●4月24日付/岩手日報

「誕生死」を出版した久光美奈さん

同じ悲しみを背負う人はたくさんいる。
この本が心のよりどころになれば・・・

結婚を機に1994年から本県で生活。2000年に小さな命を失った仲間と出会 う。軽米町軽米。名古屋市生まれ、33歳。

 インターネットで知り合った全国の十二人の仲間とともに「誕生死」(三省堂)を 出版した。流産、死産、新生児死で子どもを失った親たちの体験談集だ。

 「同じ悲しみに苦しみ、孤独を感じている人たちに読んでほしい。わたしが仲間と 出会い、勇気づけられたように・・・」と期待を込める。

 現在三十三歳。二十六歳のとき、重い先天異常の長女を生まれてわずか約一ヶ月で 亡くした。三十一才のときには、妊娠17週目の長男の命が奪われた。

 本には「元気な子どもを産めない自分に、全く価値がないような気がした」とまで 赤裸々に心情をつづったが、「インターネットでの仲間との出会いが、これまでの自 分を変えた」という。

 同じ悩みを打ち明け、打ち明けられる中で、心の「氷」が溶けた。ネット仲間の十 二人とはいまだに会ったことはないが、「最高に頼もしい存在」と笑顔を見せた。

 出版は、無事に生まれた子どもの本は多くあるのに、小さな命が消えたことをテー マにした本は全くなかったのがきっかけ。実名での出版に多少困惑したが、「何も隠 すことではない」と気持ちを奮い立たせた。

 夫文彦さん(三四)と二女七海ちゃん(五つ)の三人暮らし。趣味はパソコン。距 離に関係なく多くの人と交流できるインターネットが特に好き。

 本の出版は新たな交流のとびら。出会いがもっと増えそうだ。