●婦人公論(2002年7月22日号)抜粋

ルポ●遅れる母親へのケア
口に出せない”死産”の悲しみをうちあけたい


平成12年には5000人以上の赤ちゃんが胎内で短い命を終えている。しかし、その 一方で母親たちの思いは語られれてこなかった。彼女たちが口を開き始めた今、胸に秘 めたわが子への思いが見えてきた。


(中略)
 このような体験をした親の気持ちは、今まであまり語られてこなかった。日本では、 死産や流産で亡くなった子を一人の人間の死として受け入れず、「水子」と呼んで 区別してきた。周囲も、早く忘れて、新しい子を妊娠するようすすめることが多い。 胎内で亡くなった子は、親にとって一緒に暮らした思い出がない。だから、それほど 悲しくないだろう、とも思われてきた。

 この春出版された『誕生死』は、その常識を覆す1冊だった。これは死産を経験した 母親たちが、インターネットで知り合って作り上げた体験集である。著者のひとりで、 2番目の子・遊月ちゃんを40週で死産した川合藤花さんは、「遊月がお腹で頑張って いたことを文字にして残しておきたい一心で」体験をつづったという。本は大きな反響を 呼んだ。

 「死産を体験した人たちからたくさん読者カードが来て、どの体験にも自分と重なるものが あった、と書いてありました。お産の本は山のようにあるのに、死産の本は何にもない。私 たちは放りっぱなしにされているような気持ちでした」
(中略)

天使たちの母親は、みな、天使が可愛くて好きでたまらない、と言う。亡くした子供には特別な いとおしさを感じる、という人もいる。お腹で亡くなった子は、無垢で純粋な、一番可愛い姿の まま、ときを止めてしまう。母親にとっては、それがなお一層のいとおしさへつながり、強い母 性を目覚めさせるのかもしれない。
(後略)


<取材・文◎河合 蘭(出産医療ライター・REBORN編集長)

バックナンバーの在庫確認と購入方法など、詳しいお問い合わせは
TEL:03-3563-1431/月〜金 9:30〜17:30 (土・日曜日、祝・祭日を除く)
中央公論新社 営業局販売部