『誕 生 死』

〜お空に逝った小さないのち〜


「誕生死」 とは

流産・死産・新生児死などを指し、

たとえおなかの中で亡くなったいのちでも、

出生後どんなに早く亡くなったいのちでも、

私たちの子どもは、確かにこの世に誕生したのだという思いを込めた、

この本のために新しく作られた造語です。




(本の画像をクリックすると、三省堂の紹介ページへとびます)




『誕生死』

流産・死産・新生児死で
    子をなくした親の会・著
定価1,300円
四六判 224頁
ISBN 4-385-36090-1
三省堂


・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『誕生死・想(おもい)』
262通のハガキにつづられた誕生死

流産・死産・新生児死で
    子をなくした親の会・編
定価1,000円
四六変型判 296頁
ISBN 4-385-36091-X
三省堂



・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この2冊の本は
三省堂「いのちのことば」シリーズ
の中の1冊です

・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■新着情報
2016年9月、『誕生死』ホームページ移転いたします。 新URLアドレスはhttp://angel-book.my.coocan.jp/になります 移転に伴い、ホームページの内容を更新いたしました。

06.11.22「著者のページ」を更新しました

06.11.20「メディアでの紹介」を更新しました

06. 4. 8「メディアでの紹介」を更新しました

06. 2.27「メディアでの紹介」を更新しました

06. 2.13「メディアでの紹介」を更新しました

06. 2. 2「メディアでの紹介」を更新しました(中日新聞の記事のコピーが読めるように なりました)

06. 1.28「メディアでの紹介」を更新しました

06. 1.25「メディアでの紹介」(「『誕生死』が紹介された 新聞・雑誌」改め)を更新しました

06. 1.16「著者のページ」を更新(追記)しました

05.12.22「著者のページ」を更新しました



私たちは、流産・死産・新生児死などで赤ちゃんを亡くした親です。
私たちは、自分たちの体験を知ってもらうために、平成14年4月に
『誕生死』を出版しました。

このHPは、本を読んでくださった同じ体験者や、体験者以外の方のお気持ちなどの
『誕生死』への反響や、誕生死に関わる活動の記録、
載せきれなかった私たちの思いや考えを伝えるための場です。



『誕生死』について〜「あとがき」より
 
 
誕生死シンポジウムの報告
誕生死に関するシンポジウムなどの集いに、
著者が参加したものについてご報告します。 
 
メディアでの紹介
新聞や雑誌などのメディアでこの本が紹介されました
 
著者のページ
『誕生死』著者が、それぞれのページを作りました。
 
『誕生死』への反響のご紹介
『誕生死』へいただいた読者カードや、掲示板への感想などを、
抜粋してご紹介します。

 
掲示板 過去ログ
設置していた掲示板にいただいたメッセージをまとめています
 


 

読者の方が書いてくださったPOPの写真をアップしました。
  

 

 

  
このHPと本の中の文章は、『誕生死』の著作権に基づきますので、
無断転載、無断引用は絶対にしないで下さい。
違反した場合は、法律により罰せられることがあります。