●1月24日付/毎日新聞

「読む」欄

 赤ちゃんの突然の死を悼む両親の思いを伝えた「誕生死」が出版されて3年。 その間に編集部に送られてきた読者カードは700通を超えた。うち262枚 のカードをそのまま掲載した形の本書には、小さな死と向き合った体験が、 痛切につづられている。

 さまざまな悲しみの中から、短い期間だけでも存在した命の重みが伝わってくる。