●5月19日付/毎日新聞(岩手)

一人ではない伝えたい
 同じ痛みを持つ親たちに励まされ


 出産前後に乳児を亡くし、悲しみを乗り越えた13人の父母たちが、手記を集めて 「誕生死」(三省堂・本体1300円)という本を出版した。「同じ思いを抱く人の 力になれば」とつづられた手記は、子供が生まれる喜びと失う悲しみの大きさを教え てくれる。この本が問いかける意味を寄稿者の一人で、2人の子供を亡くした久光さ んに聞いた。【工藤哲】

 ---本には、久光さんの手記が19ページにわたり紹介されています。

 94年に生後31日の佳菜が私の腕に抱かれて亡くなりました。重い先天異常で 「なぜ病気になるのか」「なぜ佳菜なのか」と思い、未来への希望や夢が絶たれた気 分でした。あの時は一生の涙を使い果たした感じでした。96年に二女・七海が無事 に生まれましたが、99年にも3人目が妊娠17週目に原因不明で亡くなった。自分 をまったく価値がない人間と思い込み、何もする気が起きなかった。二女も遠くに離 れてしまう気がして、毎日眠れませんでした。

 ---大変なショックでしたね。

 身近な人が「早く元気になって」と慰めてくれましたが、逆につらかった。いくら 出産前後でも自分の子供が亡くなれば悲しいのは当たり前です。結局、経験者にしか 分からないと、ますます孤独になりました。

 ---出版のきっかけは何ですか。

 悲しみを抑え切れず、同じ痛みを持つ人を知りたいと思い、本屋や図書館で本を探 しましたが1冊もなかった。偶然、インターネットで子供を失った親同士のメールを 交換している場を知り、「泣くのが当たり前、頑張らなくていい」と励まされた。1 50人程度のネットワークで、有志が体験談を書いて本にすることを提案していまし た。

 ---本はすべて実名です。勇気が必要でしたか。

 実名の方が、現実味が伝わります。事実を伝えたいという一心で、恥かしいとは思 わなかった。私も他人の体験が知りたかったし、同じ経験を持つ人に一人ではないと 伝えたかった。原稿を1週間かけて書き、次第に気持ちの整理ができ、今はほっとし ています。

 ---反響はどうでしょうか。

 出版社から、読者カードがファックスで送られ、1ヶ月で40通ほど届きました。 23歳で乳児を亡くした女性の「気持ちが楽になった」というお礼や、「性教育の教 材に使った」という関西の体育教師もいた。人工中絶の増加や幼児虐待などのニュー スが絶えませんよね。この本が育児に悩む人にも、何かのきっかけになるかもしれま せん。

 ---本に込められた気持ちが読者に伝わるといいですね。

 最初、子供は自然に生まれるものだと思っていました。でも無事に生まれることは 当たり前ではありません。子供と何気ない日常生活を過ごせることが本当に幸せだと いうことを、亡くなった2人の子供が教えてくれたと思っています。

〜〜〜〜〜


「誕生死」に手記を寄稿
久光美奈さん   ---軽米町

ひさみつ・みな  名古屋市生まれ。保育士として東京都大田区や金沢市に勤務後、 93年、結婚を機に岩手県に転居。二女・七海ちゃん(5つ)の子育てに忙しい。3 4歳。本の編集は「流産・死産・新生児死で子をなくした親の会」