●1月24日付/岩手日報

小さな命へ思い切々

滝沢村滝沢の主婦久光美奈さんら流産・死産・新生児死を経験した全国の13人が命の大切さを訴えた「誕生死」の出版から 約3年。同書を読んだ全国の読者から寄せられた体験談などを実名・直筆のままつづった「誕生死・想(おもい)」(三省堂) が出版された。久光さんは自分と同じ境遇にある262人の気持ちが込められた同書を手に、思いを新たにしている。

「誕生死」とは造語で、同じ死産でもおなかの中で生きていたという生に光を当てた英語「stillborn」を和訳した。

「誕生死・想(おもい)」は2005年12月に発売。17歳から56歳までの女性260人と男性2人が自らの体験を寄せた 読者カードを、本人の了解を得て一冊の本にした。

「娘の生きた証を残したい。娘の存在を知ってほしい」「赤ちゃんを出産することは、奇跡の上に奇跡が重なっていることを 分かって」−などの訴えが心に響く。

久光さんはこの1人1人のメッセージを「自分も誰かの役に立ちたい、子どもの足跡を残したいとの思いだろう」と受け止める。

そして「体験者は亡くした子どもを一生忘れず思い続ける。周囲の人にその存在自体が『なかったこと』ととらえられることには 違和感を覚える」と語る。

02年4月の「誕生死」出版が契機となり、県内で04年11月に体験者同士が語り合う場として「ちいさなお星さまの会」が 設立された。

同会は県立大看護学部の藤森由希子助手ら5人の助産師、産婦人科医師が中心となり隔月で開催している。

こうした動きを久光さんは「出版後に多くの医療従事者に会い、認識の変化を肌で感じた」と評価し「この流れがもっと社会に 広がってほしい」と願う。