●4月6日付/岩手日報

「誕生死」思いつづり仲間と出版

おなかの中でわが子は生きた
「悲しみいやしたい」

軽米町軽米の主婦久光美奈さん(33)は、出産前や生後間もなくわが子を失った全国の12人とともに「誕生死」(三省堂)を出版する。 久光さんは生まれて約1カ月で他界した長女と妊娠17週目に亡くなった長男の思い出を実名で告白。「同じ悲しみを抱える人たちの孤独 をいやしたい」と願う。7日ごろから全国の書店に並ぶ。

 「誕生死」は流産・死産・新生児死で子を亡くした親の会の著。インターネットで知り合った13人がそれぞれ、子どもを失った体験 談をつづっている。

 久光さんは82ページから100ページまでを執筆。題は「佳菜も美文も、短い命を承知で私を選んでくれたんだ」。

 重い先天性異常で新生児集中治療室から出ることができなかった長女に外の景色を見せたかったこと。二女を無事に出産した後に授 かった長男が子宮内で死亡し、二重の苦しみにさいなまれたこと。

 あすへの希望も失いかけたとき、インターネットで「赤ちゃんは神さまから、今その親の下に生まれると○歳までしか生きられな いが、それでも良いかと聞かれ、それでも生まれたいと答えると新しい命になる」という言葉を見つけて、涙が止まらなかったことなどを 書いている。

 出版は、かわいいわが子を話題にするのと同じように、1度は誕生した子どもの話を聞いてほしいと思ったのがきっかけ。特に、流 産・死産は命が宿ったにもかかわらず、戸籍に載らないために「存在すら否定されている」ように感じるという。

 本のタイトル「誕生死」は造語で、同じ死産でもおなかの中で生きていたという生に光を当てた英語「STILLBORN」を日本 語に訳した。

 久光さんは「わたしがインターネットで仲間を見つけて孤独から開放されたように、この本が同じ悩みを抱える人たちの励みになれ ばうれしい」と話している。

 誕生死は46判で215ページ。定価1300円。