●月刊クーヨン

ママのおなかにあかちゃんが生まれた

☆・・・・・・何十回、何百回、「がんばったね」と言われるより、「きれいな赤ちゃ ん」と赤ちゃんを誉めてくれた言葉に、感謝の気持ちがあふれ、分娩台の上で泣いて しまった。

『誕生死』(流産・死産・新生児死で子をなくした親の会/著)

 たとえ子宮から生きて出てこられなくても、生まれてすぐに亡くなってしまったと しても、確かに彼女たちの子どもは「誕生」した。

 本書では流産・死産・新生児死などの幼い赤ちゃんの死をすべて含めて「誕生死」 と呼び、13人(11家族)がその体験を語る。

 亡くなっていると知りながらも、陣痛の痛みに耐え、隣で生まれた元気な赤ちゃん の産声を聞きながら、静かな出産を終えた家族。死産の上、病院のこころない対応に 怒りを隠しきれない家族。わずか1歳7ヶ月で息子が「がん」と診断され、懸命に 闘った家族。

 世間では「触れてはいけないもの」と考えられてしまいがちな誕生死。経験者の彼 女たちが求めているのは「早く忘れて元気を出して」という励ましのことばではな い。

 多くのひとが自分の子の話をするように、亡くなった子どものことをもっと語りた い、その存在を忘れたくないという彼女たちの気持ちがこころに響いてくる。


(本の紹介のページより)