●5月12日付/河北新報(仙台)『河北春秋』
 
 
詩人の野口雨情はニ十代の時に、当時住んでいた小樽で、長女をわずか生後八日で亡くしている。その約三十年後、この子への思いを込めた一編の詩を書く。童謡「しゃぼん玉」である▼しゃぼん玉 とんだ/屋根までとんだ/屋根までとんで/こわれて消えた/しゃぼん玉 消えた/とばずに消えた/うまれてすぐにこわれて消えた/風 風 吹くな/しゃぼん玉 とばそ▼わが子の突然の死という出来事から詩の発表までの長い長い時間。詩人は喪失の悲しみを片時も忘れることはなかっただろう。そうして老境に達し、亡き子どもへの万感の思いを七色のしゃぼん玉のイメージに重ねたのだった▼取材で以前お会いした方から手紙をもらった。誕生を心待ちにしていた長男を死産で失い、その体験から死産経験者が語り合える場をつくりたいという。「子どもを亡くした気持ちを誰かに伝えるのは難しいけれど、できることから少しずつやっていこうと思います」▼先月、この女性がインターネットを通じて語り合っている母親らが『誕生死』(三省堂)という体験記を出版した。出産前後や乳児期に子どもを失い、互いに悲しみの心に寄り添いたいと手記を集めた。東北からも二人の母親が寄稿している▼悲しみは決して癒やされるものではない。悲しみはきっと、雨情のように、心に宿したまま生きるしかないのだ。でも、せめて悲しみを支える仕組みは作れないものか。私たちはそんなやさしさをどこかに置き去りにしてきたのではないか。