●同朋7月号

「誕生死」。何と衝撃的な言葉だろう。しかし、この言葉は、生まれてなくとも、 あるいは生まれてすぐ失われてしまっても、「確かにいのちは誕生した」という、 単に「流産」「死産」では伝えきれない事実を示す。

そんな言葉をタイトルに持った本書には、出産前後にわが子を失った体験が、十三人 の父母により語られている。生まれてくるということは、こんなにも大変なこと・・・。 失われた「いのち」から、私たちは何を感じ、何に気づけるだろうか。


(「今月の三冊」(本の紹介のページ)より)