●4/21公明新聞

誕生死

流産・死産・新生児死で子をなくした親の会・著

 出産前後にわが子を亡くした体験を、13人の父母がありのままにつづったノンフィクション。 インターネットで出会い、赤ちゃんの死というつらい体験をして、心の支えになる本を探したが 見つからない孤独感から、自分たちが必要とする本を作った。「多くの人が可愛いわが子の話を するのと同じように、私たちは、亡くなった子の話をきいてほしいのです」という気持ちは、同 じ悲しみを経験した人には救いになるだろう。若い人にも、読んで、命の大切さを考えてもらい たいと、ふりがな付き。(三省堂 1300円)