●3月31日付/岩手日日

「誕生死」に久光さん(北上)が寄稿

小さな命の大切さ訴え

 三省堂から四月十日に販売される「誕生死」に、北上市内の主婦も寄稿している。
この本は、流産や死産などを経験した人たちが、その思いについてつづったもの。実 名で小さな命の大切さについて訴えており、この主婦も「同じような経験をした人に とって、この本を読むことで勇気づけられるはず」と語っている。

 寄稿しているのは、北上市上江釣子の主婦久光美奈さん(三三)。久光さんは六年 四月に結婚を機に北上市に移り住んだ。その後すぐに妊娠が分かったものの、産まれ た長女は先天性の病気のため、約一ヶ月後に亡くなった。次女は無事出産したが、三 度目の妊娠となった十一年には、死産という辛い経験をしたという。

 二人の子供を失い、ぼうぜんとした日々を送っている中で、偶然にもインターネッ ト上で小さな命を亡くした親たちが交流していることを知った。

 「ようやく自分の居場所を見つけた気がした」という久光さんは、仲間の温かい言 葉の数々に、寂しさ、孤独感が消えてくると同時に、「苦しんで、悲しんでいるの は、自分一人じゃない」という安心感を得ることができたという。

 久光さんが感じたように、同様の経験をした人たちの励みになってほしいーという 思いも込めて、発刊されるのが「誕生死」だ。久光さんは「出産した後の育児などに ついて書かれた本はあるが、子供を亡くした人達のための本はなかった。同じような 体験の話を知ることで、勇気づけられるはず」と、発刊の意義を語る。

 この本の中には、全国で流産、死産、新生児死を経験した十一の家族が、子供への 思いなどを実名でつづっている。実名での寄稿について、久光さんは「これは恥かし いことではない。実名の方が、実際に起こったこととして説得力がある」と語る。

 久光さんは、小学校教諭の夫の転勤のため、四月に軽米町に引っ越す。この本につ いて「どんな命でも、元気な命ばかりではない。亡くなった命も尊く、亡くなった子 供も家族の一員」と語るとともに、「この本を読んで、若い人にも命の尊さを知って ほしい」と訴えている。

 「誕生死」はA5判、二百十四ページで、四月十日から全国の書店で販売される。