●4月11日付/福島民報

亡き長男へ つづる感謝
1年11カ月、幸せだった

手記集「誕生死」に掲載

 幼くして子どもを亡くした全国の夫婦の手記を集めた本「誕生死」が15日、発行される。県内からは原町市下太田の会社員村上愛彦さん(29)の妻真由美さん(29)が、3年前に1歳11カ月で亡くなった長男達也ちゃんへの思いをつづっている。

 著者は「流産・死産・新生児死で子をなくした親の会」。子どもを亡くした人たちがインターネットで知り合い、1年半かけてまとめた。父母13人の手記を載せている。A5判、215ページで、1冊1300円。三省堂から出版する。

 真由美さんの手記は、「たっちゃんの1年11か月」。順調に成長していた達也ちゃんが1歳7カ月で突然、小児がんになっての4カ月間にわたる苦しい闘病生活や、亡くなってから前向きに生きることができるようになるまでを18ページにまとめている。

 最後に「たっちゃんへ」として、「1歳11カ月という短い間だったけど、たっちゃんに出会えて、本当に幸せだった。ママはいつでも、これから先もずっとずっと、たっちゃんが一番すきです。それではまた会う日までゆっくりおやすみ」と締めくくっている。

 真由美さんは「小さい子どもを亡くした人の心の支えになってくれればと思う。多くの人に読んでもらいたい」と話している。