●4月14日付/奈良新聞

命の大切さを感じて

わが子失う悲しみ

11家族が「誕生死」

 おなかの中にいるときや出産直後に子どもを亡くした十一家族が、実名で体験を語る「誕生死」(流産・死産・新生児死で子をなくした 親の会著)が三省堂(東京)から出版された。

 出産前後にわが子を亡くした体験をもつ人たちが、インターネットを通じて知り合ったのが会の始まり。亡くなったわが子の話を聞いて ほしいという思いから、それぞれの悲しみを打ち明ける。「誕生死」という体験を一般の人にも知ってほしい、命の大切さを感じてほしい という願いを込め出版することになった。

 妊娠・出産の喜びから一転、わが子の死に直面。本来喜ぶべき出産が悲しみの出来事に変わる。「五体満足に」という以前に、 無事に生まれてくること自体、どんなに貴重で大変なことか、思い知らされる。

 死の現実、悲しみを受け入れることはできないと家族は語る。しかしそれらを抱えながらも、生きる希望を失わず、亡くなった子どもの 分まで生きていこうとする姿には励まされる。

 小学生にでも読めるように、ふりがなもついている。

 (ニ一五ページ、本体・1300円)