちゃんと目も、鼻も、耳もちゃんとある。どうしてこんなことになってしまったのか。「今晩一緒に寝てもいいのよ」と言われびっくり。でもつぶしてしまいそうで2時間その場でしっかり抱きしめました。翌日葬儀屋が棺を持ってきてくれるとのこと。そのお別れに神戸の父親に電話するとまさか、すぐ戻る、と。結局両方の祖父母たちにも見送られました。今までは私にしか子のこの存在ははっきりと感じられていなかったはず。でもこうしてみんなに抱っこしてもらいこの子がちゃんとこの世に生を授かって生きていた証を残すことができたと、病院の配慮にも両親達にも感謝しました。退院してからは日が経つたびに赤ちゃんことをみんなが話題にしなくなる。夫も…。わたしもなんとなく忘れかけているような。でもなんでこんなにモヤモヤするんだろう。そんな時この本に出会いました。ああそうか、忘れなくていいんだ。そうよ、私は誰かにこのお腹にいた赤ちゃんのことを誰かに話したいんだ。それを無理に忘れようとするからなんか変なんだ。思い出して泣けばいいんだ。そんな自分の気持ちに気付きました。私は保健師でもあります。今後地域のいろんな方に出会うとききっとこの思いがひとの救いになると信じています。ありがとうございます。


<372>(無題) 投稿者:ひとみ  投稿日: 1月19日(日)17時32分50秒

誕生死という題名を見てなにか気になって買いました私も流産を2回経験して他人事ではないので読みました。読みながら涙が止まらなくてつらかったです。今私には二人の子供がいますが、子供がもう少し大きくなったら流産で逝ってしまった兄弟の事を話そうと思ってます。


<373>いつまでも一緒 投稿者:YOU  投稿日: 1月19日(日)23時51分55秒

丁度1カ月前、胎児水腫で男の子を失いました。19週でした。ウイルス感染という回避不可能な状況あったと言われても、守ることが出来なかったと自分を責め、自らの宿業を呪いました。今まで何の苦労もなく2度の妊娠出産を経験し、全く予想もしていなかっただけに妊娠に対する考えの甘さに腹が立って仕方ありませんでした。分娩を終え、気持ちの整理をつけ退院してきたつもりでしたが、想像以上に心の傷は深く、母、妻そして職業人としての役割を演じることが出来ず、苦しい毎日でした。周囲から「他に子供がいてよかったね。2人のために頑張りなさい。」「上の子供を大切にしなさいってことよ。」等と言われ、子供の存在を認めてもらえない悔しさと共にもう弱音を吐いてはいけないのだと自ら心を閉ざしてしまいました。そんな時この本と出会いました。そして初めて声をあげて泣きました。
もう、私の中に「何故?」という言葉はありません。なぜなら、この子を授かったことが奇跡であり、短い期間であっても命の鼓動を感じていられたことが私にとっての宝であり支えであると実感することができたから。今、笑顔で言えます。3人の子供を授かることができた私は幸せ者ですと。


<374>今日が予定日 投稿者:まいまいママ  投稿日: 1月20日(月)02時52分29秒

去年12月未熟児で出産しました。本当は今頃まだおなかの中にいたのかも・・・。
今はNICUのベッドでひとり寂しく眠っているわが子。その目は永遠にあかないなんて嘘のように愛くるしい寝顔です。臍帯の過捻転で重度の胎児仮死で泣き声も泣く産まれ、脳が機能していなく溶け出していて水がたまり、医師に「死」を宣告され気の狂いそうな毎日を過ごしています。
誕生死。読むのは二度目です。一度目に読んだのは五ヶ月違いで妊娠し、お互い第一子の誕生を心から待ちわびていた親友から「死産」だった事を告げられたとき。
自分のことのように泣き叫び、どうしてそうなったのか悲しみが怒りとなってあふれ情報が欲しくてここに辿り着きました。そして誕生死を迎えた人々の悲しみがここに集まっているのを知りました。自分の全く知らない世界でした。彼女の気持ちにすこしでも寄り添いたくて読みました。でもなんの力にもなれず無力さを思い知るだけでした。妊娠している自分の存在が彼女を傷つけている気がして。
そして今回。
まさか同じ「臍帯の過捻転」で苦しむとは思ってもみなかった。また本を開き、以前とは少し違う気持ちで読む事となりました。おなかが痛いという私に「いつもおなか痛いよね」といい、病院に行く事を伝えると「そんなに痛かったの?」といった夫。もう助からないと聞いたとき「どうしてあの時無理にでも私を医者に連れて行ってくれなかったの!!」「どうしてもっとおなかの赤ちゃんを心配してくれなかったの!!」という怒りの感情があふれました。でも言えませんでした。自分がこんなにも自責の念で苦しんでいるのだから夫にも自分を責めて欲しいと思った。でも分かり合えない気がして諦めました。
今は赤ちゃんに会いに行き、できる限りの事をしています。
一人搾乳器で母乳を搾っているとき、寝室の鏡に誇らしげに大きなお腹を映してた頃を思い出しものすごい喪失感、孤独感を感じます。


<375>妊娠6ヶ月の死産 投稿者:ゆう  投稿日: 1月20日(月)17時15分44秒

今年の元旦、妊娠6ヶ月で、女の子を死産しました。私がインフルエンザにかかってしまい、高熱が下がらないため入院。すぐに、破水してしまい、陣痛を止めることができず、赤ちゃんが生まれてしまい、お空に行ってしまいました。私がインフルエンザにさえならなかったら、赤ちゃんはまだ、私のお腹の中に居たのに、と自分を責めてばかりいました。病院では、出産のラッシュ。おめでとうの祝福の声。生まれたばかりの赤ちゃんの泣き声を聞きながら、一人病室で泣きました。産婦人科に居ることが本当に辛かった。今、妊婦さんを見たくなくて、外出恐怖症になっています。家で何か心の支えがほしくていろいろ探しました。そんな時、この本に出会いました。この本は、私の心の支えになりました。本当にありがとうございます。


<376>パパと一緒に・・・ 投稿者:るか  投稿日: 1月20日(月)19時41分41秒

平成11年7月に、私の主人は不慮の事故にあい、無言の帰宅をしました。その時私は第2子を妊娠中(7カ月に入った所)でした。しっかりして、と周りは言うけれど、1歳半の長女を抱えて、通夜に、葬儀にするべき事をこなしながらも、肉体的にも精神的にもずたずたで・・・お腹の調子も悪い事に私は気がついていました。もちろんかかりつけの産婦人科に何回も足を運び、主人の葬儀が終わってから、即入院しました。早産の傾向があるとの事で。しかし、主人が亡くなって1週間と3日で大好きなパパの元へと行ってしまいました。長女がいるにもかかわらず、赤ちゃんの泣き声もが私の気を狂わせるくらい、地獄に落ちたような気がして生きてる心地がしませんでした。
もう大好きなパパ、そして、次女に会う事はできないんだ・・・ 今年7月で4年が過ぎますが、落ち着いては来たものの、決して忘れる事の出来ないつらい出来事です。この本に出会って、私だけがつらい思いをしてるんじゃないんだ、みんな頑張ってるんだ。と、少し強くなれたような気もします。もう、私は赤ちゃんをもう二度と宿す事は出来ないけど、長女と一緒にパパと次女のぶんまで、精一杯生きていこうと新たな再スタートを切りました。


<377>涙とまらず。 投稿者:ゆみ  投稿日: 1月21日(火)20時23分22秒

私は去年の暮れに死産していらい、本当の悲しみを周囲に隠しています。
周りの皆は私を励ましてくれます。始めの内は明るく装えても、今になって引きこもりになっています。周囲の人、夫にさえも気持ちのすれ違いを感じています。 誕生死を読み、夫の気持ちを考えるようになりました。
この本は男性にも読んでほしいです。


<378>私も同感です 投稿者:ゆくんのママ  投稿日: 1月22日(水)09時51分29秒

ゆみさんの気持ちと同感です。
夫は精神的な支えにはなってくれているとは思いますが、本当の私の気持ちは分かってはいないと思います。どうにかして伝えたいけど、言葉では言い表せない。そんなモヤモヤがたまっていた頃誕生死に出会いました。私が実家に4日ほど帰っている間にこの本を読んでみて、と渡しました。家に戻って感想を聞きました。詳しくは語らなかったものの、昨日の休日、霊園の慰霊塔に行って、改めて手をあわせて来た、と。それだけでうれしかった。それからは、私が少し赤ちゃんについての話をすると、じっくりと目を見て話を聞いてくれるようになったと思います。
本当にぜひお父さんたちもじっくりと詠んでみるべきと思います。


<379>いまでも… 投稿者:かおママ  投稿日: 1月24日(金)00時36分17秒

悲しい別れの日からもう3カ月。やっと最近『ありがとう』と赤ちゃんに言えるようになりました。32週まで何の問題もなく、仕事も一緒に頑張っていました。少しおなかのはりを感じたあの日念のために病院に行きました。そこからは、何が何だか分からないうちに大きな病院に運ばれ、翌日には、かわいい小さな心臓は止まってしまいました。『胎児水腫』という聞いたこともない病名、原因も不明と言われても…今でも信じられません。でも、世の中にこんなに愛しいものがあるんですね《誕生死》に出会えて心からそう思えるようになりました。


<380>ありがとうございます 投稿者:幸 投稿日:1月25 (土)12時33分13秒

私は助産師をしています。産科小児科で勤務してきました。職業柄この本を何気なく手にとりました。読んでいるうちに涙が流れ、これまでであった赤ちゃんやお母さん、お父さんのお顔が浮かびました。悲しみを理解しているつもりでも病院を去られてから皆さんがどのような思いで過ごされていたか教えられました。今こうして本を通して皆さんの声を聞かせていただいて、胸が痛いのと私たちにできることは何かしなけれんばならないことは何かもう一度考えてみようという機会をいただきました。この本を書いてくださったことにありがとうございます。