亀井智泉さんからのお手紙
 

---------------------------------------------------------------
掲示板に次のような投稿してくださった亀井智泉さんからお手紙をいただいたので、ご紹介します。  (10/18up)

〜掲示板への投稿内容〜

『誕生死』、なるほど、いい言葉やなあ、と思いました。と同時に、「死」と言う言葉で語られる以上、その命には、どんなに短くても「生」があった、ということだ、とも。脳死問題が出てきて、「死」の定義があいまいになってきている今日、「生」の定義もまた明確ではありません。私の長女は難産の末仮死で生まれ、呼吸ができないまま大脳のほとんどすべてを失いました。成人ならば脳死との判定が下されるような状態で4年と29日を生き、成長しました。私たち家族は、この長女とともに「生き」、医療スタッフもまた仕事の対象としてみるのではなく、一生懸命に生きるこの子の「命のランプ」を尊敬をもって愛し、守りつづけてくれました。長女はなくなって間もなく3年になりますが、多くの人の記憶の中にその存在はまだ「生きて」います。人には皆定命があり、運命があります。自分の運命に正面から向き合い、誠実にその定命を生きた多くの小さな命たちを仰ぎ見るような思いで『誕生死』を読み、改めて我が子への思いも深くしました。

〜亀井さんからのお手紙より〜

 人はみんな、何かをするためでなく、幸せになるために生まれてくるのです。何が幸せなのかは、その人の成長の中でその人なりに探していくのでしょうが、幼い命はその胎内で、母の胸で、あるいはその子を慈しむ人の手の中で、愛されるためにあるのだと思います。私の長女も仮死で生まれ、その後息を吹きかえさないまま脳死を生きました。脳死のこどもでも、愛されていることは感じ取っていましたし、愛される喜びが長女の4年あまりの命のランプを輝かせたのだと思います。『陽だまりの病室〜植物状態を生きた陽菜の記録』という本を、メディカ出版から出しました。人にはみな、定命があり、神様に負わされた運命があります。精一杯に生き、輝いた命を、残されたものが語り継ぐことで、はやく逝ったこどもたちも、今を生きる私たちも、同じ「生かされてある命」だという思いを多くの人と共有できれば、と思います。
 いろんな方のHPやご著書を見ていますと、健やかな身体に生まれ、育つことのできない子供たちが、実は今もたくさんいる、ということに気付かされます。こどもの命について泣いた多くの親たちがこうして声をあげることで、こんな悲しみも世の中にはたくさんあるのだ、ということを多くの人が知り、表立って語られることなくタブー視されていたこの種の悲しみも市民権を得てくれないかな、と思います。そうすることで、社会全体がこの悲しみと辛さに取り組むみ当事者と痛みを分かち合うことができるのではないか、と思うのです。

*****          *****          *****          *****          *****

お手紙の中にもありますが、亀井智泉さんは、今月、お子さんのことを綴った本を出版なさいました。4年と29日を生きた陽菜(ひな)ちゃんの記録です。私(松村)も読ませていただきましたが、4年という時間の長さは、誕生死で子どもをなくした私たちとは、同じ部分と、少し違う部分の両方があると感じました。それについて、亀井さんは次のようにおっしゃっています。

*****          *****          *****          *****          *****

 『誕生死』を読ませていただき、陽菜の場合と重なる部分、あるいは違いを感じる部分が、それぞれにありました。不自由極まりない体ながら、4年あまりの長きにわたって頑張ってくれた陽菜と、生まれて間もなく、あるいは生まれる前に亡くなってしまったお子さんとは違いがあって当然だと思います。 うらやましい、とお思いになる方も当然いらっしゃるかと思います。それは抱えている悲しみの大きさではなく、質の違い。どちらかがもう一方に対して「あなたなんかまだいいわよ、私なんて・・・」という思いを抱いてしまってはならないのではないか、と思うのですが・・・。と思っていても心は自分でコントロールできるものではないのですが。

*****          *****          *****          *****          *****

わが子を思う気持ちは、どの親も精一杯の思いです。「幼い命はその胎内で、母の胸で、あるいはその子を慈しむ人の手の中で、愛されるためにあるのだと思います。」ということと共に、私たちも、子どもたちに愛されて、短くても幸せな時を過ごしたと思います。また、「はやく逝ったこどもたちも、今を生きる私たちも、同じ「生かされてある命」だという思いを多くの人と共有できれば」という亀井さんの言葉は、『誕生死』が伝えたいことでもあります。 

*****          *****          *****          *****          *****

『陽だまりの病室で〜植物状態を生きた陽菜の記録』 亀井智泉 著  メディカ出版 
ISBN 4−8404−0498−4 定価1900円+税