●4月24日付/中日新聞

悲しみ解き放つ場を
流産・死産経験者への心のケア
自分責めひとり苦しむ母親

医療機関時間やスタッフ不足


 赤ちゃんを亡くして心の行き場のない人たちに寄り添いたいと、自らの悲しい体験を本にして出版した人たちもいる。

 愛知県内の主婦松村幸代さんは二人の女の子を死産した。最初の死産の後、長男が生まれたので、周りからは「すぐにできてよかったじゃない」と言われたという。「大切な子どもを失った悲しみは、次の子が生まれても変わりません。それなのに前の子が存在しなかったことのように扱われ、これで帳消しになるように思われるのがショックだった」

 松村さんは亡くなった子どものことを形に残そうと、インターネット上で知り合った13人の父母と「流産・死産・新生児死で子をなくした親の会」をつくり、四月中旬、それぞれの体験を実名で語った本「誕生死」(三省堂)を出版した。

 厚生労働省の人口動態統計によると、昨年の死産数は年間三万八千。流産の統計はないが、その何倍もあるとみられる。だが、医療機関は赤ちゃんを亡くした両親に行き届いたケアができる状況にはないようだ。

 「母親が十分立ち直るまでかかわってあげたいが、十分な時間を費やせるだけのスタッフが病院にはいないのです」

 死産後のケアに積極的に取り組んでいる大阪府立母子保健医療センターの産科部長・末原則幸さんは、こう話す。

 同病院は、家族が赤ちゃんの死を受け入れることを支援するため、さまざまな配慮をする。

 両親の意向があれば、時間を定めず納得がいくまで子を抱いてもらう。足形や手形、時にはポラロイド写真など、その子が存在していた証しになるものを両親の手元に残すようにしているという。

 また、母胎検査や解剖などによって、流産・死産の原因を解明する努力もする。母親が理由のない罪責感にさいなまれないようにするためにも大切なことだ。

 末原さんは「健康保険ではケアの部分への医療費を見ていない。医師や看護婦は、厳しい環境の中で精いっぱい努力している」と話し、制度的な不備も指摘している。