●3月10日付/宮崎日日新聞


「誕生死」刊行から4年
読者反響 一冊の本に

 胎内で、もしくは生後に赤ちゃんを亡くした親たちが、悲しみをつづった「誕生死」(三省堂)が 刊行されたのは二〇〇二年春。出版社には「泣いていいんだと分かってほっとした」「孤独から救わ れた」と七百通を超える読者カードが寄せられ、その一部を直筆はがきのまま掲載した「誕生死・ 想(おもい)−262通のハガキにつづられた誕生死−」(同)がこのほど出版された。

 「誕生死」は「流産・死産・新生児死で子をなくした親の会」による著書。全国の十一家族が実名 を出し、産声のないお産を迎えたつらさや、生後間もない赤ちゃんの死に続いて死産を経験し、希望 が見えなくなった体験などをまとめた。

 刊行後三年間に送られてきた読者カードのうち、三分の二に上る約四百五十通が体験者の声だった。 「どれもこれも私が叫びたかったこと」「私の赤ちゃんのことをだれも忘れて欲しくない」「命の 尊さを教えてくれた赤ちゃんに感謝の気持ちでいっぱい」−
同会はすべてに目を通し、[一枚一枚が命の証。読者の"命のアルバム"をそのまま本にしよう」と編集 にあたった。

 六千部発行し、既に二千部を増刷した。三省堂出版部の阿部正子さんは「読者カードが、誰にも言え なかった思いを吐き出す"場"となったようだ。体験者にとって、ほかの体験者の言葉が一番の心の力に なるのではないか」と反響の理由を語っている。「誕生死・想」は千五十円(税込み)。