周りの人々(一般)

--------------------------読者カードより--------------------------


最近出産した友人が、育児雑誌でこの本のことを知り、「是非、出産前に出逢いたかった本」ということでプレゼントさ れました。私自身まだ子供はいませんがこの本を読んで、自分が今まで命というものを簡単にしか考えていなかったことが、 はずかしくなりました。
子供さんを亡くされたお母さん方の声がひびいていて本を読んでいて初めから終わりまで、涙が止まりませんでした。友人 から勧められた様に出産前にこの本に逢えて本当によかったです。お母さん方つらいお話をありがとうございました。


高校の図書館用図書として使用したいと思っています。生徒たちに生命について考えるきっかけになればと思います。


本を書いた人達のHPを見てこの本の事を知りました。私はまだ子供をみごもったことはないけど、この本を読んで早く 子供がほしくなりました。本に登場してきた子供たちは幸せだったと心からそう思います。生きていた証をママやパパ、 きょうだいに残してもらったから。みんなに存在を知ってもらうことができたから。私はこの本を読んで泣いてしまい ました。お腹の中で、ママのお腹で一生けんめい生きていたんだなぁとかんげきしました。この本は、大好きな彼氏に も読んでもらいます。同じかんげきをしてもらいたい。この本は一生の宝です。この本にであえてよかった。まだあえ ないけど、早く自分の赤ちゃんにあいたくなった。


「赤ちゃんが生まれる」という事にあたり前のように感じていました。周りは次々に赤ちゃんが生まれてきているから…。 でも当たり前の事ではない、という事をこの本を読んで感じました。もし自分が同じ立場になったら、一体自分はどうな ってしまうのだろうと考えます。きっと、なんで私の赤ちゃんが…と思うとおもいます。このような本を読むと、毎日一 生懸命生きなきゃと感じます。私もいずれ妊娠することでしょう。もし無事に生まれることが出来たなら、読ませてあげ たい。そしてあなたが生まれてきたというのは素晴らしいことなんだよという事を教えてあげたい。そんなおもいで購入 しました。


私のおなかの子も、9ヶ月ごろから成長が止ってしまい、毎日「死んでしまうのでは」と心配していました。医者の「何 らかの障害を持って生まれる」とか、エコーを見ながら「あ、手とか足とかはいちおう動くんだ、この子」等の言葉に、 心身ともにボロボロ、涙、涙の日々でした。結果的には、帝王切開で元気な女の子(2342g)が生まれたのですが、 妊娠中は、少しの言葉でも感じやすくなっているもの、表現には気をつかってほしいと思いました。私もひょっとしたら、 筆者の方々と同じ立場になっていたかも…と思うと他人事とは思えませんでした。


私は11ヶ月の男の子の母親です。この本を読んで子育てが変わりました。いままで、あたりまえだと思っていたこの子の存在が、 とてもありがたいものなのだと、めんどうだと思っていた子育てが、とても幸せな仕事なのだと。何度も読み返しました。その たびに涙が出ました。パパは目を赤くしながら、もう読みたくないと言い、その後、うるせーなぁと思ったときに思い出そうと 言いました。こんなに子供がいとしいと思ったのは、初めてのような気がします。忘れません。一生この本を大事にするつもり です。神様、赤ちゃんをありがとう。


私も2児の母ですので、読んでいて涙がとまりませんでした。日々の生活の中では、子供との言い争いは絶えませんが、産まれ てきてくれた時のよろこびを、鮮明に思い出させていただきました。今あることの幸せを感謝しなければ。著者の皆さんのご多 幸と、子供たちが安らかなることを願っております。


涙が止まりませんでした。私はもうすぐ3才になる女の子と、二ヶ月になる女の子の二人の母親です。妊娠4ヶ月に実父が急に 亡くなり、「死」というものを考えるようになりました。あまりに突然のお別れに生きたり、死んだりということは紙一重なの だと思いました。そして父の命日からちょうど6ヶ月後に次女が生まれました。私を含め、まわりのものは皆生まれかわりだと 思っています。
二ヶ月になる娘は夜中にオッパイほしさに泣きます。寝てほしい時に寝てくれずにグズグズ。イライラすることもたくさんあり ます。でもこの本をよんだ今、手のかけられる赤ちゃんがいることだけでも幸せなんだということを知りました。母親として著 者の方々のメッセージがビンビンと伝わって涙が出てきます。そしてどんな小さな命でも意味があることを知りました。ありが とうございます。


私も、妊娠&出産を経験があって、来月の19日に息子は1才になります。私の息子も、もしかしたらこうなってたのかもしれ ないと思うと、無事産まれてきてくれた事に感謝の気持ちでいっぱいです。“誕生死”を読めて本当に良かったです。


子供にめぐまれない私にとって身につまされるようなお話が多く、いっぱい涙を流しました。お腹の赤ちゃんがいるときの幸せ そこからつきおとされるような経験。そして周囲からの問いかけに答えるつらさ...。思いつくだけでもものすごいことです。 日本でも赤ちゃんとしっかりとお別れができ、そして自分の悲しみをはき出せる場ができたらと思います。最後に子どものいな い女性あるいは夫婦にもやさしい社会になってほしいです。


私はこの本の題名を見て読むかどうか悩んだすえ、読むことにしました。 現実をうけとめることがこわくて何度本をとじようかと・・・。
でも読んで良かった。なぜなら、命の大切さも家族の大切さも友達の大切さも少しだ けど分かった気がするからです。
私達と同じ様な年の人達が人工中絶したり自殺したりする今だからこそ、必要な本だと思いました。


「妊娠・出産に関する本はあるけれどおなかの中で赤ちゃんが亡くなってしまった場合の出産については触れられていません」 という言葉にはっとさせられました。今まで気づかなかったからです。悲しみは時間がたつにつれ触れてはいけないものの様に していた自分が情けなく思いました。お産は病気ではないと言うけれど、赤ちゃんも母親にとっても無事出産する事の大切さ、 命の大切さを改めて実感しました。


今までありそうでなかった本だと思いました。同じ体験をされた方はたくさんいるのに、悲しみを未消化のまま過ごされていた のではないでしょうか。そういう方達にあかりを燈してくれる一冊だと思います。私の子供も病気で長期入院したため、たくさ んの子供達と知り合い、また、別れを体験する中で、人間の命のはかなさ、今ある自分の命の希有さを感じるようになりました。


私は今妊娠9ヶ月なので、同じ時期に大切な子を失ってしまったという話にすごく衝撃を受けました。 周りからは、今読む本ではない、と反対されたが、一人の人間として、生と死をきちんと直視しなくて は、と思い購入した。買って良かった。読んで良かった。


私は、16歳で妊娠、17歳で結婚、出産しました。当たり前のように、娘を産んで、これから、 育てていこうと思っていた私にとって、誕生死の内容は、かなりショックな事実でした。 太陽の光を見る事のできなかった小さな命の存在を、少しだけ理解できたような気がします。 今、私は感謝しています。生きている事に、人を愛し、新たな命を産み落とせた事に。何より、 娘が生きていてくれる事に。大事な事に気付かせてくれて本当 にありがとうございました。


ある日、本当に何気なく書店で手に取り、最初の方のお話を読み、気になって気になって仕方なく、でもその日は 帰りました。その後、本屋に行く度、探したのですが、全然、見つからず、(以前目にした書店でも)あきらめようか、 検さくしてもらおうか思っていたところ、その日も、ずーっと探しても見つからなかったのに、突然、目の前に一 冊だけ置いてあったのです。運命!?と思い切って買ってしまいました。涙が出ました。同情でもないし、同じ痛みが あったわけでもないのに、止まりませんでした。私には2人の子がいます。幸いにも元気で生まれてくれました。で もやはり、おなかに生を受け、世に出てくる迄は不安でした。その気持ちとオーバーラップしたのかもしれません。 読んでみて、もっと多くの女性に事例を知ってほしいと切実に思いました。コーナーを明確にして、書店にもっと出 してほしい。乱筆で失礼します。


題名にひかれ、手にとって読み始めたら涙がとまらなくなりました。誕生死というものの存在すら知らずにいたのですが、 命が宿るということについて深く考えさせられました。この本に出合えて心から感謝しています。


この本を読む前までの我が子の接し方に反省させられました。現在我が子は、双子の3歳の男の子、女の子、10ヶ月になる 男の子計3人の子供がおります。何不自由なく、元気にすくすく育っています。それって一番幸せで、ありがたかいことなんですよ ね。それなのに私は自分の感情のままに、怒り、又は時には手をあげ、子供の命の大切さ、元気に育っていることのありがたさを すっかり忘れていました。そういうことを、あたりまえに思っている自分に腹が立ち、涙が止まりませんでした。明日から、たくさ ん子供を抱きしめ、手をつなぎ、命の温かさを体いっぱい受け止めたいと思います。


現在妊娠中です。つわりがひどかったり、体重増加でイライラしたり、文句ばかり言っていました。この本と出会い、生 命の尊さ、親としての思い、家族の愛情など、沢山の大切なことを教えられました。本当にありがとうございます。おな かの中にある命、自分の身体・・・命が与えられていることに感謝して過ごしたいと思います。本当にありがとうございました。


私には3人の子がいます。妊娠したら、うまれて当然で、何かあるとしたら障害をもっている・・・そんな風にしか考えた事がありませんでした。 でも私の子が元気で生まれてくれたのは、当然じゃなくてその分他の誰かに何かあったわけで、 うまれてきてくれたことがとてもありがたく幸せなことだと思いました。 私が出産していた時も誰かつらい思いをしていた人がいたのかな・・と思うと切なくなりました。こういう情報は、知らなかったので、 この本をぐうぜん店で見て買いましたが読んでよかったです。


私には去年3月29日に長女を出産。 妊娠する前はたくさん子供がほしいと思っていました。
いざ子育てをしながらいろいろ考えると1人を産めただけでも幸せなんだと感じる様になりました。この本を読んでますますそう思いま した。
義母は会うたび2人目は? と聞いてくる。ぜいたくな事を言っていると思いました。この本を見せてあげたい。1人産めただけでも 幸せな事と。


思いっきり泣きました。小さな命なのに、かわいそうです。(男性)


私はこの3月に無事出産することが出来ましたが、自分にもいつ悲しみがやってくるかわからないと思うと涙がとまりませんでした。 あたりまえの妊娠出産の中にはとても人には話せない辛い出来事も多くあることを、私たちは忘れすぎています。 いのちの大切さをほんとうに産まれてきてくれてありがとうって、大きくなった我が子には、ずーっと言いつづけたい、そう思える本 でした。


昨年双子を出産した。2人とも小さく生んでしまい自分を責めた。
妊娠中は、子供が生きているか、また自分も生きていられるか 不安ばかりだった。生んでからも2人共元気に育ってくれるかどうか、 そして今は、とにかく、生きていってほしいという気持ちがあり、 もし私よりも早く死んでしまったらどうしようという不安がある。 この本を読んでとても悲しかった。
子供との1日の時間を大切にしたい。そう思えるようになった。 現実は時にはとてもつらい事がある。 もしそうなった時、私はそれを受けとめる事ができるのだろうか。
出産は病気ではないというが出産は病気と同じであると思う。 今、ここに2人の子供がいる事、そして私も生きている事に心から感謝したい。


この世に産まれるとき、産まれる前、産まれてすぐ亡くなってしまった 子ども達のことを書いた本だと知り、すぐ読んでみたくなりました。
赤ちゃんの死は、何より記憶に残ります。 お母さんや家族の気持ちはどんなものか・・・少しでも知ることができました。 無事に産まれてくることの大切さ、忘れないでいようと思います。


私自身、2月に女児を出産し、すごく興味が有り手に取った本でしたが、 読んでいてとても切なく辛くなり、元気に産まれる事ばかりではない、 私は助かった方なのだろうか考えさせられる事も多く、泣けてばかりでした。
実際、私は難産(だったと思っていた)でやっとの思いは帝王切開でした。 あと1歩の判断で赤ちゃんは助からなかったと思うと、 辛く、悲しい事を乗り越えている皆さんの強さをもらいました。
私を見れば皆さんは叱るでしょうが、ある本にこう書いてありました、 「授かった子は、親を選んでくる。それがどんな道で人生であっても 子供は幸せであり、そして周りにも幸せをくれる」と。
皆様の今後が明るく神様が幸せをふりまく事を願っています。


突然、身のまわりの方を亡くされた方、どうおなぐさめしていいかわからず「元気を出して」などとつい言ってしまいます。まして、 “誕生死”などということは、当事者にしかわからないつらさだと思います。こうした本を通してそうした人達のネットワークが出来 るとすくわれる人も多いと思います。


読んでいて何度も涙が出ました。「人は忘れられた時が本当の死だ」という言葉がありますが、そういう意味で、子供たちはまだ「生 きている」のだと思います。アメリカでの例と日本での例の違いについて初めて知りました。アフターケアについては特に医療関係の 方に読んで欲しいと思いました。

●男性
非常に良かった。保健授業、性教育の導入として使わせてもらいました。兄弟で同じようなことを経験した生徒の話が発表され、すご い授業になりました。「今元気に生活できてる事は、あたりまえに感じていたが実はすごいことなんだ」ということを理解してくれた。 日本の教育課程をもっと見直さなければいけない。この本はすばらしい教材だ。


私自身も周りからみれば早いですが、一児の母です。母になってまだ10カ月ほどですが…。
この本が紹介されていた新聞(信毎)を見て、文を読み、なぜか涙があふれでました。
看護師をめざしている主人と一緒に読もうと買いました。一人一人の話を読むと涙がとまりません。多くの看護、とくに産婦人科等、 関わりのある方には読んでいただきたいと思います。


私は、結婚してまだ3ヶ月ですが、主人も私も早く子供が欲しいと願っています。不妊かもしれないと思うにはあまりにも早すぎるか もしれませんが、生理が始まって以来、ずっと不順である自分は、もしかしたら子供に恵まれないのではないかという不安が独身の頃 からありました。そのせいか、妊娠への憧れはとても強く、妊娠さえできればそのあとの子供がいる人生は約束されるのだと思い込ん でいました。
この本を読んで、今までの「命」に対する自分の考え方はあまりにも軽すぎたと、自分が恥ずかしくなりました。こんな考えのまま子 供を授からなくて良かった。もし、私のところにも小さな命がやってきてくれたら、その重みをしっかり受けとめて、大切にしていき たいです。


とてもきれいなピンク色の本で赤ちゃんの存在そのものを感じた。
医療過誤の出産時の死亡事件を扱っているので、依頼者のお母さんの気持ちに少しでも近づければと思い購入した。


私の2回の妊娠・出産は、子供が大きくて帝王切開になった事以外は特に何も無くすみました。子供が生まれた時、「うれしい・かわ いい」など、いろいろな気持ちがありましたが、この本を読ませていただいて、「無事生まれてきてくれてありがたい!!」という気 持ちでいっぱいになりました。本当ならば、一番最初に思わなければいけないのだと思いますが、今までの私は、「自分の赤ちゃんは 生まれてくるのが、あたりまえだ。」と思っていました。でも、あたりまえではないのですよね…。私たち親に、元気な姿・かわいい 笑顔を見せてくれる子供達に、日々、感謝していきたいです。この本を出版してくださった皆様ありがとうございました。悲しい出産 になってしまった皆様にとって「力」になる本だと思いますよ。


「誕生死」という題にまずはビックリしました。でも吸い寄せられるように購入しています。
私は死産や流産などで子供は亡くしたことはありません。幸せにも今年の4月に女の子を出産しました。
生まれてきてくれてたまに「なんで泣くの? うるさいなぁ。お腹にいた時の方が楽だった」などと思ってしまったこともありました。
でもこの本を読んで、改めてこの子が元気に生まれてきてくれてちゃんと成長してくれていることは当たり前のことじゃないんだ」 と認識しました。
この本を読み終えたあと「生まれてきてくれてありがとう」と子供を抱きしめました。
命の大切さ、1つの命の重さに心から気付かされた一冊でした。本当にありがとうございました。
子供が大きくなったら読んでもらいたいと思っています。


私は2児の母ですが、こんなに辛く悲しい出来事があるのだとすごく胸が痛みました。妊娠をしたと何とも言えない思いがこみあげ、 出産までの10ヶ月間は幸せそのもの。健康な子供を私は当たり前の様に出産できると思っていました。
子供を亡くした思いは相当なものだと思います。2人の子供が大きくなったら出産とは大変なものなのだとこの本を読ませようと思います。


わが子を亡くす悲しみは、想像を絶するものだと、胸を締めつけられる思いで読ませて頂きました。天に昇った子供達が一日も早く、 お父さん、お母さんのもとに産まれ戻って、幸せに人生を歩んでほしいと願ってやみません。そして一人でも多くの新しい命が元気 いっぱい無事に誕生してほしい!!そう思います。


出産には、やはりドラマがあると思います。
市内で"子宮摘出手術を受けて共に歩む会”のグループ活動をしています。 子どもをもたずに手術した人や、出産年令にもかかわらず子宮を摘出することを決めた人など、 病気から、そうならざるをえなかった人もいます。
人それぞれ生き方は違いますが、この本を読んで、"命の大切さ”と親になるという責任感を自覚しました。ありがとうございました。



--------------------------掲示板より--------------------------

私は中学3年生です。この前図書館で『誕生死』を見つけました。私はすごく妊娠に 対して興味があったのですぐ借りて読み始めました。妊娠ということに対して甘い考 えだった私を、この本は変えさせてくれました。正直、予定日間近でお腹の中の赤 ちゃんが亡くなるなんてそんな…て思いました。自分は全然妊娠とは遠い存在だけ ど、何か心の奥ですごく衝撃的なものを感じました。私は将来看護士になりたいと 思っています。でもこの本を読んで助産婦の免許も取ろうと思いました。将来、もし 患者さんが死産という悲しみを迎えてしまったら、心の底からケアしたいと決意しま した。『誕生死』で本当にいろんな事を考えさせられました。本当にありがとうござ いました。みなさんもいろんな事を乗り越えて頑張ってください。

* * *

私28才の主婦です。偶然図書館でこの本を見かけて読みました。
私には7ヶ月になる1人娘がおりますが、この本を読んで、もし娘がと考えるとと ても辛く涙が止まりません。ですから実際にお子様を亡くされた方はもっと辛く苦し い言葉に表すことの出来ない程の思いをされているのでしょうね。
今回は図書館で借りましたが、購入しようと思っています。

* * *

友達から借りて たった今読み終えました。ただただ 涙がこぼれるばかりです。 何度 涙で字が霞んだ事でしょう・・・。
読み終えた感想(というのでしょうか?)は・・・
  「命はちゃんと生まれたんだ(実在した)!!」
「死産だったとしても 大好きなママのおなかで ママと(パパや兄弟と)ちゃんと 思い出があるんだ!」
実感しています。
我が家の末っ子が 病気で生後3.4日 生死をさまよいました。 「もし あの時に助からなかったら・・・」と思うと この子を抱きしめて泣いてし まいます。(しかし まだ病気は完治じゃないので 再発の恐れもあるので 今でも 怖いです。)
皆さんの勇気に感謝します。

* * *

何と言ってよいか、と言うのが正直な感想です。私はまだ独身です。でも、“死の重 さ”というのは、いろんな大切な人(友人のお父様であったり、自分自身の父や母で あったり、親戚であったりですね)の、“死”を経験してきて、わかっていたつもり だったのですが・・・。まだ、解かりきっていなかったんだな、と思いました。誕生 死を経験した方々は、とても辛い思いをしているのですね・・・。でも、前向きに生 きようとなさっている、その姿にとても感銘を受けました。まだまだ、乗り越えられ ない事もおおいのではないかと思います。この本を読んで、著者の方々、そして、こ ちらにこられる同じ体験をなさった方々の想いというのが、少しだけ解かったような 気がします。

* * *

私は、4月に無事長男を出産しました。まだ、誕生死の経験はありません。まだ、な いだけであって、今後経験するかもしれないと思うと、とても他人事には思えないの です。妊娠したら無事に出産できるのが当たり前とは思っていませんでしたが、こん なにつらく悲しい思いをしている人が世の中にはたくさんいるんだということを、 ずっと心に留めておこうと思います。
この本を、一見無関係と思われるような中高年の男性にもぜひ読んで欲しいです。結 婚したら妊娠して子供が産まれて当たり前、出産も子育ても女の仕事と思っている人 が多いからです。

* * *

よんでいてただただ涙がでました。人工中絶や自殺などが増え続けている今を変えてなくてはならない事を 教えて頂いた気がします。ありがとうございました。

* * *

私は今、将来児童福祉に携わりたいと思い、福祉系大学に通っています。(1年生)
私には、妊娠・出産経験はありませんが、この本にはいろいろなことを考えさせられ、1ヶ月前に購入してから今日までに、 4回読み返しました。そして、レポートのテーマとして、死産、流産、新生児死を深く勉強したいと思いました。
まず、私は『誕生死』という言葉に強く胸打たれました。今まで流産や死産としてしか認識がありませんでしたが、 その命は確かにお腹の中で生きていた、この世に生まれてきていた、ちゃんと家族の一員になっていたんですものね。 松村さんのお子様が言われた、『ママのお腹に赤ちゃんが生まれた』の言葉には強く納得できたと同時に、 この本に出会うまでは、産まれてくることが“うまれること”だと考えていた自分が情けなくなりました。
私がこの世に生きていられることはけしてあたりまえじゃなく“奇跡”なのだ!生命は、胎児でも赤ちゃんでも、 子供でも大人でも老人でも変わりない、尊さ、重さ、大切さ、美しさがあるのだ!と、強く強く感じました。
誕生死の筆者の方たちや、この掲示板に載せられた方たち、そして、どこかにいる誕生死をされた方々の赤ちゃんへのご冥福を 心よりお祈り申し上げます。また、大切なことを気づかせていただき、ありがとうございました。

* * *

私は2児の母ですが、子供は健康で当たり前の様に産まれてくるものだと思っていました。でもそれは間違いだったのですね。
こんなに悲しい思いをしている人達がいるんだと胸が痛み、涙が止まりません。私だって可愛い子供を取り上げられたら どうしていいかわかりません。友達にも妊娠8週目で流産した子がいました。なんて声をかけていいのか分からなかった・・・。
子供を亡くした気持ちは他人がいくら分かろうとしても、当人にしか分からない痛みだと思います。 そんな苦しみなんて無くなってしまえばいいのに。
改めて命の大切さを教えられたこの本に出会えてよかったです。

* * *

この本の衝撃的なタイトルに引き寄せられ、ネットで購入しました。1歳4ヶ月の娘がいます。
妊娠し、安定期に入ったら誰もが無事に出産するものだと思っていました。浅はかでした。毎日毎日何度もこの本を読んでいます。 出産って奇跡だと思いながら。娘の命、私の命、主人の命、全てが奇跡の積み重ね。周りの命も。 天使ちゃん達のことが私の頭から消えることはありません。毎日を大切に大切に生きていきます。

* * *
私には2人の子どもがいます。誕生死の経験はないです。
経験した方にとってはきれい事と思われるかもしれません。でも同じ女性としてほんの少しでいいから子を亡くした人の気持ちがわかり たかったのかもしれません。
無事に子どもを授かることができた私ですが、妊娠中は悪阻で入院して中絶も考えなくてはならない可能性があると 言われたりもしました。後期には首に臍緒を巻いていたりもしました。今思えば多少なり紙一重のところにいたのです。
しかし、この本を読むまでは、やはり、私も流産した友達を傷つけていた一人です。とても後悔しています。
私は、すでに父を亡くしていますので、本を読むうちにたとえ数週間の命だったとしても、きっと父を見送ったときのように悲しいし、 忘れることなんてできないし、今私が父のことを思い出すように話をしたり写真を大切にしたり父の形見を 何となくそばにおいておきたい…、ときっとそう思い続けるに違いないと私は思ったのです。 ほんの少しだけれど私に理解できる可能性が見えてきました。 余談ですが、青森にある三内丸山遺跡では住居あとの敷地内から何体かのおそらく誕生死した赤ちゃんの遺体が 大切に甕に納められて葬られていたそうです。私はしばらくその場から離れることができませんでした。 私も、私の大切な人達をそうやって見送りたいのだと思ったのを覚えています。
最後に一冊の本という形にまとめられた皆様に感謝します。

* * *

私にはまだ妊娠の経験がありません。私の身近にも、悲しい経験をした人がいません。 だから、私にはきっと皆さんと同じ痛みを分かち合ことはできないのかもしれません。
でも、もしこれから悲しい経験をした人と出会った時には、私はきっと今までとは違う考え方で接するんじゃないかな・・・ この本を読む前の私だったらきっと「早く元気だして」とか「悲しいことは早く忘れて」とか そんな無神経な言葉で励ました「つもり」になったことでしょう。
でも実際に悲しい経験をした人が求めていることは違かった。
まさか、亡くした子供の話をしたいと思っているなんて、想像もしていませんでした。 辛いことを思い出させるようなことをするのは酷いことなんだとばかり思っていましたから。
でも「誕生死」を読んでいるうちに「もし私だったら」と考えるようになり、そしたら私も 自分のお腹に確かに宿った我が子を忘れるなんてできないと思ったんです。 未経験の私がこんなこと言うなんて、それこそ無神経かもしれませんが・・・ でも、思ったんです、正直な気持ちです。
たとえ生きてこの世の中に誕生できなくても、お腹の中で生きていたその子は確かに「存在」したんですよね。 そのことを一番よく知っているママが忘れちゃったりしたら、いけませんよね。 だから我慢を強いるようなことは言いたくない。
この本から「命」の重さ、脆さ、大切さを知りました。