周りの人々(体験者の家族・知人)

--------------------------読者カードより--------------------------


初孫の小さな命が失われた悲しさは深いものでしたが、娘夫婦の悲しみ、無念さがあわれで、あわれで本当に辛い思いをいた しました。恩師の手紙に「34年前に同じ経験」とあり、「34年」に思いの深さを感じました。祖母の立場から…


29歳の長女が二人目の孫を宿し、へその尾が何重にも巻かれ死産。娘は泣き、悲しみに落ちた。周りは、どう慰めてよいか、 ただ悲痛な経験をしただった。月、日がたち、落ち着いて長女と生活を取り戻してきた。そんな時、新聞を読んで、同じ悲し みをした人がいる、共通の気持ちがあるかもと、買って読んだ。ただ涙をにじませ、一気に読んだ。ありがとう。の一言です。(男性)


友人の死産を知り、悲しみのあまり泣きに泣き、 何かしてあげられたら、という思いでインターネットを探しました。ホーム ページを見つけ、死産を体験した人達の心情を知りたく、すぐに本屋に走りました。とても売れた本で、何軒も探してもらって、 ようやく一冊を手にしました。同じ経験をした人が、こんなにも、いるのを知り、改めて、我子の無事に感謝。友人も、この本 で救われること祈ってます。ありがとうございました。


知人が流産したこともあり、自分が体験したことのない苦しみが、どんなものなのか少しでも知りたくて、読みました。 流産した人の前では、やはりその話題については触れないようにしてしまうし、早く忘れて、と思いがちだけれど、話 をしたい、忘れたくない、と思う気持ちがあるのだということを知りました。そして、1人亡くなっても、また産めば、 とか、もう1人いれば大丈夫、というものではなくて、1つの命を失った悲しみは、何ものにも変えられない、とてつ もなく重いものなのだろうと感じました。


私は2児の母です。友人が妊娠20週で流産し、その時、子供のいる自分が何と声をかけても私の存在自体が彼女を 傷つけると思い、何も言えませんでした。彼女もまた、同じ経験をした人にしか、理解できないと私を拒絶しました。 確かにその通りだけど、2つの命を生み出した母親だからこそ、命がどれだけ大切か、この小さな赤ちゃんがどれだ け大きな命なのかを知っているんだと思います。彼女とキチンと話し合いたい。


この本を読んで、「このとき、私は何を言ったんだろう?はげますつもりで傷つけるようなことを言ってしまったので は?」と、思いました。本人が感じているようには感じてあげられないし、誰もが同じように感じるわけではないと思 いますが、この本を読んだことを忘れないようにしたいと思いました。少なくとも傷つけるようなことを言わない人 になれればと思います。


私のいとこがついこの間、死産をし、この本の購入にふみきりました。 ズット前から読んでみたいなという好奇心はあったのですが、 買うという勇気がなく...。
いざ読んでみてやはり涙涙で読めませんでした。 夫と2人で読んで現在している子育ては、あたり前じゃないという事を 覚えさせられました。
そして、訳も分からなく泣きじゃくるわが子が、愛おしくて... イライラして子育てをしていた自分がはずかしくてたまりませんでした。 改めて命のとおとさを、教えられました。


この様な本があるなんて、今回、書店で初めて知ったと同時に迷わず手にしました。 というのも、今年の初め、私の姉が予定日の2日前にして死産したからです。
自分の身内にこのような出来事がおこった今、同じ様な立場に合われた方の心境を知るのは大変役立ちました。
いまだ姉と会う事をしていないんですが、この本を読んで、何か会えるような気がします。辛さをわかち合えるような気がします。


娘が7ヶ月2週で4月23日胎内死亡を体験しました。
かける言葉もなく娘の心身が心配で、第2子ということもあり、「長男を大切にしなさい、悲しいことは早く忘れるように・・・」 とか私自身云ってしまって数日悩みました。少しでも娘の気持ちがわかれないかしら・・・と。
その時5月5日の毎日新聞の余禄を読んで購入、一気に読んで私は深く反省しております。この本を出して下さってありがとうござ います。
さっそく娘にプレゼントします。(私も貴女の気持ちに近づいているよ!と)


私がこの本を読みたいと思ったのは親友が死産を経験してしまい、子を持つ親として子を失う悲しみはわかってあげられても、もっと 奥深い悲しみがあるはずだと感じ、少しでも彼女の力になりたい!!それには死産を経験された方々の心の底の気持ちを知る事だと思っ た事から読まさせていただきました。
この本を読み終えた今、彼女に私の想いを伝えました。少し彼女との距離が縮まった様に思います。
この本の事も話した所、「ぜひ読みたい!」との事。今度、プレゼントしようと思います。
この本を読んで本当に勉強になりました。これからも彼女の心の支えになれたらいいと思います。ありがとうございました。


親友の子供が生後2カ月で亡くなった時、何もしてあげられなくて、彼女とどう接すればいいのかわからなくて、何か参考になる本はない か、と探していました。この本を読む事で少しでも彼女の気持ちを理解できる接し方ができれば、と読み始めました。
実際、読んでいくにつれ、ショックが大きかったというのが事実です。妊娠すれば、元気な赤ちゃんが生まれるのが当たりまえだという 考えが大きかったからです。(もちろん、流産や死産という言葉は知っていましたが)
死産が普通の出産と同じく傷みを伴って出産するとは思っていませんでした。同じ体験をされた家族の方にも必要な本だと思いましたが、 それ以前に生命の大切さ、を知る上で、とても大切な本だと思います。親になる人はもちろん、若い、小さな子供にも読んで、生命の大 切さ、元気に生まれてくる事のありがたさをわかってほしいと思います。


数年前、妊娠7ヵ月(25週)で、友人の赤ちゃんがお腹の中で亡くなった。
その頃、私はまだ独身で、その友人にどんな言葉をかけてあげたらよいのかわからなかった。やはり、世の多くの人たちと同じように、 “その事”には触れないようにしていたように思う。
その友人は、その後2児の母となったが、今も亡くなった赤ちゃんの事を誰かに話したいと思っている気がする。ずいぶんと長い時間 は経ってしまったが、聞いて、一緒に涙が流せたら、と思う。
私自身は2年前に元気な男の子を出産した。ヤンチャ盛りで毎日、叱らない日はないが、この本に出会ったことで、元気に生まてきて くれたことに心からありがとうと言えるようになった。最後にこの本を出版して下さった方たちに、心から感謝します。

--------------------------掲示板より--------------------------

今朝、購読新聞でこの本のことを知りました。そしてこのお部屋に来ました。
今月13日に次男のお嫁さんのお腹に息づいていた命が終わっていることが分かりました。 まだ5mmの大きさでしたが立派な命です。16日に手術しました。
遠くから嫁いで来てくれてるので、私が看病に行きました。現在まもなく1歳になる 男の子が居ますが、だからといって消えてしまった命でも妊娠に気付いたときから母親 になってるのですから悲しくないはずはありません。
私の前では頑張って平常にしていましたが、本当はいっぱい泣きたかっただろうと思い ます。私はどう慰めていいのか分かりませんでした。せめてもの慰めにこの本をプレゼ ントすることに決めました。
少しでも○○ちゃんの悲しみが癒されますように・・・と願いを込めて・・・。

* * *

1ヶ月前に夫の姉が初めての子を死産しました。
私も2歳の娘が一人いる母親ですが、とても他人事ではないのでどういう声をかけれ ばいいのか分からなくて結局何も言えずにいました。
言えば言った後の本人の捕らえ方を気にしてしまって言えませんでした。
個人病院での出産で帝王切開が出来る病院だったので安心していたのですが、微弱陣 痛でなかなか子宮口が開かずに3日間過ごして産まれた時には産声をあげてくれませ んでした。
後から本人から聞いた話なので詳しいことは曖昧ですが、医者は最初から帝王切開に 決めていれば助かったんだけどと言われたことがすごく本人を傷つけた様子にみえま した。そしてお産が進むと、もう帝王切開できないし書類や準備が大変で出来なかっ たと医者から聞いたと言っていました。とても悔しそうでした。私も同感でした。完 全に医者の判断ミスだと思いました。
この本を読んで本当に体験した人にしか分からない気持ちが分かりやすく表現されて いて、とても生きる事の大切さが分かりました。ありがとうございました。

* * *

去年12月未熟児で出産しました。本当は今頃まだおなかの中にいたのかも・・・。 今はNICUのベッドでひとり寂しく眠っているわが子。その目は永遠にあかないな んて嘘のように愛くるしい寝顔です。臍帯の過捻転で重度の胎児仮死で泣き声も泣く 産まれ、脳が機能していなく溶け出していて水がたまり、医師に「死」を宣告され気 の狂いそうな毎日を過ごしています。
誕生死。読むのは二度目です。一度目に読んだのは五ヶ月違いで妊娠し、お互い第一 子の誕生を心から待ちわびていた親友から「死産」だった事を告げられたとき。 自分のことのように泣き叫び、どうしてそうなったのか悲しみが怒りとなってあふれ 情報が欲しくてここに辿り着きました。そして誕生死を迎えた人々の悲しみがここに 集まっているのを知りました。自分の全く知らない世界でした。彼女の気持ちにすこ しでも寄り添いたくて読みました。でもなんの力にもなれず無力さを思い知るだけで した。妊娠している自分の存在が彼女を傷つけている気がして。
そして今回。
まさか同じ「臍帯の過捻転」で苦しむとは思ってもみなかった。また本を開き、以前 とは少し違う気持ちで読む事となりました。おなかが痛いという私に「いつもおなか 痛いよね」といい、病院に行く事を伝えると「そんなに痛かったの?」といった夫。 もう助からないと聞いたとき「どうしてあの時無理にでも私を医者に連れて行ってく れなかったの!!」「どうしてもっとおなかの赤ちゃんを心配してくれなかったの! !」という怒りの感情があふれました。でも言えませんでした。自分がこんなにも自 責の念で苦しんでいるのだから夫にも自分を責めて欲しいと思った。でも分かり合え ない気がして諦めました。
今は赤ちゃんに会いに行き、できる限りの事をしています。
一人搾乳器で母乳を搾っているとき、寝室の鏡に誇らしげに大きなお腹を映してた頃 を思い出しものすごい喪失感、孤独感を感じます。

* * *

初めまして。私は大阪に住んでいる中学3年の女です。
学校の授業で「選択授業」というものがあって、その中で新聞の記事を書取する時間 がありまして。 その中で毎日新聞の「余録」を使用した事で『誕生死』の事を知り ました。
ずっと本を探していたのですが、この間たまたま本屋さんで偶然にも見つける事がで きました。
私の母も、実は流産経験者です。私が生まれてくる前に、ひとりの女の子を亡くして います。 彼女は既に名前も決まっていて…。初めての赤ちゃんだったので、母のショックはと ても大きかったと思います。
だから私にその事を話して聞かせてくれた事は、過去に1度きりです。 5ヶ月で、衰弱死してしまったそうです。
会う事のできない姉。けれど、私は姉の分までしっかりと愛情を注がれ育ってきまし た。 姉の分まで私が生きられたら、それは素晴らしい事ですよね。
命を尊さを強く感じました。たくさんの方にこの本の存在を知ってもらいたいです。 それでは。

* * *

友人(3人目で死産を経験)から「誕生死」の話を聞き何軒も本屋さんを回って、今 日やっと手に取る事ができました。この友人とは一番上の子供同士が幼稚園の同じク ラスで、当時4,5ヶ月の次男(3人目)と2歳の長女を連れて送り迎えしていた 時、彼女から、「私も、もし生まれていたら同じくらいの赤ちゃんがいるねん」と聞 き、思わず幼稚園で涙してしまってからの付き合いでほんとにほんとに素晴らしい友 人なのです。今思えば、私の子供を見るのも辛かっただろうに、よく告白してくれた なぁと思います。
実はここ、1年ぐらいの間に私の回りで何人もの友人が死産を経験 しています。3人の子供のいる私に何の力になれるだろうという思いと、友人という より友人の友人といった関係もあり、心の中でずーっと気になりながら何もできな かった私にこの本を勧めてくれたのがこの友人でした。彼女の「もっと早くにこの本 と出会いたかった」と言う言葉に、なんとしても、この友人達にこの本を知ってもら いたいという衝動に駆られ、あちこち本屋さんを探し回っていたのです。
今、本を読み終え、ひりひりする瞼でこのホームページを訪れ、またまた、泣いてい ます。隣の部屋でいつもと変わらず寝ている子供達がこんなにもいとおしく感じるな んて。又、明日からも今までと同じように子供達の世話に追われ、少しは休ませてよ 〜なんて思ったりもするんだろうけど、きっと、ちょっと違った気持ちで子供達と関 われそうな気がします。
そして、そんなにも、親しくない友人達に「いきなり、こんな本(ごめんなさい)持 っていったら余計傷つけるんじゃぁないかな」と思っていた気持ちも吹っ飛びました。 私は高校で講師をしていますが、生徒達にも是非読んで欲しいと思います。

* * *

今日、親友の赤ちゃんが産まれそして亡くなりました。この世に3時間といませんで した。仕事中に他の友人から電話をもらって病院へ行きました。赤ちゃんは一度無事 に産まれたものの、それからしばらくして心臓に異常があることが分かり大きな病院 へ搬送されましたが、小児病棟がいっぱいとのことで、また別の病院へ運ばれたそう です。
それが原因ではないとのことですが、やりきれない思いでいっぱいです。
彼女が赤ちゃんを抱いたのは、亡くなってから家に帰るまでの間だけです。とても あったかくてふわふわしてて、とても死んでるなんて思えなかったって言ってまし た。
誕生死っていう本があることは知っていました。でも関係ない話だって正直思ってい ました。彼女にまだこの本を読むことは出来ないと思います。ただ、私は彼女の力に なってあげたい、そう考えています。私はまだ出産経験がないので彼女のつらい気持 ちが理解できていないと思います。この掲示板と本を読むことで、彼女が少しでもこ の環境から乗り越えられるよう協力していきたいと思っています。

* * *

はじめまして。誕生死の本もこの掲示板も、何回読んでも涙の出ない日はありませ ん。
そして子供を亡くすという悲しさ以上に深い悲しみを他に知りません。
私が出産する1年ほど前、親友の赤ちゃんが誕生死してしまいました。 早期胎盤剥離でした。医療関係者に「もしあと30分早く分かったら無事だったかも 知れない」と言われ、 自分を痛いほど責めていました。亡くなってから「もし〜」と言われれば、医療関係 者か自分を責めることしか出来ないですよね。 よく本には「お腹が板のように硬くなる」とか「大出血を伴う」と書いてあります が、彼女にはその症状はまるでなかったと言います。

「私が痛みに強い体質だったから」「なんらかのシグナルを見落としていたに違いな い」そう、彼女は自分を責め絶望の淵にいました。 彼女は生きる糧を失い、フラッシュバックに悩まされ、うつ病やトラウマと未だ闘っ ています。 赤ちゃんがいないのに母乳が出たとショックの余り電話をくれた時は、私も一緒に泣 きました。余りに残酷すぎました。

誕生死された赤ちゃんは天使になるとき、ママの魂にしがみついて、 ずっとママを独り占めして、抱っこされながらすやすや眠っていると思います。 心地よいママの魂に抱っこされて。うんと甘えてると思います。 時々話しかけてあげてください。優しい涙を一杯流してあげてください。

* * *

友達のホームページでこの本の事を知り4月にネットを通して購入しま した。その友達は二人目を死産しました。とっても待ち望んでいた子供だったのに。 私も生まれるのをとても楽しみにしていました。いつまで経っても聞こえてこない知 らせに、別の友達から聞いた「死産」と言う訃報に言葉が出なかった事を思い出しま した。そして彼女にあった時に励ますつもりで掛けた言葉が彼女を傷つけていたなん て考えもしませんでした。
この本を手にとって一気に読ませてもらいました。一人部屋にこもってティッシュを そばに置いて。。。私には天使の兄弟がいます。兄なのか姉なのかわかりません。そ の事を知ったのは、私の妊娠がきっかけでした。母はそれまで流産した子供の話はし てはいけないと言われ続けたのでしたことがなかったそうです。でも心の中には ずーっと天使になった子供の事があったそうです。それからお墓参りに行った時に水 子地蔵のところで手を合わせている母の姿を見るようになりました。母の心は30年 弱も閉ざしていた気持ちがそれから出せるようになったようです。
私の子供もこの本を手にとって読んだようです。そして、「この本にはお母さんの暖 かい気持ちがたくさん入っているね。僕ね読んでいて涙が止まらなくて大変だったん だ。だから途中で読むの止めたけど、でももう少し立ったらよむからね。」と言って いました。
この本を読んで改めて、「誕生死」をしたお母さんやお父さんの心のケアーが大切な ことを知りました。でも何処にもそういうところがありません。せめてこの本が目に 付いた人読んでくれて、天使ママや天使パパの気持ちをわかってくれる人が増えてく れることを願っています。

* * *

手元に届きまず最初に読んだのは母でした。
母は三人流産、死産しているのです。そんな母は私の妊娠を知ったとき自分のことのように心配をしてくれてましたが 私は大丈夫大丈夫とギリギリまで仕事もしてきました。ほとんど母のいうことに耳を傾けていなかったように思います。 この本をきっかけにそして昨日の母の日にいろいろな話を聞くことができました。そして今自分がこの世にいること感謝しています。
最後に私は皆さんと同じような経験はありません。妊娠=幸せな家族という概念がありました。でもそうではないのですね。 そんな安易に考えていた自分が情けないです。とても勉強になりました。経験のないもに何が分かるのかと思われるかもしれませんが 私にとっていろいろと考えさせられる一冊の本との出会いでした。

* * *

弟の下にもう一人、弟か妹が産まれるはずだったことを母から聞かされたのは、確か中学生のころだったと思います。 母が三度目の妊娠中私は小学校低学年だったから、母が妊娠していることも知らなかったし、性別もまだわからない週数だったらしい。 訳もわからず大泣きしました。その日の日記には「もう一人の兄弟(姉妹?)の分もしっかり生きる」と書いた記憶があります。 それから何年か過ぎてから、私は母親になれたわけですが……。
子供を通じてのお母さん友達の中にもやっぱり流産経験者がいて、どうして私のまわりには悲しい経験をした人が 集まって来るのだろう…、と辛くなっていました。
何かのきっかけで何人兄弟?という話しになり、思い切って「弟が一人。でも、本当はもう一人いたかもしれない」と言いました。 話し相手の彼女は「そっか…」と言っただけで、それ以上何も言いませんでした。 私にはそれが嬉しかった。彼女もまた、流産経験者です。
私は弟と、もう一人弟か妹がいたということを言いたかった。ずっとずっと言いたかった。でも言えなかった。 目に見えない弟か妹がいなくなって悲しいという気持ちを分かってくれる人なんて、いないと思っていましたから。 悲しい出来事は、残念なことに経験した人にしか分からない。
だから私は思いました。分かってくれる人にだけ話せばいい。言葉はいらないから、聞いてくれればそれでいいんだよなって。 私はそれで安心するんだって。
最後に「誕生死」というタイトル、不謹慎かもしれませんが、心に残るステキな言葉だなって思います。

* * *

私には2才違いの弟がいたのですが、生まれた次の日に亡くなってしまいました。 他に兄弟がいないので、周りには一人っ子ということで育ってきたんですが、 「一人っ子でいいね〜」とか「うらやましい」といわれるたびに、そういわれるのはイヤだなと思っていました。
お墓参りに行ったり、毎日仏壇にお線香をあげたりしていた気持ちを今まではうまく人に説明できなかったのですが、 この本を読んで、やっぱり私にも弟がいたという事を人に言っていいんだと思えるようになりました。 思い出がないのはちょっとさみしいですが、一日しか兄弟でいられなかったというのではなくて、 弟がおなかにいた何ヶ月間はお姉ちゃんでいられたということを気付かせてもらえました。 ありがとうございます。