●1月24日付/中日新聞

記事は こちら をご覧ください
(三省堂のHPをひらきます)


「流産・死産した私の赤ちゃん」
「誕生死」出版から3年−体験者262人の反響が本に−

 流産や死産で子どもを亡くした家族が、胸の内をつづった「誕生死」(三省堂)から三年。寄せら れた読者カード(はがき)のうち、同じ体験をした人たち のものを、直筆、実名のまま掲載した「誕生死・想」(同)が出版された。「赤ちゃんの命の証しを 残したい」。参加した二百六十二人の思いがつまっている。

 「私達の第3子長女晶子が天使になりました。突然のお別れに何が起こったのかわからず毎日が悲 しくて。(中略)でも誕生死を読んで救われた感じで す」(主婦、三十四歳)
 「私も長女を生後亡くし、話を聞いてくれる人がいなくてつらかった」(主婦、三十三歳)
 「十二年前、予定の2日前に死産でした。(中略)この目で見てあげたかった…。この世に生まれ て来れなかった我が子のために、毎日を生きていま す」(保育士、四十二歳)

 本に参加したのは全国の十七歳から五十六歳の人たち。男性も二人加わっている。
 今回の出版のきっかけになった「誕生死」は、ネット上で知り合った十一家族十三人が、亡き赤ち ゃんへの思いを寄せた手記。流産や死産を語ることはタブ ーとされてきた風潮を破りたいと、全員実名で書いた。「誕生死」は造語で、「確かにわが子は一度 は生まれてきた」との思いが込められている。

 多くの反響を呼び、読者カードは七百通届いた。そのうち、四百五十通以上が同じように子どもを 失った人たちからだった。
 感想とともに添えられていたのは、誰にも話せなかった苦しみ、天国の子どもへの愛情…。中には 、はがきに書ききれず便せん十枚にしたためた人もい た。「誕生死」の著者の一人で、名古屋市の松村幸代さんは「一枚一枚のはがきから、その子どもの 命の重みが伝わってきた」と話す。
 「せっかく送っていただいた読者の思いを、何かの形で残せたら」。「誕生死」の著者らと三省堂 の編集者の間で話し合いを重ねた結果、何も手を加えず、 はがきをそのまま本にすることを思いついた。
 それから体験者一人ひとりに出版の趣旨を説明する手紙を送った。返信があった二百八十九人のう ち、二百六十二人が掲載に賛同した。「悲しいことは忘れ なければいけないのだろうかと思っていましたが、それを残せることがうれしい」。そんなコメント が数多く添えられていた。
 流産や死産を経験した人は、周囲から「また産めばいいよ」「そのことには触れないようにするか ら」などと言われ、一人で苦しみを抱え込んでしまう場合 もい多い。
 松村さんは「一番身近に接する医療機関のケアも、まだ十分とは言えない。いろんな人たちに読ん でもらい、当事者の気持ちを理解してほしい」と話してい る。

(酒井ゆり)