医療関係者[看護師、助産師、医師など]

--------------------------読者カードより--------------------------

●看護師
未熟児センターに入職して2年目になります。小さく生まれた赤ちゃんや、奇形がある赤ちゃんなどの看護を行っています。 日々、緊張の連続ですが、この本を読んで、お母さんたちの気持ちが少しでもわかれば良いと思って買いました。読みだし たら、涙が止まりませんでした。看護師、医師の対応、声がけの大切さについて、考えさせられました。同じ職場の人たち に、ぜひ読んでもらいたいと思いました。

●看護学生
私は今、看護学生です。助産師を目指していて今受験勉強中です。看護を学ぶ上で「死産」という言葉を安易に受け入れて しまっていた自分に気づきました。この本を読んでご家族の気持ちがストレートに伝わってきました。今まで助産師になっ たら、正常お産をいっぱい経験して喜びを家族とわかち合うんだ!と思ってました。しかし、お産はそれだけではないこと。 悲しいお産もあることを知りました。私が助産師として現場で働くとき、医療者側として出会うかもしれません。そのとき は、子どもといつでも会えるようにすること、悲しむ時間が必要なことを忘れずに関わりたいと思いました。また「死産」 でなく「誕生死」であることを伝えてあげたいです。そして、その時は貴会を紹介させていただきたいと思います。同じ 女性としてもとても考えさせられました。

●助産師
もっとも誕生死にかかわる仕事をしていながら みすごしてしまっていた問題をつきつけられた思いです。

●助産師
強く心に残ったのは、職業柄やはり執筆された方たちが受けた医療側の応対、態度です。私たち医療者は、時として あまりにも無神経な言動をしてしまいがちだということが改めてわかりました。stillbornを体験された方々の亡くし た「いのち」へのおもいをこういう本から知ることでよりよい医療実践へつなげて行きたいと思いました。いつでも妊 娠・出産される方の側に寄り添い静かに耳を傾け、支えてゆける存在でいたいと考えます。よい本をありがとうござ いました。

●助産師
助産婦として大学病院で勤務しています。流産、死産で悲しい思いをされている方と関わることもあり、 どのように関わったらよいのか、度々考えさせられました。数年前、自分が分娩介助をした赤ちゃんが、 生後3日で亡くなることがありました。私にとってもつらい出来事でしたので、その気持ちを手紙にし てお母様にお渡ししたところ、婦長から注意を受けました。そのことがずっと、心にひっかかっていま す。子供との悲しい別れをした方への対応がまだまだできていないのが、現状です。自分も子供を持 つ親となり、子供を失った方達の心に寄りそうことができれば...と思う気持ちが強くなりました。

●助産師
私は、勤務2年目の助産婦です。私も何度か死産に立ち会い、死産された方に接していますが、まず部屋に行って、何 を話して良いのか、何と声を掛けて良いのか分からず、つい足が向かなくなってしまいます。普通に分娩した妊婦さん よりも早く退院してしまうのに精神的フォローが出来ない自分は未熟だとつくづく思います。私ももっと勉強し、少し でも力になれるようにしたいと思います。良い本をありがとうございました。

●看護師
この病棟に移って1年半。流産、死産は何十例かみてきた。しかし退院は数日後であり、精神的な面はフォローが十 分でなく退院されていくことが多い。この本を読んで、あたりまえのことだけど、その後の精神的なダメージのはか りしれないものを感じた。業務の1つとしてドプラーで確認していることも患者にとってのよろこびの1つであると いうこと、なにげない声かけ、あたりまえに元気に生まれてくることのすばらしさを再認識しました。
今、病棟でもこの本を紹介しています。ありがとうございます。

●看護学生
助産実習で喜びの場面しか立ち合ったことがないので、喜びの陰には悲しんでいる人もいることを知れた。他人ごと とは思えなかったです。涙が止まらなくて・・・お母さんの側へ行って一緒に泣きたい。最初から最後まで涙が止 まらない本を読んだのは初めてです。

●看護学生
私は助産婦を目指している看護学生です。「誕生死」は私にとって死産した兄からのメッセージのように感じました。 私の母は、兄を出産する時、Dr.が陣痛促進剤を使ったことにより脊帯が先にどびでてきてしまい、適切な処置も行われな かったため死産となってしまいました。その後の病院側はすごくひどい対応だったと聞いています。この本からは、死産・ 流産等を経験した人に医療者側はどのような配慮をすべきか、又、どういう精神的ケアをしていくべきか大きなヒントを得 ることができました。そして何より、出産前後に死んでしまったどんな小さな命でも、尊いことにかわりはないことを感じました。 そして、私の死産した兄の存在がとても大きくなりました。そもそも私が助産婦を目指すことになったのは兄の死産の原因と もいえる陣痛促進剤など自然に反したお産に疑問を感じたのをきっかけで、また新たに「誕生死」を読んだことで、母と同じ ような苦しみを経験する人の力になりたいと思うようになりました。もしかすると、兄が助産婦への道へ導いてくれているの かな、とさえ感じます。私は兄の死を無駄にしないように、「誕生死」の生の訴えの声や読んで感じたことを生かして、適切な 対応を考えていき、助産婦としてできる限りのことをやっていきたいと思います。また、こういう本が出るとうれしいです。

●看護師
3男坊を2月に出産し、現在育休中です。この本を手にして読んだ後、3ヶ月になる息子の顔を見ながら、 しきりに「生まれてきてくれてありがとう!」と言わずにはいられませんでした。本を読みながら涙が止 まりませんでした。仕事にもどった時、きっとプラスになると思っています。(子供病院のため)

●看護師<産科・小児科>
この本を手にしたのは、来年、助産婦の学校に行こうと思い、何かないかなと思い、本当に軽い気持ちで購入しました。 しかし、内容を見て、驚かせられること、興味深い事が多々あり、本なんて、ほとんど読まないのに2日で1冊読み切 ったことにびっくりしています。
看護婦であり、お産はとれないのですが、赤ちゃんをきれいにしたり、吸引をしたりすることを日常あたり前の様に仕 事でしています。私の病院には、NICUはないので、児心音がさがったり、急変したりしそうな母子はすぐ大きい所 に送られてしまいます。でも、母体の中でなくなってしまったベビーは普通にお産をしてもらってます。分娩台も一応 別の所でお産してもらう様にはなってますが、声もきこえるし、本当に、そういう人達への配慮がなっていないことを 改めて感じました。あと、何より、声かけの難しさ、一言一言に普段以上気を使わないといけないため、無口に なったり、見守ること、一緒にいることしかできなかった私に、こういう風にして接すると良いのかという、 アドバイスにもなり、本当に読めたこと、本に出会えたことを幸せに思います。
なくなった赤ちゃんへの家族の思いの深さを、とても感じました。こんどこの様な体験をなさる人がいて ほしくはないのですが、もし、私が出会ったとしたら、まよいなくアドバイスが少しでもできる様、今後もさらに学び 勉強していきたいと思います。

●助産師
実際、産婦人科という現場で、 死産分娩の介助や、流産後の処置につくことがあり、 産婦さんにどういう声をかけてよいものか、いつも悩みます。
「誕生死」を読み、今後の助産婦の関わり方を学ばせていただきました。

●看護学生
「死産」を経験した母親の気持ちがよく伝わってきて、思わず泣いてしまいました。
私は出産の経験も妊娠もまだまだ遠い事のように感じ ますが、医療関係者として、将来、「死産」という場面に遭遇した時、看護婦としての適切な対応がどのようなものか学ぶ事ができました。
子供の命を失った母親・家族の方々の気持ちを少しでも医療関係者の方々に分かってもらえるようにこの本をすすめたいと思っています。

●看護師
毎日1〜2例づつ、かみしめるようにと思いながら読みました。 そして私は何もわかっていなかった事に気付きました。
あとがきの“医療機関の方には・・・”の二行が心にズシッとひびきました。 同僚の助産師もこの本を読んでいることを知り、色々感想をのべあいました。 (彼女は少し読んでは泣いてしまい、なかなか進まないと話しています)
他のスタッフにもすすめます。

●看護師
去年からNICUに勤務する看護婦2年生です。
早産や病気で治療や母子分離を必要とする赤ちゃんを持つ両親の気持ちをもっと知りたいと思い、本屋さんを色々とまわっていた時にこの 本に出会いました。
赤ちゃんを亡くした両親の気持ちがたくさん伝わってきて、悲しみに対して医療者ももっとよりそう気持ち、つらい苦 しいという気持ちを抑制せずに理解していく事がとても大切だという事を再確認する事が大切だと思いました。赤ちゃんの病気や死に対す る生の声が聴けた気がします。
これからももっとこんな本が出てほしいと思います。

●看護師
私は産婦人科に勤務する看護師です。この本を読んで、あらためて誕生死を経験した方々の思いを知ることができました。
皆さんが、辛く、悲しい体験をしているということは、何度もそういう場面に直面し、感じていました。私は、精一杯、心身の痛みに対し、 いくらかでも緩和できるように、努力しているつもりでした。けれども、その中には私の気持ちに反して傷つけてしまった言動もあったか もしれないと思うととても残念です。
これを機会に、これからの看護について、考えてみたいと思いました。誕生死が少しでも減って辛い 体験をする方々が少なくなることを祈りたいです。

●看護師
私は、小児科(総合病院の中)で約3年間半働いていました。子供が好きで去年の夏、その病院を退職し、2カ月オーストラリアで保育園 でボランティアをし、帰国後、この本を買いました。
最近、「虐待」されて亡くなっていく子供が多い中で私も実際に働いていた時にそのような形で命を失った子を見ました。命というものを どう考えているんだろうと本当に信じられない思いです。
しかし、この本の中で体験されている方々は、命という大切さを感じられており、私もあらためて無事に出産し、健康に過ごせる事がどん なにすごいかということを感じました。
そして、特に母親のみなさんが共通して、自分を責めている時期があるというのを知り、その時の周りの声など、対応の大切さ、夫の支え が母にとって、幸せにも不幸にも(声かけなどの内容が)させるのだと思いました。
今、私は、小児の専門病院で働こうか迷っています。不安も一杯ありますが健康で過ごせている私が、何か役に立てたらとは思っています。 もし、働いていくなら、この本での学びを忘れず、子供や家族と関わりたいです。
これからもこういった本を出してほしいです。家族の思いが知りたいです。

●看護師
私はまだ「出産」の経験はありませんが、「生」と「死」をその身で体験する苦しみ、またその後の後遺症は生々しく、読みとることがで きました。
「死」から「生きる」ことを学ぶ。きっと死産・流産された子供たちはそのこと(生きること)を教える使命があったのだと確信します。
「普通」とはどれだけ幸せなことか。「生きている」こととはどんなに尊いことか。生きる中で不安はありますが、今は全てが尊 く感じます。

●助産師
臨床で症例に体験し看護の方向性について迷っていた時、すすめられました。
本を読ませて頂き本当に感謝しています。
死産や流産をされた方の気持ちを改めて振り返るよい機会になりました。
私は、医療者でありながらも、何をすることができず、 声をかけることすら逃げていたように思います。
このたび、症例に立ち会い、私で何かできることはないだろうかと、 逃げることはやめようと思いました。 はじめて、死産のお母さんに、ちゃんとずーっと一緒にいれる時間を 自然につくり出すよう努めました。 お母さんは赤ちゃんを抱いて寝ている姿をみることができました。 その姿をみて、もっと考えていかなければいけないと 気持ちを改めて思っています。

●助産師
職業がら、年に数回は誕生死に直面します。亡くなった赤ちゃは必ず御両親に 抱っこしていただいておりますが・・・。
子供に対する親の想いは私達が考えている以上に深い深い愛情があり、 時間が解決してくれるものではない事がどの手記からも感じとれます。
これからの助産業務の中で産婦さんや御家族に対しての接し方の参考になりました。 ありがとうございました。

●元助産師
このような本、ず〜っと探していました。
私は今、子育て中の主婦をしていますが、以前、病棟勤務の助産婦をしていました。助産婦学生の頃から、胎児の死亡や死産、入院中の死 にかかわったことがあります。そのたびに、どうもうまくそのご家族とかかわりができず、在職中の大きな課題となっていました。
知識があっても経験には負ける。自分自身の妊娠・出産・育児を通してそう感じています。貴重なお話をこのような機会に知ることができ てとてもうれしく思っています。もしよろしければ、私も医療者向けのリーフレットが欲しいのですが…。

●助産師
子を失い傷む心がよく伝わり、理解に結びつきました。
命は自然の力のもとにある。昇天を命じられてしまう命があることを日頃に増し、改めて受け止めました。

--------------------------掲示板より--------------------------

●看護師
私は産婦人科外来で働くナースです。
雑誌でこの本を知り、どうしても読まなくてはならないという気がして、ネットで やっと本を入手し、今一気に読み終わったところです。
毎日の業務に追われ、ほとんどの誕生死を経験したひとと話す機会もない現状でこの 本を読み生の声が聞けてよかったと思いました。 私たちにとっては日常でも、患者さんにとっては、一生心に残る重大な事件というこ とを改めて思い知りました。
同じ職場の人にもこの本の存在を知ってもらい、誕生死された方へのケアについても 考えていこうと思っています。

***

●看護学生
私は看護学生です。先生からの紹介でこの本を読むことができま した。言葉にはならない気持ちでいっぱいですが、もっともっと多くの医療機関でこ の本が生かされるといいなと思いました。そして、私は看護師になる前にこの本に出 会えたことに感謝します。皆さんの気持ちを忘れずに、勉強して行きたいと思ってい ます。

***

●看護学生
私は産婦人科に勤務しながら看護学校に通学してます。夏くらいから悲しい事に誕生死 が月1件くらい続いてます。初めて遭遇し、亡くなったベビーちゃんの顔を見せて頂き 抱かせて頂いたあと涙が止まりませんでした。看護師を目指している人間がそんな事で はいけないですよね。
学校の仲間、職場の先輩達にも『誕生死』を読んでもらえたらと思っています。辛く、 悲しい経験をされてしまう方がいた時にその後の心のケアに役立てるように勉強して いきたいです。

***

●医師
はじめまして。私は産婦人科の医師をしています。周産期センターを併設している病 院に長く勤めていたこともあり、数々の死産流産を診てきました。私自身も4度の流 産を経験していますが、いまだに、誕生死を経験された患者さんになんて声をおかけ したらよいのか、悩んでおります。みなさまがかかれていた医療従事者の方々への言 葉重く受け止めたいと思います。私は自分自身の経験から、お母さんには赤ちゃんと の面会を勧めてきました。また、家族が望むまで、できる限り一緒にいていただくよ うにしてきました。ただ、忙しい日常診療の中で、現在の産婦人科のシステムではど うしても、元気な赤ちゃんや妊婦さんと廊下を隔てた反対側の病室に入院していただ くしかなく、赤ちゃんの声が聞こえてしまい、幸せそうな妊婦さんや褥婦さんの姿が 見えてしまうのが現状です。今後、産後のケアも含め、改善されていくように努力し て行くつもりです。本当につらい経験を本にしていただきありがとうございました。

***

●医師
この本を出版された方々に大変感謝します。
私は、未熟な産婦人科医です。学生の頃から周産期医学に興味があり、産婦人科医に なりました。医大生になってからも、医療に対しての限界に正直、気が付いていませ んでした。
医者になり、大学病院に勤務するようになって、大きな壁を認識しまし た。医学ではどうしても治せない患者さんや無事に出産させてあげられない妊婦さん が多く存在するという現実。出産させてあげられないという表現は、大変おこがまし い表現なのですが、運命を変えることなどできるはずがないものの、どうしても無事 の出産を願わずにはいられないのです。
自分の担当していた妊婦さんが死産という結 果となったとき、その対応には、迷いがたくさんありました。何よりも、患者さんの 立場を理解し、助けとならなければと今になって思うのですが、現実には、どうして この結果となったのか、もっと早くその兆候を見つけることができなかったのか、本 当にこの医療が最善だったのか、ほかの医者が担当していればこの赤ちゃんが助かる 方法があったのではと、自分の医者としての考えばかりが先行してしまい、なかなか 患者さんの立場に切り替えることができないのです。医者としての考え、人間として の心を同時に持つことがこれほど難しいとはわかっていませんでした。
この本の著者の方々の様々な考え方を教えていただいたことに感謝します。医者であっても、いい え、医者だからなのでしょうか、死産に対する考え方を実際に死産の経験を持つお母 さんに感想をたずねるのは、実際難しいものでした。思い出の品や写真をプレゼント するという発想もありませんでした。これからは、この貴重なご意見を参考にし、臨 床の場に活かせるようにがんばりたいと思います。

***

●助産師
私は、学生時代、生命誕生の感動と喜びを知り、助産婦になりました。現在は、産婦 人科病棟に勤務しております。
働き出してから、さまざまな出産に立会い、喜びとともに、悲しみがあることを知り ました。習慣性流産、病気で中絶を余儀なくされた人や、子宮内胎児死亡、常位胎盤 早期剥離、さまざまな悲しい死産に立会い、自信をなくし、悩みました。そんな時、 患者様に、どんな言葉をかけたらよいのかわからず、涙を流すことしかできない自分 を、本当に情けなく思いました。私自身は、妊娠・出産の経験はありません。そんな 私が、患者様の気持ちを理解するにはどうしたらよいのか、患者様は、私たち医療従 事者に何を求めているのか、患者様の気持ちをより深くわかりたいと、「誕生死」を 手にしました。
読みながら、「生」と「死」をその身で体験する悲しみ・苦しみ、その後の心の傷が 深く伝わってきて、涙が止まらなかったです。そして、この本を読み終えて、これか らの患者様との関わり方を、私自身の中で、少しずつ少しずつ見つめていこうと、 「私の看護観」という短い看護日記を、毎日つけるようにしています。その中で、自 分を振り返ることにより、よりよい看護・患者様との関わりができるように、努力し ていきたいと思います。
まだまだ、自信のないことも、悩むこともたくさんあります。でも、逃げ出さないで、 向き合っていきたいと思いました。私にはできないとあきらめるのはやめる。できな いから、やってみる。解らないから、勉強する。知らないから、調べてみる。患者様 のことを知りたいから、話をする。そうやって、広い視野で心と体の両方の角度から、 患者様を看ることができる助産婦になりたいと、心から思いました。

***

●看護学生
私は看護学校に通う3年生です。昨日まで産科病棟や産婦人科外来などで実習をして いました。
実習の最終日に一つのテーマを決めてグループ学習をしました。私たちは 流産や死産生まれてまもなく亡くなった子の家族の心理と看護についてをテーマにし ました。この本を読んで教科書では足りないほどの沢山のことを学びました。病院の 師長さんもこのテーマについて「看護学会でも研究中」とおっしゃっていました。私 たち看護学生はこの本との出会いで今後の看護のあり方を考えられる大きなスタート となりました。私たち学生はまだまだ臨床で働くナースに比べて未熟で患者さんと一 緒に不安になって泣いてしまうこともあります。でも誠意をもって接していれば技術 が未熟でもきっと患者さんの心には届くはずだと再確認しました。もっと多くの医療 関係者がこの本に出会えればと思います。今の気持ちをいつまでも忘れないできっと いいナースになってみます。

***

●産科勤務
私は死産、流産の経験はないのですが、医療関係者として読ませていただきました。 産科に勤めています。今までにもSIDS家族の会が出されている小冊子に目を通し たことがあります。その度にいろいろ考えることがありました。私が医療関係者だか らかもしれませんが、「誕生死」の中にもあったように、やっぱり一番目に付くのは 医療者側の対応です。誠意が全く感じられない対応をしている医療従事者にただただ 腹が立つ思いです。お母さん方はとても不安だったことでしょう、何が起こったのか わからなくなった方もいらっしゃると思います。そんなときの医療者が側の対応はと ても大切なことだと改めて感じました。話すことは悪いことではないと思います。母 親にとってお腹の中でしか子供が生きなくてもわが子には変わりないのですから、亡 くなってしまった子供のことをどんどん話してください。泣くのをこらえないで無理 しないでください。
この本を読んでつくづくそのようなことを感じました。私もこれからもっと患者様の 気持ちになって対応できるようがんばっていこうと思います。少しでも皆様が不快な 思いをしないで済むように・・・ありがとうございました。

***

●助産師
私は、この3月に助産婦学校を卒業し、4月からある市の市民病院の産婦人科で勤務している助産師です。
大学病院での実習中、死産されたお母さんに出会ったこともありますが、どのように対応してよいのかわからず、 一緒に泣くしかできませんでした。
今、あのころとは違い、私もひよこながら、スタッフの一員となりました。もう実習生ではなく、医療職の立場 でいろいろなお母さんと関わる日々です。
この本を病棟で紹介し、ここに書かれているお母さん方の気持ちをほかのスタッフにも知ってもらい、 今後同 じような経験をされる方に対して誠意のある対応ができれば・・と思っています。

***

●医師
誕生死読ませていただきました。NICUでお子さんをなくされるお母様にどのようにお声をおかけしてよいのか 悩んでおりました。
(NICUを死亡退院されるときにSIDSの親の会をご紹介するというのは、あまりにも唐突過ぎますし、 かといってお子さんをなくされた病院に“いつでもきてくださいね、お話伺います”といえるものではありません。) 皆様のお声を知ることができ、スタッフの参考にさせていただきたいと思っています。
ちなみに私は不妊治療で3人のこどもを授かり、一人を流産しました。
早い時期であり骨も残っておらず、超音波写真が1枚残るのみです。 写真を残していることは主人も知りませんが、私の棺おけに一緒に入れてもらえるよう遺言状には書いておこうと思っています。 いろいろ思うことや葛藤がまったくないわけではありませんが、今は2人の子どもとの日々を大切にして、 天国に行ったら(行けたら?)抱くことのなかった子どもとあえるのを楽しみにしています。


----------------------------お手紙より----------------------------

●看護師

初めまして。「誕生死」を読ませていただきました。
わたしは今年の春から小児科病棟で看護師として働きはじめました。
以前から子どもは大好きで、看護師として絶対に小児科で!という強い希望をもって現在に 至っています。
最初、書店でこの本を手にとったときの印象は、ピンクでキレイな本だなと思いました。そして 読んでいくうちにご家族の方々の貴重な話を聞かせてもらい、とても心が洗われる感じでした。 そしてこのようなかわいいかわいい天使たちの話が書いてあるからこの本もこんなにかわいくて キレイな色だと思いました。
私も毎日小児科の子どもたちと接している中で、皆様の体験しているような事を目の前にしてい ます。現場ではご家族の尊重が一番優先と言われていますが、現実に絶対にそれが行われている かというと、そうではない時も感じます。
その日々の葛藤の中でこの本と出会い、何か一つ光を見たような気がしました。私たちはすぐ 「頑張ってね」「元気出してね」など容易に使っている事を気づかされました。ご家族・子ども たちからしてみれば、もう十分頑張られています。相手の立場に立つことの難しさを知り痛感し ています。
でも少しでも看護師として何か力になれる事を自分なりに見つけていきたいと思いました。言葉が 悪いかもしれませんが、そのヒントの本になりました。今こうして私たちが生きている幸せを 「誕生死」の本の中の子どもたちは教えてくれたような気がします。
是非これからも会を発展させて同じような体験をされた方の力になって下さい。ご活躍を期待して います。
ありがとうございました。私も新人看護師として少しでも成長できるように頑張りたいと思います。

***

●医師 (葛飾赤十字産院 産科部長 竹内正人先生より)

産科医として、流産、死産の方のケアについて関心を寄せ、ここ数年、この本の後書きにあるような、家族の時間をとり、家族写真 をとり、そして、形見をわたすといったケアをしてきました。

 愛するわが子を喪ったことを、充分に悲しめない病院での現況。医療者のやりきれない言葉。そして、混乱の時期を経て再起に 向かうにあたり、一緒に悲しむ、話を聞くといったあり方の備わっていない、肉親、知人、友人の逆効果で、むなしく響く励ましの 数々。
 また、あえてその話題にふれないようにという、はれものに触るような周囲の扱い。
 必要なときに、必要なケアを受けることができない、そして、自分の本当の気持ちをさらけだす場ももてない。そんな、情景 が目に浮かぶような、皆様の手記でした。

 まずは、今回、こうして実名で手記を出版された皆様ひとりひとりの憶いに、心から敬意を表します。

 そんな中で、p169の
『あるアメリカ人の友人を訪ねると、彼女は「さあ、和香奈ちゃんのことをお話しして」と言ってティッシュケースをテーブルに 置き、私が話すより先にボロボロ涙を流してくれた。
 和香奈のことをいっぱい聞いてくれた。このような話題はどうしても遠慮がちになってしまう中で、あえて話をさせてくれたこ とに感謝。』
を、読み、日本人にも、このようなあり方を伝えていかなくてはという思いを改めて強くしました。

 夫、友人、知人、さらには、病院の医師、看護婦でさえ、そんな、悲嘆にくれた方々への接し方、受け止めかたを知らないのが 現状です。そして、これは、個人の問題ではありません。これまでの、日本の文化、慣習、教育……の問題です。日本人の発想から は、死産、流産は「まだ若いから。」「忘れましょう。」……と、なってしまうのです。

 この本が、話題になり、この分野に関心がある数少ない医師のひとりとして、アエラ、婦人公論から取材を受けました。記者 の話では、この手記を書かれた方々も取材に応じ、実名で掲載することを承諾してくださったと、聞いています。
 日本の組織は、よく、外圧でしかかわらないといいますが、医療現場もまさにその通りかもしれません。今回の、皆さまの勇 気がガチガチの医療現場を少しでも変えてゆく切っ掛けとなることを切に願っています。そして、この本が出版された今こそ、皆様 と接する医療者の一人として、そして一人の人間として、流産、死産、新生児死で子をなくされた方々が、実際にどんな思いをされ、 そこで、受けたケア、応対に対して、どのように感じ、そして考えたのか。わたしたちはどうあるべきなのかといったことを、一人 でも多くの日本人に伝え、そして、一緒に考えていく時期ではないか、と感じています。

 私は、これまでの出産のあり方や、その周辺環境について、医療の枠をこえて、様々なシンポジウム、セミナー、書物、そして、 テレビ等で発言をしてきました。そして、今年はじめて、いくつかの死産のケアについてのセミナーに招かれました。
 死産のケアのセミナーなど、これまではありませんでしたし、昨今は新聞等にも取り上げられるようになり、社会でも、この方 面の関心は高くなっていることを感じています。私自身、セミナーなどでの議論、また、書いたものなどを通して、日本人に様々なこ とを考え直し、問い直す機会を提供できれば、と、考えております。

 現在、セミナーのテキストを書いていますが、皆さんの手記を大切なテキストとして使わせていただければ幸いです。
 機会があれば、皆様のお話を直接おうかがいし、そして、可能であれば何らかを皆様とともに、社会に対して、発信できる場が もてればと願っています。

 いい本をありがとうございました。

竹内先生は、メディカ出版のペリネイタルケア(2002年2月号)に、『死産の場での産婦と家族のケアのDO NOT!』というエッセイを寄せられています。