●4月23日付/千葉日報

小さな命の証つづる
流産・死産・新生児死・・・
全国11家族の体験談

「誕生死」を出版
君津市在住の古閑さんも寄稿


 「誕生死」−。流産、死産、新生児死など、幼い赤ちゃんの死をめぐる 思いをつづった一冊の本が刊行された。「どんなに短い命であろうと、確かに この世に生まれてきた」と、本のタイトルになったのがこの言葉だ。インターネット で知り合った全国の十一家族十三人が、出産前後にわが子を亡くした悲しみ、命の 大切さをあるがままに伝えている。

 体験談を寄せているのは、君津市、松戸市、四街道市など県内のほか、神奈川、 埼玉、福島、静岡、愛知、岩手、山口の計八県に住む女性十一人と夫二人。「流産・ 死産・新生児死で子を亡くした親の会」として、全員実名で語る。

 君津市の主婦、古閑令子さん(三五)も、その一人だ。五年前、古閑さんは双子を 妊娠し、第一子・早織ちゃんの出産と同時に、第二子・詩織ちゃんの死産の悲しみを 体験した。「早く忘れなさい。双子で、一人はいるのだからという周囲の励ましの言葉が、 結果的には傷つくことになった」と振り返る。

 やり場のない気持ちと孤独感の中でもがきながらパソコンに向かい、ようやくインターネット で同じ体験をした人たちとの出会い。「それだけでも救いになりました」という。

 そして、「忘れることなんてできない。亡くなった子の存在にふたをするようなことは したくない」と、仲間たちによる本作りが始まった。会ったこともなく、本名も知らない 人たちが、メーリングリストという方法で作業を続け一年半。出版社が企画を受け入れ、 ”小さな命の証(あかし)”は、ついに刊行にこぎつけた。

 「死産」という言葉に対し、英語「STILLBORN(それでもなお生まれてきた)」 から、本のタイトルに採用されたのが「誕生死」だった。

 十一家族は「同じ悲しみ、孤独感を抱えている人たちの悲しみの心にそっと寄り添える ことができたら」と願う。また、無事に生まれてくることのありがたさ、命の大切さを 訴え、医療機関にも配慮を求めている。

 三省堂刊。四六版。二百十五ページ。千三百円。